Atelier Li-no

Atelier Li-no
ログイン

衛星搭載機器開発の仕事は1977年10月から始まった、まだ新米見習いのわたしは当時技術試験衛星祁織ぅンエンジンの電源装置の機器開発を担当する先輩についてそのイオンエンジン装置の試験をする地上側の支援装置設計からでした、あれから搭載機器の電源装置を主に40年勤めましたが60歳以降は別の道と10年前から決めてました、そしてとうとう還暦60歳、この3月から第二の人生、住まいも仕事も新規生まれ変わりで始めます、第二の人生は天元台勤務、軽井沢のスキー講師も行けるときは行きたいですね、そして休みは完全リタイヤまでアート修行でガンバって行こうと決めました、昨日最終面接で久しぶりの天元台行きましたがさすがに標高が高く雪質が違います、天元台は6キロもある超ロングのスキーが楽しめる、ノンストップで出来るかなこの歳で、スキー出来るのも楽しみです。


快晴となった土曜日、実家のある川西フレンドリープラザで開催の春待ち市覗いてきました。
川西の6次産業で頑張ってるまっきー菜園さんにまっ直ぐ屋さん、置農生徒さんも頑張ってますね、今日のお目当ては春待ち音楽祭”ジャンバラヤズ”さん新加入の女の子の歌を聴きたくて来ましたがね、大人に混ざって可愛いですよね、まだ小学4年、堂々とした歌いっぷり、これからの成長も楽しみです。 今日はお天気良く日差しは春を感じます・・


3月18日(土)から26日(日)にナセBAよねざわ市民ギャラリーにて置賜文化のアート展覧会があり申し込みしました。搬入まで作品できればいいと思っていたのですが、郵送されきた案内資料見てびっくり!24日のキャプション締め切りのときに写真添付とありました・・・なんでもぎりぎりで追い詰められないと出来ない性格なのでまだほとんど未完成、あわてて作品作りです明日のキャプション用写真提出期限まで出来るかなー???・・・現状3作品の申し込みのところまだ半分の出来・・今夜が山です、しかも明日は還暦後の仕事となる天元台の面接日・・・なのでそれが終わってのキャプション提出になる・・まぁいつもことですががけっぷちのときに力がでます。


  昨日とうとう還暦となりました、干支が一巡し再び生まれた年の干支に戻ること、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支の犹扠瓩函⊇柔蕕劉狎薛瓩箸覆觜叩Σ機κ此γ・戊・己・庚・辛・壬・癸の10種類、干支は十二支と十千の組み合わせで60種類あることから、干支が一巡するには60年掛かる、ゆえに、生まれてから干支を一巡し再び生まれ年に還る、という意味があります。還暦は赤ちゃんに戻る年とされています、たしかにボケがはじまり近くのことから忘れて、昔のことだけは忘れない、性格や好きなことも昔に返って行く行くようでこの歳になって実感する、昔は寿命が短いから隠居して後進に道を譲る歳であった、現代もこの60歳定年が多いが、現状年金が65歳からだから雇用延長してゆるく勤めるのが通常、その年金も崩壊寸前で65歳になったら支給が70歳となり、70になれば75歳とかになり一生働けとなるのかなと思うこのごろ、昨日長男夫婦から還暦祝いの花が届いた、娘夫婦からは電話で孫電話、一人暮らしにはこたえます・・・春に旅行計画なので無性に春が待ち遠しい・・


はずかしながら除雪機初運転、都会から実家に来たときは危ないから除雪機は触っていなかった、昨年中津川に移住したときは3月11日で地元の人が序口まで除雪してくれて、そのあと雪降りがない特別雪の少ない年ででしたから除雪必要なしでした、今回米沢古民家移住しての生まれて始めての除雪機運転、不安なので中津川の友人を呼んで運転の講習でした。巻き込まれ事故が毎年あるからそこは注意しないといけません、徐々に田舎暮らしになじんでいくじじでした。しかし、買わなくて済んだ除雪機!残してくれた先代の移住者に感謝です。


昨年2月に川西町の”里の暮らし大学”で主催の紅大豆味噌作りに参加し仕込んでおいた紅大豆味噌、1年たって開けてみました、食べてみました・・うんやっぱり自分で仕込んだというので特別の味がします。今年は移住元年で畑が手に入ったから。。豆から作って味噌作り・・・がんばろう!


