山形の地酒|米鶴酒造

山形の地酒|米鶴酒造
ログイン

〈5/29追記〉「米鶴スパークリング・ロゼ」750mlサイズの新酒出来!

長らく完売につき品切れとなっておりました

「米鶴スパークリング・ロゼ」750mlサイズの新酒が完成しました!

 

鮮やかなピンク色、

「日本酒っぽくない」甘酸っぱい風味、

刺激的な炭酸の発泡感…

『ほかとは違う』変わり種の日本酒を、ぜひこれからの夏にお召し上がりください!

 

インターナショナルワインチャレンジ2018金賞・山形トロフィー受賞!
(スパークリング部門出品総数66のうち上位3点のひとつ)
グラスに注ぐとわかる、薔薇色<ロゼ>の日本酒

スパークリング・ロゼの製造には、「赤色酵母」という特殊な酵母菌を 使用しています。

赤色酵母は、発酵が進むにつれて赤い色素をため込んでいくという変わった特徴があります。

本来、搾った後のお酒の色を保つのは困難を極めますが、 経験豊富な蔵人の手腕により、色素の色を保つことに成功しました。

このお酒をベースに、炭酸ガスを専用の仕込みタンクで吹き込み、シュワシュワ弾ける「スパークリング日本酒」に仕上げました。

ボトルを傾ければ、鮮やかな薔薇色(ロゼ)が爽やかに弾けて 目を引くこと間違いナシ!

味わいは「甘酸っぱくて爽やかで泡立ちが心地いい」軽い口当たり!

ワインと同じくらいのアルコール度数9%なので飲みやすく、「日本酒ビギナー」の方へもオススメです。

 

そんな「米鶴 スパークリング・ロゼ」に、この度375mlハーフサイズが新登場。

「大きいボトルはちょっと…」という方に、 お試しいただくのにもピッタリです!

 

※本品をお求めのお客様へ

この日本酒の色は酵母が作り出した自然の色素によるものです。
光と熱に非常に敏感なため、保管状況によっては色が変わる場合があります。
色を保つためには、【低温(5℃以下)】で【遮光】しての保存をお願いいたします。

 

味わいコメント____________________________

日本酒っぽくない、イチゴ・ヨーグルト様の甘酸っぱい香味。炭酸ガスによる爽快な発泡感と相まって、グイグイ飲める飲み口です。

和・洋・中の色々な料理と幅広い相性を見せますが、特に油を使った料理と良く調和します。

お召し上がりの際には冷してお召し上がり下さい。

 

こんな時、こんな方におすすめします__________________

・特別な日の乾杯用に、「和」のこだわりを見せたい方に
・バレンタイン、ホワイトデー、クリスマスなど、恋人同士のイベントに
・変わりダネ、めずらしい日本酒を探している方に
・酒好き仲間との話題づくりに
・パーティのウェルカムドリンク、宴席での乾杯など、華やかな場面の演出に。

 

商品名 米鶴 スパークリング・ロゼ
原料米 出羽の里100%(山形県産)
精米歩合 65%
アルコール度 9%
日本酒度 -36〜-30
酸度 3.0
使用酵母 赤色酵母(アデニン要求性)
希望小売価格
375ml 1,635円(税抜)
 
750ml 2,700円(税抜)
 

 


男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」所属のチームと、同じ県内の蔵元がコラボレーションしました!

米鶴酒造は山形県全域を本拠地とする「山形ワイヴァンズ」とコラボレーション!

爽やかな発泡感とドライな切れが好評な「米鶴スパークリング」をワイヴァンズのチームロゴをまとった特別デザインで商品化いたしました。

味わいコメント________________________________
 

炭酸がシュワっと弾けるクリアな泡立ちと、スパークリング日本酒では珍しい、切れのある辛口


こんな方におすすめします___________________________

・山形ワイヴァンズを応援したい方
・スポーツ観戦シーンにも合う、爽やかな日本酒をお探しの方
 
商品名

米鶴 スパークリング

× 山形ワイヴァンズ

原料米 山形県産米100%
精米歩合 65%
アルコール度 9%
日本酒度 -14
酸度 1.7
山形酵母 TY24・2408
希望小売価格
750ml 1,710円(税別)
 

あまずっぱい『ピンク色』の純米酒、発売開始!

 

※こちらの商品は数量限定商品となります。

完売の際は ご了承くださいますようお願いいたします。

 

お待たせいたしました!

5/21(木)より、今冬仕込みを行った「ピンクのかっぱ」が

発売開始いたしました!

