ピーバップ

  • ピーバップ
オーストラリアの放浪時代、
たまたま泊まったバッパーの安宿に、
ビーバップが全巻置いてあった。

異国の地で再会した、
まさかのジャパニーズ・オールド・ヤンキー・カルチャーに、
「何でやねん」とツッコミながらも、
思わず丸2日かけて読破してしまった。

誰が仕掛けたトラップかは知らんが、
粋な奴もいたもんだと、
嬉しくなったのを覚えている。

誰かの旅は、自分の旅に繋がっていて、
自分の旅は、誰かの旅に繋がっている。かも知れない。

なるべく粋なやつを仕込んで死にたい。
2021.10.04:NAO:[メモ・雑感]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 3件
昨日 105件
合計 781,593件