社会人基礎力養成講座

社会人基礎力養成講座
ログイン

穏やかな海の風景
〜〜帰りの高速バスの車窓から〜〜


新規にキャリアコンサルティングのご依頼を頂き、
気仙沼へ行ってまいりました。

業種は様々ですが、ある程度キャリアのある方たち。
皆さん、それぞれ任された仕事に専念され、
企業様からの信頼も厚く、期待されている方々です。

新分野の開発
仕事と子育ての両立と、いろいろと課題もありますが、
ほどよくワークライフバランスを取りながら
人生を楽しんで頂きたい。
そう願いながら、面談させて頂きました。


緑が色濃くなってきました。
〜〜奥羽本線の車窓から〜〜

今日は米沢の大学でのカウンセリング業務
空き時間に大学院2年のYさんが来てくれました。
3社から内々定を頂き、
第1志望の企業に決めたとのこと。

就活開始から何度も面談し、
諦めずに挑戦し続けた彼の努力の成果です。
「メンタル面も強くなれて、ここまでこれた」との
感謝の言葉に感無量です。







短大でのカウンセリング

2年生の就活相談が多い中、
今日は1年生が来てくれました。

インターンシップ希望先は特殊な業界で、
しかも地元希望のため、なかなか見つからないようです。
関連のある所に積極的に問い合わせてみるよう勧めました。

職業理解のためにも
インターンシップは貴重な体験の場です。
夏季休暇を大いに活用して頂きたいですね。


紅花の季節です。〜〜山形駅展示場にて〜〜






キャンパスのイチョウ並木
青葉が深みを増してきました。

新規に学生支援のご依頼を頂いての初日
新しい職場に、新しい人間関係
そして各学部の学生の皆さんとの新しい出会い
あっという間の一日でした。

学部が異なり、目指す進路も公務員、一般企業と
様々です。それぞれの価値観や考え方を尊重しながら
学生支援に取り組んでいます。



山形県米沢市の大学へ
キャンパスはハナミズキで彩り鮮やかです。





今週は2日間連続のキャリアコンサルティング業務でした。

この時期に内々定を頂いている学生も多く、
昨年度よりもさらに企業選考のスピードが速くなっているようです。

相談例
一社内々定を頂き、2日後に内定の意思表示を求められ、更に近日中に内定者懇親会も開催されるとのことで、どう対処したらいいのか悩んでいるとの相談を受けました。
第一志望ではなく入社の意思はないようですが、念のために一社押さえておきたい気持ちもわからなくもありません。
他数社にもエントリーしており、まだまだ就活を続けたい様子です。

双方が意志疎通できてマッチングへと向かって頂くのが理想ですが、
現状はなかなか厳しいようです。

山形蔵王

晴天に恵まれた心地良い一日でした。
17:50を過ぎましたのに、まだまだ明るい🌟
日が長くなりましたね。

今日は山形市内の短大へ
2年生のキャリアカウンセリング担当。

複数企業へのエントリーが集中してしまい
提出書類の作成だけでも大変そうな方もいます。

それぞれ中途半端にならないよう
就活スケジュールを立てて臨むよう助言しています。





米沢は🌸満開の時期を迎えています🌸


今日もカウンセリングルームは予約でいっぱいでした。
季節を楽しむ時間も惜しんで、
学生たちが頑張っている姿を目にすると、
就職支援にも力が入ります。

就活の目的は内定を頂くことですが、
・インターンシップや合同企業説明会参加
・企業側に熱意の伝わるエントリーシートの作成
・身だしなみ、挨拶、言葉遣いなどの面接マナー
・面接時の対応
・不採用を経験して気づく自分の弱点

上記のような経験を通して就活に力を入れた分、
社会人として必要な知識やスキルが徐々に身に付いていきます。






米沢市上杉神社
こちらの桜はあともう少し
今週末辺りが見頃でしょうか🌸


さて、カウンセリング業務開始です。
学生からの質問
「何社くらいエントリーしたらいいのか?」
不安な気持ちが伝わってきます。

さて、それでは逆に
企業説明会に参加して、「興味のある企業がいくつありましたか?」
「エントリーしたい企業は何社?」

就活にどのくらいの時間や負担をかけることができるか。
学業との兼ね合い、精神的、金銭的な負担も考慮して、
スケジューリングして頂きたいと伝えています。
米沢市の大学で2日間の就活相談を担当しました。

