HOME > 記事一覧

今年の「ウインターボランティアスクール」は福祉体験で

  • 今年の「ウインターボランティアスクール」は福祉体験で
今年度で6回目となる「ウインターボランティアスクール」が、1月25日(土)老人福祉センターを会場に行われました。例年、除雪ボランティアをメインに開催しておりますが今年は雪もなく除雪もないため中止も考えましたが、参加人数が少なくなっても福祉体験をメインでやってみようと判断し開催いたしました。市内の3校の中学校・高校から昨年を上回る70名の方に参加いただき、職員も楽しませていただきながら無事終了することができました。
自己紹介では、自分が希望した福祉体験(車椅子・視覚障がい・手話・点字)をジェスチャーで表現し、同じ体験の人を見つけ出し「~なのに自己紹介」を行いました。(例:私は〇〇高校2年 バスケ部の〇〇〇〇です。〇〇なのに、〇〇です)
4つの福祉体験では、手話の講師には「手話サークル 陽だまり」さんのご協力をいただきました。

ウインターボランティアスクールの流れを写真で紹介いたします

進行役の長井社協 高野さんと、佐藤校長先生(事務局長)開校のあいさつ
 

ボランティア講座と、真剣に聞いていただいた会場の様子
講座では、「ボランティアって結構いい!!」の題で学びました
 

講座の後半には昼食のカレーへのトッピングをかけたクイズを実施(5問出題)
7チームから代表3名に出ていただきで相談し書いてもらいました
 

出題では、東京2020オリンピック・パラリンピックの競技を当てるものも
 

正解は、飛込とボッチャでした
クイズの結果は、車椅子Aチーム 60点、〃Bチーム 30点、視覚障がいAチーム 30点、〃Bチーム 55点、手話Aチーム 20点、〃Bチーム 75点、点字チーム 35点で、手話Bチームがカレートッピングのカツをゲットしました


福祉体験 4つの体験から希望するものを選んで体験しました

車椅子(南学童体育館)
  

視覚障がい体験(センター大広間&周辺)
 

点字体験(センター面接室)
 

手話体験(南学童教室)
 


社協職員手作りカレーでの昼食と、準備をしてくださった職員
手話で講師をしていただいた陽だまりの会員の方にも一緒に入っていただきました
昨年の実績をふまえ米9升炊いたのですが丁度良い量でした。来年度はもう少し増やさないとダメかも?
 

 

 


ふり返り
もし明日から自分が体験した障がいの当事者になったら、1日を通して生活するうえで何が起きるかを考えてもらい、ベストアイディアを出していただきました
 

予定にはありませんでしたが、高校生・中学生の代表に感想をお聞きしました
 

参加いただいた中学生と高校生
 

閉校のあいさつ佐藤校長先生(事務局長)
 



参加者全員にアンケートに記入していただきました

1、ウインターボランティアスクールへの参加を友達にすすめたいと思いますか?
   1、大いにすすめたい        74.6%
   2、少しだけすすめたい       20.9
   3、どちらともいえない        4.5
   4、あまりすすめたくない       0.0
   5、すすめたくない          0.0

2、会場に来るまでの気持ちはどうでしたか?
   1、非常に楽しみだった       38.8
   2、マァマァ楽しみだった      47.8
   3、何とも思わなかった       11.9
   4、あまり来たくなかった       1.5
   5、本当は来たくなかった       0.0

3、今後もボランティアに取り組みたいと思いますか?
   1、積極的に取り組みたいと思う   80.6
   2、少しだけ思う          16.4
   3、どちらともいえない        3.0
   4、あまり参加したくない       0.0
   5、まったく思わない         0.0

下記の質問に点数をつけると何点になりますか?(10点満点で)
4-1、1日の活動を通して楽しめましたか?
     中学生平均 9.30    高校生平均 9.08
4-2、ボランティア・障がいについて学ぶことができましたか?
     中学生平均 9.61    高校生平均 9.55
4-3、活動前の期待に対しての満足度は?
     中学生平均 9.63    高校生平均 9.35
4-4、今後に活かせる体験になりましたか?
     中学生平均 9.54    高校生平均 9.63



今回の体験を通して感じたことを川柳にしてもらいました。一部を紹介いたします。

声をかけ 心と心の 壁を消す  (天)
助け合い 相手を考え 思いやり   (楓)
バリアフリー 心のかべを 打ちこわす   (麻)
自分でも できることから 始めたい   (凜)
やりがいを 自分から求め 達成感   (ゆ)
バリアフリー 一声かける 勇気から   (安)
勇気だし 心の中を 行動に   (陽)
手話活動 心によりそう きっかけに   (唯)
声かける 勇気は一瞬 後悔一生   (斗)
パプリカの ように広がる 理解の輪   (帆)



