HOME > 記事一覧

「退職者公務員連盟西置賜支部」様 ありがとうございました。

  • 「退職者公務員連盟西置賜支部」様 ありがとうございました。
退職者公務員連盟西置賜支部(退公連西置賜支部)様が、タオル150本を7月19日(木)長井市老人福祉センターへ福祉活動に役立てていただきたいと、3名の方が来所され贈呈式が行われました。
退職者公務員連盟西置賜支部様は、会員の方が390人ほどおられ、今年初めて「愛のタオル1本運動」に取り組まれ、最初に当センターに贈呈していただきました。

東海林和夫支部長様よりタオルを受け取る長井市社会福祉協議会 樋口会長


来所された(写真右より)
東海林和夫 支部長様
平淳子 社会貢献活動委員長様
原田榮藏 幹事、事務局長様


いただきましたタオル、有効に活用されていただきます。
ありがとうございました。

「サマーボランティアスクール2018」第2報

  • 「サマーボランティアスクール2018」第2報
遅くなりましたが、「サマーボランティアスクール2018」8月8日(水)2日目の活動を紹介します。2日目は中学生・高校生 21名の活動となります。
9時に集合いただき、午後1時45分まで昨日に引き続いて各施設で体験活動を行っていただきました。体験が終了しセンターに到着後は、体験活動でのふり返りを書いていただき、感じたこと・難しかったこと等を報告してもらいました。
続いては、「福祉体験でミッションクリア!」。4つのミッションのクリアタイムで争いました。ミッションをクリアした順に謎解きを行い、最終問題の福祉体験を早く終了した班が優勝となります。中にはハズレクジを何度も引き苦労した班もありました。
最後は、松本校長(常務理事)より修了証が渡され閉校となりました。

各施設での体験の様子

「ケアステージおれんじ」さん 
  

「市民農場福幸ファーム」さん
 

「白山保育園」さん
 

「白山保育園」さんの後に、ふれあいサロンも手伝っていただきました
 

「子育て支援センター「まざーれ」」さんと「はなぞの保育園」さん
 

「せせらぎの家」さんと「南学童」さん
 

ふり返りと報告会
 


福祉体験でミッションクリア!

①ボランティアクイズ 全問正解まで何回でも!


②おむつ交換を体験してみよう


③一人暮らし高齢者を支えるボランティアを考えよう!


④ペーパークラフトで施設へのプレゼント作成



最終問題(福祉体験)を見つけクリアしょう!

何の福祉体験を見つけたかな?それともハズレ?


車椅子体験を見つけました。その介助の仕方だと「ブブッ」だよ


最後に、松本校長(常務理事)より全員に修了証が渡されました
 


活動終了後、アンケートを書いて頂きましたので一部を紹介します。
◇小学生(贈り物つくりと弁当お届け)
*おじいさんおばあさんがとてもやさしかった。よろこんでもらえてうれしかった。
*おじいさん、おばあちゃんの家に行くと、予想以上に喜んでくれたので嬉しかったです。ペーパークラフトも作るのが楽しかったです。

◇小学生(認知症についてのお話し、声かけ、接し方体験)
*最初は「何してるんですか?」「何歳ですか?」などと聞けたけどだんだんと、でんわして警察を待っている間、なかなか話が続かなかった。
*ならったことを実さいにやるのはとてもむずかしかったです。だけど、街中にそういう人がいたら声をかけたいです。

◇中学生・高校生
(施設ボランティア体験を通して、感じたこと、難しかったこと、印象に残ったことは?)
*保育園で体験させていただき、同じ目線で話すこと、まだ話せない子の気持ちを分かることがむずかしかったです。先生は優しくてとても安心して体験することができました。別れるときに「またくるよね?」と言われ、とても切なくなりました。
*レタスの定植やじゃがいもの収穫などをやってみて、学校では体験したことのない作業をしてとても大変でしたが、達成感があり充実した体験でした。

(認知症サポータ養成講座、福祉体験ミッションクリア)
*認知症について初めて知ることがたくさんあって、理解が深まりました。認知症の方にあったら自分からできることをしたいと思った。おむつ交換やボランティアのことを考えたり、普段できないことを体験することができたので良かった。
*認知症について改めて学ぶことができた。認知症の人に声がけをする体験で、体験前に習ったポイントを意識して声がけができた。福祉体験は、班の人全員で考えてミッションをクリアすることができた。楽しく活動ができた。

(今回の体験を今後どのようにいかしたいですか?)
*小さい子や認知症のある方には、特に優しく接していきたいです。そして、困っている方がいたら助けてあげたいです。
*障がいのある人と初めて会話をしてみて、みんないい人で、これから話しできたらいいなと思いました。

◇受入れしていただいた施設様からもメッセージ(伝えたいこと)をいただきました
*今回、感じたことや今、胸に秘めていることを大切に育ててください。そして、介護の仕事でまた会いましょう。来て頂きありがとうございました。お客様も職員も輝く笑顔に癒されました。
*保育園のボランティアとして参加されるには、ある程度小さな子どもたちとの接し方にやさしい気持ちを表現していただければと思います。
*暑いなかお疲れ様でした。今後も福祉に興味を持っていただければありがたいです。

 
本当に暑い中、お疲れ様でした。受入れいただいた施設の職員・社会福祉協議会職員も楽しい時間を過ごさせていただいた事に感謝いたします。
他のボランティア活動・「サマーボランティアスクール2019」で、又お会い出来ることを楽しみにしております。
ありがとうございました。