企業へのエントリーシート提出、一次選考、二次選考と進んでいます。
すでに内々定を頂いた方もいて、スピ―ディーな企業の人材確保に
当の本人たちも焦りを感じているようです。

エントリーシートの添削で気になる点も多々ありますが、まずは2つほど。
設問で企業側は何を知りたいのか?
 岾惷箸筝Φ罎芭呂鯑れたこと」→どんなことに取り組んだのか
そこで身に付けたスキルを社員として生かせる部分は何か

⊆己PR
「学業以外に取り組んだこと」→サークル活動やアルバイトなどを通して
どんなことを経験したのか、どんな強みを持っているのか
職場での人間関係をうまくやってくれそうか

― ― ― 設問の中に企業の期待が込められているのです― ― ―
エントリーシートにはあまり詳しく書かず、面接時に伝えるという考え方もありますが、書類選考後に面接まで至らない場合は、熱意を伝える機会を逃してしまいます。

ただ、やってきたことを説明するのではなく、経験から学んだことや身に付いたことを含め、さらに、入社後に生かせる強みとしてPRするよう伝えています。


米沢を囲む山々も少しずつ春めいてきました。
吾妻連峰


飯豊連峰


もうすぐ桜の季節がやって来ます。

今回の相談は全員、エントリーシートの添削でした。

それぞれ希望する企業の志望順位によって、
エントリーシートの内容に違いが出ています。
本人たちは気付いていないようですが、
企業側には本気度が試されるでしょう。

売り手市場が続く中、
つい油断することもあるかもしれません。
一社一社、第一志望のつもりで、
気を抜かずに取り組むようお伝えしています。

27日は雪に見舞われた地域もありました。

東北はまだまだ不安定な気候が続きそうです。
山形大学工学部の旧校舎
国の重要文化財

大学でのキャリアカウンセリング担当でした。
合同企業説明会の開始とともに相談者も多くなり、今日は定員オーバー状態で大忙し^_^;

エントリーシートの添削や面接練習
1人/50分の時間があっという間に過ぎてしまいました。

合同企業説明会後の選考スケジュールも
スピーディな企業か多く、学生の皆さんも大変ですが、早め早めに準備して臨んでほしいとお伝えしています。








合同企業説明会を目前に、
大学のカウンセリングルームはせわしくなってきました。

すでに企業説明会も始まっており、
説明会から1週間後の明日、企業面談を受ける学生が相談にやってきました。
履歴書の添削を済ませて、急きょ、面接の練習。
まだ質問への応答も十分にできるまでに至っていません。

8月から求人活動解禁のはずですが、すでに企業側は動いています。
人材確保のためのスピーディーな選考スケジュールに惑わされないよう、
早め早めの準備をして臨むようお伝えしています。

大学キャンパス内のけやき並木


学食までの雪道

雪どけまでもう少し。
大学でのキャリアカウンセリング
先日、第一志望企業のエントリーシートの添削を行った大学院1年生。
一次選考を通過できたとのことで、報告に来てくれました。

次は二次試験(グループ面接)
これから、内定を目指して特訓が続きます。

夕方、吹雪の合い間の幻想的な雪景色(米沢)

大学でのキャリアカウンセリング

専門職の学科は、ほぼ全員内定を頂いているとのことでしたが、
面談で気になった学生がいました。

4年生の彼は専門職から一般企業への進路変更を始めたのですが、
企業の面接で専門知識を生かせる職業を選択しなかった理由を問われたら何と答えればいいのか悩んでいます。

その道のスペシャリストとしてスキルを身に付けてきたのに、確かにもったいない気はします。でもそれ以上にやりたいことがあるのならば、進路変更してもいいのではないでしょうか。
ただ、今まで学んできたことが無駄ではなかったことを伝える必要があります。

