HOME > 大東住宅/社長ブログ

窓開け換気の良し悪しを図るには?

  • 窓開け換気の良し悪しを図るには?
色々な方から、梅雨時期の窓開け換気をするタイミングの質問を受けます。

外の空気を取り入れた場合に、室内の温湿度がどう変化するのかを判断するしかないのですが、体感で判断するのも、外と室内の温湿度をチェックするのもなかなか難しいものです。

私が、いつも紹介しているのが、アメダスのサイトです。

仙台の気温湿度 from アメダス

サイトには、それぞれの知域のリアルタイムの温湿度が表示されますが、その空気を23℃の室内に置き換えた場合の湿度が表示されます。

画像は、日曜日の12時現在の仙台の気温と湿度ですが、20.6℃で72%となっています。

そして、下に室内が23℃の推定値が表示されていますが、62%になっています。

つまり、室内が23℃であれば窓を全開して換気すれば62%の湿度になるということです。

ちなみに、この場合、若干、風が強くて微妙ではありますが、湿度はそう高くありませんので、窓開け換気してもさほど問題はないと思います。

そして、室内の湿度は、室温1℃につき、約5%上下に変動することを頭に入れておいてください。

室内が、24℃の場合は、57%に下がり、逆に22℃であれば67%に上がり、長時間あけっぱにしていると外気の温度と湿度に近づいていきます。

つまり、水蒸気は温度によって、含むことのできる量が変わるということで、私たちがよく使う相対湿度は、温度によって変動します。

湿度には、空気1立米中のその温度に含まれる水蒸気の量の割合を%で示す相対湿度と、水蒸気量そのものをグラムで表す絶対湿度があります。

右のグラフにある黒い線が絶対湿度という空気中に含まれる水蒸気量となりますが、画像では、約11グラム位になっています。

※ 右側の目盛りに10と表示してありますが、10空気1立米中に含まれる水蒸気の量で、10グラムのラインです。

そして、外と室内の水蒸気量は、一定になろうとする力が働き、水蒸気の多い所から少ない所へ常に移動しており、同じ水蒸気量になると動きは止まるのです。

話はそれますが、水蒸気の粒子は10万分の2ミリと、とても小さく目に見えません。

しかし、冬は室内から外側へ、夏は外から室内へと、ちょっとした隙間はもちろん、断熱材も石膏ボードをすり抜け、壁の中を行き来しており、これが壁体内の内部結露の危険性を高め、室内の高湿度の原因ともなります。

それゆえに、高気密・高断熱住宅では、隙間を防湿フィルムなどで、隙間をふさぎ、湿気の出入りを抑える防湿・気密工事が必須なのですが、気密工事の重要性を理解し、実践している住宅会社は、ごく僅かなのです。

その為に、弊社では、断熱も気密も構造の外側にして、熱や空気・水蒸気の出入りをより確実に、抑えているということをご理解いただきたいと思います。

尚、この推定値は、除湿や室内で発生する水蒸気は、考慮していない目安となります。今後の推移もある程度分かりますので、換気や物干し・除湿などのタイミングを図るには、何気に便利ですのでご活用下さい。

※ もう少し暑くなったら、下にある28℃の場合のボタンで切り替えると真夏でも的確な判断が出来るようになります。

仙台の気温湿度 from アメダス

西日の侵入を抑えるサングッド

  • 西日の侵入を抑えるサングッド
夏の日射の遮蔽は、内側より外側で遮る方が、断然高いということは、昨日もお伝えした通りです。

弊社の建物は、遮熱型ダブルLOW-Eタイプのトリプルガラス(空気層にはアルゴンガス)の樹脂サッシを標準採用しており、紫外線は95%カットし、夏の日射熱の取得率も通常のペアガラスの62%も軽減しています。

それでも、夏の日射は強烈で、カーテンを閉めるのを忘れて、日中不在にしたりすると、西側に面した部屋などは、外気温以上に上昇してしまう場合が出てきます。

普通の家に比べれば、さほど暑くはならないのですが、室内の温度が上昇すれば、壁面の表面温度も上がり、窓を開けたり、エアコンを急につけたりするなど、折角の外断熱の家のメリットが薄れてしまいます。

