HOME > ★活動レポート!★

~「平野地区地域づくり計画」福祉部さんとのコラボ企画をさせていただきました!~

  • ~「平野地区地域づくり計画」福祉部さんとのコラボ企画をさせていただきました!~
とき) 12月12日       ところ)  平野地区公民館                         

●平野地区公民館さんで、
社協劇団による認知症寸劇を実施!!


●平野地区地域づくり計画の
福祉部の企画とコラボさせていただきました。
平野地区の約30名の方の参加をいただき、
認知症について寸劇を交えて楽しく、わかりやすく、
知ることができる取組みをさせていただきました。




●地域づくり計画は、現在、
市内各小学校区単位で
策定が進められている計画で、自分たちの地域を
自分達でより良くしていこう!という計画です。
平野地区さんは他地区に先駆けて、
昨年度計画を完成され
今年度から活動をすすめられています。



●社協としても、「地域福祉の推進を
目的とする」という社協の
活動理念に基づいて、地域づくり計画の
取組み(特にその中の福祉部門の取組み)と
協働させていただきたいと考えています。
より地域の方々といっしょになった福祉の
取組みをすすめるためにも、
ぜひ積極的に地域づくり計画との連携を
させていただければと考えています!








※キーワード・・・「地域づくり計画」って何?
 「地域づくり計画」とは、長井市で策定した
「第5次総合計画」の中にも
実施することが明記されている、
小学校区ごとに地域づくりの
計画をたてて、地域づくりを
すすめていこう!というもの。

国の地方創生の考え方にもリンクして、
少子高齢化社会の中で、
地域でできることは地域でしていこう!という考え方に
もとづいています。

産業や防犯、教育、福祉など様々な分野について
計画し実行していくものです。
現在、長井市内各小学校区
(地区公民館さんなどが中心になってます)で計画作りを
すすめられています。

平野地区さんは他地区に先駆けて
H26年度に計画が完成。
H27年度から計画を推進されています。



みなさんも、お住まいの地域で
計画づくりに関するワークショップや
座談会などありましたらぜひ参加ください!


2016.03.31:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]

長井市ジュニアリーダーさんが、福祉教室を体験しました!




2/20(土)長井市ジュニアリーダーの
小中学生のみなさん8名、
長井市子ども会育成会連絡協議会
11名の方々の
参加により、福祉教室を
開催させていただきました!


当初は、除雪ボランティア活動への
ご協力をお申し出いただいていましたが、
雪が少ない状況により、福祉教室として、
「点字体験教室」と「車いす体験教室」を実施。
点字体験では、点字の読み方を学んだあと、
実際に点字で自分の名前を打って、
オリジナルの点字入り名刺を作成!


車いす体験では、車いすでの介助や
実際に車いすに乗って自走(自分で操作)を
体験してもらいました。段差やスロープも体験。
みなさん、真剣にそして楽しく取り組んでもらいました!
「はじめてー」「むずかしい・・」
「困っている人がいたらお手伝いしたい!」
「優しい声がけなら自分でもできるかな」
などなどいろいろな感想が聞こえてきました。






障がいは特別なことではない、
“みんなのささえあい”で住みよい
まちづくりすすめることの大切さを伝えられたら・・・・。


周りの人のさりげないお手伝い、
ちょっとした協力があれば、
段差などのバリアもバリアではなくなることを
体験を通じて感じてもらえるようにしていきたいと思います!
2016.03.08:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]

◆今年度もまとまります!!  IN座談会◆

  • ◆今年度もまとまります!!  IN座談会◆
◆地域での緩やかな連携を図ることを目的に 
   『まとまるといいごどある座談会』 を開催しました◆


 とき)H27年 5月28日   場所) 老人福祉センター

参加を呼び掛けた方々は、市内において市民対象の事業を行ったり、
まちづくり活動を行っているボランティア、NPO,市民活動団体や
地区公民館、行政主管課等、分野も様々です。                     
H27年度初めての開催となり、9名の参加で8月後半から
2か月ぐらいの事業予定をもとに情報提供や
情報交換を行われました。


毎年秋にはさまざまなイベントが目白押しとなりますが、
それぞれが取り組んでいるイベントの紹介や、避難者支援に
関わる方からは福島県内の実情などを
お聞きすることができました。


社協からは9月19日のふれあい福祉まつりに参加いただいて、
それぞれの取り組みの周知を図ってはどうかという提案を
させていただきました。



今後も2か月に1回程度開催しながら、新たな取り組みに
結び付けるようないいごどが生み出せればと
考えています。

2015.04.13:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]