社会人基礎力養成講座

社会人基礎力養成講座
ログイン

20日の山形新聞にセミナーの様子が掲載されたとのことで、
キャリア仲間やいろいろな方からご連絡頂きました。
切り抜きまで送ってくださいました。
ありがとうございますm(__)m
2月19日・YAHOOニュースから
〜〜超音速旅客機「コンコルド」が2003年に引退してから、約16年が経ちました。このたび、このアイコニックな旅客機が誕生から50周年を迎えるにあたって、「カンバック」の話が急浮上しています〜〜

一度は乗ってみたい、憧れの飛行機でした。

安全で信頼できる飛行機として復活してほしいです。

荘内日報ニュース

高校3年対象新社会人スタートセミナー
 卒業を控えた高校3年生を対象にした「新社会人スタートセミナー」が12日から15日まで鶴岡市のマリカ市民ホールで行われ、社会人としての心構えや職場でのコミュニケーションについて学んでいる。

 今春から社会人となる高校3年生の新しい生活環境への不安を軽減し、必要な知識を身に付けてもらおうと、鶴岡市と庄内地域産業振興センターが主催、県若者就職支援センターの共催で開いた。庄内地方の10校から計215人(男子114人、女子101人)が参加。12、13日の基礎講座をほとんどの生徒が受講し、13日にコミュニケーション・スキルアップ講座、14日に実践的ビジネス・接客マナー講座、15日に製造・生産現場の基礎講座が行われ、生徒それぞれが選択して受講する。

 このうち12日の基礎講座は約80人が受講。キャリアカウンセラーの鈴木奈智子さんが講師を務め、企業が求める人材や職場のコミュニケーション、早期離職しないための心構え、お金の使い方などについて分かりやすく説明した。鈴木さんは企業が求める人材について、企業アンケートを基に「多くの企業がコミュニケーション能力や協調性を重要視している」と紹介し、「コミュニケーションは話して伝える、伝わっていること。目を見て耳と心で聴くこと」と説明。初出社時の心掛けについて「第一印象が大切。明るく元気にあいさつを」と呼び掛けた。

 生徒たちは鈴木さんの後に続いて初出社時の自己紹介の練習を行い、会社でのケースに応じた言葉遣いなどを考えた。初めは小さな声だった生徒たちも次第にしっかりとあいさつやお辞儀ができるようになっていた。
          
ケースに応じた会社での言葉遣いを問い掛け、生徒たちが答えた

2019年(平成31年) 02月13日(水)付け紙面より



1月16日、普段は子どものみのお仕事体験を大人ができる
「大人のキッザニア」が開催されたそうです。
100種類もの仕事やサービス


小さい頃からの憧れの仕事
ワクワクしそうですね。
🇯🇵成人の日
今年は135万人の若者が成人式を迎えたとのこと。
とても嬉しいニュースです。

この日、仙台では「どんと祭」が行われました。
朝のうちに
愛宕神社へ松飾りと昨年お世話になった熊手を納めて来ました。

さー、連休も終わり、
今日はから通常業界開始です。
大学の学生課に
私の故郷、宮崎県の求人案内パンフレットが👀


関東や関西、他遠方からの案内もありますが、
宮崎からのは初めて目にしました。

日向夏やマンゴーなどフルーツに恵まれ
ブーゲンビリアが咲き
海岸沿いにはヤシ、フエニックス
そして、青い空と青い海
多くのサーファーが集う、憧れの地です。

暖かくてのどかで、いいところです。
面談の名目で呼び出す「事実上の面接」
学生を面接ではない別の名目で呼び出し、
実質的な選考を行うことを指している。
(東洋経済・配信)

〰️〰️〰️〰️
あまり良い言葉ではないですが、
就活支援の現場では、確かに耳に入ってきます。
インターンシップでお世話になった企業から
ジョブマッチング面談のや座談会、社員との面談など、
お誘いがあるようです。

本格的な選考開始まで、まだまだ期間があるはず、
これから企業理解のためにスケジューリングしている学生たちは
一企業に束縛されるのではと、不安を感じています。


金銭面で進学をあきらめようとしている生徒さんたち

山形県若者定着奨学金返還支援


いろいろ条件はありますが
まだまだ間に合います。
今年も白鳥がやってきました。


毎年、ほぼ同じ時期に、同じ場所に。




いよいよ冬の季節ですね⛄




〜大学新聞掲載記事から〜

女子栄養大学・栄養学部、短期大学部では
アクティブ・ラーニング入試を取り入れているそうです。

選考内容
〇プレゼンテーション+面接
〇課題解決型レポート
〇書類審査

ーーー大学職員と卒業生を選考員として採用ーーー
大学の現場を知る面接官を取り入れることで
受験生を、より多面的総合的に評価する、画期的な選考方法ですね。
仙台市青葉区の虎屋横丁(国分町)と隣接の稲荷小路(一番町)で
16年間続いたイベント




