社会人基礎力養成講座

社会人基礎力養成講座
ログイン

「足湯」のサムネイル「新社会人スタートアップセミナー」のサムネイル「万全の体制で」のサムネイル「合同企業説明会の歩き方」のサムネイル「高校生就職ガイダンス」のサムネイル
合同企業説明会を目前に、
大学のカウンセリングルームはせわしくなってきました。

すでに企業説明会も始まっており、
説明会から1週間後の明日、企業面談を受ける学生が相談にやってきました。
履歴書の添削を済ませて、急きょ、面接の練習。
まだ質問への応答も十分にできるまでに至っていません。

8月から求人活動解禁のはずですが、すでに企業側は動いています。
人材確保のためのスピーディーな選考スケジュールに惑わされないよう、
早め早めの準備をして臨むようお伝えしています。

大学キャンパス内のけやき並木


学食までの雪道

雪どけまでもう少し。
Forbes JAPAN 掲載記事から、貴重な気付きを得ることができました。

精神的な強さは、全く予期していないときに起きたことによって試されるものだ。その人の精神的なタフさは、困難なときに何をするかではなく、何をしないかというところに明確に示される。
精神的に強い人が決してしない10のことを学べば、あなたも自分の精神力を高めることができるはずだ。

1.失敗にこだわらない
精神的にタフな人は、自分が何に気持ちを集中させているかによって、自分の感情が左右されることを知っている。そのため、失敗に固執せず、一方でその失敗を忘れることなく、頭の片隅にとどめておく。そうすることで、将来の成功に向けて自分を変え、適応させていくために役立てることができる。

2.ネガティブな人と付き合わない
冷たい人、失礼な人だと思われたくないために、何かを嘆いている人の話を聞いてあげなければという気持ちに駆られることはよくある。だが、親身になって聞いてあげることと、感情的な悪循環に巻き込まれることは違う。その二つの間には、紙一重の違いがあることを忘れてはいけない。
心の知能指数が高い人は必要なときには境界線を引いて一定の距離を保ち、巻き込まれないようにすることができる。

3.自分を疑わない
精神力の強い人には忍耐力がある。失敗しても、疲れても、面白くないと思っても、諦めることはない。誰かに「絶対に無理だ」と言われても、それは他人の意見だと受け止める。

4.謝罪を求めない
強い精神力の持ち主は、非を認めずに謝らない人のことも恨まずに許す。そうすれば物事が円滑に進むことを知っているからだ。過去の恨み事や感情に「寄生」する憎しみや怒りは今の幸せや喜びを台無しにする。

5.自分を哀れまない
自分を哀れむことは自らを現状に屈した無力な犠牲者だと決めつけるのと同じだ。精神力の強い人は自分を哀れんだりしない。それは自分自身の力を放棄することを意味するからだ。

6.恨まない
他人を恨むことで生じる否定的な感情は、ストレス反応だ。ストレスを抱え続けることは健康に害を及ぼす。米エモリ―大学の研究によれば、高血圧や心臓病にもつながる。精神的に強い人は自らストレスを抱え込むようなことはしない。
7.誰の悪影響も受けない
他人と自分を比較することで喜びや満足感が失われたとき、あなたは自分自身の幸福を人の手に委ねたことになる。強い精神力の持ち主が自分の行動に前向きな感情を持っているとき、他人の意見や成功に影響されることはない。

8.人のことに介入しない
精神的に強い人は、他人を批判しない。人の能力はそれぞれに異なることを知っているからだ。自分を人と比較することは、制約を課すことだ。嫉妬することでエネルギーを浪費せず、人を理解することにそのエネルギーを使ってみよう。人の成功を祝福することは、あなたにとってもその人にとってもプラスになる。

9.怠けない
カナダの医療機関、イースタン・オンタリオ・リサーチ・インスティテュートの研究結果によると、10週間にわたって週2回の運動を続けた人は、社会性、知能、運動能力の各項目に関する自己評価が上がったという。自分自身のボディイメージや自尊感情も改善した。自信を高めるための努力を続けることは精神的な強さを得ることにつながる。

