22年目の告白

先日、22年目の告白を見た。

昔、連続殺人を犯した犯人がずっと捕まらないまま、時効を迎え、そして、事件が起きてから22年目に突然、その事件の犯人が告白本を出し、世の中に出てくる・・・というストーリーなんだけど、まぁ、あんまり書くとネタばれになってしまうので、難しいけど、言えるのは面白かった。

サスペンスには欠かせない見る側の予想を超える展開など見どころはいろいろあった。まぁ、不思議なこともあったけど、それはそれとして各々の演技も迫真だったからその世界にのめり込むことができた。

それにしても、藤原さんのこういうサスペンス系、スリル系の演技はさすがだなと思う。安定した力を発揮しているように思える。また、これからもこういうジャンルのに出演していくのかなと思うが、また観てみたいね。

映画ってほんとうにいいものですね~

2018.03.20:juhoen:[映画]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。