 

あざやかなピンク色が目にまぶしい、変わり種の純米酒。

完全数量限定・売切れ次第販売終了となります。

 

味わいコメント________________________________

赤色酵母使用によるピンク色の純米酒。

米の旨味をパンチのきいた酸味が引き締めて、すっきりした味わい。

アルコール度数も「11%」とひかえめで、ゴクゴク飲める

変わりダネの日本酒です!


こんな方におすすめします___________________________

・変わり種の日本酒をお探しの方に

・飲みやすい日本酒をお探しの方に

 

商品名 米鶴 ピンクのかっぱ純米酒
原料米 山形県産 出羽の里 ほか
精米歩合 65%
アルコール度 11%
日本酒度 -39(極甘口)
酸度 3.5(酸味強め)
酵母 赤色酵母
希望小売価格
720ml 1,360円(税抜)
 
1800ml 2,700円(税抜)
 
yonetsuru_items_3-15_s.jpg

5/12更新

ご好評につき、「大吟醸うららか」はご用意分すべて完売となりました。

この場を借りて御礼申し上げます。

 

大吟醸用酒米「雪女神」を全量使用

春らしく“うららか”な大吟醸酒。

【4/20(月)発売!】

このお酒は、去る3月に開催予定だった「美酒県山形フェア」
限定のお酒として、デザインから商品名に至るまで、
蔵の女性スタッフが中心となり企画し造り上げた、特別な商品です。
 
残念ながら頒布を予定していたイベントは中止となりましたが、
造り出したこのお酒をなんとか皆様にお届けしたく、
米鶴酒造ホームページにて販売する運びとなりました!
 
「うららか」は
 
『空が晴れて陽が柔らかくのどかに照っているようす』
『声が晴れ晴れとしていて楽しそうなようす』
 
といった意味をもった言葉です。
 
発売予定であった3月は桜の季節直前だったことから、
「春を連想させる」なおかつ「お酒のイメージ」に合った言葉を探し、
この『うららか』という言葉にたどり着きました。
 
今はつい下を向いてしまいそうな厳しい状況が続いていますが、
この状況を乗り切り、皆で『うららか』に日本酒を楽しめることを
蔵元一同、心より願っております。
 

 

<幸せを願う、水引の特製首掛け>
商品の首元には「あわじ結びの水引」を模した特製首掛けが付属します。
『永遠の幸せを願う』という意味をもつ「あわじ結び」。
春らしさを基調とした色の組み合わせでひとつひとつ手造りしました。
 
※色による味の違いはございません。
※水引の色はお選びいただけません。あらかじめご了承ください。
 
限定品のため、数量にも限りがございます。
気になる方はぜひお早めにお求めください!

 

味わいコメント________________________________

 

山形県産の大吟醸用酒米《雪女神》を使用した、華やかでやわらかく、

軽快な風味が楽しめる大吟醸酒です。


こんな方におすすめします___________________________

 
商品名 米鶴 大吟醸 うららか
原料米 山形県産 雪女神100%
精米歩合 50%
アルコール度 15%
日本酒度 ±0
酸度 1.2
山形酵母 協会1801・協会701
希望小売価格
720ml 完売

 

 


【2020/4/22(水) 新酒出荷開始!】

飲みごたえのある口あたりの純米酒です。
これからの暑い季節には、氷を入れて飲む「オンザロック」がオススメです!

 

日本酒は、正しい飲み方さえ身に付ければ身体に優しい飲み物です。

 

しかしながら、もともと飲用アルコール度数の高い日本酒は、
夏場にそのまま飲むには「重すぎる」と感じることもあります。

そこでおススメしたいのは、氷を1、2個浮かべて飲むスタイルです。

このような飲み方は、日本酒ファンには「邪道」として嫌われた様子ですが、
日本酒の蔵元では、夏場にさわやかに日本酒を飲む方法として、
昔から当たり前とされてきた飲み方です。

ただこの方法には、酒の豊かな味わいが損なわれるという欠点があります。

米鶴では、この欠点を『新開発の酵母』を上手に使うことで克服しました。

山形県工業技術センターで開発された、コクを生み出す酵母をバランスよく使うことで、
アルコール度数10%でもバランスのとれた味わいを実現しています。

ここでご紹介する「米鶴 純米 蛍ラベル」は、中味のアルコール度数は14%ですが、
お酒そのものでは少し味が濃く感じるように設計しております。
氷を1、2個浮かべて飲んだ時にさわやかな味わいとなるような、これまでになかった純米酒です。

お酒の名前は、米鶴の所在地である二井宿地区(山形県高畠町)は、
4種類のホタルが生息する場所であることに由来します。


味わいコメント_____________________________

爽やかな香り。口当たりなめらかで、爽快な酸味と適度な苦味が
あと味を引き締めます。暑い季節にぴったりの軽快な純米酒です。

こんな方におすすめします________________________

 

夏に飲む日本酒をお探しの方
夏季限定商品をお探しの方
見た目にも楽しい日本酒をお求めの方

 

商品名 米鶴 純米蛍ラベル
原料米

山形県産米100%

精米歩合 65%
アルコール度 14%
日本酒度 -16
酸度 2.1
酵母 山形酵母
希望小売価格
720ml 1,270円(税抜)
 
1800ml 2,540円(税抜)
 

 


【2020/4/13 お知らせ】

皆様お待たせいたしました!

