HOME > 大東住宅/社長ブログ

ダンプネス(高湿度環境)の弊害を理解する

まだ梅雨入りは少々先ですが、人の健康においても建物の耐久性においても重要なポイントとなる湿気の話をしたいと思います。

ダンプネスという言葉は、あまり馴染みがないと思いますが、健康との関連性が強いということで、最近大分聞くようになりました。

ダンプネスは、1990年代頃から、欧米でよく議論されるようになった問題で、室内の高湿度環境のことを指す言葉です。

ダンプビルとかダンプハウスという表現をする方もおりますが、要は湿っぽくてジメジメしている状態の建物ということになります。

日本には梅雨があり、私たちは、昔から湿気に対して、ある程度の順応性はあるものの、梅雨から夏の時期は、体調を崩す方も多いと思います。

温暖化により、年々暑さも厳しくなり、もう少しすると熱中症のニュースが連日のように流れますが、熱中症は、家の中で発症するケースが一番多く、これは、暑さばかりでなく湿気の影響が非常に大きいのです。

湿度が75%~80%を越えるようになると、体感温度がぐっと上がり、クールビズで推奨する28℃では、体感的には、ゆうに30℃を超えてしまうので注意が必要です。

また、微生物や雑菌の活動も、活発になり、カビも発生し、カビを餌にするダニも一気に繁殖してしまいます。

こうしたカビやダニが、人の健康や建物の耐久性にも大きな影響を与えるのですが、特に、生きてるダニよりも、ダニの死骸やフンは、アレルギーの一番の原因になるので、出来るだけこの時期の繁殖を抑え、日々の清掃を心掛けることが重要です。

また、室温や湿度が高くなることで、室内の建材や家具・カーテンや電化製品などに含まている化学物質や内装材やソファーなどの布製品に染み付いた臭い成分なども、揮発されやすくなるということも理解しなければなりません。

そして、汗もまた常在菌によって分解されたり、酸化による化学反応によって、汚染物質を発生させており、人は、呼吸や汗によって、1時間に起きてる場合は、約100グラム・寝ている間でも50グラムの水蒸気を発しています。

こうして、この時期の室内の空気は、知らず知らずのうちに、様々な汚染物質で蔓延されてしまい、家の中に入るとむっと感じる家が多いのです。

昨今のシックハウスは、カビや細菌といった微生物が由来する揮発性有機化合物「MVOC」によっても引き起こされ、喘息やアトピーなどのアレルギーの発症率も高まることが、明らかになってきています。

そして、昨今急増する夏型肺炎の原因も、その多くは、トリコスポロンという色の目立たないカビの真菌により発生していることがわかってきました。

しかし、病を発症しても、様々な要因が重なり、原因の特定は困難なことから、薬によって症状を抑えることしか出来ないのが現状で、医療ジプシーやドクターショッピングと呼ばれるように、病院を何か所も変える患者が多いのも、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギーという病なのです。

薬剤は、基本的に症状を抑えるためのものであり、一時的に症状が治まって薬をやめると、さらに大きなリバウンドとなってしまい、さらに強い薬が必要となり、副作用によって別の病を発症するケースも少なくありません。

結局、もとの原因と思われる要因を一つ一つ取り去ることが、重要で、住環境や生活スタイルを見直し、室内の空気質そのものを、改善しなければ、なかなか完治することは難しいのではないでしょうか。

昔は、夏になると家中の窓をあけていましたが、今では家にいてもおちおち窓も開けられない時代です。そして、中途半端に気密性が高まり、生活スタイルの変化や換気不足もあって、ダンプネス住宅は、戸建て・マンションとも、非常に増加しています。

ダンプネスをもたらす原因としてあげられるのが

〇 室内外の温度差による結露(冬と夏の壁体内結露も含む)
〇 石油ファンヒーターや過度な冷暖房
〇 換気不足や清掃の悪さ
〇 大量の洗濯物の室内干し
〇 加湿器や観葉植物

その他にも、水はけが悪かったり、風通しが悪い立地や、雨漏り・配管などの漏水などが挙げられますが、家の性能と暮らし方を変えるだけで、ダンプネスの状態は、ほとんど解消することか可能です。