10.悲観しない
ニュースを見れば、戦闘や攻撃、脆弱な経済、企業の破綻、環境災害等など、世界は悪い方向に向かっていると思わせるようなことばかりだ。だが、精神的に強い人は自分にはどうすることもできない事柄に心を捉われたりしない。

短大、高校の内定者を対象に
2月初旬から担当させて頂いている「新社会人の基礎講座」

20日、最終回でした。


毎年この時期、大雪により交通手段が閉ざされることも多く、天候が気になるところでしたが、前泊入りしたり、かなり早めに出発するなど、余裕をもって臨んだため、支障なく務めることができました。

主催者の皆様、各地区の関係者の皆さま
大変お世話になりました。
ありがとうございました。


終了後の帰り道
ほっと一息、お疲れさまのマドレーヌ( ^^) _U~~

村山駅前のお菓子屋さんの菓子袋
何とも、歴史を感じますね。

まだまだ寒くて体がちじこまりそうですが、
背筋を伸ばしてシャキッと!
いよいよ次年度に向けての準備開始です。
今週末は資格試験を受けに東京へ行って来ました。

終了後、久々に友人と待ち合わせ。
おいしい夕食を頂いた後、夜中まで話し、


それでも語りつくせずに、寝る時間がもったいないくらいでした。

友人もいろいろな悩みを抱えており、
ひとときの間でも思いっきり話せたことで
少し気持ちが楽になってくれたようでした。
お互いに大事な存在です。


高岩寺の梅
今週は出張続きでした。
17日は始発のはやぶさで新青森へ。




午前中の業務を終えて、とんぼ帰り。
体力勝負の5日間でした^_^;
新庄市へ行って参りました。
新社会人スタートアップセミナー・3回目


受講生97名
進路講演で伺った高校の生徒さん達も参加していて、笑顔で話しかけてくれました。
熱心に受講してくれる姿に頼もしさを感じます。

あと半月足らずで卒業式を迎え、それぞれ巣立っていきます。
彼らに幸多かれと願いつつ「がんばってね」と送り出してきました。


山形県でも豪雪地帯と言われる最上地方ですが、ここ数日はお天気に恵まれているようです。





今日も充実した一日を送ることができました。
郡山市内の高校で2学年対象のガイダンス

私は就職希望の女子40名の就職講演を担当させて頂きました。
とはいえ、3分の2の生徒さんが進学、就職の選択に迷っている状態です。
どちらの選択肢も考えながら、準備をしていくようにお話ししました。

どちらの高校でも、家庭の金銭的な事情で進学を断念する生徒さんも少なくありません。それで本人も納得できればいいのですが、もし諦めきれない場合は国や自治体、学校独自の奨学金などを活用できることも説明し、可能な限り選択肢を考えてみるようお伝えしています。


郡山に向かう途中


新幹線の車窓から見える吾妻連峰

裏側になる米沢からの眺めとは、ちょっと雰囲気が違いますね。
自然はいろいろな姿を見せてくれます。

鶴岡市での新社会人スタートアップセミナー
「新社会人スタート講座」1日目、2日目を無事終了致しました。


4日間の講座の中で、
社会人としての心構えや給料の扱い方のシミュレーション、
早期離職のデメリットなど、やや厳しい話も致しました。
2日間、受講生総勢143名と大人数ではありましたが、
受け身ではなく、自ら学ぼうとする、意欲的な姿勢が見えました。

今年度も内定者支援ができることにやり甲斐を感じています。
山形県若者就職支援センター主催
高校生内定者対象「新社会人スタートアップセミナー」
一回目は9日、西村山地区