バブル崩壊後の不況で国分町から客足が遠のいた2003年、活性化策の一環で親交会が初めて開催。以来、年1回の恒例イベントとして認知度が上がり、参加者も年々増加するなど盛況だったようです。

運営側の人手不足などで継続が難しくなり、今回が最後とのこと。
初めて参加しましたが、活気に満ちた様子でしたので、少し寂しい気がします。
9月12日・日本経済新聞掲載より


2020年度の導入を目指している高等教育無償化では、「返済が不要な給付型奨学金」が拡充されるとのこと。
食費や住居・光熱費などをまかなう生活費を学生本人に支給するもので、「授業料の減免」の拡充と併せて、政府は学生が学業に専念できる環境づくりが整えるとしています。

家庭の経済的理由で進学を諦めざるを得ない生徒さんも多く、進路支援の現場でも
どうにもできないもどかしさを感じていました。
教育格差を防ぎ自由に学べる、このような制度ができる意味は大きいです。
高校野球・第100回大会の決勝戦
できれば東北勢初の優勝をと願っておりましたが、、、。
結果よりも大阪桐蔭、金足農業、両チームの一生懸命な姿に感動しました。

決勝戦を終えた甲子園上空に虹がかかったそうです。


今年も熱い戦いが終わりましたね。

秋田県立金足農業高等学校・野球部


34年ぶりの4強入りを成し遂げました。

進路講演で何度か伺っている高校です。


明日の準決勝は残念ながら仕事のため、テレビ中継を見れませんが、
精一杯頑張ってほしいです。
七夕まつりの最終日
仕事帰りに仙台駅やアーケードの笹飾りを見てきました🎋







今年は雨に見舞われましたが、
多くの方で賑わっていました。
いよいよ、2019年3月卒高校生の就活が始まりました。

新規高等学校卒業者の採用選考スケジュール
〇6月1日・・・ハローワークによる求人申込書の受付開始      

○7月1日・・・企業による学校への求人申込及び学校訪問開始 

○9月5日・・・学校から企業への生徒の応募書類提出開始
       (沖縄県は8月30日)                                
○9月16日・・・企業による選考開始及び採用内定開始       


6月1日、2019年春卒業予定の大学生らの採用選考が解禁されました。

(日本経済新聞掲載写真)

選考解禁日にもかかわらず、
すでに内定率は42.7%(5月1日時点)

それでもまだ90%の学生が就活を続けているのが現状です。

2019年卒大学生の就職内定率 42.8%だそうです。


(5月1日現在・就職みらい研究所発表)

私が担当している大学でもかなりの学生が内定を得ています。
企業選考開始は6月開始の予定ですが。


杜の都、仙台
初夏を思わせるよう青空のもと


今日は羽生選手の凱旋パレードで大賑わいでした。


勇気と感動をありがとうm(__)m

所属団体キャリアネットワークでは
今年度もキャリアカウンセリングを行います。


無料でで行っている事業です。
ぜひお越しください。
先日のガイダンスの様子が高校のピックアップニュースに掲載されていました。


面接練習の様子


宮城県築館高等学校ホームページから
2年生 進路ガイダンス
3月8日(木)、本校で2年生を対象に就職希望と進学希望に分かれ進路ガイダンスをおこないました。
就職希望者は厚生労働省が主催する『高校生における就職ガイダンス』を実施しました。3名の講師の方にお越しいただき、社会や仕事のことについて説明を受けたり、就職活動の流れを確認したり、模擬面接をおこなったりと充実した時間となりました。また、グループワークや模擬面接など活動が多く取り入れられており生徒達は真面目に取り組んでいました。半年後に迫った就職試験に向けて動き出しています。


調査会社のモニタス・インターネットで実施。
(20代から60代の男女500人からの回答)

新聞の折込チラシやテレビのコマーシャルを見ると、特に欲しい物もないのに行ってみたくなる。リーズナブルなのに、まずまずの満足感
そんな消費者心理を見抜くユニクロの商戦はすごいと思います💰
風雨に見舞われた3月1日
ほとんどの高校で卒業式が行われました。
おめでとうございます\(-o-)/
週末1日目

