吉田製作所

吉田製作所
ログイン

今朝は秋雨前線も、通り過ぎ久しぶりの秋晴れ。
社内に新しい設備(ウオータージェット)が導入され、新しい加工方向への
第一歩を模索することに、なりました。金属はおろか樹脂、ガラス、ゴム
あらゆる素材の形状を水力によって、加工できる機械です。地元では
まだ何所も導入してなく、弊社が初めてのようです。
幅広く、試作や開発品等お客様の要望に、広く対処できるようにと導入しました
よろしくお願いいたします。





山形社会道しるべ探して
<道しるべ探して>産学官で一丸 自立呼ぶ


若手の作業を見守る吉田功さん(左)と重成さん=長井市の吉田製作所
拡大写真

拡大写真
◎とうほく共創 第4部ものづくり(上)脱企業城下町

 日本経済を覆った「失われた20年」とは何だったのか。立ち込める黒雲の下で東北の製造業は、ただ立ち尽くすだけだったのだろうか。答えを求め、ものづくりの現場を訪ねた。
 半世紀続いた企業城下町は1995年、あっけなく陥落した。
 人口約3万の長井市を製造業のまちに押し上げた東芝系列蓄電器製造のマルコン電子だったが、生産拠点を海外にシフトしたライバル企業との価格競争に敗北。株式は同業他社に売却された。
 マルコン電子は最盛期の90年代前半、市の製造業で出荷額の4分の1(270億円)、従業員数の5分の1(1200人)を占めていた。
 東芝ブランドを失った製造品出荷額は、わずか数年で4割も減少した。しかし、依存することに慣れきったまちは、減少幅すらすぐには把握できなかった。
 市産業活力推進課長の横山照康さん(56)は「どれほどのショックがまちの中に及んでいるのか、皆目分からなかった」と振り返る。

 夢から覚めた後、横山さんたちは製造業の現状や課題の洗い出しを始める。
 意外にも地元には、基盤技術や先端技術がバランス良く集積していることが分かった。新幹線や高速道が通っていない利便性の悪さがかえって幸いし、町工場は外へと分散せずにとどまっていた。
 「地元企業と人材こそが長井の資源、という答えにたどり着いた」と横山さん。「依存」と「支え合い」は別物と気が付いた。
 企業城下町の没落と前後して、今度は山形県立長井工高の統廃合問題が起きる。地元製造業に人材を供給してきたが、いつの間にか定員割れと校舎の老朽化に直面していた。
 「地元に定着する人材を育てないと、長井は駄目になる」。立ち上がったのは吉田製作所の吉田功さん(75)たち町工場の経営者だった。
 高校存続運動の先頭に立ち、新校舎建設資金の調達に奔走。西置賜工業会を設立し、長井工高で技術指導を始めた。生徒の技能検定料や道具代も工業会が捻出した。

 20年がたっていた。
 省力化機械、自動機械の町工場が後ろ盾となって長井工高では今、競技用ロボットの研究開発に力を入れている。東北ではここだけという二足歩行ロボットの競技会が毎年開かれるまでになった。
 存続が決まった高校、それを支えた地元町工場と行政が三位一体となり「ロボットの長井」という都市戦略が出来上がった。
 吉田さんの長男で現社長の重成さん(42)は「小さくても全国に通用する技術を持つことが大事」と胸を張る。もたれかかるのではなく、自分の足で歩いて行く。


関連ページ:山形社会道しるべ探して
台風や雨、曇り日の多かった9月の月も漸く過ぎ去ろうとしています。
今日も曇り小雨、稲刈りも刈ったり、休んだりで天気の具合で中々、進まないよう
です。収穫量は平年並みらしいが、水分の多い田んぼでの稲刈りは。
順調とは行かないようです。松茸の収穫も日照不足かいまいちの様子。
工場内は、新規設備の導入で、昨日よりてんやわんやの状況。稼動させるまで
後二日くらいは、かかる模様。月末に向けてもう一分張りの状況です。

「天高く馬肥ゆる秋」地域経済の行方の情報を集めて見ると、此処長井市に
おける製造業の景況は、金融機関の情報によれば大分持ち直して来てるらしい
特に設備投資に、各企業力を入れ始めていて、人材の不足気味を補って
生産性を高めるため、設備の新規、更新等を行っている。
又中小の倒産も、地域では無く安定した経営が、続いているよう。
受注の問い合わせも、地域外からのものも多く、中堅企業からのものが
多くなっており、新規取引先の地元訪問が大分多くなっている。
年明けに向けて、しっかりと方向性を固め設備の活用を大にしていく努力が
必用かと思う。馬を肥やす秋のチャンスを逃さないように、しよう。


明日、9月22日は秋分の日ですね。
早い季節の移り変わり、今年は台風のあたり年のようですが、
秋分の日は「先祖を敬い、亡くなった人をしのぶ日」とされていたり、
春分の日と同じく昼と夜の長さが同じ日としても知られています。
またこの日から秋分が始まりますので昼よりも夜の時間が長くなります。
此処長井市も、秋の食の名物芋煮会が、あちこちの公園や河川敷で、親しい
人達のグループが、こぞって石のかまどを作り、鍋を上げ里芋を主体に
牛肉、大根、ねぎ等の野菜を醤油味で、炊き込み秋空の元ビールを飲みながら
楽しむ。一大コミニケーションの場でにぎわいます。

お早うございます。中秋の名月も台風の中、連日の雨や曇りの中見ることが
出来ませんでしたが、実りの秋は確実に深まり、そこ此処で稲刈りが始まり
松茸の収穫の便りも、届いています。私も10日ほど体調メンテのため、ドック
入りし、本日より出社してます。新しい設備の導入を目の前にして、様々な
準備工事が、留守中急ピッチで行われ、準備万端のようで、留守中の行者の
方々に、無理をお願いしたようで、感謝してます。さて私も今日から頑張ります
お早うございます。すばらしい初秋の快晴、
気温23℃。めっきり朝晩は、涼しさが続き過ごしやすいですが、
日中はまだまだ残暑厳しいです。さて9月に入って始めての金曜日。
本日は河北新報社報道部(仙台)が来社。東北や地域を見直すため、
東北や地域を見直すため、企業や地域が行っている方策や魅力作りに
ついての取材のようです。

今朝は快晴。気温も21度と初秋を思わせる涼しさ。此処長井市は台風の被害
無し、降雨もそれほどでなく、風もちょっと強かっただけ、ほっとした台風一過
を迎えています。台風も何時ものごとく避けて通ったらしい。
当地は自然災害は、積雪を除いてはほとんど無い地区。
改めて住みよい地域に、感謝、感謝です。

今日午後3時過ぎ、当地を含めて通過するらしい。過去に一度も直撃は無かったと
記憶してますが、昨日から一応万全の準備をしたつもりです。今朝はまだ雨も
小雨で、小川も何時ものような流量、風も微風。唯石たたきの泣き声が
ひっきりなしに、聞こえていますが、なにか感じとっっているのか。

powered by samidare
powered by samidare