社会福祉法人 友愛会

社会福祉法人 友愛会
ログイン

あいにくの雨空でしたが… 晴れ間を見て、東広場に咲いている満開の桜を見に行きました。
肌寒さもあったため、体調を考慮しプレイルームから眺める利用者の方もいらっしゃいましたが、午後は談話室の喫茶コーナで好きな飲み物を飲み、それぞれ希望する団子(しょうゆ・あんこ・ぬた)を美味しそうに食されていました。
体調(嚥下状態)に応じて代替えの団子も準備し、皆様に楽しんでいただけたようでした。
日常とは少し違う雰囲気に、利用者の皆様方は雨空を吹き飛ばすような笑顔で、まるで満開の桜の様でした。来年は、晴れるといいな〜✿


湯の郷くろさわショートステイでは3月のレクレーションとして『桜餅作り』を
行ないました。食紅を入れて綺麗なピンク色の桜餅を作る事ができました。
一足早く春を感じながら美味しくいただきました。


「今月はいつだっけ?」そんな会話が飛び交う職場。
友愛会では様々なサークル活動が行われています。今回は毎月2回、全力で楽しむ「フットサルサークル」をご紹介します。実はこのフットサルサークル、チームとして活動はしていません。なぜなら、他法人の職員さんも交えて活動しているからです。そこではスポーツを楽しみながら情報交換したり、時には懇親会で真剣に仕事へかける情熱を語り合ったり。全くサッカーを知らない女子も他のチームで活躍する男子も、とにかく笑って走って蹴って楽しんでいます!
次回は他のサークルもご紹介します


当法人のすげさわの丘、南陽の里も入会している“東北ブロック身体障害者施設協議会”でシンボルマークを募集し、応募作品の中からすげさわの丘の介護職員、加藤慎平さんの作品が選ばれました。月と太陽をモチーフにしたマークで、意味としてお互いに支え合う相互関係であること、すべての人々に平等であることなどを表しています。また、見方によっては人と人が手を取り合っているようにも見えるデザインとなっております。
すげさわの丘の施設内にも、加藤慎平さんのペットボトルのキャップを使ったキャラクターアート作品やデッサン作品などが展示されておりますので、すげさわの丘にお越しの際はぜひご覧いただきたいと思います。


デイサービスセンターくろさわでは、温泉を利用して足湯を行っております。寒いこの時期は特に「体の芯から温まる〜」と、大変喜ばれております。利用者の皆様に職員も加わり笑顔で会話も弾みます。足湯は利用者の皆様が楽しみにしているレクリエーションの1つです。


みはらしの丘の食事イベントの1つ“寿司会食”が行われました。元寿司職人の厨房スタッフの方が入居者様の目の前で寿司を握り提供してくれました。お寿司は入居者様ひとりひとりに合わせた大きさや形で、握り寿司やちらし寿司で振る舞われ、皆さんの「美味しかった♪」という言葉と笑顔が溢れるとても楽しいひと時でした。


今年も来年度入職者を対象とした内定式をホテルメトロポリタン山形で行いました。式では理事長より内定証書が授与され、続けて訓辞と法人概要の説明が行われました。
その後に開かれた懇親会では、各施設より施設長や先輩職員も加わり、施設のことや不安に思っていることなどを話し合い、内定者同士も親交を深めることができたようでした。和やかな雰囲気の中、有意義な時間を過ごしていただけたのではないかと思います。
また、来年度の職員募集については引き続き行われておりますので、興味のある方は当法人のホームページを確認いただき、不明な点などは担当までお気軽にお問合せ下さい。



今年度からの社会福祉法改正により、法人組織体制では役員及び評議員の役割が大きく変わり、今回は評議員の方々へ平成29年度上期の報告会を行いました。初めに理事長より業務執行状況と法人運営状況の報告が行われ、続いて各施設より施設運営状況の報告が行われました。各評議員からも運営や経営状況に関して意見や質疑などもあり、貴重な意見等を今後に活かしながらこれからも地域に開かれた法人として運営の透明性を高めていきたいと思います。


12月16日に施設多目的ホールにてクリスマス会を行いました。今年は余興としてニケラベリーダンスカンパニーの皆様にお越しいただきダンスを披露していただきました。
ご家族の皆様といっしょにおいしい食事を食べ、サンタクロースからプレゼントをいただき楽しい時間を過ごしました。例年、クリスマスケーキを無償で提供してくださっているマックスバリュ南陽店様には深く感謝申し上げます。