HOME > モンテディオ山形

J2 第26節 vs カマタマーレ讃岐

先日、台風で中止になったJ2第26節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーでカマタマーレ讃岐と対戦し、1-1で引き分け、勝ち点1をゲット、総勝ち点を49としました。

順位は9位です。

 

台風の影響で中止になった一戦、山形も昇格プレーオフ圏内に入っていきたいし、讃岐も全然勝利できていないので、勝ちたいところ。前半は山形がボールを持ち、回す展開。中盤でのミスからボールを奪われ、カウンターされる攻撃が何回かあった。粘り強く守り、カウンターを仕掛ける狙いがあった讃岐、ゴール前の守備の人数がそろっているので、山形もなかなかチャンスを作れずに前半を終える。

後半に入っても、同じ展開は続く、しかし、ついに山形は揺さぶりでゴールをこじ開ける。左サイドからNO.25汰木選手がドリブルで仕掛け、中央にボールを送ると、そこから右サイドに展開、NO.4三鬼選手からのクロスにNO.11阪野選手がヘディングで合わせ、ゴール☆完璧なヘディングシュートだったな~、あれは取れない。それから徐々に追いつこうとする讃岐の時間になっていく。それでも、守備陣のふんばりでゴールを守っていき、このまま終わるかと思ったアディショナルタイム、見事なシュートをくらい、失点、最後、追いつかれて試合終了となった。

 

最後、得点したり、失点したりと続く今季、最後の最後までこちらも気を抜けない試合が多いけど、守りきれないっていうのはきつい。そこを改善できないと上にはいけないだろうな。最後、失点しても構わないくらいに得点していればいいだろうけど、そうもいかないしね。もう少し試合運びを考えないといけないかもな~

 

次の試合は24日(月)、アウエーでツエーゲン金沢と対戦です。

なかなか勝ちきれない試合が続くが勝利してほしい~

2018.09.21:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第33節 vs ヴァンフォーレ甲府

先日、J2第33節が行われました。

モンテディオ山形はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦し、1-1で引き分け、勝ち点1をゲット、総勝ち点を48としました。

順位は10位です。

 

結果を知ってしまったので、ハイライトで観ました・・・

序盤、いきなり山形が試合を動かす。CKの流れからボールを取られるもすぐに取り返すと、中央に当てて、そこからNO.16小林選手につなぐと、GKのタイミングをずらし、ボレーシュートでゴール☆ものすごく落ち着いて、ゴールのタイミングを狙っていたな、すばらしいプレイだった。

失点シーンはDFに当たってコースが変わる不運な形、といっても、サッカーではよくあることなので、こういうのも頭に入れながら戦わないといけない。もちろん、ああいう状況になってしまうとGKが防ぐのは無理なので、シュートチャンスを簡単に作らせないことが必要になってくるだろう。それはもちろん、困難なことながらも理想を追い求めてがんばってほしいですね。あとはチャンスもあっただけに得点できれば・・・。8位以上は得失点差が+の二桁台なのに山形は1、6位大宮との勝ち点差は6で、並んだとしても、現状、得失点差で負けてしまう。上位と比べると、得点が少なく、失点が多い。攻守ともに見劣りする部分があるのは間違いないだろう。この差をこの終盤で埋めることができるかどうか、この先の戦いも要チェックです。

次の試合は19日(水)、アウエーでカマタマーレ讃岐と対戦です。

勝ち点3を取りきれるようにがんばれ~

2018.09.16:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第32節 vs レノファ山口

先日、J2第32節が行われました。

モンテディオ山形はアウエーでレノファ山口と対戦し、1-0で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を47としました。

順位は10位です。

 

勝ち点が一緒のチームと対戦、ここを勝つか負けるかでプレーオフ圏内を目指すライバル達が遠ざかるまさしく勝たなければいけない試合。

そんな大切な試合を観る前に結果を知ったのは残念だった・・・

とはいえ、勝利できてうれしい~

今季ブレイクしたオナイウを中心とした攻撃は迫力あったけど、なんとか抑えることができて良かったし、攻撃も追加点を取れるチャンスを作ることができたことをポジティブに捉えて、上位に進出していってほしい。

次の試合は15日(土)、ホームでヴァンフォーレ甲府と対戦です。

下位で苦しむ甲府に勝利してさらに上にいきたいね~

 

