HOME > 映画

ピーチガール

先日、ピーチガールをレンタルしてみました。

たま~にこういう青春恋愛ドラマを見たくなるのは恋愛にいまだにあこがれているからだと思います(^_^;)

この映画は漫画が原作ということもあり、ちょっと無茶なこともあったりしたけど、意外とおもしろく、個人的には好きだった。

印象的なのは永野さんが演じる役がものすごい意地悪で、ありえないくらい意地悪されるのにそれでも縁を切らない山本さんの役が正直不思議だった。なにか思うことがあるからだろうけど、普通は無理だろう。なんで意地悪するのかイマイチわからなかったけど、大きな影響を与えるキャラだったな~。

山本さんの役も最初はどこか殺伐としていたけど、徐々に丸くなっていくのも成長したからなのだろう。徐々にかわいくなっていったように感じたな。

ストーリーとしてはめちゃくちゃ意外なこともサプライズもそんなになかったけど、それが逆に良かった。

やっぱ青春っていいね。

そして、映像も良かった、山に住んでいるので、ああいう海のシーンを見ると、海にあこがれてしまうわ~

それにしても、映画ってほんとうにいいものですね。

2018.03.13:juhoen:コメント(0):[映画]

無限の住人

先日、無限の住人を観ました。

主人公が不死身というくらいしか知らず、観たけど、ものすごいバトルの連続だったな~。あれくらいバトルが多く、スピード感があって展開されると、手っ取り早く話が進んで個人的にはおもしろかった。それぞれの善と悪があってそれがわかりやすい形、戦うことで表現されていた。不死身ということでの生とはなにかを考えさせられたりとか、考えさせられる部分もありながら表現はシンプルだったな。

ラストのバトルのシーンは十三人の刺客を思い出す人もいたんでないかな!?なんかもうそのまんまなんでないかなって思った。ってことを考えると、鶴岡で撮影されたのだろうか。だとしたら同じ山形県民としてうれしいけどね。

 

2018.03.01:juhoen:コメント(0):[映画]

PとJK

先日、PとJKを観ました。

これは警察官と女子高生の恋愛ドラマで、トントン拍子で一気に結婚したけど、価値観のずれを乗り越えれるのかどうかそんな流れで話が進んでいく。

これを見ての感想は・・・、土屋太鳳ってかわいいなと思った(笑)

まぁ、それはさておき、価値観のずれというか結局、本当の気持ちってなんなのかの答えを出すようなストーリーだったな。それを伝えることが重要なんだなと教えてくれた、そんな映画だった。

リアルでも気をつけたいところだね。

それにしても、映画って本当にいいものですね~。

2017.12.27:juhoen:コメント(0):[映画]

ハルチカ

先日、映画「ハルチカ」を観ました。

高校の吹奏楽部を作るということから始まる青春映画なんだけど、いつもこういう映画を見るたびに思うんだけど、あんな熱い青春ってあるんだろうかと毎回思うようなことを思った。

あと驚いたのが、全然前知識なく見たので、橋本が演じるヒロインが幼馴染に対して乱暴なのにびっくりした。まぁ、演技なんだけど、なんかびっくりしたな。かわいい人が暴力的っていうギャップもいいのかもってほんのちょっと思った。

また、できないことを乗り越えようとするときの人の葛藤はなんかリアルだったな。周囲の人も含めて各々の想いがぶつかるところが見応えあったな。

それにしても、映画って本当にいいものですね~

2017.12.26:juhoen:コメント(0):[映画]

暗殺教室 卒業編

先日、暗殺教室 卒業編を観ました。

これはいわゆる後編にあたるのだが、前編のほうをテレビでちょっと見ておもしろいなと気になったので、最終的にどうなったか見たいなと思ってレンタルしてきました。

漫画の実写化なので、どこまでその世界観を出せるか、出せなくてもエンターテイメントとしてなにを見せられるか、そもそも原作を知らないので、自分としては世界観もわからず、ただ楽しいか面白いかだけでしたね。

結果、自分としては楽しめたかな。CGとかを駆使しながらうまく漫画の世界観を出そうとしていたんでないかなとわからないながらも思った。まぁ、けっこうリアルでありえない強烈なストーリー設定なので、最後どうなるんかなと思ったけど、これはこれできれいにまとまったのかな。時間が経ってああいう風に成長した姿になったってのはありがちながらもわかる気はしたけどね。

それにしても、映画って本当にいいものですね~

 

2017.09.20:juhoen:コメント(0):[映画]