HOME > メッセージ

近況報告 その1

 昨年のバイオガス発電所竣工式以来、約1年ぶりとなってしまいました。

その後の状況をご報告します。

 

1.2020年10月29日、本格稼働(FIT売電)開始!

 約1ヶ月の試運転を経て、10月29日より本格稼働(FIT売電)を開始しました。

発電量は、売電開始当初、約150kWhでしたが、現在は約250kWhになっています。

予定より少ない発電量ではありますが、安定して発電しています。

 

2.2021年4月、液肥散布開始!

 ながめやまバイオガス発電所では、電気と熱以外に消化液(液肥)と固分

(敷料として利用)が生産されますが、その消化液をこの4月より液肥として

散布開始しました。

 貯留槽から汲みだした液肥を散水車に詰め、散布場所まで運び、クローラダンプに

詰め直し、散布します。

 

こんな感じで散布しています。

 

液肥は、後ろの青いホースから散布されます。

既存の液肥散布車では私たちが考える散布に合わなかったので、弊社で改造したものを

使用しています。

 

 このほかに、6月からは発電所駐車場内に「液肥無償スタンド」を設置し、住民の方に

液肥の無償提供を始めました。

 

まだまだ液肥としての効果は未知数ですが、早速、興味を持たれた方がご利用されています。

 

お近くにお住まいの方は、家庭菜園に、庭の花木に、バイオガス産液肥いかがですか?

 

2021.06.29:東北おひさま発電:コメント(0):[メッセージ]

ながめやまバイオガス発電所 竣工式

完成を待ち望んでいました「ながめやまバイオガス発電所」が

7月17日(金)に無事、竣工を迎えました。

本来ですと、お世話になったたくさんの関係者の皆様に

ご出席いただくところですが、今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため

限られた方々での竣工式となりました。

 

完成した施設のご紹介です。

 

<ピット>

<原料槽>

<原料受入棟>

<発酵槽>

<脱硫装置>

<固液分離棟>

<貯留槽>

<発電機>

現在は、牛ふんを加温し発酵させることでメタンガスを発生させ、

さらに副原料を少量ずつ投入し、メタンガスの濃度と発生量を高めているところです。

順調にいけば、9月中旬頃には発電ができそうです。

 

 

2020.08.15:東北おひさま発電:コメント(0):[メッセージ]

「ながめやまバイオガス発電所建設工事」進捗状況7

新年度が始まりました。

しかし、新型コロナウイルス蔓延による感染への不安や自粛要請は、

私たちの生活にも影響を及ぼし、新たな始まりの季節にもかかわらず、

閉塞感が漂っています。

県内では毎日感染者が増え続け、とうとう飯豊町でも確認されました。

幸いなことに、当現場では現在、確認されておらず、

完成を目指し、今日も着々と工事が進められています。

 

それでは、進捗状況です。

<2020年2月18日> 原料受入棟

 

<2020年2月25日> 原料受入棟 機械設備搬入

 

<2020年2月26日> 原料受入棟 コンクリート打設

 

<2020年2月29日> 原料受入棟内部

 

<2020年3月6日> 原料受入棟 機械設備設置

 

<2020年3月17日> 原料受入棟 機械設備設置

 

<2020年1月17日> 発電機 現場着

 

<2020年2月4日> 発電機 基礎工事開始

 

<2020年2月13日> 発電機 基礎工事

 

<2020年2月15日> 発電機 設置

 

<2020年3月19日> 発電機 付属品設置

 

<2020年1月17日> 牛舎ピット 配管取付

 

<2020年1月23日> 配管状況

 

<2020年2月29日> 配管状況

 

<2020年3月2日> 配管状況

 

<2020年3月7日> 配管状況

 

<2020年3月10日> 中継ピット

 

5月からの試験稼働に向けて急ピッチで進む工事。

このままコロナウイルスから免れ、完成までこぎつけたいものです。

2020.04.07:東北おひさま発電:コメント(0):[メッセージ]

「ながめやまバイオガス発電所」建設工事 進捗状況6

2月にもかかわらず全く雪のないこの状況は、

少しでも工事を進めたい現場としては、本当にありがたいです。

しかしながら、約2ヶ月の工事開始の遅れを取り戻すことは難しく、

完成は4月末ごろになりそうです。

 

それでは、工事の進捗状況です。

発電所の主要構造物である原料槽・発酵槽2槽・貯留槽の建設は、ほぼ終了し、

1月からは、原料受入棟・固液分離棟・配管工事を中心に行っています。

<2019年12月7日> 原料受入棟

 

<2020年1月9日> 原料受入棟

 

<2020年1月13日> 固液分離棟

 

<2020年1月17日> 配管

 

<2020年1月23日> 

配管

固液分離棟

 

<2020年1月25日> 原料受入棟

 

<2020年1月29日> 原料受入棟

 

<2020年1月30日>

原料受入棟

配管

固液分離棟

 

 <2020年2月7日> 固液分離棟

 

新型コロナウイルスが、国内でも徐々に広がってきています。

県内では、まだ感染確認はされていませんが、いつ広がってもおかしくない状況です。

一人一人が感染予防に努め、本工事が無事に完成することを願っています。

2020.02.26:東北おひさま発電:コメント(0):[メッセージ]

「ながめやまバイオガス発電所」建設工事 進捗状況5

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

雪のない年明けとなりました。

前回の締めの言葉に「次回は、すっぽりと雪に覆われているかもしれませんね」

と書いたのですが、予想を大きく覆し、現場に雪はまったくありません。

地元の人でさえも初めて経験するほどの、雪不足なんだそうです。

工事を進める上では、雪のない状況は大変ありがたいのですが、

後々、夏場の水不足につながるため、必ずしも手放しで喜べません。

近年の異常気象は、やはり心配になりますね。

 

それでは、工事の進捗状況です。

<2019年12月10日>

原料槽

第1発酵槽

第2発酵槽

 

<2019年12月17日>

副原料棟

分離液ピット

 

<2019年12月19日>

第2発酵槽

副原料棟

 

<2019年12月24日>

第2発酵槽

副原料棟

分離液ピット

 

<2019年12月27日>

第1発酵槽

副原料棟

 

今後1ヶ月の天気予報でも、例年より高温・少雪とのこと。

引き続き、工事の進捗に期待できそうです。

 

2020.01.16:東北おひさま発電:コメント(0):[メッセージ]