山形新聞掲載記事


入社まであと1か月半
社会人になるための準備期間です。
一日一日、気を引き締めて過ごして頂きたいと願いつつ担当させて頂きました。


「足湯」の画像
寒河江の会場へ向かう途中
な、なんと、足湯を発見。
仕事とはいえ温泉街ですもの。

時間はたっぷりあるし、
ひと休みできる格好をしてくればよかったと、
寒いからなおさら未練が残りました…>_
「新社会人スタートアップセミナー」の画像
いよいよ山形県若者就職支援センター主催
高校3年生内定者対象
「新社会人スタートアップセミナー」が始まります。

4月から社会で活躍してくれるみなさん
お会いするのを心待ちにしています。
「万全の体制で」の画像
雪の多いこの時期の出張はいつも以上に気が張ります。
お天気に左右されることのないよう、
早め早めに出発しています。
今朝は1時間以上前に到着し、スタバで待機☕
それでは行って参ります。
「合同企業説明会の歩き方」の画像
本日の読売新聞
「就活ON・SPECIAL」特集
なかなか興味深い内容です。

春の訪れを告げる「啓翁桜」


立春とは春がやってくるための始まりだそうですが
どんよりとした空と冷たい空気の中、まだまだ寒さはこれからです☃



2月は山形県の各地で内定者対象の新社会人スタートセミナーを担当致します。
特に冬場のこの時期は天候に左右されないよう、時間に余裕をもって臨むこと、
そして、万全な体制で臨めるよう、体調管理に十分留意していきたいと思っております。
2日間続けて米沢での業務。
雪の影響も考えて宿泊を選択して向かいました。

1日目、大学でのキャリアカウンセリングを終え、いよいよホテルへ→

1劼竜離ではタクシーをお願いするのも申し訳なく徒歩で向かったのですが、
キャリーバックを抱えてのハードな道のりでした。

2日目は雪も小降りになり、ひと安心。


短大1年生対象の就活ワークショップです。


それぞれ希望する進路に向けて
7時間、ワークや面接練習に挑戦して頂きました。


1日目のキャリアカウンセリングとともに
受講生の集中力とパワーに、
私の方が元気を頂けた、そんな充実した2日間でした。
大学でのキャリアカウンセリング
先日、第一志望企業のエントリーシートの添削を行った大学院1年生。
一次選考を通過できたとのことで、報告に来てくれました。

次は二次試験(グループ面接)
これから、内定を目指して特訓が続きます。

夕方、吹雪の合い間の幻想的な雪景色(米沢)
本日は高校1年生対象の進路講演会
前半は職業理解と進路について考える時間を担当致しました。

後半はそれそれ興味のある職業について大学や専門学校等、各専門分野の方々から
お話を聞いて頂きました。
進学、就職どちらを選択するにしても、まずはどんな職業があるのかを知ることが必要です。

あと2か月で2年生、学業や部活などと並行して進路への意識が高まるように、
今後も支援していきたいと思っています。


冬場の山形
特に雪の多い地方は吹雪で通行止めになったり、渋滞することも多いため、
出張時は時間の余裕をもって出発しています。
今朝の月山道はまずまずのお天気でした。

月山ダム


帰り道は吹雪

雪国のお天気は侮れません☃









外人旅行客に人気のある日本の魅力は観光やショッピング
そして「おもてなし」の文化。
飲食店で驚かれるのは、お水やお茶がサービスで無料ということだそうです。。

逆に我々日本人が海外に行った際。
特に西欧では水道水はあまり飲めないので、水といえばミネラルウォーター。
当然、有料です。

さて、当たり前だと思っていた「日本の食文化」に意外なことを経験しました。
居酒屋さんで食事を終えた際、いつものように「お茶下さい」とお願いしました。

なんと432円!! 

