HOME > モンテディオ山形

J2 第37節 vs 横浜FC

先日、J2第37節が行われました。

モンテディオ山形はホームで横浜FCと対戦し、2-0で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を50としました。

順位は12位です。

 

残念ながら結果を知ってしまったので、ハイライトしか観なかった。

先制のシーンは思いがけない形だった。NO.17中村選手がシュートを撃つと、前にいたNO.11阪野選手に当たり、コースが変わってゴールに入った。相手GKもシュートコースに反応しようとしていたところでの変化だったので、どうすることもできなかったな。

追加点のシーンはNO.25汰木選手が右サイドをかけあがり、中央の阪野選手に合わせて低いクロスを入れるも合わず、流れたところをファーに走ってきた中村選手が合わせてゴール☆あそこまで進入してきた中村選手の運動量良かったな。

レアンドロ・ドミンゲスもさすがに危険なシーンを作ってくるあたり怖い存在だったけど、なんとか防いで無失点で終えることができてよかった。

汰木選手の退場が残念だったし、チャンスをものにできなくて悔しいだろうけど、これからさらに成長できるようにしてほしいね。

 

次の試合は22日、アウエーでカマタマーレ讃岐と対戦です。

残り試合もあと5試合になったけど、今後につながるような良い試合を見せてほしいね。

 

2017.10.16:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第36節 vs 東京ヴェルディ

先日、J2第36節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーで東京ヴェルディと対戦し、1-3で敗れました。

 

なかなか勝利できない山形、なにがなんでも勝利したいところ。

そんな山形、NO.31安西選手がミドルシュートを狙っていく。また、スローインからボールを持ったNO.16佐藤選手がNO.9瀬沼選手に当てて、落としたところを佐藤選手がシュートを放つも枠をとらえきれず、外れてしまう。すると、東京、シュートのこぼれだまに反応し押し込まれ失点。前に弾いてしまっては危険だったな。しかし、前半終了間際にCKからニアに蹴ったボールを相手DFがヘディングをミートしきれず、当たったボールがゴールに吸い込まれてしまい、ゴール☆GKもあの位置でちょっと軌道が変わると反応できないわな。そして、前半終了となった。

後半に入り、試合を動かしたのは東京。浅い位置からのクロスにNO.1児玉選手が飛び出すもドウグラスが先に触り、放ったヘディングシュートで失点。GKも先に触りたかったと思うが、振り返ってみると、飛びださなくても良かったように思えるな。さらに、ドウグラスがドリブルから強烈なシュートを放ち、失点。スピードにのったドリブルについていくのは難しかった。その後はある程度ボールを持ったけど、相手の守備のブロックは崩せず、試合終了となった。

 

3点目は個の力でやられてしまった感はあったけど、外国人FWのパワーとスピード、決定力を感じたな。全部の失点が外国人ということを考えると、決定力不足解消というのに外国人助っ人というのは一つの選択肢だなと感じた。ディエゴもなんだかんだいってゴール決めていたしね。まぁ、それはそれとして、攻撃も守備もあともう少しという場面が多いね。難しい状況になっているけど、モチベーション高く試合に臨んでほしい。

 

次の試合は14日(土)、ホームで横浜FCと対戦です。

いろんな子ども向けの企画もあるみたいなので、たくさんの人で応援できればいいね。

2017.10.09:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第35節 vs V・ファーレン長崎

先日、J2第35節が行われました。

モンテディオ山形はホームでV・ファーレン長崎と対戦し、0-0で引き分け、勝ち点1をゲット、総勝ち点を47としました。

順位は13位です。

 

久しぶりの地上波放送があって録画したのですが、それを観る前に結果がわかり、今回はチェックせず・・・、0-0ですと、見どころが少ないですからね。まぁ、それ以上にがっかり感があって辛いですわ。

 

次の試合は7日(土)、アウエーで東京ヴェルディと対戦です。

とりあえず、まず勝ちたいですね。

2017.10.01:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第34節 vs ロアッソ熊本

先日、J2第34節が行われました。

モンテディオ山形はホームでロアッソ熊本と対戦し、0-1で敗れました。

 

部分的にしか試合を観ていないけど、序盤は山形のペースで試合が進むが、徐々に熊本も中盤でボールを奪えるようになると、流れは熊本になっていく。山形もミスがあり、前半の終盤は苦しい展開だったな。後半は選手を交代しながらチャンスをつかもうとするが、終盤に相手のクロスからヘディングで決められ、失点。試合終了となった。

 

苦しい試合だったな。序盤の流れがいい時間帯に決めることができたら良かったが、相手もそうはさせなかったな。相手がいるスポーツなので、難しいけど、なんとか崩したかったね。

 

次の試合は30日(土)、ホームでV・ファーレン長崎と対戦です。

苦しい順位ながらも最後の最後まであきらめず、がんばってほしいね。

2017.09.30:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第33節 vs 町田ゼルビア

先日、J2第33節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーで町田ゼルビアと対戦し、0-0で引き分け、勝ち点1をゲットし、総勝ち点を46としました。

順位は12位です。

 

引き分けが続く中、順位を上げるために勝利したい山形。

町田もプレーオフ圏内を目指すのに勝利したいだけあって、ペースは山形ながらも粘り強く守備をしてチャンスをうかがう。町田の前線に起点を作らせないように激しく守備をしてそこから攻撃につなげようとしたけど、良いタイミングでボールを奪うことが難しかったし、奪っても雨でのピッチというのもあったか、ミスして失うことも多かった。それは町田にもあったので、お互い決定的なチャンスを作ることが難しく、前半終了した。

 

後半に入ると、町田が押し込もうと前に出てきて、チャンスを作ろうとする。その分、できる隙を狙って山形もチャンスを作る。相手DFのGKへのバックパスに反応して、NO.9瀬沼選手がGKよりいち早くボールに届き、シュートを放つも枠を外してしまう。さらに左サイドでボールを持ったNO.9瀬沼選手がDFをかわし、中に進入していくと、中央にNO.10鈴木選手にボールを送る。それをワンタッチで前へ送ると、NO.16佐藤選手がGKと一対一になり、シュートを放つが、これは防がれてしまう。スピード感ある流れるような攻撃だったな。終盤はPA内で強烈なシュートを撃たれるが、DFがブロックするなど、危険なシーンもあったが、スコアは動かず、試合終了となった。

 

雨のせいでお互いミスも多かったな。後半途中からは町田の選手も熱くなってきている印象あったけど、冷静にプレイしていて、ゴールする雰囲気もあったけど、結局得点できなかった。流れがきているときに得点できるかどうかやはりそれができないとなると厳しいな。ラストは向こうに流れがいってしまっただけに失点しないで良かったけど、得点できないと引き分けはできても勝つことはできない。5試合連続引き分けもすごいけど、勝利するためにあとひとつなにかが必要になってきたそんな感じがしたな。

 

次の試合は24日(日)、ホームでロアッソ熊本と対戦です。

残り試合が少なくなってきた中、なんとか勝利したいね。

2017.09.18:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]