軽井沢2日目はインストラクター研修、経験者について午前と午後とレベルの違う組で対応の仕方を習います、言葉使いや体操などベテランさんは子供の扱いもなれてますね、なんでも勉強しないとねー、米沢スキー場で経験していたので基本のところは助かりました。子供の扱いも孫で経験できてたし、横浜市の体育指導員で小学女子のミニバスコーチしていた経験も役たったねー、ここで役に立つとはネー何でもやっておくもんだなーとしみじみ感じましたね、3日目は実務となり初勤務、初は個人レッスンでハーフの男の子でしたね、ここ軽井沢はほんとに外人さんが多くまたハーフのスクール生徒も良く来るのだそうです、国際的なリゾートですからね。。パパは付き添いでママはショッピングにエステだそうです、当初怖がっていたすべりも途中から頂上まで行きたいといってくれるまでになって喜んでくれてほんと良かったなと思います、終わってから記念撮影されたりとか子供可愛いですよね、4日目はスキー初めて組のサポートでした、特に小さい子の指導リーダになるのはかなり経験要るようです、これはほんとに大変でした、リフト乗れる組からすると数倍疲れました、先生おしっことか、手袋脱げたり、鼻が出たり途中帰るとか言い出す子に、泣き出す子もいたりその対応とかでぐったりしました。 


 会社の先輩が定年後スキーインストラクターやってるのでそこに誘われて軽井沢へ行ってきました、軽井沢は寒いけど、ほとんど雪なしですから雪下ろしや除雪しなくてもいいので生活しやすいですよね・今は新幹線出来て都心からのアクセスも良く、駅からすぐにショッピングセンター、そしてホテルにコテージ、その先にスキー場、スキー場前のコテージなんかは庭の芝が雪なしで見えるんですね、人工雪だから12月初日から確実にオープンできて4月はじめまでだそうです、ちょうど3連休でシーズン最高の人手になるそうです・・行った目的はスキーインストラクターの面接、研修そして実務とちょいと緊張でしたがねー、スキー道具あるので車で行きましたが米沢から380kmありますね・・チョット遠かったなー、ついた日は面接で終了、スキー場の下見してましたがなんか高級的で田舎もんにしてみると近寄りがたいな・・


新居で暮らして8日目、毎日フルに掃除と部屋レイアウトで母屋はほぼ終了しました。あとは廊下だけど不用品でいっぱいで、先に憧れだったアトリエを作りました。ちょうど良い納戸があり、手の届く範囲に道具がそろうというレイアウトが出来ます、これ!憧れでした。ついに実現ですね感無量です・・・窓からは余計な家屋が見えないとこでして、これも気分が落ち着きます、木工クラフト人形もへやに余裕があるから一部屋当てました、終の棲家も決まり、昨日で失業保険も切れましたから65歳までは軽い仕事しようと思ってるので就職活動本腰です、まずはスキーインストラクター目指して講習です、元会社先輩の誘いで軽井沢のスクールで指導受けます、4泊5日のスキー旅です・・まぁ遊びですがね。。冬はスキー場で春から雪ふる前は農業関連で探します、こちらも頑張らねば・・ 


米沢市窪田町東江股に移住、そこから米沢市内に行く米沢南陽道路の側道沿いを走ると気になる森があり説明版に古墳とありました、米沢市窪田町窪田字北宝領・・「寳領塚古墳」は、松川(最上川)と鬼面川のほぼ中間の扇状地性沖積地に築かれた全長約80mの前方後方墳で、前方後方墳としては東北地方最大級、説明版には前方部の長さ40m、幅50m、後方部の長さ40m・幅44mとされ「稲荷神社」が鎮座している。平成元年の調査で墳丘は3段、葺石や周溝の存在が確認されたという。出土物は土師器などであり、築造時期は4世紀後半頃と推定されている。平成3年に米沢市指定文化財に指定されている。置賜にも多くの古墳がありいつかはみな廻ってみたいです。


昨日、小松駅西口で餅つき・餅振る舞い・寒鱈汁振る舞いがありよってみました、昨年も友人のお子ちゃん、ハルキ君を抱っこして、じじ気分になって今年もまたじじ気分に浸れました、ハルキ君は我が娘とお母さん同じ名前で、同じ9月生まれ、娘の孫はヒロキとなんか名前も似ていて、他人とは思えなくて、代理じじなのです・・会うごとに抱っこさせてもらっています。いまはまだビスコくらいのお菓子手土産で喜んでくれるが、そのうちじじ小遣いとせがまれるかな・・鱈汁はボリュームもありいいあじしてます、あったまります。餅も食べて満足、昨年もそうでしたが午後は米沢スキー場へと向かうのでした。