参加しての意見・感想

初めてボランティアスクールに参加して、すごくボランティアは大切なことだとあらためて知ることができたし、障がいのある方を見つけたら、困っていないか声をかけたり、お手伝いできるこたは進んで行いたいです。見て見ぬふりをせず自分ごととして考えて行動したいです。   (真)

初めて車椅子に乗ってみて、運転が少し難しかった。障がいのある方へのへんけんはあまりありませんでしたが、この体験をして0(ゼロ)になりました。とてもいい体験ができてよかったです。   (麻)

今までは、障がいを持っている人に対して「あまり関わりたくない」など自分の勝手な考えで関わるのを避けていたけど、今回の体験を通して障がい者の人の考えや関わり方を学ぶことができました。また、手話の体験でも楽しい体験が出来たし「パプリカ」なども手話でおどったりと充実した時間を過ごすことができました。また、手話もいろいろな種類のものを教えてもらったので、これから活用していきたいです。今回の体験を通して障がい者の人との関りや、これからのボランティア活動など、これからの生活に役立つことを学ぶことができたので、これからは、自分から積極的にボランティアに取り組みたいと思いました。   (優)

今回のウインタボランティアスクールを通して障がいについて理解を深めることができました。また、障がいの辛さもわかることができました。これからは障がいのある人を見て見ぬふりをせず、声をかけてみたいと思いました。また点字を習ってみて、点字についていろいろ知ることができました。とても楽しかったです。今回習ったことを今後の生活に活かしていきたいと思いました。   (羽)

今回障がい者の体験をして大変さ、点字ブロックや杖を使用している人のため、物でブロックを塞がないなど普段の生活から自分にできることがあると思った。実際に障がいのある人に会ったら、積極的に元気に声をかけ困っている人がいれば今日の体験をいかし、手伝えるようにしたいと思いました。貴重な体験ありがとうございました。カレーおいしかったです!   (嘉)

とても良い経験をすることができました。今まで障がいをもった方について深く考えたり体験することがなかったので、実際に体験してみたり、クイズなどで学ぶことができて楽しかったです。もし、困っている人がいたりしたら積極的に話かけてみたいと思います。私はまだ知識が浅いので自分で調べてみたりしたいと思いました。今日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました!   (洸)

ボランティアに臨む際の心構えから、障がいをもつ人々への接し方まで社会福祉についての知識を深めることができた。ボランティアは自発的に無償で社会全体のために行うのが基本で、何よりも「させていただく」という意識を持って行うのが大切だということが分かった。点字体験では、視覚障がいになったつもりで臨むことができた。身近にあるものも結構あるということが分かり点字を学んで、新たな目が開かれた。これからもボランティア・障がいといった面に興味を持って生活していきたい。   (綾)

ボランティアスクールに参加してみて、障がいのある方の生活や不便なところをたくさん知ることができました。私は手話について全く知らなかったのですが、今日参加したおかげで1つ1つの意味やパプリカのダンスもおどることができました。お昼のカレーはとてもおいしく、手話の先生とも色々なお話ができて楽しかったです。グループで活動をしたことで先輩や後輩とも仲よくなれました!!短い時間でしたがとても満足した1日になりました。また、参加したいです。ありがとうございました。   (美)

参加した方全員が感想を書いてくださいました。中には書いてくれない方もいるだろうと思っていたので驚きました。
上記以外にも、これからは勇気を出して声をかけ、お手伝いできることがあれば積極的にお手伝いしたいという感想が多くありました。今回参加いただいたみなさんに模範を示していただければ、支え合いの気持ちが広がり今まで以上に住みやすい長井市になると思いますので、是非実践をお願いいたします。


今回は、参加いただきありがとうございました。
来年度のウインタボランティアスクール、色々なボランティアの場でお会いできることを楽しみにしております。
勉強・部活に頑張ってください。応援しております。
楽しい時間をありがとうございました。職員一同感謝申し上げます。










  



  


