レインボープラン推進協議会

レインボープラン推進協議会
ログイン

 1.「循環」

  レインボープランには二つの循環が回っています。
  ひとつは「土から生まれたものを土に戻す」という循環であり、
  もうひとつは「まちとむらをつなぐ人の輪の循環」です。
  この二つの循環によって市民が主人公の、台所と農業をつなぐ、
  食と健康の地域づくりが可能となります。

 2.「ともに」

  生命資源の前ではすべての人々は平等です。
  すべての市民は職業の違いを越え、同じ地域の生活者として
  互いに協力しあいながら循環社会をつくることが求められます。
  レインボープランを進める場合においても、住民が議論し、
  市役所がそれを決定するというのではなく、「住民自治」と
  「参加」を何よりも大切にし、「ともに」運営されていかなければ
  なりません。循環型社会とは、住民の高い自治意識とそれに
  支えられた参加・参画によって組み立てられていく社会であります。

 3.「土は生命(いのち)のみなもと」

  田畑を生ごみの捨て場にするのか、土といのちを大切にする
  循環型社会の創造の場にするのか。
  この両者を分かつものは、ひとえに「土は生命のみなもと」を
  事業の理念とすることができるか否かにあります。