レインボープラン推進協議会

レインボープラン推進協議会
ログイン

3月16日・17日に豊田地区公民館で、「野菜パウダーを使ったお菓子づくり親子体験教室」を開催しました。2日間で70人が参加し、「えだまめクレープ」と「かぼちゃクレープ」を作りました。先生は洋菓子店ブランドォレのパティシエ、小松龍侍さん。小松さんにはクレープのレシピを考案していただき、お菓子づくりが初めてのちびっ子にも、やさしく丁寧に教えていただきました。
クレープに使用した「えだまめ」と「かぼちゃ」のパウダーは、レインボー野菜を加工したもの。素材の風味や色を活かしつつ、もっと手軽にレインボー野菜を!との思いを込めて試作したものです。

飴細工も実演していただきました。やわらかい飴が、ぐにゅーっと曲がって形を変える様子に興味津々。



お母さんに手伝ってもらいながら生地を混ぜ混ぜ。結構、力が必要です。



お父さんも頑張っていますよ〜。



生地が焼けたら、飾りつけ。カスタードクリームも手作りしました!
うまくデコレーションできるかな?



かぼちゃとえだまめをトッピングして完成!





お待ちかねの試食タイム。みんな笑顔で「おいしいね」。



「一般家庭でも作りやすいように作業手順をアレンジしてお教えしました。ご家庭でも楽しんで作ってもらえればうれしいです。」と小松さん。
長井にお菓子屋さんを建てたいという子どもの頃の夢を実現させた小松さんは、参加した子どもたちにも夢を大切にしてほしいと話してくださいました。

ご参加いただいた皆さまありがとうございました!

1月24日(木)、長井市保健センターで「野菜ソムリエによる講座&野菜パウダーの試食モニタリング会」を開催しました。
講師は、野菜ソムリエの樋渡由美さん。
樋渡さんには、えだまめ・にんじん・かぼちゃ、それぞれのパウダーを使った料理を9品考案していただきました。


■カニのマスカルポーネチーズ
 えだまめ・にんじん・かぼちゃのパウダーをチーズに混ぜ込んでいます。


■えだまめのスフレ
 えだまめパウダーを生地に使用しています。


■にんじんごはん
 こちらは和風のメニュー。にんじんパウダーの色がきれいです。


■エビニラ焼売
 中華の定番、焼売も野菜パウダーを使って一味違う仕上がりに。
 えだまめパウダーを焼売の中身に使っています。


どれも創意工夫が凝らされた素晴らしいメニューです。拍手!パチパチ
野菜パウダーの風味や香りが活かされていると参加したみなさんからも大好評。

試食の後は、樋渡さんに野菜ソムリエとしての視点から、野菜パウダーの上手な使い方などをお話ししていただきました。



さすがプロ!と感じる専門的なお話し。参加者のみなさんも熱心に耳を傾けていました。
活発な意見交換も行われ、野菜パウダーの可能性を感じるとても有意義な試食会となり
ました。



11月15日、伊佐沢コミュニティ施設にて、寿限無講座「レインボー野菜de健康ごはん」を開催しました。
通算14回目となる今回は、長井市の食生活改善推進員の方々を講師にお招きして、カンタンおいしい、しかも栄養バランスばっちり、なメニューを教えていただきました。



若いママさんたちもがんばってま〜す。



できた〜!
本日のメニュー「簡単みそ揚げ」「簡単呉汁」「ねばねば丼」
どれもご家庭で短時間にできる工夫がしてあって、しかも「減塩しんなね」な、この辺の地域事情を考えて、塩分控えめでおいしい献立。さすが食改さんです!パチパチ



今回の講師のみなさん。向かって左から、影山さん、今泉さん、黒沢さん。
ほかにも食改のみなさんが、ピカリン笑顔でテキパキと。ありがとうございました。



会食の後は、サプライズで、野菜の重さ当てクイズ。当たった方はお持ち帰り、とくれば、ウオ〜っと盛り上がります。

次回の寿限無講座もどうぞお楽しみに!

10月29日〜11月4日の日程で、明治大学農学部農業経済学科地球環境資源論研究室が長井市に調査実習に訪れました。
この研究室は昨年も同時期にお越しになり、熱心に調査実習に取り組んでいかれました。
今回の来市は、彼らの後輩13名です。
長井市に,どど〜んと!! 6泊7日のご滞在。
なんでも、昨年の4泊5日では時間が足りず、観光する余裕もなかった(泣)のだとか…。



昨年同様、あらかじめ文献などでレインボープランのことを下調べして、班ごとに課題と仮説を考えていらっしゃいました。

ちなみに、今回の課題は…
 屮譽ぅ鵐棔璽廛薀麈聖妻の購入者をもっと増やすためのマーケティング」
◆屮譽戰襪旅發だ犬瓦瀛別など、長井ではなぜこんなことが可能なのか」
「なぜ認証農家は増えないのか」
ぁ屮灰鵐櫂好肇札鵐拭爾鮖箸錣困縫譽ぅ鵐棔璽廛薀鵑僚朶弔できないか」

う〜ん、実に現実的で旬なトピックスですね。いいとこ突いてますね。
先輩方から昨年の調査実習について引き継ぎを受けてきているので、一段とグレードアップ!




