自己表現と表現手段

  • 自己表現と表現手段
(仕事ではなく)純粋な自己表現という事を考えた時に、

自分が惹かれるテーマは何か?
自分に向いている表現手法は何か?
を考えたりする事は時たまあって、

自分の場合は、「対比」とか「調和」とか「バランス」とか
そういう事に関心が向くケースが多いのかなーと自己分析をしています。

生と死、人口と自然、論語と算盤、まあ何でもいいですが、
何と何が対比していて、どういうバランスだと調和を感じるか
という事には昔から興味が尽きなくて、

それは多分、美しいものが好きだというよりは、
偏ったものが気持ち悪いという、ある種の性分のような気もします。

それは良いとして問題なのは、
例えばそれを表現したいと思った時に、
音楽なのか文章なのか絵画なのか写真なのか
映像なのか俳句なのか漫画なのか踊りなのか
論文なのかそれとも今は無い何かなのか、というのは常にあって、

やっぱり人それぞれ、才能や得手不得手がある中で、
それが確固として在る人はこれからの時代にアドバンテージがすこぶる高いと思うので、

子供たちには、出来たら何か持たせてあげられたらいいなー
なんて思ったりします。

ということで、「学校をつくろう~Episode01」の黒板が完成しました。
(Episode02も鋭意企画中です。)

詳細についてはこちらに随時アップして参ります。

学校をつくろう
https://preview.studio.design/live/RQqJ7xBag0/
2019.12.11:NAO:コメント(0):[メモ・雑感]

森を彷徨う黒獅子

  • 森を彷徨う黒獅子
撮る人を撮るシリーズ。

森の中を彷徨う黒獅子の幻想的なカット。(になる予定)

朝靄立ち込める極寒の朝、10人以上もの地元の獅子舞衆が集まり、撮影に協力してくれました。

寒さでつま先の感覚が無くなりながらも、
笑ってこんな突飛な事に乗っかってくれる、
そんなお人好しな人々が暮らす町です。

愛してます。
2019.12.01:NAO:コメント(0):[メモ・雑感]

パシフィック・アイランダーズ

  • パシフィック・アイランダーズ
ラグビーはあんまり詳しくないですが。

「Pacific Islanders(パシフィック・アイランダーズ)」という
素敵すぎる言葉と最近出会いました。

直訳したら「チーム太平洋に浮かぶ島国の人々」みたいなことだろうか?

個人的には単なるラグビー用語にするには勿体ないほど、
世界の中の自分たちを捉える上で、
とても可能性を含んだ言葉であるように感じました。

俺たちはみんな、パシフィック・アイランダーズ。

島国根性全開で、世界と繋がって行こう。
2019.11.27:NAO:コメント(0):[メモ・雑感]

おらんだラジオ5周年祭

  • おらんだラジオ5周年祭
こんな田舎町で音楽フェスをやっても、
きっとこの箱は埋まらないだろう。

という大方の予想を裏切って、
おらんだラジオ5周年祭は、
耳の肥えた音楽ファンと
愛のあるラジオファンによって
終始見事に埋まりました。

盛り上がる会場を見て、
思わずうるっと来てしまったのは、
歳をとったせいだけではないと思います。たぶん。

会場にお越し頂いた沢山の方々、
ご支援くださった地元企業の皆さま、
運営を手伝ってくださった協力企業&店舗の皆さま、
そして会場を沸かせてくれた出演アーティストの皆さま、
誠にありがとうございました。

それから、不安やプレッシャーと闘いながら
精一杯準備をしたラジオスタッフ
およびパーソナリティの皆さん、
本当にご苦労さまでした。(感動しました)

今夜はみんな、よい夢を。
2019.11.24:NAO:コメント(0):[メモ・雑感]

校友会雑誌

  • 校友会雑誌
母校の100周年の記念誌を作っています。

75年前の高校生が書いた文章は、
美しく、大人びていて、
まるで純文学小説のようでした。

資料室で思わず読みふけり、
今日は全くと言っていいほど進んでいません。
2019.11.20:NAO:コメント(0):[読みログ]
今日 52件
昨日 55件
合計 602,850件