HOME > 映画

バクマン。

先日、映画「バクマン。」を観た。

原作も読んでいたし、おもしろかったので、映画はどんな感じだろうと思って気になったので、観てみた。

面白かったけど、ラストはちょっと物足りなかったかな!?

もしかすると、続編があるのではないか!?っていう感じもしたけど、それはどうとでもできるような感じだったね。

まぁ、キーワードである「努力」「友情」「勝利」は伝えることができたので、続編はなにを伝えるのか、もし、続編があるのならば気になるところになってくるかな。

キャラクターたちの独特な雰囲気もうまく演じていたけど、主人公たちの夢が一歩前進したとき無我夢中になるほどのよろこび方とかの演技はさすがだなと思う。

映画って本当にいいものですね~

2016.07.12:juhoen:コメント(0):[映画]

日本のいちばん長い日

先日、日本のいちばん長い日を観ました。

映画館で観ようと思ったけど、タイミングが合わず、そのまま忘れてしまい、ツタヤでたまたま棚を眺めていたら、もう準新作になっているところを発見し、借りてみた。

観た感想としてはその時代のそれぞれの考え、思惑をうまく表現しているなと感じた。ただ、これもあらかじめその時代のことを知っていないとよくわからないまま終わってしまうのではないかなと感じたな。

終戦間際の首相、陸軍大臣、海軍大臣、その他の大臣、陸軍それぞれの立場がある程度わからないと、なかなか理解しにくい映画だと思う。立場がわかった上でなんであの言動、行動なのかが見えてくるので、小説があるからまずそれを読んでからのほうがいいのかもわからんね。自分は個人的にこの時代のことがものすごく興味があり、少し本など読んだことがあるので、なんとなくわかったけどね。そういう点では、阿南陸軍大臣をどのように演じるのかはひとつ注目をしていた。なにしろ、陸軍である以上、下からの暴発を防ぐために戦争続行の意見を言わないといけなかったり、気をつかわないといけない立場だったからそこの苦悩がものすごく伝わってきたな。でも、最後はもうみんな命がけで自分の信じる道を進む姿に感動した。

まぁ、あんまり言うと、あれだからぜひ、みんな観てほしい映画だったな。

本当映画っていいものですね~

2016.05.18:juhoen:コメント(0):[映画]

東京島

先日、東京島を観ました。

クルーザーで旅をしていた夫婦が嵐に遭い、漂流して無人島に漂着、その後、さらに日本人グループ(男性だけ)、中国人グループ(男性だけ)が漂着してくる。そんな状況で、女性は一人だけという中、この無人島でどのように生きていくかというお話。

まぁ、設定がおもしろそうだったので、観たんだけど・・・

って感じでした。

いろんな人間模様があるんだけど、なんかそれがあまり引き付けられなかったというかなんというかね。けっこういろいろ細かいところ気になる部分はあるんだけど、けっこうトントン拍子に話が進む場面があったりで、なんかそんなにだったな。

まぁ、こんなときもあるさ。なんでもそうだけど、賛否両論、いろんな感じ方、考え方あるからみんながみんないいねって難しいものさ。

それにしても、映画ってほんとうにいいものですね~☆

2016.04.30:juhoen:コメント(0):[映画]

バケモノの子

先日、バケモノの子を観ました。

たまにアニメを観るのも良いものだな~と思いましたね。

ストーリーが何を伝えたいのかわかりやすく、シンプルで面白かった。

離婚で父と別れ、事故で母と別れた子供が一人飛び出して、バケモノの世界に入っていき、バケモノに育てられるというお話。結局はお互い成長していくということなんだけど、それって、アニメや映画だとわかりやすいんだけど、現実、あまり実感することってないんだよなと思った。だけど、実際、育てているつもりが自分の成長にもつながるそれを忘れてはいけないな、そんなことをなぜか思った。まぁ、おそらくこのアニメを観てそんな感想を抱く人はそういないと思うけど(^_^;)

それにしても、アニメって本当いいものですね~。

 

2016.04.28:juhoen:コメント(0):[映画]

エイプリルフールズ

先日、エイプリルフールズを観た。

たくさん有名な方が出演する、しかも、全員が嘘をつくという触れ込みだったので、おもしろそうだと思い観てみたら、やはりおもしろかった。

いくつかあるそれぞれのストーリーがスピード感あふれる展開を見せ、その上それぞれのストーリーが微妙に交わることもありながら進むという最後のほうはなるほどなと思うけど、最初はなかなかついていくことが難しい。なにしろ、キャストが多くて、それぞれのキャラを理解するのにも大変だからね。

それにしても、いろんな嘘があるなと観ていて感じる。もちろん、人をだますためになんだけど、なぜだますのかとい想いが大切なのではないかっていうのを考えさせられる映画だったな。エイプリルフールってなんかびっくりさせたり、おもしろければいいっていう嘘というかジョークで楽しむ風潮があるような感じが個人的にはするけど、どうせなら相手のことをとことん想っての嘘をついたらいいんでないかなと思った。う~ん、いやそれを考えるのもそれはそれで難しいよな、なんかいろいろと考えさせられる映画だった。

それにしても、映画って本当にいいものですね~。

 

2016.04.05:juhoen:コメント(0):[映画]