HOME > 停車場憧憬

停車場憧憬 懐かしき村

  • 停車場憧憬 懐かしき村
  • 停車場憧憬 懐かしき村

駅舎に降り立つと賑やかな声が聞こえて来た

花見の宴の真っ最中だ

人の良さそうなおじさんが赤ら顔をして

一緒に酒を飲んでいけと声をかけてくる

おばさんたちが手際よく山菜の天ぷらを差し出してくる

訳のわからないうちに自己紹介をさせられ

乾杯までしている自分がいた

こんな風景をどこかで見たような気がする

旅をしながら

こんな村を探していたのかもしれない

2017.04.16:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬 荷物預り所(Lost & Found)

  • 停車場憧憬   荷物預り所(Lost & Found)
  • 停車場憧憬   荷物預り所(Lost & Found)

何もない駅舎に佇んで

忘れていたもの、失っていたものに

気づくことがある

?

駅長さん、私の落とし物届いていませんか?

お客さん、何を落としたのかね?

私が大切にしていたものです

それは何かね? 

・・・・・・・・・

いつ頃失くしたのかね? 

・・・・・・・・・

まあゆっくりお茶でも飲んでいきな。そのうちきっと見つかるよ。

君にとって一番大事なものがね。

2017.04.11:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬 北を愛す、北に生きる

  • 停車場憧憬 北を愛す、北に生きる

 春になると白鳥は、北に帰る

 俺は、どこに行くべきか

  東には太陽が昇る国があるという

  南には未知なる国があるという

  西には浄土の国があるという

 さて、俺はどこで生きるべきか

  ・・・・・・・・・・・・・・・

 北に行こう!

 寒く冷たい北に行こう!

 優しかった爺さんと婆さんが愛した北の町を

 俺も愛し、北に生きる

 北風よもっともっと吹き荒れろ

 俺はその度に強くなってやる

 俺は北を愛す、北に生きる!

2017.04.09:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬 一緒に生きて行こう

  • 停車場憧憬 一緒に生きて行こう
  • 停車場憧憬 一緒に生きて行こう

私のように肢体が不自由な人間でも

生きていて良いのですか

心折れる人生を重ねて来た人間でも

生きなければならないのですか

 

あなたはたくさんの人の苦しみや悲しみを

一人で受け止めて来たのではないですか

逃げることのできないこの場所で

仲間の中の孤独を味わいながら

生きねばならない辛さを

幾度も感じて来たのではないですか

 

けれどもこの世に生まれ 生きて 

存在しているだけで

誰かのためになっていることを信じようよ

あなたも私も一緒に生きて行こう

幼い頃の記憶に残る

丸い背中の温かさを胸に秘めながら

2017.03.20:orada:コメント(0):[停車場憧憬]

停車場憧憬  踏切にて

  • 停車場憧憬  踏切にて

この場所に立つと、僕は前に進めなくなる

いつからこうなったのだろう

 

あの頃は友達と一緒に楽しかった

ささやかだけど人並みの夢もあった

けれどもある日、急に遮断機が降りて来て

僕は一人きりになっていた

 

越えようとする度に

僕の心に遮断機が降りて来た

何の感動もなく日々を過ごす中で

僕の周りの時間だけが止まっていた

 

それでも、ここに立って

踏切の向こうの風を感じよう

いつかこの踏切を超えて、山に向かって歩いて行く

自分の姿を想像しながら

あの頃は辛かったね、と言える日が来ることを信じよう

 

僕が踏み出すのを、ずーっとずーっと

待っていてくれる人がいるのだから

 

2017.03.10:orada:コメント(0):[停車場憧憬]