吉田製作所

吉田製作所
ログイン

11月に入って、山々に初冠雪を見て、あっという間に月中を迎えて
しまった。体調の調整で通院する日にちも、多かったが、最近は体調も良く
会合にも、出来る限り参加している。
社内の雰囲気も、大分落ち着いて計画通り改革が進んでいるようで、
新設備の登用、ボトムアップによる、生産方式の見直し、安全作業の
確立等々、社員全員で企画、計画、実行を行っているようです。


早いもので、あっという間の11月の到来である。朝晩の寒さも初冬の風情に、
ぴったり。風に吹かれて路上に散らばる、紅葉を終わり「わくらば」と
成った、木々の葉の寂しさ。なんとなく詩人めいた気持ちに刈られるのも、
文化の日の性か、それとも風に吹かれ悲鳴を上げている木々の、様の性か。
もうすぐ、白い冬の訪れ覚悟を決めるつかの間の、感傷の季節かも知れない。



今日は、暖かい小春日和で、20度近くまで温度は上がりそう。
もうすぐ社内敷地内の樹木も、雪囲いの時期、其の前のひと時と言う感じで
晩秋の青空を楽しむ。

オリンピック開催設備、場所でもめていた東京都と大会組織委員会。
IOCバッハ会長の調整で、円く収まりそうである。何でもかんでも、予算にしろ
何にしろ、もめるのが、国内の風潮。高齢者のトップはさっさと引退したら
いいのに、影で公開せず仕切っている。今日の天候のように、いつも風を
起こすのは、現役時代はろくな仕事もしなかった高齢者。


ブログを更新する、期間がこのごろ長くなり、「どうしたの体でも悪いの」
離れている姪から、電話が来る。この頃PCに向かって、物を書くことが、
ブログであれ、FBであり多少億劫に成ってきている。社内の変化や環境の整備
若い社員の頑張り、新しい導入設備の内容、ネタは山ほどあるのだが
指が動かない。加齢が進むにつれ何をするにもめんどくさく、なるのか。
まだまだ頑張らなければ、と思うが。

都会地では、まだ夏日が時折現れるというのに、雪国の当地では
つるべ落としに、晩秋の面差しが1日、1日と深くなってゆく。もうすぐ暖房
の季節となる。ちょつと早いが、今年の降雪が少ないことを、祈りながら
過ごす日が、多くなっていく。




午後一時より、任期最後の常議員会開催。
会議所三役の決定が決定され、11月1日より、新三役の下組織運営が
始まる事に、なりました。様々な課題を抱えての船出でしょうが、議員全体の
協力のもと、又職員の協力も含めこれまでと又違った方向性で、平等な
会員のために、頑張っていくと思う体制で、一応納得して来ました。

今朝は秋雨前線も、通り過ぎ久しぶりの秋晴れ。
社内に新しい設備(ウオータージェット)が導入され、新しい加工方向への
第一歩を模索することに、なりました。金属はおろか樹脂、ガラス、ゴム
あらゆる素材の形状を水力によって、加工できる機械です。地元では
まだ何所も導入してなく、弊社が初めてのようです。
幅広く、試作や開発品等お客様の要望に、広く対処できるようにと導入しました
よろしくお願いいたします。




powered by samidare
powered by samidare