HOME > メディア履歴

山形新聞掲載 ―地域のエネルギー発電所を実現―

  • 山形新聞掲載 ―地域のエネルギー発電所を実現―

2017年1月3日の山形新聞に
〈2017トップインタビュー〉として掲載頂きました。

地域のエネルギーは地域内で生み出し
循環させ、自立していくことが大切です。

太陽光に加え、小水力やバイオガスなど土地の豊かな自然を生かし、
多様な発電を組み合わせることで、エネルギーの地産地消は十分に可能です。

自立した地域と、子どもたちの未来のために、
「地域エネルギー発電所」を実現する。

それが社会を変える一里塚になると信じて、
地域の皆さんと一緒に、小さな成功の積み重ねに挑戦し続けてまいります。

→ 全文はこちらから(PDFファイル)
 

2017.01.12:東北おひさま発電:コメント(0):[メディア履歴]

日経テクノロジー掲載 ―山形県長井発「地産地消型」メガソーラー-

  • 日経テクノロジー掲載 ―山形県長井発「地産地消型」メガソーラー-

2016年11月1日の日経テクノロジーの電子版に
〈山形県長井発「地産地消型」メガソーラー〉と題し、
東北おひさま発電株式会社を掲載頂きました。

雪国における太陽光発電へのチャレンジ、
その第一歩である「長井おひさま発電所」での苦労や
実際の発電状況等についても細かに掲載されております。

また、今後の挑戦である「畜糞によるバイオマス発電」
開発についても触れておりますので、ぜひご覧下さい。

→ 全文はこちらから(PDFファイル)

→ 日経テクノロジーオンラインでの記事はこちらから
 

2016.12.13:東北おひさま発電:コメント(0):[メディア履歴]

日本経済新聞掲載 ―風土は、地元の『土』と外からの『風』の融合―

  • 日本経済新聞掲載 ―風土は、地元の『土』と外からの『風』の融合―

2016年11月23日の日本経済新聞に
弊社・代表取締役社長 後藤博信の記事を掲載頂きました。

3.11の震災以降「エネルギーの地産地消」が私たちへの命題となり、
2013年の東北おひさま発電株式会社の設立へと繋がりました。

雪国では困難とされていた
太陽光発電のメガソーラー事業に挑戦し続け早3年・・・
苦難もありましたが、現在では山形県と福島県で
4ヶ所の発電所を運営しております。

今後はさらなる再生可能エネルギー活用に乗り出し、
地元置賜の特産である「米沢牛」の肥料を活用した
バイオマス・コージェネレーション(熱電併給)や、
地形を生かした小水力発電を進めて参ります。

※その他、これまでのあゆみも掲載されておりますので
 写真をクリックしてご覧下さい。

2016.12.05:東北おひさま発電:コメント(0):[メディア履歴]

山形新聞掲載 ―「地域エネルギー発電所」を実現する。―

  • 山形新聞掲載 ―「地域エネルギー発電所」を実現する。―

2011年3月11日。
決意をしたあの日から、もう・・・・まだ5年。
里山の美しい自然は、地域の力で守る。
里山の生活を、地域が心を合わせて
豊かなものにしていく。

あの日、あらためて気づきました。

(※写真をクリックすると拡大します)
 

2016.03.11:東北おひさま発電:コメント(0):[メディア履歴]

山形新聞掲載― 2015年 新春トップインタビュー ―



(※クリックすると拡大します)

山形新聞・朝刊(2015年1月6日)の
「2015年新春トップインタビュー」に
弊社後藤のコメントが掲載されました。


※以下、一部抜粋いたします。


地域自立の鍵といえるエネルギーの地産地消の可能性を開拓したい
という強い思いで一昨年8月に県内初となるメガソーラーを、
昨年10月には2基目を地元長井で稼働しました。

電力各社の固定価格買い取り制度(FIT)が見直し議論がされる中、
弊社もFITに依存し過ぎない事業継続のスキームを作る必要があります。


地域におけるエネルギーの生産と共有を健全で強靭なものに進化させ、
来るべき電力自由化の新時代に地歩を確保し、
地域に貢献する社会的使命を果たしてゆきたいと思います。

「思えば、かなう」
努力は夢へ向かう足跡だと信じ、この道を進んでゆく決意です。

東北おひさま発電株式会社
代表取締役 後藤博信

2015.01.09:東北おひさま発電:コメント(0):[メディア履歴]