HOME > 記事一覧

令和5年度 上杉文華館「上杉家歴代の文書管理と歴史編纂」

  • 令和5年度 上杉文華館「上杉家歴代の文書管理と歴史編纂」

 令和5年度の上杉文華館は「上杉家歴代の文書管理と歴史編纂」をテーマに、国宝「上杉家文書」などを展示します。

  上杉文華館では、国宝「上杉家文書」を毎月入れ替えながら常時展示しています。上杉家文書は、江戸時代以降に行われた文書の管理や歴史編纂を通じて、中世以来の上杉家の由緒や権威、特定の当主の事績を示す文書が収集、選別され、移動や変化を続けながら、現在の構成(2018通、4帖、26冊、保存容器として両掛入文書箱、精撰古案両掛入文書箱、黒塗掛硯箱、赤箪笥 乾・坤2棹、附として歴代年譜325冊)になったことが明らかになっています。
 また、「上杉家文書」とは別に「上杉文書」と呼ばれる藩政文書を中心とした1万点弱の史料群があり、米沢市では令和3年度から文化庁の「地域活性化のための特色ある文化財調査・活用事業」の補助を受け、調査に取り組んでいます。その中核は文書管理や歴史編纂を担った、江戸時代の御記録方や、近代の上杉家記録編纂所総裁伊佐早謙の関連文書です。上杉文書には、国宝「上杉家文書」を深く理解するための手がかりが、豊富に含まれています。
 今年度は本調査事業の成果を活用して2つの史料群を紐解きながら、江戸時代から近代にかけて、文書の具体的な管理方法と歴史や記録の編纂事業、その背景にある藩政の状況や世情をご紹介します。永年にわたり文書を守り伝え、活用してきた人々の営為にご注目下さい。

「上杉文書」調査の詳細はこちら

 

《景勝をめぐる記録の編纂》

【展示期間】4月26日(水)~5月23日(火)

  今回は、天正6年(1578)3月、謙信が不慮の死を遂げた後、景勝(長尾政景の次男、母は謙信の姉)と景虎(小田原・北条氏政の実弟)による後継争い「御館の乱」に関する書状と、後年の編纂物をご紹介します。
 景勝に関する記録編纂の例として、早くは寛永16年(1639)に家臣に謙信・景勝の御書・感状を提出させ、「古案集」が編纂されました(上杉家文書に伝来)。元禄9年(1696)には、米沢藩の儒学者矢尾板三印が景勝の年譜編纂にあたり、同16年に完成させます。その前段階では、藩が家臣や領民に所蔵文書の差し出しを命じ、元禄4年(1691)と同9年に古文書集「御書集」が編纂されました(上杉文書に伝来)。この他、江戸時代の景勝に関する記録として、上級藩士平林恒広がまとめた謙信・景勝・定勝の伝記「三公外史」、物語調の伝記「景勝公一代略記」、家格と儀礼などの先例集である「定例亀鑑」、国分家が手がけた上杉家歴代の年譜「大政録」などが編纂され、上杉文書に伝来しています。
 近代には、伊佐早謙が明治17年(1884)に「奥羽編年史料」の編纂に着手します。明治21年からは上杉家の命で幕末の藩主上杉斉憲の年譜編纂にあたり、同30年に草稿を完成すると、さらに対象範囲を広げ「御家旧歴史編纂」を命じられました(「歴代年譜 茂憲公」)。国宝「上杉家文書」の包紙の一部には、伊佐早がその文書の機能や内容、作成者、年代、時には真贋や考察を記したメモが付され、上杉家文書に新たに文書を追加した例も確認されます。
 

▼ コレクショントーク

 日時:5月14日(日)  14:00

 場所:常設展示室 上杉文華館

 ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2023.04.26:denkoku:[博物館情報]