4日間ひたすら家の清掃、片付けに追われてました、30日から荷物運びを開始して2月1日から新居生活開始しました。まだネット開通、TVもなしで、ご近所さんから、なしてこの時期に?と驚きの表情、これも色んなめぐりあわせというもんですから、こうなったということですかね・・この民家は先代から都会育ちのかたが購入し、わずか4年目で売り出して・・そのあとまた都会の人が5年住んで2015年の11月から空き家で売りにだしたんだそうです、私が移住3代目になるようです、今までの人もシニアだそうです、そしてわたしも同じような田舎憧れ族ということで、何年持つかという話があったそうです、まァわたしも故郷とはいえ18歳から今まで雪の葛藤は経験無しですから、ちょうど寒波きて吹雪いて雪と葛藤しました、買物でたら周りは田んぼでふきっさらし、全くまっしろで見えない・・怖い・・・そして買物から帰宅すると20〜30cmほど積もってました、やっぱりね・・吹雪いた日は出ないに限るわ、それにしても序口まで遠い、これでいやになったのか?それなら入り口に車庫でも作っていてほしかったが、理由はこれではないか?と”ぶつぶつ”しながら除雪に精出す・・まァわたしは来シーズンまでは入り口に車庫作るな・・


 川西町新山神社の入り口に『亥子屋商店』があります、肥料や酒、灯油、農業資材販売と小さなカフェ(ひなたカフェ)もやっています、地元に戻り、バードの通ったところや小松街の通りを写真撮りしながら散歩することが多くなりその終点にあるのでちょうどランチ時間には良く行くようになりました。地元食材を使い米粉ピザに米粉パンケーキ美味しいです、引越し手伝いに来てくれた友人と先日ランチしました、2人とかの時はピザにパンケーキを半分こして食べるとちょうどいいです。たまったポイントでアイスもいただきました・・

 


飯豊中津川を出たのが昨年7月末、実家2階に居候し空き家探しして半年、ようやく終の棲家が決まったので、もうすぐこの部屋ともお別れです、都会では毎朝6時起床、夜は12時過ぎの就寝でしたが、今は夕食してかるーくお酒飲むと眠くなり9時、10時には寝てしまいます、するとだいたい6時間で完全に目が覚め4時には起き出して趣味時間に入ります、そんなんで毎朝明るくなる時間が分かります、日が昇るとカーテン開けますが、だいぶ夜明けが早くなってきました、今朝カーテン開けたら何かいると思ったら、イトトンボでした、糸のように細く小さいゆえデリケートなトンボ、植生豊かな湿地にしか生息できない種、限定した地域や水域でしか生息できない種とさまざま、日本は北海道から南の島まで、いろいろな種が生息してます。生息環境がデリケートなはずですがこの部屋のどこにいたのでしょう、良くいきてられるもんです、外に出すのもなんだしと思っているうちに部屋のどこにいったかわかりません・・


念願でありました里山暮らし、古民家売買契約を完了しました。こんどは所有権ですから自由に出来ます。。定年なったら里山でと10年前から思い描いていましたが、実際は里山の山は遠くにあり、『里山暮らし』ではなく『里暮らし』ですかね、、、昨年、飯豊町の空き家バンク紹介で住んだところは大きな池あり、山も借りれるところでしたが、所有権で自由に出来ないことになり出ることにしました、そして空き家探しを再会して半年、ついに古民家を見つけました、先住のかたは都会から来た田舎好きのかたで、同じようにセミリタイヤとなり都会にいる子供や奥さんとは別に一人で住んでいたようです。多品種の野菜作りと、庭の土を入れ替えて果樹を植え、山菜もあちこちに植えているそうです、今度の春が楽しみ、しっかり引き継いで行きたいと思います、野菜もなるべく自給できるようにがんバロー、昨日友人とおおかたの荷物運びしました、そして今日、あちこち引き出しとか押入れとか細かく見ましたが、障子も痛んでおり、畳がカビているところがありはがしてみたら下の板が相当湿って虫も湧いていました、これは当分掃除が続きます。 曲がり屋の部分は車庫になってますがその上は萱が見えていい感じです、ここをアトリエにしたいかな・。 


powered by samidare