吉田製作所

吉田製作所
ログイン

12月に入って製造業の情況は、さらに悪化を増している
保有する生産能力と、それを支えていくだけの
仕事量を確保できないしおまけに、収益を度外視する
価格がまかり通る、現況になってきた。
見栄も外聞もなく、自社の仕事量にあった体制に
スリム化していかなければ、本当に成り立たなく
なる事態に相当数の企業が、追い込まれて着ている
このような場面の中、トップとして同対処するか
資金を調達しても
一時的には、耐えることが出来ても、長くは続かない
それはこの事態は、急降下の中で先の目得ない
暗さが伴うからである。
中国の諺に「泣いて馬食を切る」という言葉が
あるが、人員整理を断行している企業も、トップは
其の心境なのだろうか。
賃金カットでワークシャーリングを行うか、
人員カットで、スリム化を図るか、いずれにしても
トップにとっては、夜も眠れないほど、悩ましさの
続く師走となりそうである。

50人以下の中小企業の不況乗り切り策は、日ごろから
のトップの姿勢が大半を決するといっても過言では
無いと私は思っている。
今から25年前の不況に同業者が、二人も自殺し
三名ほど夜逃げ、倒産した実例があった。
其のほとんどがトップの共通する要素がありました。
1、自振り手形を、発行していたこと
2、お互いに取引のない手形を発行し交換していたこと
3、とても不必要な気前がよかったこと
4、仲間内で話すことが、ゴルフの自慢話
5、お客様接待と称して、実はそれを口実に自分を
 接待していた。
6、社員が働いている時間にゴルフをしていた。
7、やたら外車を持ちたがる
8、売り上げの増減で一喜一憂し、信念がコロコロ変わる
9、メイン銀行と自社情況のコミニケーションが足りない
10、社員に社内情況を常日頃から説明してない。
現在でも通用している事柄かな。
要するにトップ自らを律し、経営という文字を見つめなおし
"経"を"営"む経営に徹して、たまには般若心経の内容
でも勉強して、経営の真髄を会得することに
勤めれば、いつでも現況を乗り切ることの
人格が備わっていくだろうと思います。

...もっと詳しく
まず今回、金融のトラブル、円高、株安それらの原因は
すべて、哲学のない企業経営者達の自己利益優先主義
による仕業だといわねばならない。
特にアメリカ合理主義の犠牲で、この日本国経済が
不況に巻き込まれた。
偏った情報とは、いい情報、悪い情報
一方だけを重視して、判断することである
例えば、円高は輸出には不利だが、輸入には有利
景況は悪いが、輸入品の相場は世界不況のため下がり
続けている。其の上円高のため二重に安く買える。
そんな情況の中でも、不況を理由に人員の削減が
毎日のように報道されている。これもトップの長期的
経営計画の理念がない経営の責任であり、政治も
企業も、その場その場で、考えが変わる刹那主義の
オンパレードである。
政治が悪い、景気が悪いと責任天与をしても
中小企業の経営者にとっては、どうにもならない事で
ある。其の企業の運命は、社会の支持があるか
ないかで、倒産したり、生き残ったりすると私は
思っています。どんなに大変な経営でも社会が必要と
思う企業は残る、どんなに今儲かっていても社会が
必要としないと判断したら、明日にでも倒産である
其のいい例が、アメリカビックスリーの補助金
問題である
要はトップの経営に対する、哲学の問題である。
(トップの役割2)につづく

11月の半ばころから、当社を訪問する人たちが
通常の月よりかなり多くなりました。
販売業者の営業、各金融機関、行政、取引先各位
入れ替わり立ち代りで、対応は私一人に、限定して
応対することにしています。
理由は私が一番暇だからです。
訪問のほとんどが、情報収集でした。
当社の現況と今後の推移を、聞くことによって
今後の対応を今までとおりか、違わせていくか
検討するための、訪問がほとんどで、ないでしょうか
逆に私も、其のたびに相手側の情況も話して
いただくのですが、全般的に、この事態にどう対応
していくかの、確定的施策を確立できないでいる
方々がほとんどでした。
それほど今回の急激な不況の原因の分析が、
できていないのかも、知れません。
今回は金融業と、製造業を狙い打ちして襲った不況の
気がしますし、世界の中の日本を見ると、現状のような
極端の不況が起きる本当の、原因を見つけ出せない
気がしている。
しいていえば、円高による輸出不振と、偏った悪い
情報の氾濫による風評によるところも、多いのでは
景気の"気"は気持ちの"気"
まずは、乗り越える気持ちを確立しよう

当社は当時11月までの注残を抱えていて、毎日残業
の連続でまだ影響は、出ておりませんでした。
しかしながら、社内会議の中で早速関連業者の
実態情報を至急、かき集めなさいと指示しました。
すると、やはり装置計画の、見直しで各メーカーから
のオハーが、だいぶ減ってきている状況で、見積を
出して、受注できる割合が、大部下がってきている
との分析でした。
まだ其のときは、いつもの夏枯れだな、下半期の計画は
10月頃から始まるのだからと、高を食って
いたのですが、装置関連の部品受注が、八月に入って
大きく減少し始めたのです。
当社は自社設計のほかに、他社設計の部品加工も
もやっており、加工設備の関係で互いに、部品加工を
発注したり、受注したりの他業者との、連携も活発に
やっております。
そんな中、じっくり自分自身の中で今後の自社景況を
分析してみると、これはどう見ても、従来の不況と
性質が違う自社の存続を、かけての対処をしなければ
ならなくなるかもしれないし、自社だけでなく
長井市における産業の30パーセントを占める製造業の
死活問題にもなりかねない思ったのです。
11月に入ると状況は、最悪情況に一変する、製造業全国規模で
平均30諭50佑亮注減を迎えることになるのです。
特に自動車関連企業においては、過去最悪の事態に
落ち込んでいったのです。
(大不況3)につづく

