社会福祉法人 友愛会

社会福祉法人 友愛会
ログイン

「皆さまの協力で素敵な空間に!」のサムネイル「普段からの備えが大切です」のサムネイル「今からワクワク!素敵に改装中です!」のサムネイル「ついに始まりました!」のサムネイル「外部からの意見も取り入れながら」のサムネイル
「皆さまの協力で素敵な空間に!」の画像
湯の郷くろさわのショートステイのホールは、単に食事の場所だけでなく、利用者様同士の交流や行事など、憩いの場として活用しています。その飾り付けを、利用者様の協力を得て、毎月立派に仕上げています。来年も様々なアイデアで盛り上げていきたいと思います。
「普段からの備えが大切です」の画像
当法人では、山形市内の施設職員を対象に救命救急教習を定期的に受講しております。今回も各施設より多くの職員が参加し、山形市西崎出張所にて受講してきました。
講習内容は、初めに座学での知識の習得、その後は急病者発見時の対応、胸骨圧迫、人口呼吸、AEDの取扱い方法などを講師の方にアドバイスをいただきながら実施しました。
いつ起こるか分からない事態に普段から備え、いざという時に迅速かつ正確な対応が行えるよう定期的に受講し、施設全体でレベルアップしていきたいと思います。
「今からワクワク!素敵に改装中です!」の画像
今月始めから、くろさわのウッドデッキの改修工事をしています。
新しくスロープや手すりも完備され、なんと足湯もついています。年内には完成する予定です。
暖かい季節にお日様の下での足湯、今から楽しみです。
「ついに始まりました!」の画像
来年4月開所予定の“グループホームおおさと”の安全祈願祭より1ヶ月、当初の予定より3ヶ月程遅れましたが無事に着工し、基礎工事が進んでおります。予定通り工事が進めば来年3月10日に完成予定となっており、大雪や災害などが無いことを祈るばかりです。
近況につきましては、最新情報を随時更新していきますので、ぜひご覧いただければと思います。
「外部からの意見も取り入れながら」の画像
当法人では半期ごとに外部の第三者委員と各施設の苦情解決担当者による苦情解決報告会を実施しています。今回は平成28年度上期分として、各施設より報告がなされました。
ここでは、各施設が苦情や要望などを受付け、どのように対処・解決し、その後の改善策はどうかなどが話し合われます。委員の方々からは利用者の立場、家族の立場、社会的な立場、そして職員の立場としてどうであったか、どう考えるべきであったかなど大変貴重なご意見をいただきました。
これからも施設サービスの質の向上を目指して一層努力していきたいと思います。
「大盛況!心に響くハーモニー」の画像
10/16(日)に上山明新館高等学校吹奏楽部の演奏会がみはらしの丘にて行われました。ブラスバンドの素晴らしい演奏が施設内に響き渡りました。懐かしい曲が演奏されると笑顔あり、涙ありの素晴らしい演奏会となりました。最後は入居者の皆様を巻き込んでの『上を向いて歩こう』『ふるさと』の大合唱。やっぱり音楽っていいもんですねぇ。
「これまでを振り返り、改めて基本の確認を」の画像
7月に行った採用後3ヶ月研修に引き続き、採用後6ヶ月研修を2日間に分けて行いました。今回は“個人目標の作成”や“目標管理手法の確認”の講義を受けました。
その後は、法人内の理学療法士の職員、先輩介護職員を講師に介護技術研修として車イスからベッドへの移乗などの実技指導を行い、いつもとは逆の介護される側の立場も体験し、体に負荷がかかる体勢や不安な気持ちなど体験して感じることもあったようです。この研修を通じて学んだ事を職場へ持ち帰り、今後に活かして頑張って下さい。
「工事関係者の皆様の安全を祈って」の画像
10月5日、山形市大郷地区に平成29年4月開所予定の認知症対応型グループホームの安全祈願祭を執り行いました。天気にも恵まれ、当法人関係者はじめ、建設関係者、町内会関係者などが参列し、建設工事の安全を祈願致しました。
当法人の目指す地域に根差し、地域に開かれた施設の完成が今から楽しみです。
「地域の方との籐編み教室」の画像
施設を地域の方々からもっと知っていただき、地域の方々との交流のきっかけになればとの思いから、地域の方々が参加できる籐編み教室を開催しました。
当日は夏休み中ということで、親子での参加もあり23名の方が参加して下さいました。先生の説明を受け「これどうすんの?」と苦戦しながらも、最後まで自分の手で完成させ、自分の作品を眺めながら「あら!いいね。何入れっかな」と皆さん笑顔でした。
今後もこのような活動を続けていきたいと思っています。

powered by samidare