社会福祉法人 友愛会

社会福祉法人 友愛会
ログイン

みはらしの丘の食事イベントの1つ“寿司会食”が行われました。元寿司職人の厨房スタッフの方が入居者様の目の前で寿司を握り提供してくれました。お寿司は入居者様ひとりひとりに合わせた大きさや形で、握り寿司やちらし寿司で振る舞われ、皆さんの「美味しかった♪」という言葉と笑顔が溢れるとても楽しいひと時でした。

今年も暑い季節がやってきました。とは言うものの今年の夏は夏らしさがなく何だか少し物足りない、そんな今日この頃です。さて今年も夏の風物詩、みはらしの丘夏祭りが7月15日に開催されました。今年はジャグリングやバイオリンの生演奏、花笠などの催し物に様々な屋台と飲んで、食べて、笑って、踊って、大盛り上がりのうちに幕を閉じました。来年の夏が待ち遠しいなぁ〜。

丁目で炊飯活動を行いました。男性入居者様も米とぎをしてくださり、柔らかめ、普通の硬さのご飯を炊き、それぞれの入居者様に合ったご飯に仕上がりました。
炊き上がりに、皆様のにこやかな表情が溢れています。
やっぱり自分でといだご飯は格別に美味しいですよね。

10/16(日)に上山明新館高等学校吹奏楽部の演奏会がみはらしの丘にて行われました。ブラスバンドの素晴らしい演奏が施設内に響き渡りました。懐かしい曲が演奏されると笑顔あり、涙ありの素晴らしい演奏会となりました。最後は入居者の皆様を巻き込んでの『上を向いて歩こう』『ふるさと』の大合唱。やっぱり音楽っていいもんですねぇ。

“お祭りを通して地域の方々とのつながりを作る”― 1つのきっかけになればと思い、今回のお祭りへの参加に至りました。
みはらしの丘自治会長様より“子供たちが喜ぶものを”との依頼を受け、当てクジ、糸引き飴を用意しました。当日は天気にも恵まれ、たくさんの子供たちの喜ぶ姿を見ることができました。今後もこのような活動を続けていきたいと思います。

5月20日 朝から暑くなる前のひと仕事。職員でポールを立て
プランターに苗を植えました。
今年は実のなる物も入りました。ゴーヤ・ミニキュウリ・パッションフルーツ。花は朝顔・ツンベルギア・真夏のスイートピーなどです。
入居の皆さんも大きくなるのを心待ちにしてくださっています。

5月なのにこの暑さ!! グリーンカーテンの威力を期待したいです。みはらしの丘の自然景観も良いですが、玄関前も素敵になる予定です。ぜひ見にいらしてください。

12月17日にみはらしの丘でクリスマス会を行いました。今年も昨年に引き続き、ひまわり幼稚園の子ども達に来てもらい、可愛い歌や劇を披露してもらいました。サンタクロースからのプレゼントもあり、この日を楽しみにしていた利用者の皆様にもとても楽しんでいただけたようでした。ひまわり幼稚園の園児の皆様、先生方、本当にありがとうございました。
“特別養護老人ホームみはらしの丘”の近隣の“みはらしの丘小学校”より、4年生の「総合的な学習の時間」の講師として、みはらしの丘の介護係長にインタビューをさせていただきたいと依頼を受けました。
授業内容は、“社会で活躍する方をインタビューする”というもので、先生と講師のインタビュー形式でのやりとりを子供たちがノートに書き取り、まとめるというものでした。真剣に話しを聞く姿や鋭い視点での質問もあり、介護施設で働くということを知ってもらい、少しでも興味を持ってもらえたらと思います。
こういった地域とのつながりを大事にし、今後も地域と連携した施設運営を行っていきたいと思います。

今年も、夜間帯での災害発生を想定し、職員による夜間駆けつけ訓練を行いました。夜間は日中に比べ職員も少ないので、有事の際には非常連絡網により職員へ連絡が回り、施設へ駆けつけることにしております。
この訓練は毎年行っており、連絡網がスムーズに回るかどうか、連絡網が最後までまわる時間や職員が駆けつける時間なども計測し、より効率的に駆けつけることができるよう施設毎の防災委員会にて、計画・実施・検証・内容の訂正のPDCAサイクルにて防災計画を立て、実施しております。
今回実施した「みはらしの丘」では、駆けつけた職員へ消火器の訓練も行いました。これも普段なかなか手にする機会が少ないので、取扱い方法を再確認し、実際に消火訓練を行って身に付けていくことが必要となります。
いざという時に備え、様々な防災訓練を施設で取り組んでいきたいと思います。

powered by samidare