令和5年度 上杉文華館「上杉家歴代の文書管理と歴史編纂」

  • 令和5年度 上杉文華館「上杉家歴代の文書管理と歴史編纂」

 令和5年度の上杉文華館は「上杉家歴代の文書管理と歴史編纂」をテーマに、国宝「上杉家文書」などを展示します。

  上杉文華館では、国宝「上杉家文書」を毎月入れ替えながら常時展示しています。上杉家文書は、江戸時代以降に行われた文書の管理や歴史編纂を通じて、中世以来の上杉家の由緒や権威、特定の当主の事績を示す文書が収集、選別され、移動や変化を続けながら、現在の構成(2018通、4帖、26冊、保存容器として両掛入文書箱、精撰古案両掛入文書箱、黒塗掛硯箱、赤箪笥 乾・坤2棹、附として歴代年譜325冊)になったことが明らかになっています。
 また、「上杉家文書」とは別に「上杉文書」と呼ばれる藩政文書を中心とした1万点弱の史料群があり、米沢市では令和3年度から文化庁の「地域活性化のための特色ある文化財調査・活用事業」の補助を受け、調査に取り組んでいます。その中核は文書管理や歴史編纂を担った、江戸時代の御記録方や、近代の上杉家記録編纂所総裁伊佐早謙の関連文書です。上杉文書には、国宝「上杉家文書」を深く理解するための手がかりが、豊富に含まれています。
 今年度は本調査事業の成果を活用して2つの史料群を紐解きながら、江戸時代から近代にかけて、文書の具体的な管理方法と歴史や記録の編纂事業、その背景にある藩政の状況や世情をご紹介します。永年にわたり文書を守り伝え、活用してきた人々の営為にご注目下さい。

「上杉文書」調査の詳細はこちら

 

《謙信関連文書の収集》

【展示期間】3月28日(火)~4月25日(火)

 江戸時代の米沢藩主上杉家では、謙信を家祖と位置づけ、その遺骸を米沢城本丸の御堂に祀り神格化しました。あわせて謙信の関連文書も重要視され、厳重な管理と収集が図られ、古文書集や歴史書の編纂に利用されました。
 寛永16年(1639)には、2代藩主定勝のもとで家臣に謙信・景勝の御書・感状を提出させ、「古案集」が編纂されました(上杉家文書に伝来)。元禄8年(1695)に完成した、米沢藩の儒者矢尾板三印による「謙信公御年譜」の編纂は、関連文書収集の一大契機となりました。編纂の準備段階で、元禄4年(1691)と同9年には家臣や領民に所蔵文書の差し出しを命じ、古文書集「御書集」が編纂されています(上杉文書に伝来)。第9代藩主上杉鷹山のもとでは、安永元年(1772)に、謙信・景勝・定勝の自筆書状を選別して、謙信愛用とされる掛硯箱に収めました。この保管体制は、両掛入文書、精撰両掛入文書として現代まで受け継がれています。また、上杉家系図の編纂や、重要文書の管理と記録編纂にあたる御記録所の体制強化が図られました。
 今月は、上杉謙信に関する高野山の高僧の書状を展示します。あわせて、これらの文書が江戸時代に移動を繰り返し、米沢藩で収集し御記録所の管理下におかれるまでの過程をご紹介します。

 

▼ コレクショントーク

 日時:4月2日(日)  14:00

 場所:常設展示室 上杉文華館

 ※入館料が必要です。

 

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

 

【お問い合わせ】

米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2023.03.28:denkoku:[博物館情報]

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のお知らせ

  • 国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示のお知らせ

4月22日(土)~5月21日(日)の期間、常設展示室内の上杉文華館にて

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」の原本を展示致します。

 

国宝「上杉本洛中洛外図屏風」は天正2年(1574)に織田信長が上杉謙信に贈ったもので、桃山時代の代表的な絵師である狩野永徳によって描かれました。

この屏風は、京の市街地(洛中)と郊外(洛外)の四季と、そこに生活する人々のすがたを描いたもので、芸術的美術史的価値ばかりでなく、歴史資料としての価値も高く、民俗学的見地からも貴重な史料であることから国宝に指定されました。

ぜひご来館いただき、国宝の魅力をご覧ください。

 

※没後400年記念特別展「上杉景勝と関ケ原合戦」のチケットでご覧いただけます。

展覧会詳細はこちら

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2023.03.24:denkoku:[博物館情報]