「令和元年度ボランティア体験作文表彰式・発表会」を開催しました

  • 「令和元年度ボランティア体験作文表彰式・発表会」を開催しました
長井市社会福祉協議会主催、長井市教育委員会様からご後援をいただき「令和元年度ボランティア体験作文表彰式・発表会」が、1月11日(土)長井市老人福祉センターで行われました。夏休み前に、11月末を締め切りに市内の小学校・中学校にボランティア作文募集の案内を配布させていただき、小学生からは48編、中学生からは15編の応募をいただきました。その後3名の選考委員の方にお渡しし、1、実践したボランティアについて具体的に書かれているか 2、感じたこと、考えたこと、新たに知ったことなどを自分の言葉で書いてあるか 3、正しい日本語・表記で書いてあるか等の観点で審査いただいた結果優秀作品11編が選ばれました。


司会進行:長井社協 佐藤事務局長・会場の様子
 


表彰式:障がい福祉サービス事業所せせらぎの家で作られた木製の表彰状が長井社協 樋口会長から一人一人に手渡されました。
 

 


樋口会長挨拶・来賓祝辞 土屋教育長様
樋口会長:長井社協ではいろいろな事業を行っています。ボランティア作文もその中の一つ。ボランティアは特別なことでなく、身近な自分の出来ることから取り組んでほしい。

土屋教育長様:呼ばれた時の返事、賞状をいただいた時の立ち振る舞い、とても立派でした。事前に作文を読ませていただきましたが心があたたまりました。
 


発表会:全員が大きな声でハキハキと発表してくださいました。
 

 

 




講演:山形県青年の家 研修課研修主査 柴田 勲 様
   「ボランティア活動のもたらすもの」
*アルミ缶・ペットボトルキャップの回収の始まり
*赤い羽根共同募金について
*「ボランティアはさせていただくもの」「相手の方にも喜んでもらえ、自分も成長できる」などを学びました。



今年度も多数の応募をいただきありがとうございました。
お蔭をもちまして無事終了することができました。

発表会の様子が
エフエムいーじゃん おらんだラジオ(FM 77.7メガヘルツ)
で1月29日(水)午前10:00からと午後7:00から、再放送で2月1日(土)午前9:00と2日(日)午後1:00から放送予定ですので是非お聴きください。







【長井市建設業除雪ボランティア協議会】様 宜しくお願いいたします。

  • 【長井市建設業除雪ボランティア協議会】様 宜しくお願いいたします。
令和元年12月4日(水)【長井市建設業除雪ボランティア協議会】
(会長:那須建設株式会社 取締役社長 那須 正様)が長井市
老人福祉センターで開催されました。

【長井市建設業除雪ボランティア協議会】は、
長井市商工会議所建設部会
長井市除雪業務連絡協議会
         会長   那須 正 様
一般社団法人西置賜建設業協会
         副会長  佐藤 常夫 様
長井市上下水道工業協同組合
         代表理事 青木 廣志 様
の4団体と、長井商工会議所企業支援係様にも
ご協力いただき構成されております。

会議では
1、ニーズ把握から除雪ボランティア活動までの流れ
2、登録企業様の確認
 などを協議いただきました。

現在、37社の企業様に登録いただき、自力では除雪
困難な高れい者宅等の雪下ろし・除雪ボランティアを、
長井市社会福祉協議会と連携をとりながら活動して
いただくことになりました。

【長井市建設業除雪ボランティア協議会】様
今年度も宜しくお願いいたします。





米沢電気工事協同組合青年部会様の高齢者宅電気保守無償点検活動

  • 米沢電気工事協同組合青年部会様の高齢者宅電気保守無償点検活動
11月15日(金)米沢電気工事協同組合青年部会(安藤淳会長)様による、高齢者宅電気保守無償点検巡回活動を行っていただきました。米沢電気工事協同組合様は、置賜全地域を対象とした電気工事店で構成され、83社の組合員で電気工事業界の発展に努めておられます。今回この計画を実行する青年部は設立31年目、会員19名で活動しております。
置賜3市5町を順番で巡回し、今年は長井地区で実施していただきました。。
長井社会福祉協議会でニーズ把握した9軒に、部会員8名の方が二人一組になり配電盤の点検、コンセント・電球の交換、住宅用火災警報器の取付等を無償で行っていただきました。

長井市老人福祉センターでの出発式 13:30~
挨拶する安藤会長と長井社協 佐藤事務局長
 

電気保守無償点検 14:00~16:00
(たこ足配線されていたコンセントの2口から3口へ交換と照明カバー清掃)
 


点検結果(すべて無償にて交換)