4年間を振り返って頂いた結果、
大学の授業や実習では彼が目指す職業に生かせる、役に立つ、多くの事を学んできたとのこと。
それらを、もっと視野を広げて活躍できる仕事にたどり着いたのです。

「どう言えばいいのですか」の相談に
ただ適当な答え方をアドバイスするのではなく、
「どう伝えたいのか」
そこに本人が気付いてくれるまで、ひたすら待ちました。

私の使命は相談者が自ら行動できるように支援することです。
「ありがとうございました。頑張ります」の笑顔に、
こちらもやりがいを感じた一日でした。

山形の雪もひとやすみでしょうか

青空に恵まれて、久々に蔵王山を見ることができました。







米沢の大学でのキャリアカウンセリング

経団連の発表では採用情報の解禁は3月からの予定ですが、
大学の掲示板を見る限り、すでに各地で始まっています。





すでに企業説明会が終了し、
1週間後にエントリーシート提出とウェブテストを控えて、
相談に訪れる学生もいました。

人材確保にスピード感の増す企業側の事情もわからなくもないですが、
予想外のスケジュールの差に惑わされる学生も少なくありません。
スタートラインでつまずかないよう、
用意周到で臨めるような防衛策の助言も必要ではないかと思っております。


吹雪に見舞われると、歩くのに精一杯で余裕がないのですが、



今日はお天気に恵まれて、雪が眩しいほどきれいに見えました。

大学や短大では介護や保育等、専門職の選考が続いています。
実習期間が長いため、
一通り落ち着いてから本格的な就活に取り組み始めました。

今日は6名の面談で、エントリーシートの添削と面接練習が主でした。
書類選考で勝ち残るために、いかに意欲を示すことができるか、
本人が納得し、自分の言葉で仕上げるまでアドバイスを続けています。

面接試験では第一印象が大切。
身だしなみや表情、挨拶、声の大きさから積極性を判断されることもあります。
企業側が求める人材は
専門職としての技術や資格はもちろんですが、
特に人に接する仕事にはホスピタリティー精神が不可欠です。


今日も早めに我が家を出発し、

一息ついてから大学へ( ^^) _U~~








山形県上山市の高校へ

校庭の落ち葉もあざやか



高校生の企業選考開始からわずか2か月も経っていませんが、
続々と内定の情報を耳にします。

今年度も未内定者のカウンセリングを担当させて頂きました。
わずか数名、全員が前向きに就活を続けています。

一社目が不採用になった面接を振り返り、
反省点や改善点を一緒に考えてもらいました。
面接練習でも本番さながらに一生懸命さが見えてきました。

今度は万全の状態で臨みたいという気持ちがこちらにも伝わってきます。
がんばれ〜!



山形市内の大学へ
幼稚園や保育園、福祉系の選考が本番を迎え、
カウンセリングルームは面接練習希望者で定員オーバ状態でした。
授業で学んだことや実習で体験してきたことを振り返りながら
自分の進路へ向けて頑張っています。

お昼休みはキャンパスをブラブラと散策して気分転換。
いつの間にか、木々も色づいてきましたね。
昨日、仕事前に
久々に友人とのティータイム☕


上杉神社のお堀沿いに、こんな落ち着いたお店があったんですね。

さて、大学でのキャリアカウンセリング
企業選考が続き、面接練習希望も多い状況です。

そんな中、何と相談者の半数は大学院1年生。
来年からの就活に関する不安や、企業選択についての相談でした。

帰りは大学から米沢駅までウォーキング
計測距離 2.2km
歩数 2.988歩

暑くもなく、少しだけ風を感じながら
爽やかに歩くことができました^_^

2月を迎え、あっという間に一週間が過ぎました。
2日、山形市内の短大へ
内定者対象「セルフマネジメント・ライフマネジメント講座」を担当後、鶴岡市へ
中旬に開催予定の「新社会人スタートセミナー」の打ち合わせを終えて、前泊入り