有料だったのです(~_~;)

そういう時代なのでしょうか?
もちろん、レストランやお寿司屋さんではこんな経験がなく、
居酒屋さんだったからかもしれませんが。
そういえばウーロン茶は有料ですから、お茶だってあり得ます。

当たり前だと思っていたことが徐々に変わりつつあるのかもしれませんね。
自分の価値観も時代の流れに合わせていかなければいけないのでしょう。

お客様へのお茶のおもてなし、少し寂しい気がしました。

講演開始までの1時間

会議室でスタンバイ中、たっぷりとイメージトレーニングができました。

昨年8月、2学年のインターンシップ事前マナー研修を担当させて頂いた高校です。

今回は進学就職、それぞれ目指す進路別にお話を聞くという時間で、私は就職希望者20名の受講生に「職業選択」や「これからの就活の進め方」についてお話ししました。

前回の講演からわずか5か月ですが、
インターンシップを経験してから、進路への意識が高まってきているようです。

3学年になってから、就活スケジュールはすぐに始まります。
機会がありましたら、履歴書の作成や面接練習など支援していきたいと思っています。


お昼は手打ちざる蕎麦の美味しい、いつものお蕎麦屋さん。

寒さに負けてしまい、鍋焼きうどんになりました。








大学でのキャリアカウンセリング

専門職の学科は、ほぼ全員内定を頂いているとのことでしたが、
面談で気になった学生がいました。

4年生の彼は専門職から一般企業への進路変更を始めたのですが、
企業の面接で専門知識を生かせる職業を選択しなかった理由を問われたら何と答えればいいのか悩んでいます。

その道のスペシャリストとしてスキルを身に付けてきたのに、確かにもったいない気はします。でもそれ以上にやりたいことがあるのならば、進路変更してもいいのではないでしょうか。
ただ、今まで学んできたことが無駄ではなかったことを伝える必要があります。

4年間を振り返って頂いた結果、
大学の授業や実習では彼が目指す職業に生かせる、役に立つ、多くの事を学んできたとのこと。
それらを、もっと視野を広げて活躍できる仕事にたどり着いたのです。

「どう言えばいいのですか」の相談に
ただ適当な答え方をアドバイスするのではなく、
「どう伝えたいのか」
そこに本人が気付いてくれるまで、ひたすら待ちました。

私の使命は相談者が自ら行動できるように支援することです。
「ありがとうございました。頑張ります」の笑顔に、
こちらもやりがいを感じた一日でした。

山形の雪もひとやすみでしょうか

青空に恵まれて、久々に蔵王山を見ることができました。






「鈴木先生、すみませんでした。大丈夫でしたか?」
大学の担当の方からの一言。

実は先日、ワークショップに伺っていろいろと打ち合わせをさせて頂いた方なのですが、翌日からインフルエンザを発症なさったとのこと。
私に伝染したのではないかと心配して下さったのでした。

インフルエンザの予防接種をしていても安心はできませんが、
幸い、発症には至っていません。

昨日のガイダンスでもインフルエンザで休んだ生徒さんや
更にガイダンスの途中で体調が悪く、早退した生徒さんも数名いました。
そんな中でも、至って元気です。

講師の仕事を始めて14年目
各地への移動も多く、慌ただしく過ごすこともありますが、

おかげさまで、常に体調万全の状態で仕事をさせて頂いております。

これからも体力を過信せずに、体調管理に気をつけて、
心身ともに万全の状態で仕事に臨みたいと思っております。


今朝は思ったよりも雪が降り、交通手段も心配でしたが、
生徒さん達は開始時間よりも早く集合。

就職の現状やこれからの就活の流れを説明し、
いろいろなワークに挑戦しながら仕事理解を深めて頂きました。
そして自己PRを作成後にグループ面接を体験するという盛沢山な内容でしたが
総勢60名、5時間集中してくれました。

終了後の「疲れた人〜?」との問いかけに、全員が挙手。
それだけ一生懸命取り組んだということでしょうか。

これからの進路選択や就活に向けての第一歩を踏み出してくれるよう支援させて頂きました。



健康栄養学部・健康栄養学科・3年生
就活ワークショップ2回目(最終組)も無事に終了することができました。

2回とも授業の関係で休日開催(自由参加)ではありましたが、
誰一人欠けることなく全員参加で、就活への意欲が伝わってきます。


グループディスカッションでも積極的に意見を出し合い、
まとまりのあるチームワーク力を感じました。




将来、管理栄養士として我々の食生活を支えてくれるスペシャリストを目指す41名。公務員、一般企業、教育と、それぞれの志望先に向けて動き始めました。
今後も彼らの支援を続けていきたいと思っております。
1月20日、厚生労働省と文部科学省発表
今春、卒業予定大学生の就職内定率85.0% (2016年12月現在)
調査開始以来、過去最高だそうです。