U・S様宅:蛍光灯2本・グローランプ1個交換、清掃
S・K様宅:埋込3口用コンセント1箇所・グローランプ3個・蛍光灯3本交換、清掃
S・H様宅:埋込コンセント1箇所交換、清掃
W・H様宅:コンセント1箇所交換、清掃
I・M様宅:コンセント増設・交換各1箇所、蛍光灯1本・グローランプ1個交換・清掃
T・Y様宅:3口用コンセント1箇所交換、LED球1個交換、清掃
O・S様宅:3口用コンセント1箇所交換、蛍光灯2本・グローランプ2個交換、清掃
S・K様宅:蛍光灯5本・グローランプ12個交換
S・T様宅:特になし、清掃のみ



米沢電気工事協同組合青年部会様ありがとうございました。



長井高校近隣の地域、施設で頑張りました!(長井高校2年生ボランティア活動)

  • 長井高校近隣の地域、施設で頑張りました!(長井高校2年生ボランティア活動)
11月5日(火)長井高校2年生199名がロングホームルームの時間に長井高校近隣の地域・施設でボランティア活動に取り組みました。1年生の時も活動いただき2年連続の活動になります。長井高校さんから社会福祉協議会へボランティア活動の相談をいただき、徒歩、自転車で移動可能な近隣の地域、施設から11のニーズを提供させていただきました。
各施設への割り振りは、極力昨年と同じ活動場所にならないように、第3希望まで選択してもらい担当の先生に割当てしていただきました。第1希望には叶わなかった生徒さんも決まった活動場所で、少し寒い中で頑張っていただきました。
活動終了後は、アンケートの方も記入していただきました。


地域・施設での活動の様子

四ツ谷地区道路清掃と館町南地区道路除草
 

レインボープラン市民農場ニラ畑の撤去と南長井駅の掃除・草むしり
 

白山保育園遊具消毒と中央学童クラブ(南学童)の草むしり
 

中央学童クラブ 南学童と北学童での学習支援
 

リバーヒル長井 グループホーム館町さんとデイサービスセンター輝ら凛さんで
 

多機能事業所だいまちさんで



ボランティア活動終了後、記入いただいたアンケート結果(単位:%)

1、 今までボランティア活動を行ったことがありますか? (1年・2年時のホームルームでの活動は除いてください)
1、ある  68.4   2、ない  31.6  1であると答えた方は2、3への回答をお願いいたします。

2、ボランティア活動を行った回数は?
1、1回  44.6   2、2回 23.1   3、3回 10.7   4、4回 3.3   5、5回以上 18.2

3、行った活動分野は?

  1、 高齢者・障がい(児)者施設 (施設での活動・ふれあいなど)  13.9
  2、 国際交流協力 (発展途上国支援・他支援など)  0.0
  3、子ども青少年福祉(遊び場つくり・絵本朗読など)  10.6
  4、 医療・保健(病院での活動・献血など)      0.6
  5、 災害関係 (災害活動・救援や支援など)     1.7
  6、 歴史文化まちづくり (文化伝承活動・ガイド活動など) 2.8
  7、 環境に関する活動(美化運動・動植物の保護活動など) 30.0
  8、 スポーツ・レクリエーション活動(趣味活動の支援・イベント活動など) 12.2
  9、 収集・募金活動 (空缶・キャップ・各種募金活動など) 10.6
  10、 その他   17.8(除雪・夢灯・長井線まつり等)

4、ボランティアに対しての関心・興味は?
1、ある 62.7   2、どちらともいえない 32.8   3、ない 
 4.5

5、学業・部活との都合がつけば、台風19号での被災地へ災害ボランティアとして
  1、行ってみたい 59.3   2、どちらともいえない 36.2   3、行きたくない 4.5

全生徒さんに活動をとおして感じたことを川柳(どういう気持ちで書いたか)にしてもらいました。一部を紹介させていただきます。

*やさしさで 広がる出会い つながる輪
(人を思う優しさからはじまり、受ける方も感謝と言う優しい気持ちをもてるのでそこから人と人の出会いが生まれ絆が生まれるとかんじたから)

*がんばった ニラのにおいが しみついた
(ニラ畑の撤去だったが、手にも頭の中にもしみつくくらい頑張ったからその気持ちで書いた)

*ありがとう 笑顔にふれて ホッとした
(施設入居者の方が話かけてくださって嬉しかったから)

*Youtube 園児も普通に使ってて 時の流れを早く感じる
(今の時代スマホやタブレットを子供も使ってて、自分の頃はゲームしかなかったのに。今まで時が経つことを早く感じなかったけど初めて早く感じた)

*ありがとう 広がる笑顔 感謝の言葉
(高齢者の方はあまり私たちの年代と関わることがないようで、「ありがとう、また来てね」と言って笑顔で話してくれたことが印象的だったから)

*道端の 一つの家の ありがとう
(ボランティアを行っている時に言われた「ありがとう」に温かみを持った気持ち)