問題なのは、家の中の湿度が高くなりすぎると、家の中は、汚染物質の揮発とカビ臭で、消臭剤や芳香剤・防虫剤や殺虫剤を多用したり、汗を抑えるための制汗剤や香水・洗濯物の乾きも悪くなり、雑菌が繁殖し生渇きの嫌な臭いを抑えるために、必要以上の合成洗剤や柔軟剤を使うようになってしまうのです。

最近、香害が社会問題になりつつありますが、こうした日用品によっても、化学物質過敏症と思われる患者が、急増し、医療費の増加にもつながっているのです。

さらに、湿気や結露によって、木材の腐朽菌やシロアリの蟻害を誘発してしまい、家そのものの耐久性も著しく低下してしまうという認識も必要です。

つまり、家のダンプネスは、負の連鎖による様々な悪循環を引き起こしてしまうのです。

冬の乾燥時期には、インフルエンザの予防や肌荒れ・喉の乾燥を防ぐための加湿対策が、とかく叫ばれますが、20℃の室内で湿度60%にすると、露点温度は12.3℃となり、普通の家では窓のみならず家のあちこちで結露が発生します。

ダンプネスがもたらす健康被害や環境破壊・建物の劣化も含めた経済的損失は、遥かに大きいのです。

家の中を湿らせない・床下や壁の中・小屋裏を湿らせないということが、住む人と建物の健康をいつまでも守るのです。

気密と断熱性能を高め、過度な冷暖房を控えつつ、家の中の温度差をなくし、換気や除湿を心がけ、冬期間でも40%前後・夏場でも60%前後に湿度をコントロールすることで、湿気や結露によるダンプネスはほぼ解消するということをご理解いただきたいと思います。

弊社では、ソーラーサーキットの家づくりを通して、空気のバリアフリーを目指し、でストレスフリーの暮らしと人と建物の健康を守り、環境にもやさしい未来基準の家づくりに取り組んでいます。

隙間と家の通気の良し悪しは別物です。

私達の暮らしは、冷暖房があたり前になって、核家族が進み、生活スタイルも一変しました。

日中も不在がちとなり、いつしか換気も疎かになってしまい、加湿や家干し・局所暖房(ファンヒーター等水蒸気の発生する暖房機)によって、益々結露が発生しやすくなり、一年の大半が、高湿度の状態に置かれているのです。

昔の様に隙間の大きな家に住み、寒ければ寒いなりの、暑ければ暑いなりの生活をおくり、ある程度換気さえ心がければ、結露などの問題は起きませんが、現実的には到底無理な話です。

今、求められているのは、現代の暮らしに合わせた家のつくりであり、ユーザー自身も、これまでの暮らし方を変えて、それぞれ工夫や改善が必要なのです。

工夫や改善というと難しそうですが、家の中の空気を綺麗な状態に保つための換気を励行し、家の中の湿度と温度のバリアをなくすように、開放的な暮らしを心がければいいだけです。

そして、大事なのがこうした室内環境にするためのエネルギーを最小限に抑える断熱性能と気密性能の高い家にしなければならないのです。

光熱費の負担が大きいと、人間誰もが節約意識がはたらくものです。

負担を抑えるために、戸を閉め切ってしまい、使う時だけ、いる部屋だけ暖める従来と変わらぬ局所暖房や間欠暖房になってしまい、不快な温度差ばかりか湿気や結露は解消しないのです。

多くの人が、勘違いしているのが、通気と家の隙間がもたらす漏気で、似て非なるものですが、多くの人が混同しているのです。

今でも、通気という概念は、建築関係の方にも一般のユーザーにも、根強く残っており、気密はそこそこでいいとか中気密で十分といった話を真顔でいう方も多く、高気密という言葉に拒否反応を持たれている方は少なくありません。

気密が良すぎると、息苦しく感じるとか、結露しやすくなるとか、シックハウスになりますよというようなことを言う営業マンのいるハウスメーカーは、検討先から、真っ先に外した方が賢明です。