遮蔽スクリーンをつけると、トリプルガラスとスクリーンの相乗効果で、日射熱の侵入を最大で、92%軽減することで、窓内側の表面温度も、室内温度とほとんど変わることはありません。

操作も実に簡単で、フックにかけるだけですので、日射を出来るだけ避けたい時期だけ活用し、あとは収納しておけばいいので、耐久性も非常に高いと思います。


<左が収納した状態です>

部屋の暗さが気になるところですが、ほとんど気にならず、外の景色もしっかり見ることが出来ます。





<ビフォー>


<アフター>

太陽の光は、積極的に取り入れたいものですが、夏場のぎらぎらと照りつける日射だけは、出来るだけ避けたいものです。

よく、西側の面したリビングに、大きな窓があるマンションを購入した方は、強烈な西日の影響で引っ越したいという方もいるほどです。

価格もリーズナブルで、普通の高窓程度であれば30,000程度で設置可能です。

1階の窓などは、よしずやスダレでも対応可能ですが、2階の西側に面した寝室には、設置が難しく、スクリーンは、最適かと思います。

大東オーナーの皆様、そしてこれから家づくりを検討している方も、是非効果をご確認いただければと思います。

※ 縦すべりや横すべりの窓は、上げ下げの操作が困難で、基本は引き違いの窓への設置となります。また後付けの場合も足場が必要な場合もございますのでご了承ください。

どの会社も教えない ηA( イータエー)値

普通のお客様はほとんど知らないと思いますが、ηA( イータエー)値という冷房期に建物にどれくらい熱が入ってくるかを表す数値があります。

これまでは、μ(ミュー)値という値でしたが、改正省エネ基準では、ηA( イータエー)値に変更になりました。

μ(ミュー)値もηA( イータエー)値も、その意味合いは同じで、冷房を必要とする時期に、どれだけ室内に日射熱が入ってくるかを測る指標となりますので、少ないほうが暑くなりにくく、冷房の負荷も小さくなります。

日射熱の侵入は、壁や屋根の断熱に加え、開口部の設計(ガラス種類、方位毎の配置、大きさ、庇等の日射遮蔽物の有無) によって、数値は大きく変わります。

宮城県の場合は、4地域で、さほど日射の影響が大きくないとされ、省エネ基準では、ηAの規定がありませんが、消費エネルギーの計算をする場合は、このηA( イータエー)値もカウントしなければなりません。

ηA値は、一般のユーザーの皆さんは、あまり詳しく勉強をする必要のない数値ではありますが、ご自身の住いの数値がどの位のηA( イータエー)値かは、夏の日射の影響による室温の上昇や冷房負荷を把握するために、知っておいて損はないと思います。



ご覧の通り、5地区の関東では3.0以下という基準が設けられていますので、宮城でも、この数値が大まかな基準となります。

ちなみに、弊社の標準仕様では、外断熱の遮熱効果に加え、樹脂ダブルLOW-Eのトリプルガラス(空気層にはアルゴンガス)を採用することで、概ね1.4前後の数値で、関東基準の2倍以上の性能値になっており、単純に夏の冷房負荷も基準の半分以下に抑えられる計算になりますが、ソーラーサーキットの場合の二重通気やSC-SV換気の普通モードによる建物を冷ます効果は、計算上加味しておりませんので、さらにその効果は高まります。

現在の家づくりでは、冬期間の熱損失や日射の取得を抑えるために、窓を小さくしたり、少なくするのが、一般的で、昨今の新築ではこうした家が多く見られます。

作り手側にすれば、窓を小さくすることは、熱の侵入や冬の熱損失量の計算が有利になるので、数値を良くみせつつもコストダウンにつながる手法の一つでもあります。

弊社では、基本性能の高さから、こうした小手先とも言える方法をとらず、窓は大きくても、冬も夏も省エネで快適な住まいが実現します。

ただ注意したいのが、夏季における窓からの日射熱の侵入です。

いくら高性能な窓を採用しても、夏の日射をまともに受けると、室内に熱が侵入します。

特に、西側の日が当たる窓には注意が必要で、留守にする場合などは、ブラインドやカーテンを忘れずにお願いしたいと思います。

また、以外に思われるかも知れませんが、朝日も西日も日射熱の強さはほとんど変わりません。気温の違いで西日の方が強く感じるだけですので、朝日のたくさん当たる東側の窓も、日射の侵入も出来るだけ避けた方がベストです。朝のカーテンを開ける時間を多少ずらしていただくと室内の温度上昇が軽減されます。

