HOME >  ⇒ 風林火山の記憶(山梨)

小御岳神社

  • 小御岳神社
標高2340メートルの富士山5合目にある神社

937年(承平7年)の創建と伝えられ、
往古は太郎坊正真または石尊大権現と呼ばれたが、
明治初年神仏分離令の施行に伴い小御岳神社と公称。

戦後富士山小御岳神社の社名で届け出、
別名富士山大社とも呼ばれ山内第一の大社として
全国信者の崇敬を集めている。

祭神は大山祗命の長女磐長姫命を主神とし随神として
桜大刀自神ほか3神を併祭、末社に日本武尊社ほか2社をもっている。



造営以来数回修改築されたが、1874(明治7)年11月、
東京一心行者の失火により全焼。後山吉講一山講の寄進により再建。
以来しばしば増改築、現在は鉄筋コンクリート造りの社殿となっている。

・・・とのこと。
「八百万の神」(やおよろずのかみ)ってよく聞きますよね?

これは日本にいる実際の数が800万いるのではなく、
「たくさんの神々」という意味。
神道では信仰の対象によって、それぞれ神がいるため神の総数が
曖昧になっているんですねぇ。
ほんとたくさんの神がいますからねぇ。

ちなみに「八百屋」(やおや)も同じような使われ方。


武田信玄の銅像

  • 武田信玄の銅像
恵林寺近くのドライブインにあったこの像
本当にこんな感じの人だったのだろうか?

昔から肖像画とか像ってどこまでが似ているか微妙ですよね。
そのときの描き方とか、ぜんぜん違う人がモデルなっていたりとか?
『かっこよく描いてくれ』ってコトで実際と違ったりとかあるでしょうから。

現代でもお見合い写真とか芸能人の写真とかって
いろいろ修正している部分もあったりで・・・

技法は変われど人の心は変わらぬものです。

登山はNG 【富士山】

  • 登山はNG 【富士山】
きっと山頂へ行くことは今後も私の人生の中にないはず。
小学校・中学校・高校と遠足やら登山を行いましたが
山登りに楽しさをまだ見いだすことできていません。

車で上れる最終地点にあるこの建物

わけのわからん石、木刀、提灯、ダジャレネーミングのお菓子、
キーホルダー、ペナント・・・・

観光地にある私の好きな胡散臭さぷんぷんの土産物たくさん売ってます。

この奥への立入りを禁じます!!

  • この奥への立入りを禁じます!!
「生」を求める人は森林浴や霊峰富士を目指し
「死」を求める人は人目を避け奥へ奥へ

そう、ここは『青木ヶ原樹海』
生と死の挟間


バスガイド・・・どんなイメージをお持ちに??

  • バスガイド・・・どんなイメージをお持ちに??
バスガイド同行の旅行は高校の修学旅行以来
非常にワクワクドキドキしてましたが・・・(+_+)

若い人よりも中高年の方が多かったので
おじちゃんおばちゃんウケするガイドさんで楽しい方でした。
経験も豊富だから色々知識あったし。

一目見たら忘れられないサイヤ人を越えるスカウターを装着!
このスカウターで私の戦闘力もしっかり測定されていたことでしょう

「戦闘力2?ゴミめ!!」みたいに(笑)

私の個人的な本音としては…知識も経験もなくていいから
せめて同年代ぐらいのバスガイドがよかった(>_<)



とっくに定年になったのです、手伝い?ってことで復帰しているらしい。
お年寄りは頑張っています
若者も頑張らにゃ~いけません!

次はみなさんが出会うかもしれませんよ~~~
名前は私と同じ「わたなべ」でしたが
母でも祖母でもございません。

※モザイク処理などはあえて行いません。
 機会があればぜひバスガイドのご用命を!!
 どこの観光会社だったかは忘れちゃいました…^_^;
今日 13件
昨日 81件
合計 1,206,397件