2018.09.11:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第31節 vs ロアッソ熊本

先日J2第31節が行われました。

モンテディオ山形はホームでロアッソ熊本と対戦し、2-1で勝利し、勝ち点3をゲット、総勝ち点を44としました。

順位は10位です。

 

昇格プレーオフ圏内に入るためにもう負けられない山形。序盤からボールをつかむとPA内のNO.11阪野選手にボールを入れると、相手DFの競り合いの中で、ボールがちょうど阪野選手の前に止まると、それを冷静にシュートを撃ち、ゴール☆いいところにボールが入って良かった。その後も山形の時間が多くチャンスを作りながら前半を終える。

このまま、追加点を奪えればと思われたが、後半に入ると、熊本がどんどん決定的なチャンスを作っていく。そんな中、クロスに対して相手選手とNO.1児玉選手が競り合い、浮いているボールを伊東に押し込まれ、失点、追いつかれてしまう。その後も熊本の猛攻は続き、いつ失点してもおかしくないシーンが続き、後半ロスタイムに入り、このまま、凌いで、同点で終わるのかなと思われたそのとき、NO.50ブルーノ・ロペス選手がゴールを背にボールをもらうと、相手DFのプレッシャーを背に受けながら逃れ、前を向き、シュートを撃つと、良いコースに入り、ゴール☆あの状況からあの威力のシュートを枠内に入れてくるあたりさすがだった。そして、試合終了となった。

 

なんといっても最後の得点シーン、まさに個の力を見せてくれたと思う。完全にシュートを浮かせてしまうのだろうなと思っていたらあんなすごいコースにズバッと入るとは思わなかった。相手GKもまさかと思ったらだろう。試合展開的にも守るので精いっぱいでゴールは遠く、決定的なシーンを作るのが難しい中で一発で試合をひっくり返すことができたのは大きい。これを活かすも殺すも次の試合、このまま勢いに乗っていきたいね。

 

次の試合は9日(日)、アウエーでレノファ山口と対戦です。

昇格プレーオフ圏内に入るためにもはや負けることができない勝ち点が一緒のライバルが相手だけに勝利したいね。

2018.09.03:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]

J2 第30節 vs 愛媛FC

先日、J2第30節が行われました。

モンテディオ山形はホームで愛媛FCと対戦し、1-1で引き分け、勝ち点1をゲット、総勝ち点を41としました。

順位は11位です。

 

大敗した徳島戦から切り替え、天皇杯ではなんとか勝ち上がったが、リーグで勝ち点3がほしい山形。しかし、立ち上がり、愛媛の出足の良さに受身のサッカーになってしまう。そして、CKからこぼれたところを決められてしまうが、これはノーゴール。なんでノーゴールだったのかはわからなかったけど、まぁ、そういうことなんだろう。しかし、前半の終盤にFKからヘディングで合わせられてしまい、失点。そして、前半終了となった。

後半に入り、徐々に山形がボールを持つ機会は増えてきたのだが、ゴール前をかためる愛媛を崩せない。時折、鋭いカウンターにゴールを脅かされるものの、なんとか防ぎ終盤に入ると、後方でボールを持ったNO.19松本選手が相手をかわし、縦にボールを入れると、NO.9フェリペ・アウベス選手がクロスを入れ、NO.50ブルーノ・ロペス選手が軽く合わせるもGKが弾く。しかし、こぼれ球に反応したNO.16小林選手がダイレクトボレーシュートを撃ち、ゴール☆隅を狙ったいいシュートだった。そして、試合終了となった。

 

なかなか難しい試合だったな。運動量で愛媛が上回っていたので、なかなか展開ができなかった。連動もなく、ボールを持ってから考えるシーンが多かったので、ゴール前をかためられると、ちょっと難しかったね。守備も相手にチャンスを作られることが多く、もう少し失点してもおかしくなかったかもしれないな。しっかりリフレッシュして次の試合に臨んでほしい。

 

次の試合は9月1日(土)、ホームでロアッソ熊本と対戦です。

ある程度、狙うべき順位が見えてくるこの時期、プレーオフ圏内に入れるよう勝ち点3をゲットしよう。

2018.08.26:juhoen:コメント(0):[モンテディオ山形]