南面は、太陽の高度が高いので、それほど気にすることはありませんが、地面の輻射熱は微妙に影響するということだけは、頭に入れておいてください。

そして、日射熱は窓の内側で遮るよりも、外で遮る方が断然効果を発揮します。

すだれなども有効ですが、最近では窓の外側につけるお洒落なシェードなども、数多くありますので、西側に寝室を設ける場合などには、ご検討いただきたいと思います。

明日は、サングッドという外付けのシェードの話を紹介したいと思いますので、ご興味のある方はご覧いただければと思います。

「外断熱が家族を守る」を是非どうぞ!

  • 「外断熱が家族を守る」を是非どうぞ!
先日、お客様のお宅へ伺ったら、本が2冊テーブルの上にありました。

左に置かれた「いい家が欲しい」は、20年近く前に出版されこれまで何度も改訂、増刷を重ね、今もなお、売れ続ける異例のロングセラー本です。

私も、読ませていただき勉強させていただいた本ですが、お客様曰く、社長の本の方が中身が濃いねとお褒めの言葉を頂戴しました。

拙著「外断熱が家族を守る」は、出版して3年になりますが、2020年の省エネ基準義務化を視野に入れて書いた本です。

タイトルにもあるように、外断熱の有利性を説明してはいますが、内断熱を全否定している訳ではなく、現代の家づくりに潜んでいる問題点や季節やライフスタイルの変化に応じた暮らし方など、どなたがどこで建てられても、必要となる家づくりの重要なポイントなどを紹介させていただいています。

ユーザーの皆様にとって、少々難しい内容も含まれており、楽しい本ではありませんが、知っているのと知らないで建てるのでは、家づくりの成否がまるで違ってくることだけは間違いありません。

一生に一度の家造りです。日本の住宅の歴史や隠された真実を知らずに家づくりの成功はありません。

価格やデザイン・間取りを検討する前に、あるいはモデルハウスに行く前に、是非読んでいただければ間違いのない家づくりが進められると確信しています。

ご希望の方には、新築計画のあるなしにかかわらず、無料にて進呈させていただいており、他社メーカーですでに家を建てた方や友人に読ませたいという方でもOKです。

また、オイルショック以降続く、矛盾した家づくりを変えていくのは、私達、家の造り手に課せられた責務であり、建築に携わる全ての方々の正しい知識に基づいた意識改革が必要です。

同業者の方にも読んでいただきたいと思いますのでどうぞお気軽にお申し付け下さい。

本の請求はこちらからどうぞ

肌寒い時も少し暑い時も室内の温湿度は一定

梅雨寒の日が続くと、普通は室温も下がり、夏用の布団では寒さを感じたりして、衣服や布団の調整が必要だったり、逆にちょっと暑くなるとエアコンをつけたり、窓を開けたりするのが、この時期の普通の家です。

よく、弊社のオーナー様から大東さんの家は、暑い時は涼しくて、寒い時は暖かく感じる不思議な家ですね。と言われますが、これこそが断熱性と通気性を両立させた外断熱の家の特徴でもあります。

今週は、暑くなったり、肌寒かったりと気温の変化が大きく、19℃~29℃まで10℃位の変動がありましたが、モデルハウスの室温は、ほとんど変わりませんでした。

もちろんエアコンはまだ稼動しておらず、リフレアの弱運転という自然室温となります。

ちなみに、我が家の10年前のソーラーサーキットでも、断熱仕様は現在よりも、1ランク下ですが、24℃~26℃・湿度は60%前後で推移しており十分快適ではありますが、家で、アプリで確認すると、今の進化したソーラーサーキットの家に、少々焼きもちのような感情が芽生えてしまいます(笑)