交通ルール守って長生きさんなねなぁ

  • 交通ルール守って長生きさんなねなぁ
令和2年11月6日(金)長井市民文化会館を会場に開催された、「令和2年度 高齢者長生き交通安全実践教室」に長井市老人クラブ連合会から、コロナ禍で人数制限がある中、単位クラブ会長・交通安全推進員8名が参加し、交通事故防止対策等を学んできました。


長井地区交通安全協会長 小松 要一 様 あいさつ


令和2年10月末までは、長井署管内では発生件数・負傷者も減少しいい傾向が続いている。日の暮れが早くなるので薄暗くなる時間帯はできるだけ外出をひかえ、外出する時は、反射材の着用をお願いしたい。今回の実践教室の内容を地域に帰っても共有してもらいたい等のあいさつがありました。


◎交通講話「高齢者の交通事故防止対策について」
長井警察署交通課 佐藤係長様から交通事故の発生状況について詳しく説明いただきました。
*怪我が軽症化している。スピードをだしていない・ルールが守られているのが要因に。
*事故は、追突・出会いがしらが多く、車と二輪車(自転車含む)の事故が多くなってきている。自転車は1軒当たり1.53台を所有している。
*7月から条例が制定され、保険加入が義務化へ。山形県は加入率21.9%で全国ワースト2位。頭部の怪我が60%を占めるので、義務ではないがヘルメットを着用してほしい。等の講話がありました。


◎交通安全講習(新型危険予知シミュレーター体験」
交通課 髙山主任・小野田係員から新型の道路横断体験装置を活用した講習をしていただきました。3台のモニターに映し出された映像を見て、足踏みをすれば前に進み、横から出てくる車があれば足踏みをやめれば停止するなどして、横断歩道をうまく渡る体験でした。視線の動きもわかり優れものでしたが、なかなかうまく渡れず周辺を良く見ることの大切さを知りました。
 

*横断時は、ドライバーの目を見て合図することで停止する車が増えるそうです。
横断時の「ありがとう運動」も取り組んでいます。

VR(Virtual,Reality:作られた仮想空間によって、現実のような体験ができる技術)体験もしました。



※夕暮れ時は、早めの点灯で他車や歩行者・自転車に自車の存在を知らせましょう。
※横断歩道は、歩行者優先です。信号機のない横断歩道は特に注意が必要です。
 交通ルールを守り、交通事故にあわない、起こさないように心掛けましょう。



長井市社会福祉協議会職員採用試験(保育士)を実施します。

一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
受付期間、試験日は次のとおりです。
  〇受付期間
   令和2年11月16日(月曜日)~12月8日(火曜日)
  〇試験日
   令和2年12月13日(日曜日)
一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一
受験資格や試験内容などは試験要項でご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染状況により、試験日程を変更する場合があります。
 その場合は当会ホームページでお知らせ及び受験申込者に対し、個別に
 お知らせします。

1・試験要項の入手方法について

(1)ホームページからダウンロードする場合

  このページの下部にある「関連ファイルのダウンロード」から入手してください。

(2)郵送で請求する場合

  120円切手を貼付した返信用封筒(角型2号)を同封し長井市社会福祉協議会宛に
  請求してください。
  【請求先】 993-0011 山形県長井市館町北6-19 
              長井市社会福祉協議会 職員採用担当

(3)直接長井市社会福祉協議会で受け取る場合

  長井市社会福祉協議会で交付します。
 

2・申込方法について
  指定の申込書に必要事項を記入し、所定の欄に写真を貼って
  長井市社会福祉協議会事務局に提出してください。
  (郵送で申込みの場合は、84円切手を貼付した返信用封筒を同封し、
   令和2年12月8日必着。)


関連ファイルのダウンロード
「職員採用試験要項」【PDF】
「職員採用試験受験申込書」【PDF】

市老ク連女性委員会「山形新聞 読み方講座」開催

  • 市老ク連女性委員会「山形新聞 読み方講座」開催
11月5日(木)長井市民文化会館を会場に、市老ク連女性委員会会員33名が「新聞の読み方」を山形新聞社様から学びました。DVDで新聞ができるまでを見て1時間に最大15万部印刷できる速さにビックリし、紙面の構成、見出しの字の大きさの違い、8文字から10文字で目に留まるような見出しをつけるなど、普段は何気なく読んでいる記事もいろいろな工夫がされていること知りました。パワーポイントを使った講座では、過去の市老ク連の記事の紹介や、最近頻繁に記事にでる熊の取材に行った時の話なども聞け、とても楽しい講座になりました。
新聞を読む児童生徒は、読まない人と比較すると正答率が高いそうです。高齢者にとってはお茶のみ話の話題にもなるので、毎日読みたい等の感想も出されました。

あいさつする影山女性委員長(写真左)と市老ク連五十嵐会長(写真右)
 

