HOME > 停車場憧憬

停車場憧憬 ふるさとの山に

  • 停車場憧憬 ふるさとの山に
  • 停車場憧憬 ふるさとの山に
  • 停車場憧憬 ふるさとの山に

ふるさとの山は

何も語らずいつもそこにあった

雲と虹と霧と風を遊ばせ

遠い彼方を見つめていた

 

この景色はいつも私の心の中にあった

私はその存在の意味を

ずーっと問い続けていたのかもしれない

 

齢を重ねて改めて問わなければならない

私は何のために生きるのか

私はこの景色(うちゅう)の中のどこにあるのか

私はふるさとの山に

向き合うことができるのかと

 

 

 

 

 

 

 

()

 

 

 

 

2017.11.21:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬  秋の夕暮

  • 停車場憧憬  秋の夕暮
  • 停車場憧憬  秋の夕暮

刈り入れが終わった頃

父は畦道に腰を下ろして 

切り株だけになった田んぼを見ながら

煙草をプカリとふかす

手塩にかけた稲が手を離れる時だ

嬉しいような 寂しいような気持ちだ

と父は語った

秋の夕暮時になると想い出す光景だ

2017.10.12:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬 西の山から

  • 停車場憧憬 西の山から
  • 停車場憧憬 西の山から

西の山から 差し込む光を受けて

私はひと時 黄金の中に遊ぶ

 

やがて光は 西山の光背となり

そして 全ての光は消え去るだろう

 

人生の最期の時も こんな光の中を

歩めたらいいのにと思う

 

私は今日一日を 

精一杯生きただろうか

2017.09.27:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬 蝉しぐれ

  • 停車場憧憬 蝉しぐれ
  • 停車場憧憬 蝉しぐれ
  • 停車場憧憬 蝉しぐれ

蝉の亡骸があった。地上で許された短い時間に、ひたすら哭いていたであろう最期の姿である。思えばこんなにも身近に、こんなにも多くの生命のドラマが繰り返されていたのだ。生命に終わりというものはない、と語った人がいたが、それでもここには行く夏の風景があった。

停車場憧憬 人生をいかに生きるや蝉しぐれ

2017.08.22:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬  祭りの記憶・村の記憶

  • 停車場憧憬  祭りの記憶・村の記憶
  • 停車場憧憬  祭りの記憶・村の記憶
  • 停車場憧憬  祭りの記憶・村の記憶

いよいよ明日から、お文殊様のお祭り(子供獅子)だ。長井で行われる獅子舞は、光があり、動きがあり、音があって、子供達の脳に深く記憶されるものだ。ところで、「鉄道がなくなると、町は廃れる。」と語った友がいた。子供の数が少なくなって、学校も統廃合が進められている。ある地域では、子供の祭りが休止になったとの話も聞こえて来る。学校がなくなれば、村人が集まる機会も少なくなり、帰省した時に同級生が集まる場所もなくなってしまう。そして、祭りがなくなれば、村の記憶もなくなるのではないだろうか。停車場と祭りを永く残して行きたいものだ。【写真提供:氏家・永山・佐々木/ただし成田八幡神社の祭礼時のものです】

2017.08.13:orada:コメント(0):[停車場憧憬]