社会福祉法人 友愛会

社会福祉法人 友愛会
ログイン

あいにくの雨空でしたが… 晴れ間を見て、東広場に咲いている満開の桜を見に行きました。
肌寒さもあったため、体調を考慮しプレイルームから眺める利用者の方もいらっしゃいましたが、午後は談話室の喫茶コーナで好きな飲み物を飲み、それぞれ希望する団子(しょうゆ・あんこ・ぬた)を美味しそうに食されていました。
体調(嚥下状態)に応じて代替えの団子も準備し、皆様に楽しんでいただけたようでした。
日常とは少し違う雰囲気に、利用者の皆様方は雨空を吹き飛ばすような笑顔で、まるで満開の桜の様でした。来年は、晴れるといいな〜✿

文化の秋ということで…11月3日「文化の日」に文化祭を開催しました!
会議室では、利用者の皆様方をはじめ地域の皆様方や職員などの作品を展示し、多数の方々にご来場いただき作品を楽しんでいただきました。職員と一緒に見てまわった利用者からは「みんな上手にできてるね〜、すごいね〜」などの感想が聞かれ、あれこれと会話をしながら楽しんでいただけました。
食堂での喫茶店では、おいしいケーキと飲み物で会話もはずみ、楽しくゆったりとした時間を過ごすことができました。
創作活動では、ご来場の方々も楽しめるような「プラバンキーホルダー」作りを実施。自分の気に入ったイラストをキーホルダーにするということで、ワイワイと夢中になって制作し、お気に入りのキーホルダーを完成させていました。
天候にも恵まれた文化の日、笑顔あふれる楽しい一日となりました!

この度、山形県交通事故ゼロ運動企業団体推進本部主催の企業総ぐるみ交通事故ゼロ運動・第49回推進大会において、山形県安全運転管理者協会の推薦により、“障がい者支援施設すげさわの丘”が、「優良模範事業所」として表彰を受けました。今後も、職員が一丸となり、交通事故ゼロ運動を推進して参ります。
日本一周!全国ツアー中!笑顔届ける書道家シンガーソングライター
友近890(ともちかやっくん)が… すげさわの丘にキタ〜〜〜〜♪

「歌で元気を届けたい」と全国の高齢者施設や障がい者施設など年間100施設以上でライブ活動をしている友近890(ともちかやっくん)が7月3日にすげさわの丘に凱旋。山形は三度目だそうです。歌と書道を交えながら10曲ほど披露していただきました。書道は最初「道」と書いたのが…あれよあれよと「夢」に変化!ライブの途中にはじゃんけん大会も行われ、優勝した方には記念グッズのプレゼントもありました。生ライブの迫力に利用者のボルテージも高まり、たくさんの笑顔と元気をもらった一日でした。
♪と〜しの〜 は〜じめ〜の…「餅つき大会」を実施しました♪
毎年恒例の餅つき大会ですが、今年は一味違う餅つき大会となりました!
男性職員が「さらし&はっぴ」を着用し、鍛え上げた身体を披露しつつ威勢よく餅をつきました。利用者の皆様は“今年の抱負”を発表しながら、職員と一緒に餅をつきました。地域の皆様方にもご参加いただき、笑顔があふれ、活気のある餅つき大会となりました。
その後昼食時には、納豆・あんこ・ずんだ の餅を皆さん『うんまい!』と、おいしく食されました。今年も一年、良い年になりますよ〜に!

すげさわの丘では、日中活動として利用者の皆様と親睦を図るため、『ボーリング大会』を開催。ペットボトルを利用した手作り感満載のボーリング大会となり、利用者それぞれの機能や個性に合わせ、膝の上から転がしたり、足で蹴ったり、本格的に投げたりと様々な方法で参加できるようにしてみました。皆、歓声を上げ一喜一憂した楽しい時間を過ごすことが出来ました。

平成28年4月14日熊本県で発生した地震災害により、支援物資の提供依頼がすげさわの丘に事務局を置く山形県身体障害者療護施設連絡協議会にあり、山形県内5施設をとりまとめ物資提供を行いました。
今回の対応では、初めに東北ブロックから4月21日に依頼があり4月25日には提供する物資を仙台市まで届ける緊急対応にて実施致しました。
熊本県内身体障害者施設で被災した施設は5箇所あり、幸いにも人的被害は無かったとの事でしたが、物資不足によりサービス提供に支障をきたしているとの事です。山形県からは東北ブロックから要求のあったオムツやディスポエプロンなどを中心に準備し提供しました。
今後も状況を確認しながら同じ仲間として継続した支援を行って行きたいと考えています。

すげさわの丘では、利用者の皆様との懇談の機会として「施設長と語る会」を定期的かつ継続的に実施しております。これは、施設長自らが利用者の目線に立つ取り組みであり、施設の代表者が気軽に話しをする機会を持つことで、利用者の皆様からの相談や意見を受け止め、利用者満足度を把握し向上させる取り組みにも繋がっているといえます。
施設からの連絡や報告後、利用者の皆様からのご意見・ご質問などに、施設長や各部門長が答えてお互い話し合うことで、友愛会の品質方針の一つである“利用者の立場に立った質の高いサービスを提供し信頼を得る”に基づく施設運営にも反映されるよう、施設長はじめ施設職員一丸となって努めております。

今年も恒例の「すげさわの丘 もちつき大会」が行われました。利用者全員が新年の抱負を発表してから、もちをつくのが恒例行事となっています。今年からは地域の皆様もお誘いし、近頃では珍しい杵と臼を使った本格的なもちつきを一緒に楽しむことができました。もちろん、最後はみんなで美味しくおもちをいただきました。皆さま、本年もどうぞ「すげさわの丘」をよろしくお願いいたします。


powered by samidare