講師をしていただいた山形新聞社長井支社編集部五十嵐主任様・法人営業部菅野副部長様(写真左)と真剣に聞き入る女性委員会会員
  

受講し質問・感想を述べる会員(写真左)と閉会のあいさつをする青木女性副委員長
 

「新聞の読み方講座」は、一度は7月9日に開催を計画し参加人数把握まで終了したのですが、コロナ禍の中で開催を検討した結果中止と判断し、女性委員会会員の「是非聞いてみたい」との意見があったため再度日程調整し開催いたしました。
山形新聞社様には、パワーポイントで説明した内容と同じ資料を全員に配布いただき、とても分かりやすい講座になったことに感謝申し上げます。
参加いただいた会員の皆様には、もう一度資料に目を通していただき、簡単に・分かりやすい見方で読んでいただければと思います。
講師をつとめていただきました山形新聞社様、参加された会員のみなさんお疲れさまでした。ありがとうございました。


 

「長井市災害ボランティアセンター(災害VC)設置運営訓練」を行いました

  • 「長井市災害ボランティアセンター(災害VC)設置運営訓練」を行いました
10月25日(日)長井市総合防災訓練が伊佐沢小学校周辺を会場に行われ、長井市地域づくり推進課様・長井市社会福祉協議会では「災害VC設置運営訓練」を行いました。
最近、頻繁に発生する自然災害に備え、災害VCについての知識を深め、円滑な設置・運営に向けた体制づくりを推進するために例年訓練を行っております。
今年度はコロナ禍の中で人数制限をしての訓練になりましたが、長井市社協職員・地域づくり推進課様のほか災害VCメンバーの長井青年会議所様、ボランティアコーディネーター様をはじめ17名の方に参加いただきました。運営側は受付班、ニーズ班、マッチング班、資機材班とボランティア側に役割分担を行い実施しました。


災害VC長(金田事務局長)あいさつ(写真左)と訓練内容・日程説明(写真右)
 

受付班(ボランティアの受付。申込書記入・確認を行いボランティア保険に未加入の方がおられれば加入手続きを行います)
ボランティア申込みは、団体は原則事前申込みとし個人は当日申込みも大丈夫という設定で行いました。
 

マッチング班(ニーズとボランティアのマッチングを行います。活動での注意点等をボランティアに説明し、活動終了後は、終了か継続か確認し次の日のマッチングに反映します)
ニーズが7件上がっており、4団体のボランティア38名、個人3名のマッチングをする訓練を行いました
 

資機材班(活動依頼書兼報告書に記載されている必要な資機材を準備します)
マッチング班から活動の内容・資機材数等の説明を受けた後(写真左)、資機材班に移動し必要な資機材を受取ります(写真右)
  

活動のふり返り
各担当班から良かった点・改善が必要な点を出し合いました
 
  
受付班からは、
*事前申込みいただいた団体はスムーズに受付を完了できたが、個人での当日申込みには時間がかかってしまった。
*ボランティアさんの人数変更があった時に、マッチング班への報告が遅れた等 

マッチング班からは、
*ボランティア人数変更時の、資機材班への連絡がスムーズにできた
*ボランティアさんへの説明にもれがあった。配布する一覧表があればいいと思った等

資機材班からは、
*受け渡しがスムーズにできた
*在庫チェックに時間がかかった等

ボランティア役からは、
*団体受付がスムーズだった
*活動内容の説明もわかりやすかった
*待機所での時間が長かった
*運営側とボランティア役の区別をしたほうがいい等

全体を通しての感想は、
  
*マニュアル通りに行くものではない。都度、見直しが必要である
*担当者のスキルアップが必要である。定期的に訓練を行ってほしい等
が上げられました。

災害VC設置運営訓練に参加された皆様、大変お疲れさまでした。
今回の訓練で出された改善点を見直しし、より良い体制づくりをしていきたいと思いますので、今後ともご協力・ご指導宜しくお願いいたします。
ありがとうございました








長井市老ク連 「女性委員会役員館外研修」

  • 長井市老ク連 「女性委員会役員館外研修」
10月22日(木)長井市老ク連「女性委員会役員」が午前9時につつじ公園駐車所を出発し、蔵王方面へ館外研修に行ってきました。役員の交流を通して親睦を深め、県内の歴史や文化に触れ見聞を広めることを目的に例年開催しております。今年度は8名が参加し、蔵王高湯 歴史と文化の美術館「わらべの里」、蔵王ジャンプ台、楢下宿丹野こんにゃくを巡ってまいりました。


蔵王高湯 歴史と文化の美術館「わらべの里」
5棟の建物からなり、1棟々・展示物として後世に残したい、伝統ある家屋や土蔵を復元したものです。
各展示館は明治天皇行在所など、歴史・文化・芸術的に価値ある建築物です。
代々伝えられた天皇家からの贈り物や、江戸時代の各藩主が訪れた時に使われた道中用具や湯治具などが数多く現存していました。

案内役は「わらべの里 佐藤さん」がしてくださいました。千両箱をたがって重さにビックリ
  

蔵王ジャンプ台
「あんがえに急などご滑ってきて飛ぶなあぜ。たまげんなねな!」など、ジャンプ台に驚きの声が上がりました
 

楢下宿丹野こんにゃく
別腹で、こんにゃくソフトクリーム(黒豆こんにゃくトッピング)を購入
 

帰りのバスに乗車する前に全員でハイポーズ、素晴らしい美術館も見学でき買い物もでき大満足の館外研修でした
 

館外研修お疲れさまでした。