草木塔の郷 DENTAKUJI なあまず日記

草木塔の郷 DENTAKUJI なあまず日記
ログイン

本を読む、といってもその読むものや読み方は人さまざまなものだと感じる。

自分は子どもの頃から本に親しんできた。
かなり読んできたなぁと思っていたのだけれど、読書をする集まりをもって本の話しをしてみると、世の中にはもうたいへんな読書家がいるものだと関心する。

ミニコミ誌が主催して、今年一年を通して月一回のペースで読書会を続けてきた。
この集まりの面白さは、個人がどんな本を読んで何を考えるかということにあり、また、その人の生活というか生き方というものも見え隠れするところにある。


実用的な参考書として本を読む・使う人。
自分の趣味的な部分に近いところに興味を持って、本を読む人。
仕事に関わる読書が中心であったり。
本という世界、作品や作者など、かなり深く読みこんでいくひと。
好きな作者の世界に惹きつけられて、広がりを持って行く読み方をする人。
とにかく興味のある分野は、どんどんと突き進むタイプ。
いい本だと思ったら、繰り返し何度も読んで行くという人。

私はどれだろうなぁ^^;

本を読んで感じたことを人に伝えるというのも、これでなかなか難しいもの。
自分の面白いと思うことを、聴いている人が共感できる場合もあり、そうでない場合もある。
しかし、それを聴くということがまず大事でなないのかと思っている。

読むのは好きでも、話すことや表現することが得意でない場合もあり、その逆もある。両方ともできる人もまれにいる。
話し方が下手でも、伝えようということを繰り返していると、何か伝わるような気もする。

読書はそこから得る知識も大切と思う。
それ以上に大事なのは、心の動きを感じることではなかろうかと思う。
そういう意味では、読書会はとてもいいのだ。

20日(土)は、南陽市の某所において、「ほんきこ。」月例の読書会を開催。
今回は、11月の担当を引き受けてくださった齋藤氏の「オレガレ(おれのガレージ)」を会場に「海」をテーマとしました。

読書会は勿論なのですが、私的の興味があったのは、かねてから噂に聞いていた「オレガレ」を見せてもらえるということ。

これは、自宅脇に手作りしたガレージのこと。
ほんとに、リサイクルの材料で自らのハンドメイドし、その中はまさに自らの趣味の世界。
まさに、男の隠れ家なんであります。

いやぁ、これは男の夢・ロマンであります(女性もあるでしょうけど)。



あまりの居心地の良さに、予定時間を大きくオーバーして滞在してしまいました。
いやぁ、いいなぁ。

自分のライフスタイルの表現、素晴らしいですね。
「ほんきこ。」定期読書会、7月のご案内です。


日時 7月4日(日) 午後6時〜9時
会場 スープカレーの「らあじゃ」

参加費 1,000円(軽食つき)

テーマ 「旅」

 旅にちなんだ本をご持参ください。
 ひとり 5分〜10分程度でご紹介ください。

 旅の本(小説、エッセー、ガイドブック、ノンフィクション等々なんでもあり)

 旅の途中で読んだ本、旅に出て読みたい本…。

 気軽にご参加ください。


申し込み 6月30日(水)まで
     荒澤へ 筍娃坑亜檻僑横毅機檻苅隠毅
         メール tadenara@ezweb.ne.jp

     または、編集長 松沢へ
 
 
伊佐沢の獅子宿内にある、古民家カフェPaconで、ほんきこ。読書会があり、参加。



お昼頃に都合がついて、よかった^^

読書会のトップ画像が「シフォンケーキ」ですか?って!
えぇ、美味しかったものですから、はい^。^

8人の参加。

3時間ほどで、一人ずつ順番に本のご紹介。
読むジャンルがそれぞれ違いますから、面白いですね。

紹介した本について、感じたこととか、内容について関連あること、話が横道にそれて行ったり、行きつ戻りつし、話しが盛り上がります。



私が紹介した本。
8歳の頃読んだ「宇宙号90時間」ヴェルヌ
19歳のとき買った「さらば国分寺書店のおばば」 椎名誠
今読んでいる「すごい本屋!」

でした。

次回は4月に開催予定です。




な、なんと、月間化いたしました「ほんきこ。」…。

というより、月間化を宣言しただけで、まだほんとに月間ペースで出るのかどうかわかりませんよね^^;