【次回展示予告】没後400年記念特別展「上杉景勝と関ケ原合戦」

  • 【次回展示予告】没後400年記念特別展「上杉景勝と関ケ原合戦」
  • 【次回展示予告】没後400年記念特別展「上杉景勝と関ケ原合戦」

4月22日(土)よりはじまる特別展のお知らせです。

没後400年記念特別展「上杉景勝と関ヶ原合戦」

 

 慶長5(1600)年9月の関ヶ原合戦は、豊臣氏から徳川氏へと天下の覇権が移るきっかけの1つとなりました。合戦の発端は、徳川家康の主導する豊臣政権からの上洛要求を拒否し、家康の出兵を招いた上杉景勝にありました。景勝は美濃関ヶ原での戦いには加わっていませんが、西軍の構成者として会津にあって奥羽に大きな影響を及ぼしました。また、この抗争の結果、景勝は米沢に転封となり、270年余に及ぶ上杉氏と米沢の歴史が始まりました。本展は、日本史上、また米沢の歴史にとって重要な意味を持つ関ヶ原合戦と景勝の関係を、景勝没後400年を機にふりかえる展覧会です。

 具体的には、豊臣政権における家康や景勝の位置、動向から関ヶ原合戦が生じた、すなわち景勝が上洛要請を拒否した事情を探ります。また、奥羽に対する景勝の具体的行動を明らかにし、その意義を考えます。山形の最上義光との関係だけではなく、奥羽全体へ視野を広げ、奥羽の動向、その合戦の意義などについて総体的に把握することを目指します。そして、景勝の動向を西軍の構成者の1人として、全体的視野で位置付け、奥羽における抗争を捉え直していきたいと思います。

 

【期間】前期:4月22日(土)~5月21日(日)

    後期:5月27日(土)~6月25日(日)

 

【休館日】5月24日(水)

 

【開館時間】9:00~17:00(チケット販売は16:30まで)

 

【入館料】一般700円(560円)/高大生300円(240円)/小中生無料

    ※( )は20名以上の団体料金

    ※常設展とのセットのみ販売

 

 

♦入館料無料の日

 5月5日(金・祝)  こどもの日 小中高生無料!

 5月18日(木)    国際博物館の日 どなたも無料!

 

 

【ギャラリートーク】展示解説 ※申し込み不要

 日   時 : ①4月22日(土) 14:00~

         ②5月13日(土) 14:00~

         ③5月27日(土) 14:00~

         ④6月24日(土) 14:00~

 会   場 : 米沢市上杉博物館 企画展示室

 定   員 : なし

 参 加 費 : 特別展入館料

 担当学芸員 : 阿部 哲人

 

 

【講演会】 ※事前申込制 4月25日(火)9:00から受付開始

「豊臣期上杉家と京都・伏見・大坂」

 日   時 : 5月20日(土) 14:00~16:00

 会   場 : 伝国の杜 2階大会議室

 定   員 : 120名

 参 加 費 : 無料

 講   師 : 新潟大学人文学部准教授 片桐 昭彦 氏

  ※お申し込みは TEL【0238-26-8001】ほか

 

主な展示資料等、詳しくは当館ホームページをご覧ください。

 

皆様のご来館を心よりお待ちしております!

 

【お問い合わせ】

 米沢市上杉博物館  0238-26-8001

2023.03.24:denkoku:[博物館情報]

4月の体験学習室

4月の体験学習室についてお知らせいたします。

季節企画は「日本の伝統色①」(3/24(金)~4/26(水))です。春の色を集めて展示しています。
造形体験は「キコキコスクラッチ」(3/24(金)~4/26(水))です。

クレヨンの上に黒い絵の具をぬって、つまようじでキコキコすると、思いがけない色が出てくるよ。
いつもとちがうお絵かきをたのしもう!

 

※ご利用の際は感染予防にご協力ください。
※発熱や、風邪症状のある方はご利用をお控えください。
※5人以上のグループでのご利用は、事前にご相談ください。
※現状での定員は15名です。混雑時はお待ちいただくこともございます。

それではご来館を心よりお待ちしております。
お問い合わせは 米沢市上杉博物館0238-26-8001までどうぞ。

2023.03.23:denkoku:[体験学習室]