好評につき品切れとなっておりました「米の力 特別純米亀粋」の1800mlの新酒が出来上がりましたので、販売を再開いたします。

出来立ての新酒を楽しめるのはこの時期だけ!ぜひお求めください。

 

亀の尾を超えるポテンシャルを持つオリジナル米【亀粋】
 
「亀の尾」が酒米として好適な品種である事は、酒好きには知られています。
中でもより酒造りにあった形質を育成する事を目的として、志賀良弘(米鶴酒造株式会社醸造課長及び酒米研究会会員)と米鶴酒造株式会社が共同開発し育成した品種が「亀粋」(きっすい)です。

きっかけは、昭和62年の稲刈り直前に「亀の尾」の田圃を眺めていて、ふと、背丈が高い2穂の穂を発見したことでした。
そして、丈が高い2穂の種籾150粒を念のため保存し、翌年から選抜栽培を繰り返して収量を年々増やしながら特性の調査を実施したところ、

・「亀の尾」や他のどの酒米よりも米の心白が大きい
・良質な酒米の条件とされるデンプンが多い
・親米である「亀の尾」よりも背が高いのに倒伏しにくい

という強い米の性質を持っていました。平成2年にその特性を確認し、平成3年3月に「亀の尾」の“亀”と、きわだって優れているという意味で、「『純粋』・『粋を集める』」から“粋”をとり「亀粋」として農林省に品種登録を出願しました。

平成3年4月に、青森県農業試験場と埼玉県農業試験場で栽培試験が行われ、平成5年8月3日に“登録番号3632号「亀粋」”として正式に品種登録されました。

平成11年2月24日には、県庁に於いて財団法人山形県バイオテクノロジー開発振興基金理事や農業関係者の参列のもと原田山形県副知事から表彰状が授与されました。
戦後に米の新品種開発を個人で成功させたのは、山形県、全国でも初のことであり、実際に製品になっている事が評価されての受賞でした。
 

味わいコメント________________________________

 

 

一度だけ火入殺菌した瓶貯蔵酒です。やわらかい旨味のある純米酒です。


こんな方におすすめします___________________________

  • 珍しい酒米の日本酒を探している
  • 限定品が欲しい
  • 名前がおめでたい日本酒が欲しい

受賞歴___________________________________

  • 2015年 インターナショナルワインチャレンジ 純米酒部門 銀賞
  • 2003年 全米日本酒鑑評会 銀賞

 

商品名 米鶴 米の力 純米亀粋
原料米 亀粋100%(高畠町産)
精米歩合 65%
アルコール度 15%
日本酒度 +2〜+4
酸度 1.2〜1.4
使用酵母 協会901
希望小売価格
1800ml 2,700円(税抜)
 
720ml 1,400円(税抜)
 

 


お客様の声_________________________________

ほかの銘柄もおいしかったのですが、私の感動を友人にも分けてあげればと考えお便りしました。これからも、長期購買者として楽しませて頂こうと思います。\(^o^)/
(2013年9月3日、9月13日 京都府 湧本喜光様)

昨夜、(東京・赤坂の)山ね家にて米鶴の特別純米亀粋を飲みました。
口に含むと、思わず「うわー、上品!」と言ってしまいました。
その後も、バランスの良い柔らかな旨みを堪能。美味しかったです。
米鶴の後に酒一筋を飲んで、再び米鶴に戻り、とても楽しめました。
日本酒の旨みの余韻が長くて、長くて。ありがとうございました。
(2013年5月10日 東京都 西村武彦様)

実家の母も大変喜んでおりました。とっても飲みやすいということで、普段はアルコールを飲まない母ですが、結構飲んでいたようです。
(2010年9月28日 東京都 T様)

先週注文した亀粋があまりにおいしかったので、実家にも送ることにいたしました。
(2010年9月21日 東京都 T様)

大阪の小料理店『佳容』で、亀粋を飲みました。あまりのおいしさにびっくりしました。毎年米沢スキー場に滑りに行っているので、これも何かの縁だと思っています。
(2010年9月12日 東京都 T様)