草木塔の郷 DENTAKUJI なあまず日記

草木塔の郷 DENTAKUJI なあまず日記
ログイン

Nnmber775(4月7日号)
日本サッカー特集「新・黄金時代の挑戦」

Jリーグ開幕を前にした特集だったのですが、大震災の影響を考慮してリーグ戦開始はいちはやく延期を決めた。
表紙に、「がんばろう東北。がんばろう日本」と書き、「大震災に寄せて」イビチャ・オシムの緊急メッセージを冒頭に掲載している。
「今こそ、強く連帯を」というタイトルがオシムらしい。
旧ユーゴスラビアで、他民族国家の紛争・内戦、そして解体・分裂という中を生きてきた人物だけに、まず連帯をという言葉が出たのだろう。
サッカーの勝ち負けなどと言うものは、こうした大震災や戦争に比べたら何の意味もない、と言いきれるのがオシムの強さなのだろう。
その勝ち負けの世界に生きているにもかかわらずである。

新・黄金世代は(本田、長友、内田、香川ら)欧州で活躍している。
北京五輪で勝てずに予選リーグで敗退した彼らの世代が、今、日本代表で欧州リーグでJリーグで活躍しているのはなぜなんだろうというとこを探っている。

野球の記事では、メジャーリーグの松井秀喜と、日本の独立リーグでプレーすることになった高津臣吾が面白い。

松井は、アスレチックスに移籍。
テレビで見ていると、なんとなく不安がないという感じがして、今年は活躍するのではないかと感じる。
高津は42歳で現役続行。
日本→アメリカメジャー →日本 → アメリカ → 韓国 → 台湾 →
今年はどんなチャレンジになるのか、調子を上げて、また日本のプロ野球でやるんじゃなかろうか、などと思ってしまう。

サッカーはACLで公式戦を再開した。
2011.04.06:あら:count(1,374):[メモ/雑誌をかじる]
copyright tadenara
powered by samidare
ミナミシンチョウ
和尚様。ミナミシンチョウの情野でございます。かなり・・。いや世代交代で覚えておられぬかもしれませぬ。
2011.04.06:forexseino:URL修正削除
心当たりはあります
ミナミシンチョウの情野さんといえば、私はたいへんお世話になった方(恩師)がおられますけれども・・・。
2011.04.06:あらさわ:修正削除
多分。
父がタカオ。祖父がトクシロウです。僕の記憶では、小学校低学年まで、和尚様が実家に来られていた記憶がございます。
2011.04.07:forexseino:URL修正削除
そうでしたか
こんにちは。
はい、おとうさまに中学校時代に野球部の監督(顧問)で、たいへんお世話になりました。

それに、そうですね、屋敷の神様のお祭りに、十年前ぐらいまで参上しておりました。

その他、諸々とお世話になっております。

息子さんでしたか。
とても個人的なブログに立ち寄っていただき、ありがとうございます。

2011.04.07:あらさわ:修正削除
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。