弊社が、床下に換気口を設けたり、小屋裏に排気ファンを設けるのは、木材が腐らないように構造内の空気を循環させるためで、こうした働きを壁体内の「通気」と言います。

※ もちろん、冬は、寒くなるので、ダンパーやファンはオフにして、暖かい空気を躯体内に循環させ、暖気の伝達を図り、構造体に蓄熱効果をもたらすことで、外断熱特有の輻射熱効果が発揮されるのです。

この輻射熱効果によって、20℃前後の室温でも十分な体感温度となり、省エネにもなり、エアコンへの負荷をかけずに済むので、風量や運転音も過乾燥も気にならなくなるというわけです。

基礎に設けたダンパーを解放させ、躯体内に外気を導入し、通気させるのは春から秋の期間となります。

もちろん、湿度の高い梅雨から夏の時期は、外からの湿気の侵入を避けるために閉鎖が基本で、操作が面倒という方には、外気温を感知して自動で開閉できるSCナビも用意しています。

そして、気候の穏やかで気持ちのいい時は、積極的に窓開け換気を行うのは非常にいいことです。

しかし、窓開け換気に適した日数や時間帯は非常に少ないのが、寒暖の差が大きく、高雨多湿という日本の気候です。

花粉や排気ガスなどのPM2.5に注意が必要な時期や風が強い時・湿度の高い時・雨の日は、もちろんですが、不在時や就寝時には、定期的な窓開けは不向きです。

弊社では、高性能な熱交換タイプの第1種換気システムを標準採用しており、窓開けをしなくても、常時、空気を入れ替えし、室内に空気の流れをつくっていただけます。

つまり、新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気や生活で生じる湿気を常時外へ排出することが、通風であり換気なのです。

そして、家の隙間によって、足元をスースーさせるのが、隙間風ですが、これは、暖められた空気が煙突現象によって、室内の上部へ上昇し、天井や小屋裏の隙間から漏れた分の空気を、建物の床下や壁から、引っ張り込んでしまう現象です。

これは、暖房によって室内外の温度差の大きくなる冬期間に起きる現象です。

つまり、隙間風は隙間から、熱と共に漏れる室内の空気「漏気」によってもたらされるのです。

そして、家の隙間は、冬ばかりでなく、梅雨時や暑い夏には、逆の現象をもたらすからとても厄介です。

熱も高い所から低い所へ移動しますが、水蒸気(湿気)も多い所から少ない所へ移動します。

つまり、エアコンで冷やせば冷やすほど、除湿すればするほど、家の方が温度が低くなり、水蒸気の量が少なくなるので、外の熱や湿気が、壁の中や小屋裏・床下の隙間から、室内に逆流(侵入)してしまうのです。

私たちが、長年外断熱による高気密・高断熱の家づくりに取り組んでいる一番の目的は、隙間によって生じる、家の中(壁体内)と外との、熱や湿気の移動を、建物の外側で遮断することにあります。

そして、適切な換気を機能させるためにも、外の空気を取り入れる給気と汚れた空気を排気するという、空気の入り口と出口を明確にした計画換気が必要で、家の中に意図しない余計な隙間があると、計画どうりに換気の機能を果たさなくなるのです。

これは、ストローにつまようじで穴を開けると、ジュースなどが上手く吸い込めなくなったり、掃除機のホースが壊れるとターボにしても吸い込みが悪くなるのと同じ理屈です。

そして、家の隙間がもたらす漏気による隙間換気は、隙間の大きさと室内外の温度差や風の強弱によって、大きく変わります。

隙間が大きければ大きいほど、家を暖かくすればするほど、外が寒ければ寒いほど、その量は増加し、風が強ければさらにその量は倍化します。

そして、外と室内や部屋間の温度差が大きくなることで、隙間換気が生まれるのであって、熱帯夜の日に窓を開けて寝ていても空気の流れが感じにくいように、温度差のない時期は、いくら隙間があっても漏気による空気の動きは、風が強くなければほとんど働かなくなるのです。

隙間による漏気は、冬には隙間風がどんどん入り込み、せっかく暖房で温めた空気を外に逃してしまい、省エネ性や快適性に悪影響を及ぼし、春から秋には空気が動かずいくら隙間があっても、空気は換気されずに汚れてしまい、湿度も高くなっていくのです。

