社会福祉法人 友愛会

社会福祉法人 友愛会
ログイン

12月16日に施設多目的ホールにてクリスマス会を行いました。今年は余興としてニケラベリーダンスカンパニーの皆様にお越しいただきダンスを披露していただきました。
ご家族の皆様といっしょにおいしい食事を食べ、サンタクロースからプレゼントをいただき楽しい時間を過ごしました。例年、クリスマスケーキを無償で提供してくださっているマックスバリュ南陽店様には深く感謝申し上げます。

9月25日、衆議院議員の鈴木憲和議員に南陽の里を訪問していただきました。理事長、事務局長と共に、施設の現状や直面している課題について詳しくご説明し、新規事業の計画についてもお話しをする絶好の機会となりました。
百円ショップに買い物に出かけました。大好きな電車をしばらく眺めていましたが、購入したのはあんず(ペットの猫)に似た猫のキーホルダーとマヨネーズでした。
お母さんにマヨネーズに合うおいしい料理作ってもらってね。 
(南陽の里移動支援サービスをご利用中の一コマです) 

南陽の里での新春恒例「カラオケ大会」が開催されました。皆さんここぞと自慢の“のど”を披露して下さいました。大好きな歌でストレス発散し、楽しそうな笑顔がたくさん見られました。「笑う門には福来る」で、素敵な新年のスタートになりました。


施設を地域の方々からもっと知っていただき、地域の方々との交流のきっかけになればとの思いから、地域の方々が参加できる籐編み教室を開催しました。
当日は夏休み中ということで、親子での参加もあり23名の方が参加して下さいました。先生の説明を受け「これどうすんの?」と苦戦しながらも、最後まで自分の手で完成させ、自分の作品を眺めながら「あら!いいね。何入れっかな」と皆さん笑顔でした。
今後もこのような活動を続けていきたいと思っています。


この度、南陽の里が10年を迎えるにあたり、家族会より「さるすべり」の木を寄贈していただくことになり、6月27日に植樹祭が行われました。荒井冨前理事長が友愛会の歌を作られた際、南陽の里の歌詞に出てくる想い入れのある樹木です。施設の正面に植樹され、夏には葉先に綺麗な花を咲かせるそうです。

去る4月13日に防災・備蓄関係及びAED操作について施設内研修を行いました。南陽の里には、発電機2台とAED1台が設置されております。6月には救命救急講習も行う予定となっており、非常時に備え繰り返し研修を行っていきたいと思っております。
わたしたち、南陽の里ホームヘルプサービスは、利用者さまの笑顔を大切にし、住み慣れた家で安心した生活ができるようサポートしています。「一訪問、一笑顔」がわたしたちのモットーです。
わたしたちが訪問する事で、少しでもご利用者さまの心が和み、思わず笑顔になってしまう。ご利用者さまを笑顔にする介護を心がけています。

介護に対する疑問、不安など、お気軽にご相談ください!


6月22日に“南陽の里”にて外部から講師の方を迎え、家族も参加しての陶芸教室を初めて行いました。講師の方から作り方を実演して頂き、皿やコーヒーカップなど、家族との会話を楽しみながら真剣な表情で作っていました。どんな作品が出来上がってくるのか、仕上がりが楽しみです!
powered by samidare