HOME > 停車場の追憶写真帳

30年前の赤湯駅

  • 30年前の赤湯駅
  • 30年前の赤湯駅
  • 30年前の赤湯駅

『30年前の駅舎を巡る旅』も終着駅・赤湯駅に着きました。写真帳のコメントには、すべて「整備良好」と記されています。国鉄の懐かしい車両が入線しています。駐車しているタクシーのドアには、「龍上海」のロゴが見えます。。【写真提供:山形鉄道(株) 1986年9月5日撮影】

最後に影法師の「今日もあの娘は長井線」の歌詞をお届けします。♪♪たとえ見慣れた街へでも小さな旅に出かけてごらん きっと何かに出会うはず 今日もあの娘は長井線 幾つもの人生のせて走る 長井縁の旅よいつまでも♪♪ (とうびんと)

 

2017.03.15:orada:コメント(0):[停車場の追憶写真帳]

30年前の宮内駅

  • 30年前の宮内駅
  • 30年前の宮内駅
  • 30年前の宮内駅

『30年前の駅舎巡りの旅』も、宮内駅まで来てしまいました。この頃は、もちろんモッチー駅長はいなかった訳ですが、建物の外観は大きな変化はないようです。「駐輪台数200台」、「駅前商店街 人が一人も歩いていない」などのコメントが面白いので、写真帳そのものを紹介します。

【写真提供:山形鉄道(株) 1986年9月5日撮影】

2017.03.13:orada:コメント(0):[停車場の追憶写真帳]

30年前の西宮内駅

  • 30年前の西宮内駅

今は「おりはた」駅と改名されましたが、30年前は西宮内駅という名称だったようです。写真帳には「西宮内駅 無人 整備状況普通」と記載されています。「整備状況普通」というのは、西宮内駅が初めてです。駅に向かうまでの細道・小路も味わい深いものがあります。

【写真提供:山形鉄道(株) 1986年9月5日撮影】

2017.03.09:orada:コメント(0):[停車場の追憶写真帳]

30年前の梨郷駅

  • 30年前の梨郷駅
  • 30年前の梨郷駅
  • 30年前の梨郷駅

駅名看板が目立ちます。梨郷駅のホーム側には、「歓迎 梨郷神社参拝団」の看板も見えます。この頃は、参拝客も多く利用したのでしょうか。枕木を活用したと思われる歩道も素敵です。現在の駅舎は、バンガロー風の建物になっています。フラワー長井線の各駅を巡る旅も面白いものがあります。

【写真提供:山形鉄道 1986年9月5日撮影】

2017.03.08:orada:コメント(0):[停車場の追憶写真帳]

30年前の西大塚駅

  • 30年前の西大塚駅
  • 30年前の西大塚駅

1914年(大正3年)に建設された西大塚駅です。2015年8月、成田駅と共に登録有形文化財に登録されています。残念ながら正面からの写真が残っていませんが、現在の写真と比較してみてください。駅舎に掛けられたハシゴは、もしかすると30年の間、ずーっとあそこに掛けられていたのかもしれません。駅前広場の樹木は伐採されて、今は一本だけになっているようです。自転車がたくさん置かれてあって、当時の汽車通学の様子が伺えます。

【写真提供:山形鉄道(株) 1986年9月5日撮影】

2017.03.06:orada:コメント(0):[停車場の追憶写真帳]