「高気密は息苦しい」というイメージを持ち、気密を疎かにしている住宅が多い中、冬は隙間による漏気によって、足元が冷える住宅が多く、梅雨や夏場は、逆に換気不足となり、臭いや湿気で悩まされる住宅が非常に多いのです。

要するに、いくら断熱材を厚くしても、気密が悪ければ、計算値通りの性能を発揮することはなく、省エネで温度差のない、快適で健康な暮らしを実現するのは難しいのです。

そして、このような家で、家全体を冷暖房しようとすると、多額の光熱費がかかるために、結局はいるところだけ・使う部屋だけ暖める局所的な冷暖房を強いられてしまい、家の中はもちろん、壁の中や床下・天井裏では、結露が発生し、カビやダニも繁殖し、木材も腐り、建物の耐久性が損なわれ、空気の汚れと温度差によって、人の健康まで脅かしてしまうのです。

つまり、いくらデザインや設備にお金をかけて新築しても、これまでの家と暮らしのミスマッチによる負の連鎖は、いつまでも解消されないのです。

それどころか、中途半端に断熱化が進んだ現代の住宅の中で、湿気や結露による住宅の劣化のスピードは、速まる危険性すらあり、住宅ローンの払い終える前に、その価値を失ってしまう可能性も十分あり得るということをリアルに考えた家づくりを進めていただきたいのです。

快適で健康な暮らしを送るためには、温度差のない・きれいな空気の中で暮らすことが何より重要ですが、こうした暮らしを少ないエネルギーで叶えるためには、気密と断熱が両輪であり、家を長持ちさせるには、構造体内部の通気性も重要なのです。

こうしたある意味相反する性能を合わせ持っているのが、外断熱と二重通気の技術を組み合わせて誕生したソーラーサーキットの家だということをご理解いただきたいと思います。

また歯磨き粉を発見

家族の健康を考えて、パックスの石けん歯磨きを用意しているのですが、何度もこういうのは使わない方がいいよと言っていた歯磨きが、また棚の中に入ってました。

爺ちゃんから、味がしなくて泡立ちが悪くて磨いた気がしないと言われ婆ちゃんが、買ってきたようです。

よく、歯磨きは飲むわけでないので大丈夫という方もおりますが、口の粘膜も舌も、腕と比べて、10倍から20倍もの量を経皮吸収してしまうので、体外に排出できずに蓄積されてしまうので、逆に飲んでしまうより、影響が大きいとも言えるのです。

舌がんなどの口腔内のガンは、長年、タバコやアルコールが原因とされてきましたが、禁煙率がこれだけ下がっても増加しているのは、日々の飲食による添加物の影響に加え、歯磨きの影響も少なからずあるのではないのでしょうか。

家庭から、排出される化学物質で断トツで一番多いのが、合成洗剤や歯磨き・化粧品などに含まれる合成界面活性です。

合成界面活性剤は下水処理場では分解しきれずに、川や海へ流され汚すばかりか自然の生態系まで狂わせてしまいます。

昨今、マイクロプラスチックが、塩や魚にも残留していると大分騒がれていますが、こうした日用品に含まれる化学物質も自ずと取り込んでおり、その魚介類を私たちは食べているという理解も必要で、嘘か誠か?ですが、洗剤臭いしじみもあるというような話もよく聞きます。

合成界面活性剤は、基本的に石油から作られており、人間の肌や粘膜のたんぱく質と結合してしまう性質があり、ゆすいでも洗ってもなかなか落ちずに残留し、皮膚から吸収されアレルギーの発症や悪化なども招いてしまいます。

かつらや植毛・育毛剤の売り上げは、年々増加していますが、髪の毛が薄くなるのも合成のシャンプーやリンスの刺激性や毛穴につまる影響も大きいと言われています。

そして、歯磨きの場合は、健康や環境ばかりでなく、味覚においても重要です。

よく、歯磨き後に食事をすると不味く感じる場合があると思います。

ミカンやリンゴなどは皆さんよく経験しているのではないでしょうか。

味覚を大事にする一流のシェフやソムリエの方々の多くが使用するのは、石けん歯磨きを利用しているようですが、石けんは口に残らないのです。

ちなみに、甘味料として多くの歯磨きに入っているサッカリンnaは、発がん性ありとみなされ、現在食品では使用禁止になっております。

その他にも合成着色料や香料・ポリマーや保存剤など実に多くの化学物質が含まれております。

確かに石けん素材の商品で、無香料のタイプは、香りに感化されたしまった方は、逆に生臭いような感じがして、使いづらいのもわかりますが、慣れてしまうと人口の香りこそ不快になり、使用できなくなります。

