草木塔の郷 DENTAKUJI なあまず日記

草木塔の郷 DENTAKUJI なあまず日記
ログイン

一気に雪が消えてゆく。
そして、米沢市内の櫻も満開に。

年配の方が、「どんな大雪だって、消えるときは、十日と違わねもんだぁ」と言うとおり、ほんとうにそうだ。

雪囲いも、ちょこらちょこらと片づけ中。
みくさい(方言:みっともない)けれどもししょねなぁ(ーー;
がまん、がまん。

さて、この「がまん」であります。
「我慢」と漢字で書きますけど、普通は「我慢強い」とかプラスの意味に使われることが多いのです。

けれど、これはもともと仏教で使われている言葉。
「我あり、我が所有ありと執着しておごり高ぶる」という意味なのであります。
本来の意味から、
我が強い → 負けん気が強い → ガンバリがきく、辛抱強い
というふうに意味するようになったとのこと。

さてさて、身から出た錆び。
自分のまいた種。
まさに、本来の「我慢」が故に、自由に身動きできない状態のわたし、である。 
2011.05.04:あら:count(1,950):[メモ/なあまず日記]
copyright tadenara
powered by samidare
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。