*何事も 積極的にボランティア 夏の大会応援されるように
(野球部は特別多くの人にたすけていただかなければできないので、夏の大会で応援されるように積極的にしていかなければとならないと思いました)

*ボランティア 活動を通して 成長だ
(ボランティアを通して、一歩成長することができたと感じたから)

*友達と 頑張ってできた ボランティア
(道路清掃でしたが、同じ班の友達と協力してできたし清掃後達成感があったから)

*心込め 「まち」に感謝を 届けた日
(駅清掃でしたが、日々利用する駅に、ボランティアによってお礼の気持ちが届けられたらいいなと思いました)

*折り紙で 学年超えて 笑顔咲く
(一人で折り紙をしている子と話をしていたら、他の学年の子どもたちが集まってきてみんなで楽しくお話が出来て楽しかったから)

*4歳児 つみきで作る タブレット
(こんな小さい子どもが「タブレット」や「Yotube」!と言っていてジェネレーションギャップを感じました)

*草むしり 中で遊ぶ子の声 聞きながら
(草むしりをしている時、学童で遊ぶ子たちの声が聞こえてきて、遊びたいと思いながら一生懸命草むしりをしました)

*ちびっ子の 笑顔を見たら 元気でた!
(一緒にサッカーをした男の子の顔を思い出し、嬉しい気持ちでかきました)

*「べんとうばこ」 未だに意味が わからない
(近頃の小学生の鬼ごっこは、「べんとうばこ」と叫んでやるみたいなのですがよくわからなかったから)

*保育園 子どもの元気さ 私も元気
(とてもみんな元気で驚きました。遊んでいるうちに苦手だった子どもに慣れてきて楽しかったです)

*トマトだと 思っていたら ニラだった
(トマト畑の回収だと思ったらニラだった。でも、楽しかった)

*お年寄り 手も心も 温かった
(一緒に風船でバレーボールをしたのですが、とても力強かったし、手を握ってもらった時の笑顔と手の温かさが忘れられず、地域の方々との関りを大切にしていきたいと思いました)

*おねえちゃん もう17なの まだ4さい
(4歳児にまだ4さいだよ~と汚れのない笑顔で言われたため、尚更グッときた言葉が印象的)


活動をとおしての意見・感想


*1時間だけでもボランティアさせていただくことで、感謝されたので嬉しかったです。

*施設をきれいにしてお礼を言われたら良い気持ちになりました。

*高齢者の方と近い距離で接することがなかなかないのでいい経験になりました。

*普段あまりボランティアができないので、少しでも地域の役に立てたと思うので良かったです。また、機会があればやりたいです>

*楽しくボランティア活動ができてよかった。地域のボランティアの方々のすごさがわかった。

*活動時間が思ったより短かったです。

*風船バレーをして楽しみました。おじいちゃん・おばあちゃん方の笑顔や楽しかったなどの声をきけてとても嬉しく、「まだ、ごんざえーな」と何回も言っていただけて、また楽しんでもらいたいなぁと思いました。また、機会があれば高齢者施設に来たいです。将来、こういう施設で働くのもいいなと思いました。

*ボランティア活動がきっかけで将来が決まることもあるので、たくさん参加したいと思いました。

*よかったです。またやりたいです。

*時間がもう30分ほどあればもっといい活動ができるのではないかと思いました。

*部活があり、個人で申し込むボランティアに1回も行ったことがない。いけない。もっと学校で申し込むボランティアを増やしてほしい。多くのボランティアに参加し地域に貢献できたらいいと思う。ボランティア、私は好きだ。

*ボランティアをする時間があまりないので、このような機会があってよかった。

*車いすの清掃をしてみて、人の役に立つことができて良かったと思う。「ありがとう」と言ってもらって心が温かくなりました。

*人の役に立てて、感謝されてうれしかった。

*とっても楽しかったです!。これからも積極的にボランティアを行いたいです。

*とても良い経験をさせて頂きました。ありがとうございました。

*とても有意義な時間でした。もっと時間が長いといいと思いました。

*楽しかったです。またやりたいです。


長井高校2年生のみなさん、約1時間の活動お疲れさまでした。
四ツ谷地区の清掃ではほうきが1本増えているということもありましたが、若い力のみなさんが、地域・施設のボランティア活動に来てくださったことで、周りの雰囲気もガラリと変わり新鮮で良かったと喜んで感謝されておりました。
今後とも、ボランティア活動に取り組んでいただければありがたいです。
今回は、お手伝をさせていただきありがとうございました。