たかが歯磨きですが、されど歯磨きで、一日3回使うとすれば、1年で1,000回・30年で3万回です。直ちにどうこうなるものではありませんが、多くの病は、日々の蓄積によって進行していくものです。

人の生活習慣を変えるのはなかなか難しいのですが、特に、選択権のない小さなお子さんには使用を控えていただきたいと思います。

我が家の爺さんには、今度、一般に多く流通している歯磨きで、メダカが死んじゃう動画を見せたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=s6cpvd53ENw

これでもダメなら諦めるしかないですね(笑)

※ 石けんと合成洗剤の違いや石けん製品の上手な使い方を簡単にまとめた小冊子を
  モデルハウスで差し上げていますので、是非ご覧になってみてください。

除草剤に2200億円の賠償評決

日本でシェアNO1のラウンドアップ除草剤に、またもや多額の賠償判決が下ったようです。

去年の8月から、これで3件目の評決となりますが、アメリカだけで、同様の訴訟が、千件単位で起きているようです。

雑草の根が一瞬で枯れるCMをよく見ますが、未だに国内ではホームセンターやドラッグストア・JAでも堂々と販売されています。

世界では、使用禁止や厳しい規制が相次いでいますが、日本では何ら規制されていないのが現状で、安全だという言葉を鵜呑みにして使用しているユーザーが大半です。

ミツバチの激減問題や神経毒として人にも影響するのでは?と、危険視している科学者や医師は、数多くいらっしゃいます。

使用する本人はもちろん、周辺の住民の健康や環境にも悪影響を及ぼしますので、安易な使用は、控えていただければ幸いです。

モンサント除草剤でがんに、加州陪審が2200億円の補償命じる

宮城県初 元気なシニア向けのシェアハウス

  • 宮城県初 元気なシニア向けのシェアハウス
七ヶ浜にオープンする介護施設の造成が終わり、基礎工事が始まりました。

この介護施設は、1階部分がディサービスと短期宿泊となっており、2階はまだお元気で自立可能な高齢者の方々が、共同で生活出来るシニア向けのシェアハウスとなっています。

施設を運営する㈱笑楽さんの介護は、文字通り、笑って楽しくをモットーに一人一人に寄り添った介護で、地元でも評判の施設です。

私も、時折お邪魔しますが、利用者の皆さんが和気あいあいの雰囲気の中で、歌や体操・手芸や将棋などいつも楽しそうにしており、出来ることは自分でしようということで、お昼ごはんも、利用者の皆さんも参加して手作りで準備しています。

私が、いただくお茶なども、〇〇さん~、二枚目のお客さんにお茶お願いします~。と言って女性の利用者の方から出していただくのです。

介護の必要な高齢者にとってももちろんですが、今回の施設は、まだお元気な高齢者の方のQOL(生活の質)を高め、認知症の予防はもちろん、IADL(手段的日常生活動作)やADL(日常生活動作)の低下を防ぐためにも、体や頭を使うことと、人との関わりや触れ合いが大事だという、㈱笑楽の千葉社長様の介護への想いが詰まったシェアハウスです。

こうした施設は、 全国的にも非常に少なく、おそらく宮城県初のシェアハウスとなります。

まだまだ元気だけど一人暮らしは、ちょっと心配というような方には、ピッタリかと思います。

超高齢化社会を迎え、高齢者の一人暮らしも増加しており、孤独死も3万件以上となっている中、こうした施設が増えることは非常に意義が大きいと思います。

そして、施設もさることながら、社会全体が高齢者に寄り添い、みんなで見守っていくという世の中にしなければなりません。

巷に乱立するサ高住(サービス付き高齢者住宅)と比較しても、とても割安な料金だと思いますので、ご興味のある方は、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。