3日、鶴岡市内の高校で進路講演
遅くに帰宅後の豆まきでした。


4日、村山市内
高校3年生の内定者対象の「新社会人スタートアップセミナー」


「立春」暦通り、春を感じるような温かい一日でした。

5日は米沢市の短大で「就活ワークショップ」

米沢駅の寒牡丹

慌ただしい日々でしたが、なんとかお天気にも恵まれて
無事に業務を遂行できて、ほっと一安心。

週末はのんびり過ごすことにします( ^^) _U~~

大学の進路相談室
4年生の内定もほぼ決まり
現在は3年生、大学院1年生の相談者がメインになってきました。

2月からのインターンシップに向けて
企業へ提出するエントリーシートの添削希望も増えてきています。

インターンシップの希望者が多い企業では、
エントリーシート選考、面接選考によって受け入れる人材を絞っているため
就職試験並みにハードルが高いようです。

就職活動のスケジュールも今年度からまた変更になりました。
大学の掲示板から


周りに振り回されることのないよう、
しっかりとスケジュールを立てて、就活に臨んでほしいです。
大学のキャリアカウンセリングルームでは
3年生、大学院1年生の就活相談が増えてきました。

インターンシップへ向けての準備開始です。
企業によってはハードルが高く
エントリー後、書類選考、面接試験を通過して
初めてインターンシップ生として受け入れているところもあります。

来年6月から企業選考開始とはいえ、
のんびりしていられない、そんな気配を感じています。

街はすっかりXmasモード
就活の事で余裕はないかもしれませんが、
学ぶ時はしっかり学び、遊ぶ時は思いっきり楽しんでほしいです。












今日は所属団体、キャリアネットワーク主催
「認知行動療法ワークショップ」に参加。



洗足ストレスコーピング・サポートオフィスの伊藤絵美氏をお招きして
キャリアカウンセリング現場での
認知行動療法の活用法についてご教授頂きました。

10:00〜17:00、あとという間に時間が過ぎ、
充実の一日でした。
山形市内大学でのキャリアカウンセリング担当でした。

文系の学生の企業選考がひと段落して、
今日の相談者は全員子ども学科の学生でした。
最終の実習を終え、いよいよ選考が始まり、
内定の朗報が耳に入ってきます。

平成18年10月に施行された認定こども園制度により、
幼稚園教諭と保育士の活躍の場が広がっています。

幼稚園教諭、保育士、どちらかの道を選択していくのですが、
志望動機を聞いていると、やはり実習での経験が選択肢に大きな影響を与えているようです。


山形は小春日和の穏やかな一日でした。



山形県の高校へ

企業の選考が始まって2か月も経っていませんが
こちらの高校の内定率は非常に高く、未内定者はあと数名のみ。

今日は未内定者の支援をさせて頂きました。
まだ多くの求人があるのですが、
なかなか希望通りの企業は見つからないようです。

特に事務の求人は少なく、
アパレル関係の求人もめったにないとのことで、
憧れていた職業を諦めきれずに悩んでいます。

そこで、自分のできそうなことも含めて選択肢を広げてもらいました。
中には、自らネット上で企業を探した生徒さんもいて、
その粘り強さに感心してしまいました。


校訓

『日日新 又日新』

(中国古典の一節)
毎日を新しい気持ちで過ごし、努力を積み重ねることにより
自分を更に成長させることができる

戒めの言葉に感謝

大学でのキャリアカウンセリング

9割の学生が内定を頂いているとのこと。
まだまだ就活中の学生もいるのですが、この時期は相談者が少ないです。
自力で頑張っているのでしょうか、ちょっと気がかりなところです。

業務開始までの1時間ほど、ウォーキングを兼ねて散策してみました。

上杉神社辺りの紅葉




雪囲い

そろそろ冬支度ですね。

大学キャンパスの欅や桜の紅葉も鮮やかでした。




今朝の山形は曇り空
すっかり刈り取られて、田んぼも寒々としています。


今日、大学での就職相談に訪れた女子学生
なんと、山形県の高校で2年生と3年生の時に進路指導させて頂いた生徒さんでした。
以前から介護職に興味があり、福祉系の大学入試に向けて面接練習にも一生懸命取り組んでいたのを覚えています。