「ケアステージおれんじ」さんでボランティア募集

  • 「ケアステージおれんじ」さんでボランティア募集
「認知症対応デイサービスケアステージおれんじ」さんで、秋まつりでのボランティアを募集しています。福祉・ボランティアに興味のある方は、是非ご連絡ください。

日時:
平成30年10月14日(日曜日)

12:00~15:00
集合時間:11:30までお願い致します。
昼食不要な方は、11:50までお願い致します。

会場:
ケアステージおれんじ 駐車場前広場
(長井市緑町12-50-1)

内容:
模擬店での販売のお手伝い

募集対象・人数:
中学生・高校生 5名程度

申込み締切:
平成30年9月28日(金)

*昼食(出店等でお出しする食べ物)・ボランティア行事用保険は、主催者で準備・加入いたします。


申込み先:
*ケアステージおれんじ 担当:小林 0238-88-5433
*長井市社会福祉協議会 担当:高橋 0238-88-3711
どちらかへお電話でお願い致します。
〈ケアステージおれんじさんはコチラをごらんください〉

「サマーボランティアスクール2018」開催されました【第1報】

  • 「サマーボランティアスクール2018」開催されました【第1報】
「サマーボランティアスクール2018」が小学生・中学生・高校生を対象に、8月7日(火)、8日(水)の両日、老人福祉センター及び中高生が希望する7施設(子ども、障がい、高齢者等)を会場に29名の方に参加いただき行われました。
次代を担う小学生・中学生・高校生が夏休み期間中ボランティア体験活動を通して、様々な人と出会い、ふれあい、交流することで、みんなが支え合い生きていることを学び、自分たちが住んでいる地域の福祉に対する理解と関心を持つきっかけをつくると共に、ボランティア活動への積極的な参加を促進することを目的に開催しております。

1日目の午前、小学生はまごころサービス長井さんのお弁当利用者さんへのペーパークラフト作成。その後、まごころサービスさんの配達の方、社会福祉協議会職員と一緒に笑顔を添えての配達。
中高生は希望する7施設に分かれての体験。
午後は全員一緒に、認知症サポーター養成講座。包括支援センターの方々に来ていただき、小中高部屋を別にしての講義受講。その後、警察の方にもご協力いただき、つつじ公園に移動しての、徘徊者声掛け訓練を行いました。

1日目の活動内容を紹介いたします。

輪になっての自己紹介(名前・最近うれしかったこと等)
 

ボランティアの心がまえ説明・各班のリーダー決め
 

小学生のペーパークラフト作成
 

ボランティアの方にも参加いただき美味しいカレー作り
 

完成したペーパークラフト(みんな上手です!!!)
 

お弁当と一緒に届けました(みなさん喜んでくださいました)
 

美味しいカレーでの昼食(2杯3杯とお代わりする方も!うまかった)
 

認知症サポーター養成講座 (小学生・中学生受講様子)
 

高校生受講様子・グループワークのための寸劇
 

寸劇を見てどうすれば良い対応方法かのグループワーク
 

徘徊者声掛け訓練
(徘徊者には、包括支援センター K田さん、長井社協 S藤さん・K関さん
に驚くほど上手に演じていただきました)
 

 

訓練のまとめと警察の方からの講評
 

徘徊者代表からの感想(家まで連れて行ってくれてありがとう)
小学生8名に松本校長(常務理事)より修了証が渡されました
 

認知症サポーター養成講座 終了された29名にオレンジリングが渡されました。

小学生は1日だけの体験活動でしたが、大変お疲れさまでした。
徘徊者声掛け訓練では、最初の声掛け役で積極的に声をかけていただきました。
今回の訓練を、いざという時に活かせてもらえればと思います。
活動をとおしての感想を書いていただいておりますが【第2報】で紹介させていただきます。

追記:中高生の方にも、福祉体験ミッションクリアでペーパークラフト作成を体験していただきましたが、もっと大きく美しいものを作成してみたいと思われた方は、長井市社会福祉協議会(88-3711)まで連絡ください。(初心者も歓迎)
もしかすると、材料・道具等無料で体験できるかもしれません。

1日目 大変お疲れ様でした。来年の参加もお待ちしております。







【西日本豪雨災害ボランティアバス】参加者募集

  • 【西日本豪雨災害ボランティアバス】参加者募集
米沢市社会福祉協議会は7月24日、西日本豪雨災害の復旧をお手伝いする
【ボランティアバス】(8/4出発)を実施することを発表しました。

【ボランティアバス】は、ボランティアに参加したいが「1人で行くには現地の状況や
宿泊先がわからない、不安もある」「移動にかかる経費などが大変」という方など
に対して、ボランティアに参加しやすいように、バスを手配して団体で参加すること
で、より多くの力を被災地に届けようという取り組みです。

今回、米沢市社会福祉協議会さんでは、米沢市を出発し岡山県内でのボランティア
活動(8/4出発、8/5.6ボランティア活動、8/7帰着)を予定されています。

山形県内の社会福祉協議会が西日本豪雨災害に関して、【ボランティアバス】を
出すのは初めてです。

是非、参加したいという方がおられましたら申込みをお願いいたします!!

なお、米沢市社会福祉協議会では【ボランティアバス】参加者を募集するとともに、
同事業の運営に関する支援金も募っています。

【ボランティアバス】の申込み、支援金の申し出は
電話:0238-24-7881
FAX:0238-24-7861
(米沢市社会福祉協議会)までお願い致します。


【西日本豪雨災害ボランティアバス】参加者募集

☆詳しくはこちら☆
 
西日本豪雨災害ボランティアバス参加者募集pdf

参加申込書pdf