吉田製作所

吉田製作所
ログイン

7月の勤務日も今日で終わり。朝から蒸し暑さが強く、真夏の太陽がぎらぎら
ようやく梅雨明けを迎えたのかな。地元景況も車関係の増産がささやかれる中で
多少、よくなってきた感じがします。



昨夜西置賜産業会の例会があり、弊社社長も伴って参加。
多くの経営者が、会長職に退き若手に主力を、譲渡する時期が始まっています
昨夜も参加した、会員企業も新社長の方々の参加が多く、活気に満ち溢れ
頼もしい限りでした。地域外部団体の役員人事も、新旧交代人事の模様で
大変ばたばたした状況。地域経済の舵取りも40代〜50代の若手が活躍する
時期となり、大きく活性化への脱皮を試みることとなる。さて其の中でロートル
の役目は、それらの若手に対して、静かに見守り支えていく事に専念する
道筋を歩まなければ成らない。かって自分たちが歩んできた道とは違い
世の中のあらゆる、急激な進化の中で経営方向も難しい判断の中での、
彼らである。頑張れ、頑張れと、エールを送りたい。

昨日仙台の、建設設備関連のメーカーが金融機関の、紹介で
製品開発の、共同研究協力依頼に、来社された。
以前少しかじった、物件であったが、資金力や人材不足で棚上げにしていた
物で、あったので、今後の打ち合わせ等を十分に重ねなければ、難しい案件で
有るように思われた。

そろそろ7月も後半に入り、梅雨明けももうすぐお盆休暇を目の前にして、
盆休み中の出張工事日程が、続々お得意様休暇中の機械移設や、その他で
装置のメンテ等、お客様休暇中の工事が、毎年。宿命の装置産業の弊社
担当社員の、変則夏休み日程予定を組む、時期になりました。若い社員達に
頼るべき日程、頑張ってもらうことに感謝、感謝です。
天皇陛下の生前退位は、大賛成である。公務に逝去まで縛られ人間としての
自由な生き方が、ひと時も無かったのではあまりにも、無残。
気力、体力が通常生活に耐えられるうちに、個人としての晩年の生活をエンジョイ
していただきたい。

永禄輔さん、ざ、ピーナツ逝去。永禄輔さんの作詞で、坂本九さんが歌った
上を向いて歩こうには、私の青春のすべてが、詰まっており、九ちゃんとの
交流で、当時どんなに元気づけられたことか、彼とは同年代であり飛行機事故で
逝去され、芝の道成寺での葬儀に特別に出席をさせてもらい、多くの参加
芸能人と、彼の旅たちに立ち会ったことが、思い出される。ザ、ピーナツや
坂本九ちゃんとは、同年代。其の時代の多くの人気歌手の作詞を手がけ、次々
とヒット曲を、世に出していった、永禄輔さんも逝去。昭和の面影が次々と
消えていくことに、寂しさが胸を覆う。

社長、業務課長は県の商談会に参加、専務他3名はトヨタへ出張工事。
私はしっかり留守を守ります。又今日は七夕天気が曇りで天の川、残念ながら
見えそうもありません。

長井市の空は、重く雲が垂れ込め、朝から激しく雨が降ったり、止んだり
気温も18度と涼しく、過ごしやすいが湿度が高い。
参院選も終盤を迎え、紙上予想では与党の圧勝が伝えられ、一人区でかろうじて
接戦の模様。

バングラデイシュの首都ダッカで、同国のインフラ活動に、参加していた
若者を含む日本人7名が、イスラム過激派のテロに巻き込まれ、犠牲となった
遺族と供に遺体で、帰国。親日国で有ったバングラデイシュ。世界のそこ此処で
おきているテロ、日本も例外ではなかった。悲しみの中で、こんなことが
二度とおきないよう、各国での協調に日本政府は、より真剣に努力し国民全員で
協力をしなければと、心より思う。

powered by samidare
powered by samidare