今度は大学の就職支援で再会できて、お互いにびっくり。
面接練習ではしっかりと受け答えができ、志望先への意欲が伝わる内容でした。
大学でも、ますます意欲的に頑張っている姿を見て嬉しかったです。

まもなく企業選考
朗報を楽しみにしています。




大学でのキャリアカウンセリング


専門職を目指して学んでいるものの
進路選択に迷っている学生も少なくありません。

福祉系
実習で介護の現場を体験し、自分には適していないと思った。

幼稚園・保育系
子どもは好きだが、先生や保護者との人間関係が負担になりそう。

服飾系
大学で学んでいるうちに、いろいろな経験から他にやりたいものが見えてきた。
など、理由はさまざまです。

やはり、実際に学んで体験していくうちに気付くことも多いのでしょう。

「なぜ介護職を目指していたのに、一般職なのですか」
「幼稚園ではなく、販売の仕事を選んだ理由を教えて下さい」
などと聞かれた場合、進路変更を企業側にどう説明するか。

大学4年間、短大2年間で学んだ知識や技術は無駄ではなく、他業種、他職種でも生かせる部分があるはずです。それは何か、自分自身の棚卸をして、強みを整理してみましょう。

短大での打ち合わせを終えて、大学まで歩くことにしたのはいいのですが、
気温26℃、所要時間45分間、日傘越しに感じる熱気は真夏のようでした。

旧米沢高等工業学校・本館


キャンパスのけやき並木


休憩時間に女子学生が内定報告に来てくれました。
第一希望の企業でしたので、私も自分のことのように嬉しいです。
でも、彼女は嬉しさの中にもちょっと不安な顔をしているのです。
内定先からの期待にプレッシャーを感じている様子。

就活を始めたばかりなので、他社の選考も受けて、
最終的に内定を得た企業の中から自分に適した道を選びたいとのこと。
もっともな考えですね。

内定とは「雇用契約の予約」のこと。
現時点では内定承諾書の提出も要求されていませんし、
就活は継続しても問題ないのです。
ただ、入社の意思が全くないのなら、相手の企業に迷惑をかけないためにも内定辞退はなるべく早く伝えるべきでしょう。

実際の選考は8月から開始予定ですが、すでに企業の選考は始まっているようです。就活のスケジュールどおりに進めている学生には焦りも感じられます。

就活時期の繰り下げは、学生にとってはどうなのでしょう。
学生の学業を優先する目的で決定した初の試みに課題が見えてきました。



「自分に合った仕事を教えて下さい」
キャリアカウンセリングでこんな相談を受けることも多いです。

進路に迷った時、誰かに方向性を支持してもらうと安心するのかもしれませんが、私達の仕事は相談者が自分の意志で前へ進めるよう支援するものです。
相談者の気持ちに添って話を聞き、現状や必要な情報を提供し、本人が自ら考えていくことが大事です。

「自分に合った仕事」は何でしょう。
興味、関心、適性、能力から仕事に結び付けばいいのでしょうが、
どうしても迷った時は企業研究をして、更にインターンシップを通して、自分との接点になる部分を見つけることも一つの方法でしょう。

6月8日のNHKニュースから〜〜〜

この夏のインターンシップに学生を募集する企業はこれまでに1400社に上り、2年前の2倍以上に急増しているとのこと。
これまで3年生の12月から行っていた新卒の採用活動を3か月遅らせて3月からにすることになっている。
採用活動の期間が短くなるうえ、景気の回復で新卒の採用が売手市場になるとみられるため、企業の中ではインターンシップを通じて少しでも早く学生に接触し、今後の採用につなげようとする動きが広がっているという〜〜

企業側も人材確保に必死です。
学生の皆さんにはインターンシップの機会を活用して企業理解を深め、自分の進路選択に生かしてほしいです。