このゼミは、担当の先生もとても学生思いのアツい方で、ゼミ全体ノリがいいです。コンポストセンターの前で人文字作って記念撮影したり…(こちらに証拠写真がないのが残念)

朝のごみ集積所にて。ごみ出しに来た方々へインタビュー




集積所で、店頭で、街角で、学生たちのインタビューに快く応じてくださった市民のみなさん、ご協力ありがとうございました!

このような調査実習の受け入れでは、レインボープランの成果だけでなく、レインボープランは決してパーフェクトじゃない、様々な問題点や課題を抱えながら悪戦苦闘し続けているのだ、ということも知ってもらうようにしています。

今回も、街中での調査に重点が置かれ、レインボープランに参加しない農家、「レインボープランなんかダメだ」という方々のお話も聞かせてもらいました。


調査した結果を班ごとにまとめて発表。



受け入れした農家や団体、レインボープラン推進協議会関係者、そして明治大学OB会の皆さんも出席。



短期間にまとめたとは思えないほど立派な発表で、内容や提案も改めて「なるほど」と考えさせられる点がたくさんありました。
岡ゼミのみなさんお疲れ様でした。そして貴重な調査をありがとうございました!!

↓学生さんの感想(一部)です!

心も体もほっこり♪ 
長井に滞在していると何だか安心感があった。自分を見直す機会にもなった。」

長井は人が生き生きとしている
安心感がある。将来のために土を守ったり、木を植えるなど、物事を長い目で見る力があると感じる。」

「自分はもともと人と話すことが得意ではないが、長井では、まちなかでインタビューのために市民に話しかけたとき、見知らぬ相手にもかかわらず受け答えがあたたかくて、話をすることが楽しかった。」

長井の人たちは長井に愛着を持っている と感じ、自分も地域に愛着の持てる生き方をしたいと思った。」

「長井はあたたかくて居心地がよかった。また訪れたい。

長井での食事は、循環の話や生産者の人たちのことを思いうかべながら食べると、一層おいしく楽しくなった。
実習中に1回コンビニ弁当を食べたときがあったが、同じように想像しながら食べるとおいしくなかった。食べることだけでなく、いろいろな場面で、想像力を働かせてつながりを感じる生き方をしたいと思った。」

秋晴れの空のように明るく礼儀正しく、若者らしいひたむきさにあふれた学生さんたちでした。
お迎えした私たちのほうが、元気をもらって10歳ぐらい若返った感じ♪(あくまで「感じ」です、ええ。)
来年は彼らの後輩が来てくれるかな〜?


寿限無(じゅげむ)講座の参加者を募集しています!

「レインボー野菜 de 健康ごはん」

毎回好評のシリーズ企画、寿限無(じゅげむ)講座。
通算14回目となる今回は、食生活改善推進員の方を講師にお迎えして、元気な体を作り地産地消にもつながる食事のヒントを学びます。
メニューは、簡単呉汁、ネバネバ丼、簡単みそ揚 で〜す。

ご家庭でも手軽にできて、子どもからお年寄りまでおいしく食べられそうなお料理ばかりです。ぜひご参加ください♪

講 師: 食生活改善推進員
日 時:11月15日(日)
   午前10:00〜12:30(受付9:30〜)     
場 所:伊佐沢コミュニティ施設 
内 容:講話と調理(簡単呉汁、ネバネバ丼、簡単みそ揚)
参加費:500円
持ち物:エプロン、三角布、筆記用具
定 員:20名
申込期限:11月6日(金)先着順
申込・問合せ:レインボープラン推進協議会事務局
       0238-88-2601

2009年 市民向けレインボープラン見学会を実施します

長井市民(在学者・在勤者もOK)の皆さんを対象に、レインボープラン視察会を開催します(参加無料)。お気軽にご参加ください。

【日 時】
。横娃娃糠11月20日(金) 午後1:30〜3:30
■横娃娃糠11月26日(木) 午後1:30〜3:30

【場 所】
致芳地区公民館とコンポストセンター

【内 容】
レインボープランの説明と質疑応答、コンポストセンターの見学、認証圃場の見学(希望者のみ)

※参加希望の方は、連絡先を明記のうえ、メール・FAX・電話で11月13日までにお申し込みください。移動手段がない方はお申込時にご相談ください。

お申込み:お問合せ
レインボープラン推進協議会事務局 TEL&FAX:88-2601