なにしろ、前号では「季刊」を宣言したばっかりですもの^^;

というわけで、昨夜は印刷と製本(私は間に合わず)。
45号発刊できてよかった。

そのあと、読書会。
なかなかいい時間でございました。

今日から皆様のお手元に届きます^^;
「ほんきこ。」
...もっと詳しく
なぜか餅なんですね^^

忘年会に遅れて途中(というか終盤)参加した私は、宴席でいきなりあんこ餅を食うということになりました。

ほんきこ。忘年会ではこれもアリなんですね。
午後5時から餅つきでスタートし、以下、下記のようなプログラムが組まれておりました。


よく見ると、表彰が誤字のような漢字がします(あ、これも違う^^;)

いい大人が集まって紙芝居したり、人形劇したり…、ほんと楽しいですねぇ。
酒を飲む人も飲まない人も大丈夫。
ないようである、あるようでないのが、ほんきこ。のルール。





最後はみんなで恒例の記念撮影!





いやぁ、今年もおもっしゃがった!
おまたせしました^^;

ようやく44号が出ました。

特集 おらだのお弁当(弁当まんま)
     アンケート:お弁当おかずで好きな一品は? などなど

強力連載陣
   「ちょっとこごらで ひらすびすっぺ」
   「出産体験レポート」
   「2泊3日の山形滞在記」
   「田舎モンダイ」
   「お買い物日記」
   「みっくんのバリアフリー考」

   ほか
画像を見ると、とても読書会とは思えませんが^^;

まず腹ごしらえということで、持ち寄りの一品と代表のKさんの手料理をご馳走になったのです。

パスタに夏野菜入りのトマトソースをたっぷりかけて食しましたら、美味かったですね^^

さて、腹ごしらえができたところで、読書会にいこうと思ったら、サプライズ。
親愛なる代表Kさんの誕生日(数日過ぎてる)を祝って、ケーキが用意されていたのでした。


ちょっと怖い写真に。
狙った?いえいえたまたまこうなっちゃいました。

ハッピーバースデーを歌って祝福(こっちのほうが怖い^^;
ローソク5本立ってますけど、アラ5ではありませぬよ(Kさんの名誉のために)。


で、ようやく読書会にたどり着いたのではありますが(ゼイゼイーー;)

今度はノリピー逮捕のニュースがあったりで、またもや中断。
なかなか話が進まないのでした。


教訓
読書会をするときはあまり美味しいものを準備しないこと






田沢は爽やかな風が吹いています。
休日の方、お仕事の方、いかがお過ごしでしょうか。

「ほんきこ。」仲間の結婚式の二次会にお呼ばれして出かけます。
「何着ていったらいいんだろうね。」
「これしかもってねし」
「カジュアルでもいいんでねぇ」
「んだなぁ、二次会だもなぁ」
「Gパンか?」
「う〜ん」
と、たいして服を持ってないのに(ので?)迷う二人でした。

お祝いの冊子もできたようです。

では、行って来ます。


20年度最後の号が、ようやくできました。

なんと!
久々表紙がカラーです!!

撮り貯めたカラー写真大放出号です。

特集1 教えてください「あなたの座右の銘」
特集2 「ともだち」

その他、強力連載陣

川西町フレンドリープラザ、長井市伊佐沢「蔵高宿」、米沢市「田沢寺」には常にあります。
その他、置賜の文化施設等に置いていただいております。

ほしい方や、お問い合わせは、このブログにもどうぞ。