HOME > モンテディオ山形

J2 第12節 vs ファジアーノ岡山

先日、J2第12節が行われました。

モンテディオ山形はホームでファジアーノ岡山と対戦し、1-0で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を21としました。

順位は2位です。

 

優勝するために勝ち続けたい山形、前節が良い内容で勝利できたたけに今回も序盤から全開でいきたかったところだが、岡山の守備に苦しみ、なかなかチャンスが作れない。しかし、CKからNO.27坂元選手が低いボールを送ると、NO.3栗山選手がフリーで撃つとGKに弾くもそれをNO.17中村選手が押し込み、ゴール☆今までCKを蹴ってこなかった坂元選手が相手の虚を突くボールで相手もびっくりしただろう。逆に山形は狙い通りにはまったセットプレイだったな。反撃したい岡山は前半終了間際、右サイドからのボールをイ ヨンジェが難しい体勢ながらもヘッドで合わせると、ゴールに向かっていくがバーに当たり、なんとか助かり、前半終了となった。

後半もお互い手堅いゲームは続き、お互いにチャンスを作らせない。お互い選手交代しながら得点を狙うもどちらもスコアを動かせず、試合終了となった。

 

お互い守備では持ち味を見せて、なかなか決定的なチャンスを作らせなかった、そんな中、セットプレイで得点できたのは大きかったね。今年はけっこうセットプレイからゴールしているし、今回は今までにない形だったので、いろんな形を作ってゴールに迫りたいね。そして、守備でも0で抑えることができたのは大きかった。前線のイ ヨンジェはフィジカルが強いだけに厄介だったけど、それを止めたのは大きい。これからもしっかりとした守備から勝ち点を積み重ねていきたいね。

 

次の試合は12日(日)、ホームでジェフ千葉と対戦です。

結果が出ず、監督交代となった千葉、気持ち新たに戦ってくるだろうから気をつけていきたいね。

2019.05.06:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第11節 vs アビスパ福岡

先日、J2第11節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーでアビスパ福岡と対戦し、1-0で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を21としました。

順位は2位です。

 

試合序盤からアウエーの山形が積極的に前に出る。久しぶりの先発となるNO.29ホドルフォ選手の突破など個々の選手が特徴を出していく。その中で、チャンスをいくつも作るも得点できず、しかしながら、守備も安定した力を見せ、失点もせずに前半終了となる。

後半に入っても山形のペースは変わらず、チャンスを作っていくもゴールができない。選手交代をしながら試合を動かそうとするもなかなか状況は変わらない。徐々に相手の攻撃を受ける時間が出てくる中、終盤になり、相手の攻撃からボールを奪い、NO.9ジェフェルソン・バイアーノがボールを受け、中央に展開すると、2対1の状況となる。ボールを受けたNO.14本田選手が左を走っているNO.18南選手にボールを送ると、南選手がそのまま持ち込み、強烈なシュートを撃つ。GKがそれに反応して弾こうとするも、ゴールに入り、待望の先制点をゲットする。これが決勝点となり、試合終了となった。

 

個々が良い動きを見せるもなかなか得点できず、このまま、無得点で終わるのかと思った終了間際でのゴール良かった~。良い内容の試合で良い結果を出せるかどうか、悪い内容の試合で勝ち点を取れるかどうか、そこがこの長丁場のリーグ戦で重要なことになってくるので、その点ではよかった。これからも最後の最後まで集中してがんばってほしい。

 

次の試合は5月5日(日)、ホームでファジアーノ岡山と対戦です。

例年だと、GWの時期は週2回の試合だったけど、今年はそういうスケジュールでないんだな。今頃気づいた~、これが吉と出るのか、凶と出るのか、とりあえず、この試合も勝とう。

2019.04.28:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第10節 vs レノファ山口

先日、J2第10節が行われました。

モンテディオ山形はホームでレノファ山口と対戦し、0-1で敗れました。

順位は4位です。

 

いろいろあって結果のほうを先に知ってしまったので、観なかったのですが、残念な結果だったな。守備の堅さは今季光る中、どのように毎試合得点していくのか、毎年そうだけど、そこが大事になっていくな。攻守のバランスを考えながらになるけど、どこかで得点をしかける勝負が必要になってくる、勝ち点3を取るためにまだまだ考えることが大きい。

 

次の試合は27日(土)、アウエーでアビスパ福岡と対戦です。

調子がまだ上がらないけど、間違いなく力があるチームなので、気をつけていきたいね。

2019.04.24:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第9節 vs アルビレックス新潟

先日、J2第9節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーでアルビレックス新潟と対戦し、2-2で引き分け、勝ち点1をゲット、総勝ち点を18としました。

 

新潟の地でなかなか勝利できない山形、今度こそこの地で勝利したい、その山形、序盤からチャンスを次々と作る。様々な攻撃から相手にプレッシャーをかけていくと、左サイドのNO.6山田選手からのボールにNO.13大槻選手が合わせ、ゴール☆良い形から先制点につなげることができ、前半終了となる。

後半に入り、新潟も早く追いつきたいところ、山形としては粘りたいところだったが、スルーパスから川口に決められ追いつかれてしまう。しかし、ここからが今季の山形の違うところだろうか、ゴール前の大槻選手にボールが入り、うまくコントロールできなかったものの、なんとかシュートに持ち込むと、それが決まり、ゴール☆勝ち越すことができた、新潟も攻撃的な選手を投入し、追いつこうとするも、イマイチかみあわないシーンもあり、そのまま試合終了になるのかなと思ったら、相手の波状攻撃から失点し、追いつかれ、試合終了となった。

 

終始リードする展開で試合を進められたのは良かったけど、最後、守り切ることができなかったな。NO.21櫛引選手もナイスセービングを見せたけど、あそこを詰められてシュートを撃たれてしまうと厳しい。このように勝ち点を落としていくというのは昨シーズンも多かっただけに修正して次の試合に臨みたいところだね。

 

次の試合は21日(日)、ホームでレノファ山口と対戦です。

勝利してまた上にいきたいね~

2019.04.14:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第8節 vs 東京ヴェルディ

先日、J2第8節が行われました。

モンテディオ山形はホームで東京ヴェルディと対戦し、2-1で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を17としました。

順位は首位です。

 

ホームで勝利して勢いにのりたいところ。FKでNO.4三鬼選手のボールからNO.3栗山がヘディングで合わせ、ゴールかと思ったら、これはファウルということでノーゴール。その後もチャンスを作りかけるも決定的なチャンスまでにはいたらず、一方で、相手にもチャンスを作らせないでいたが、前半終了間際、小池に決められて、リードを許して前半終了となる。

後半、追いつきたい山形は後ろのNO.23熊本選手からのボールに反応したNO.27坂元選手が抜け出し、シュートを放ってゴール☆相手DFラインとのかけひきからうまく抜け出して良かった。そして、終了間際、ネマニャ コイッチから激しい当たりでボールを奪うと、オーバーラップした熊本選手からのボールにNO.13大槻選手がヘディングで合わせ、ゴール☆土壇場でゴールを決め、試合終了となった。

 

2点目が山形らしさ、J2を勝ち抜くために必要なエッセンスが凝縮されていたと思う。相手からボールを奪うための球際の激しさ、そして、試合終盤にも関わらず後ろからオーバーラップしていく運動量、それが重要だと感じた。そこらへんが今後も見られるといいな~、そして、それがゴールにつながっていくとうれしい。

 

次の試合は13日(土)、アウエーでアルビレックス新潟と対戦です。

難しい相手になるけど、勝利して混戦を抜け出したいね~

2019.04.08:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]