HOME > ★活動レポート!★

避難者支援 桜名所巡り交流会

  • 避難者支援 桜名所巡り交流会
  東日本大震災により避難されている方への支援を行う相談員が、平成23年度から県内各地に配置されています。長井市社会福祉協議会では、東日本大震災により長井市へ避難されている方へ訪問活動などを通して、
長井での支援を行なっています。
(訪問は了承してくださった世帯におじゃましています。)
 
 支援活動の一環として毎月1回交流会を行っています。4月は参加者7名で桜巡り交流会を行いました。
 
 4月19日(火)、不安定な天気が続き心配していましたが、当日は晴れて交流会にはぴったりの天気でした。
 スタートは平成28年4月に開通したばかりのしらかわ大橋を渡り、米沢から流れてくる松川と飯豊から流れてくる白川の合流地点になっている最上川ビューポイントへ行きました。
川が近くにあるためか、道路沿いに植えられたソメイヨシノがちょうど見頃でした。

 みなさん初めて来たとのことで、「こんな場所があったんだ。」と驚かれており、
写真を撮ったり近くを散策したりして過ごしました。
残雪が残る山が見え、目の前には白川が流れその景色を見て清々しい気持ちになりました。

 その後、最上川堤防千本桜を車窓から眺め、あやめ公園野川堤防へ向かいました。
堤防沿いを谷地橋までゆっくりと歩き、参加者の方同士楽しく話をしながら桜や周りの景色を見てきました。
次に樹齢1200年、草岡の大明神桜と古代の丘・中里堤を回りました。
大明神桜では「避難してきて初めて見た桜がここだった。」と懐かしそうに話してくださった方もいました。 

 お昼は「縄文そばの館」で天ざるをいただきました。
初めての方もいて「おいしい。」と食べてもらいうれしかったです。
この付近の桜は、八重桜で木はまだ若いですがピンク色が濃く今が8分咲きの見頃で、
「きれい。」と皆で歓声をあげました。
 
 今回の交流会には、避難元に帰られた方にも参加していただきとてもありがたいことでした。


草岡大明神人桜                  最上川ビューポイント(松川と白川の合流地点) 
2016.05.17:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]

平野地区健康福祉部さんと共同企画研修会を実施させていただきました!

  • 平野地区健康福祉部さんと共同企画研修会を実施させていただきました!
H28.4.28(木) 19:00~ 平野地区公民館

「ご存じですか?地域福祉活動  身近なささえあい活動ですすめる 住みよい地域づくり」研修会(タイトルが長くてスイマセン・・・)を実施させていただきました!

平野地区さんで進められている「平野地区地域づくり計画」の中で活動されている「健康福祉部」さんと共同で企画させていただき、上記研修会を開催しました。

当日は、地区長会のみなさま、民生委員、健康福祉部、地区公民館のみなさま約20名のご参加をいただきました。ありがとうございました!

社会福祉協議会から、「地域での福祉活動」について、DVDや市内の活動事例、社協で実施している「ささえあい事業」のご紹介をさせていただき、後半は、参加いただいたみなさんで「身近な地域でできそうな福祉活動」を考える簡単なワークショップを実施。
せせらぎの家の”パン”も食べていただきながらざっくばらんな話し合いをしていただきました♪

参加いただいたみなさまからは「集まりの場が大切」「小さいエリアからはじめればいいのでは?」「まず何かやってみたいな・・・」など多くの意見が出されました!

社会福祉協議会では、地域での福祉活動(隣近所のちょっとしたささえあいや福祉のネットワーク)が広がっていくように活動していきたいと思っています!
平野地区さんの地域福祉活動が平野地区のみなさまご参加ご協力大変ありがとうございました!これからもよろしくお願いします!
2016.04.29:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]

若者支援の実態について学びました

  • 若者支援の実態について学びました
~生活相談窓口研修会を開催しました~
  とき) 3月22日    ところ)  生涯学習プラザ


第2次地域福祉活動計画において、
新たな課題としてひきこもりの方々への


支援の検討を挙げています。
社協として地域の中にひきこもりと
いわれる方々がどの位存在するのか、
またどんな支援があって、どんなきっかけで
社会に戻られるのかなど
研究が必要と考えています。


今年度より受託している
生活困窮者自立支援事業を始めとして、
社協で実施している相談事業をまとめた
相談窓口主催で市内の関係機関、
各相談員さんを対象に研修会を開催しました。


講師には米沢市でフリースクールや
若者支援を行っている
NPO法人With優の白石代表に
おいでいただきました。


      
 
 
もともと法人のねらいとして地域づくりも揚げられてることから、
地域に駄菓子屋を開いたり、就労準備の方が
地域のお年寄り宅のお手伝いをする便利屋さんを行っていたりと
感心する活動をされていることを
知ることができました。


28年度は長井市に支所を
出される予定とのことでしたので、
連携していただきながら、
活動ができればと感じました。

             
2016.04.06:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]

長井青年会議所さんの研修におじゃましました!

  • 長井青年会議所さんの研修におじゃましました!

~繋がりを大切~繋がりを大切に、 日々連携~ 
 

とき) 3月17日  ところ) 市民文化会館   
                                                                                                                      

長井青年会議所さんの3月例会
「みんなで防災対応力向上例会」に、
社協関係から長井より2名、
白鷹より1名参加してまいりました。

災害時の連絡体制の重要性がポイントとなり、
連絡体制の整備と社会福祉協議会との連携、
JCメンバーさんの一人ひとりが
知識・判断・行動をつなげて考える、
考え方を学ぶことを目的に行われました。
 
長井社協からは、荒井係長が
「災害VCについて」を、
災害VCマニュアルの重要な個所を抜粋し
説明させていただきました。
     
  
 アイスブレーク・防災伝言ゲームでは
全員が参加し3グループに分かれ、
災害が発生した時の最小限の連絡を
伝言するものでしたが、
3グループ共、正確には伝わりませんでした。

 どこかで事実と異なることが伝わり,
それが世間に広がって
「デマ」に代わってしまうんだろう等の
感想も出されました。

社協での災害VC連絡会でも参考に
させてもらいたいと思います。
今回、参加させていただいた事で
JCさんとの繋がりが
今まで以上になればと思います。
2016.04.06:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]

第二次地域福祉活動計画「ふりかえりの会」開催

  • 第二次地域福祉活動計画「ふりかえりの会」開催
~たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました~ 

 とき) 3月17日  ところ)  老人福祉センター 
                                                           
  第2次地域福祉活動計画を策定し
1年が経過しました。
この計画は地域の多くの方々に
参加いただき完成しましたが、

進捗と「~第2次長井市地域福祉活動
計画1年目ふりかえりの会
~ながいのふくしもりあげカフェ」の
ご案内をいたしました。
 



約50名の方々に
お集まりいただき、
ワークショップ形式で
ご意見を頂戴しました。

        
    
 
一年目ということもあり、
実感として福祉が進んだかは
感じられないといった
感想の方が多く出されましたが、

一年ぶりに地域の福祉について熱心に
話し合いをしていただき、
社協の取り組むべき方向性のアイディアも
たくさんいただくことができました。


 
年度末の忙しい時期に
足を運んでいただいたり、
欠席の方もご意見をいただいたり
改めてありがたく、
また身の引き締まる思いで
推進二年目に臨みたいと感じました。

2016.04.06:n-shakyo:コメント(0):[★活動レポート!★]