所属団体キャリアネットワーク主催
「ライフコンパスワークショップ」を開催しました。
今回、私はアシスタント役担当。


終了後、キャリアカウンセリングも行いました
新しい出会いを頂いた貴重な一日!
先日14日(水)に鶴岡市で担当させて頂いたセミナーの様子が地元新聞「庄内日報」に掲載されました。

2018年(平成30年) 2月15日(木)付け紙面より

心構えやマナーの基本学ぶ
 今春地元企業に就職する高校3年生を対象にした「新社会人の基礎講座」が14日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれ、社会人・企業人としての心構えやビジネスマナーの基本などを学んで入社に備えた。

 就職が内定した高校生たちから入社前に企業人としての基本を習得してもらおうと、鶴岡市と庄内地域産業振興センターが「新社会人スタートセミナー」と題して12年前から実施している。基礎講座のほか「コミュニケーションスキルアップ」「実践的ビジネス・接客マナー」「製造・生産現場の基礎」の各講座があり、就職先の業態に合わせ複数の講座を受講する生徒も多い。

 入門編となる基礎講座は仙台市の教育支援事業会社・メルサのキャリアカウンセラー、鈴木奈智子さんが講師を務め、13、14日の2回に分けて行われ、約200人が受講した。

 14日は鶴岡北、鶴岡工業、鶴岡中央、鶴岡東、羽黒、酒田光陵など11高校から108人が参加した。社会人としての心構え、企業が求める人材の要素、あいさつや言葉遣い、職場のコミュニケーションの重要性などを学んだ。鈴木さんは「皆さんは選ばれて採用された。内定先の人々は皆さんに期待し、待っている」「4月からは高校生ではなく会社の一員として責任を負う社会人。そのことを強く意識して」「分からないことはきちんと聞き直す。メモ帳を必ず持ち、聞いたことはメモする」など助言した。

 講師の「皆さんは何を目的に働くか」の問いに、参加者たちは「自分の力で生きていくため」「働いて親に恩返ししたい」などと答え、入社を前に地元で働くことに対する意欲と決意を新たにしていた。



自己紹介や職場で必要なコミュニケーションの取り方を研修する新社会人たち




デザインや食分野を学んだ外国人留学生を卒業後に日本国内で採用する際の基準を示し、専門性を生かせる仕事なら在留資格を与える。

基準を明確にして留学生を雇いやすくし、
訪日需要の掘り起こしやクールジャパンの海外展開を後押しする。

ー――9/20・日本経済新聞より――ー


現在、就労目的の資格を持つ外国人は約27万人。
在留資格許可の基準は細かく制限されてはいますが、
専門性を生かせる分野で活躍してくれる外国人が増えそうですね。


私が所属している団体、キャリアネットワークで
「ライフコンパス・ワークショップ」を開催します。」




◯と き H 29年10月7日(土) 9:30〜12:30
     13:00〜17:00 個別カウンセリング (お一人50分)

○ところ 戦災復興記念館 4階第4会議室

○参加費 2000円(税込)当日ご持参ください。

○申込み 事前申込みが必要です。
▼ネットから申込方法
以下のURLの「キャリア相談窓口」の各項目に必要事項をご入力ください。
ご相談内容の欄には、
「10月7日 キャリアコンパス・ワークショップ参加希望」と記入してください。
午後の個別キャリアカンセリングについても「キャリアカウンセリングを希望する」「キャリアカウンセリングは希望しない」のいずれかを記入してください。
http://careernetwork.jp/contact/

▼電話でのお申込み
    090-8610-7341 反田(そりだ)まで。

以上、ご案内させて頂きます。
北海道は大丈夫でしょうか。


ここ仙台も、昨夜から明け方にかけて風雨に見舞われました。

いつも穏やかな広瀬川が濁流と化しています。


仙台の夏の風物詩
今年の花火大会・七夕まつりは
雨の影響を受けてしまいました。

今宵は夏の最後を彩る広瀬川灯ろう流し花火大会🎇
小雨の中、無事に決行




関係者の皆様、お疲れさまでございました。


週末、東北各地でお祭りが開催されています。

今日から仙台では七夕まつりが始まりました。






雨も上がり、中心街のアーケードは
地元の方や多くの観光客の方々で賑わっていました。

自宅から街中ウォーキング往復10.5
心地よい疲労感を味わっています。
充実の週末でした