2008年年明けとともに、なにやらアメリカで金融不安
の火がくすぶりはじめたのですが、あまり気にも
とめず過ごしてきましたし、新聞、テレビでも
大きく報道されることもなく、われわれ製造業の
中小企業にとっても、不況の影響もありませんでした。
私どもの仕事は、装置産業で、メーカーが設備計画を
することによって、受注できる仕組みになっています。
大体三ヶ月〜四ヶ月のスパンで、設計、加工、組み立て
設置を行います。
常に三、四ヶ月先のメーカーの生産計画を
伺い知ることが、できます。
それによって、業種による好況、不況が、多少判断
できる状況にあると思っています。
お得意様も、設置先も全国、あるいは世界各国に
及ぶこともあり、それゆえ業種ごとの経営戦略等
もおぼろげながら、想像でき、また
私どもの装置は、他業種にわたっていますので
業種、業種によっての四半期先の増産、減産計画が
多少なりとも予測できます。
今年は少しおかしいぞ、そう思ってきたのが
七月に入ってからでした。関東地方の金型業の
業者の中で、受注が減ってきたとの一報を受けたのです
普段なら、クリスマス商戦なり、年末商戦を控えて
新製品の開発のため、金型受注は増えなくては
ならない時期なのです。時を同じくして新潟地区でも
同様の情報です。
(大不況2)につづく

私は黙って、週刊誌を読み続けていました。
時々気になって、ちらちらと彼女の様子をみながら
彼女は、暗い車窓を眺めながら、さびしげな
横顔で、じっと座っていました。
列車が黒磯の駅に、止まったときのことです
彼女は、釜飯弁当を二つ購入し、其の一つを
「よかったら食べませんか」私に差し出し、
てくれました。
其のときから二人の会話が、始まりました。
「どこまでですか」「赤湯までです」と私、彼女は
「置賜で降りるんです」
いろいろ話をしているうちに、彼女は横浜の貿易商社
につとめていて、結婚したのですが、
離婚して、職場もやめ、実家に帰るんだそうです
なぜ、こんなに空いている中で私の前の席を
選んだのですか、と聞いてみました。
亡くなった弟の横顔に私が、どこと無く似ていたので
つい座ったのだそうです。
そんな時の時間のたつのは、すごく早いもので
たちまち、彼女のおりる置賜駅に列車は、
停車してしまいました。
無人駅に降り立った彼女。列車が発車するまで私に
手をふりながら、立ち尽くす彼女に外灯の光
を受けながら、心を締め付けるような印象で
雪は降り注いでいました。
今日の庭先に降る雪をみながら、遠い日の無人駅の
光景を思い起こしていました。
つくづく年なのかなと思える、休日でした。

12月6日久しぶりに、自宅でごろごろする
夕方から又出かけなくてはならないのだが
昨日、友人より電話があり元気でいるか、との
気遣いの電話でした。実は毎日書いてるブログを
此処一週間くらい、ぴったり止めていたのです。
いろいろ珍しく会社での出番が、多くついつい
止めていたのでした。
炬燵の中に入って、雪の降りしきる庭を見ている内
に、ふと遠い昔の夜の無人駅のホームを
思い出していた。
上野駅発の最終列車の座席で、雑誌を読んで発車
を待っている、「よろしいですか」
と声をかけられ顔を上げると、私より5っ位年上の
年のころ27、8の女の人でした。
「どうぞ」と答えるとあいている私の
前座席に腰を下ろしました。
外套の端が、私の前を翻りとてもいい香りが、再度
顔をその人に向かわせました。
実は列車内は、がらがらに空いていて、空いている
座席は沢山あったのです。
なぜ私の前に座ったのか、其のときは考えもしません
でした。
細身の体に、紺の外套其の襟と袖口には、フワフワした
同色の毛飾りがついており、スカートから下のすらりと
横に揃えた足はロングブーツで、覆われていました。
顔も中々の美形で、今で言うハーフ的雰囲気であり
思わず心の中で「こりゃ銀河鉄道スリーナインの
メーテルだな」と叫んでいました。
つづく

これまで、書ききれないほどの人たちとの印象深い出会いがあり
また、多くの別れがありました。
其のたびごとに、必ずしもプラスの影響だけでなく、マイナス
な影響を受け、悩み苦しんだことも数多くあったわけですが
私自身の成長過程では、これらの出会で受けた影響が、
大変勉強になった事は間違いありません。
経営てきには、不渡りをつかまされたり、保障して逃げられたり
お金を貸して、逃げられたり数多くの、弁済をしてきましたが
今こうして生きてこられたのも、みんな人との交流の中で
体験的に、知識を蓄えてきたことに他ならないと思っています。
自分に利のある、人との付き合いばかり望んでは勉強に
成りません。少しはマイナス的な付き合いも、経験しないと
大きなマイナスに、出会ったときに対処できなくなると
思います。
人との付き合いも多少の免疫が、必要でと思います。

私にとって、これからは多くの、次世代の人たちとの出会い
と交流が続いて、行く事となるでしょうが経験の中から
話すことが、少しでも彼らの参考になれば良いなと
思っています。

powered by samidare