売り手市場の状態が続いていることと
昨年から企業の選考開始が8月から6月に前倒しになったことも
内定率上昇の要因になったのでしょう。

我々、学生支援をする側からすれば
就職希望者全員の内定が目標です。
内定率・過去最高を素直に喜べず、
内定に至っていない15%の方々のことか気になります。

米沢の大学でのキャリアカウンセリング

経団連の発表では採用情報の解禁は3月からの予定ですが、
大学の掲示板を見る限り、すでに各地で始まっています。





すでに企業説明会が終了し、
1週間後にエントリーシート提出とウェブテストを控えて、
相談に訪れる学生もいました。

人材確保にスピード感の増す企業側の事情もわからなくもないですが、
予想外のスケジュールの差に惑わされる学生も少なくありません。
スタートラインでつまずかないよう、
用意周到で臨めるような防衛策の助言も必要ではないかと思っております。


吹雪に見舞われると、歩くのに精一杯で余裕がないのですが、



今日はお天気に恵まれて、雪が眩しいほどきれいに見えました。
まだまだ大学入試は続いていますが、
伺ってるほとんどの高校では3年生の進路がほぼ決定したようです。

厚生労働省委託事業の2年生を対象とした「高校生就職ガイダンス」と同様に
高校からのご依頼も2年生対象の講演が増えてきました。

部活動や生徒会活動など先輩から引き継いで、何かと行事も多い中、
3年生に向けてのこの2か月余りが大切な準備期間と捉えて頂けるよう、
お話しさせて頂きました。


高校内に生徒さん達が作成した時計が展示されていました。
その中から5つほど。










どれも個性的で、アイデアたっぷりの作品ですね。


15日は小正月


「小正月」は正月を大正月というのに対して呼んだ名で、 
松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」とも呼ばれています。

しんしんと雪が舞う一日。
山形市での勉強会に参加させて頂きました。

キャリアコンサルティングには答えがありません。
相談者の考え方やその時の環境、状況、話の流れ等によって
相談者へのかかわり方も異なります。

キャリアコンサルティングの目的は
相談者が自ら意思決定できるように支援することです。

事例を参考にしながらロールプレイを行い
対策について感想や意見を述べ合いました。

他者の考え方や他者からのアドバイスには
自分の気付かなかったことも多く、
貴重な学びの場となっています。



3日連続のガイダンスを無事こなして、ほっと一息の週末を迎えています。

今日は愛宕神社で「どんと祭」


お正月のしめ飾りや
昨年中お世話になった熊手などの焼納をお願いしてきました。


日本各地の伝統行事
大切に受け継がれていることに和らぎを感じています。

週末ウォーキングはいつもより長く10.16(*^^)v
結構いい運動になりました。

「高校生就職ガイダンス」の画像
2016年度
厚生労働省主催の高校生就職ガイダンス
12月から何度か担当させて頂いております。

今日、今日と仙台市でのガイダンスでした。
進路選択に向けての職業理解や自己理解のために自分の強みを引き出すワークにも挑戦して頂きました。

数校合同での参加で新しい仲間と情報共有しながら 、貴重な出会いにもなったようです。






9日、成人の日
雪の舞う山形でキャリアコンサルタントの勉強会でした。

惜しげもなく情報を提供してくれる
向上心の高い仲間に囲まれた、とても有意義な一日。

二十歳の頃はもっと頭が柔らかくて、知識のインプットも早かったのに、
などと言い訳せずに、、、

何事も、まずは挑戦です!

powered by samidare