根っこがはえない家

空気が綺麗で、冬も夏も温度差がなく快適に過ごせますというと、「家があまり快適だと、子ども達が、病弱なもやしっ子になるのでは~?」という方が結構いらっしゃいます。

多分、日本には四季があって、寒ければ寒いなりの、暑ければ暑いなりの生活をしないと、逆に抵抗力がなくなるのではということだと思うのですが。

外に出て、散歩やハイキングに行きたくなる季節は?と尋ねれば、ほとんどの方は春や秋と答えるでしょう。

綺麗な空気の中で、冬暖かく、夏爽やかな家にするということは、家の中を常に穏やかな気候に近い状態にしましょうということで、こうした環境の中で暮らすことで、とても活動的になって、風邪もひきにくくなり、学校を休まなくなったとか、病院にいくこともホントに少なくなります。

先日も、お客様から、こたつもヒーターもなくなって、子どものお尻に根っこがはえなくなって、何をするのにも、なかなか動かずにいたのが、嘘のようにすぐ動くようになって本当に良かった。

朝も、何回も騒いでやっと起きてきたのが、1回で起きる様になり、、ストレスも大分減りましたという話をお聞きしました。

そして、ダンナさまも、新聞を取りに行ったり、ゴミ出しや雪かきなど、面倒がらずに動いてくれるようになったようで、これも、暖かい家の目に見えないメリットですねということでした。

もちろん、奥様ご本人も、朝の炊事や洗濯などの家事が、辛くなくなり、逆に楽しいとさえ感じるとのことでした。

快適な家に暮らすということは、家の寒さや暑さからくるストレスから解放され、お子さんに限らずご家族の皆さんがとても明るく意欲的な生活が送れます。

そして、免疫力を高める為に有効とされる基礎体温も上がることで、逆に抵抗力がつき、丈夫で健康な体をつくるということをご理解いただきたいと思います。

鶴巣小学校で外断熱の講義

  • 鶴巣小学校で外断熱の講義
昨日、卒業を間近に控えた大和町立鶴巣小の6年生の皆さんに、 「自分たちの未来について考えよう」というテーマにて、お話をさせていただく機会を頂戴いたしました。

大東住宅や大東環境の仕事の内容や目的と私達の果たすべき役割や使命などの話に加え、これから人として大きく成長する為にどういう事が大事かという事について、話をさせていただきました。

その中で、外断熱についても紹介させていただき、家の空気環境と温熱環境が、人の健康や建物の耐久性に大きく影響するということも伝えることが出来ました。



一番驚いていたのが、家の中に潜むダニの話ですが、今日から布団で寝れないなんていう子どももいて、ちょっと刺激が強かったかな~と後から反省した次第です。



生徒の皆さんは、熱心にメモをとりながら、私のつたない話に、真剣に耳を傾けていました。

子ども達の元気と熱い眼差しに、逆にこちらが勇気をもらい多くの事を学ばせていただきました。

鶴巣小6年生の皆さん、ご卒業、誠におめでとうございます。

明るい未来に向かって大きく羽ばたいてもらいたいと思います。

半田校長先生、栗山教頭先生、大変お世話になりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。




ナイチンゲールに学ぶ③

41P 「燻蒸剤」より

空気を浄化するために燻蒸剤や消毒薬に頼ることは、絶対にやめよう。臭いではなく、もとの不潔物を除かなければならないのである。

ある有名な医師はある日、こんな話で講演を始めた。皆さん、燻蒸剤はすこぶる重要であります。それは不快な臭いを発散して、皆さんに窓を開けさせるからです。

消毒薬の発明にあたっては、必ず不快な臭いを添加して、使ったなら窓を開けざるをえないようにしていただきたいと思う。

そうすれば、それも有益な発明となるだろう。

※ ナイチンゲールは150年以上も前から、空気を浄化するために、薬には頼らないと説いていますが、私達が、日常的に使われている消臭剤や芳香剤・防虫剤や柔軟剤・抗菌や殺菌剤はどうでしょう。不快な臭いどころか、わざわざ人工的につくられた香料によって、いい香りに見せかけて、換気を阻害しているとは思いませんか。その結果、喘息やアトピー・化学物質過敏症という新たなシックハウスやアレルギーが増加しているという認識も必要なのです。

多分業界初!二酸化炭素濃度計を標準装備

  • 多分業界初!二酸化炭素濃度計を標準装備
室内の空気環境は、非常に重要ですが、空気は、目に見えないだけに、汚れはなかなかわからないものです。

弊社の建物には、熱交換式の第一種換気システムが標準装備されており、高い気密性能によって、概ね2時間に一回の割合で、キチンと換気されているはずですが、点検やアフターサービスで、お客様のお宅へ訪問すると換気フィルターなどの掃除を忘れ、正常に換気が働いていないケースも正直ございます。

室内の空気中には、ハウスダストをはじめ細菌やウイルス・建材や家具・カーテンやおもちゃ・雑誌や印刷物など、様々な物から、VOC(揮発性有機化合物)が揮発されております。

加えて、日々使用している合成洗剤や制汗剤・柔軟剤や防虫剤などに含まれる化学物質や人間の呼吸によっても、二酸化炭素などを排出しており、外の新鮮な空気に比べるとその何十倍も汚れているという認識が必要です。

健康な暮らしのためには、常に換気をして、きれいな空気の状態に保つことが非常に大事です。

モデルハウスには、二酸化炭素濃度系を設置しておりますが、測定器を置いているのは、単にCO2の濃度を表示しているだけではなく、換気が正しく機能しているかどうかの目安にしているのです。

人の出入りによって、大分変動しますが、概ね450PPM~800PPM位で、お客様がいなくなると500位にすぐ下がるので、ちゃんと換気されているのがわかるのです。

外気の二酸炭素濃度は、400PPM前後ですが、室内の二酸化炭素濃度は、800PPM 以下であれは問題のないレベルで、ビル管理法で1000PPM、学校などでは1500PPM以内というのが、指針値となっています。

CO2濃度は、1500PPMを超えると、眠気を催し、集中力を妨げたりするなどの影響を及ぼし、5000PPMを超えると頭痛やめまいが生じると言われており、労働衛生上の基準では、8時間労働の場合、5000PPMが許容基準になっています。

ダイニングなど、人が集まる時は、一時的に1000PPMを超える場合もありますが、常時800PPM以内であれば、空気中のハウスダストやVOC濃度も安全レベルに保たれている大まかな目安にもなります。

これまでも、お客様には空気の守り役として、濃度計をお薦めしておりましたが、新年度より、全てのお客様に装備することにいたしました。

リビングやダイニング・寝室や子ども部屋などに、設置していただき、ご自宅の空気の汚れや換気が正常に機能しているかが、ご自身の目でご確認いただけますのでご活用いただれば幸いです。

もし、リビングやダイニングが、朝になっても1000PPMを超えているような場合は、フィルターのつまりか、換気の不具合などが考えられますのでご連絡いただければと思います。

室内空気の重要性について、もっと詳しく知りたい方は過去記事をご覧ください。

換気のクレームが急増

ニオイの元を絶つのが大事

空気の中身に目をむけましょう

ナイチンゲール「看護覚え書」に学ぶ





内断熱でも外断熱でも大事なポイントは同じ

「外断熱が家族を守る」の書籍でも、紹介しておりますが、様々な問題を抱える内断熱ではありますが、いい内断熱も当然あります。一方で、単に外断熱が売りやすいということで、安易に取り組むと、内断熱以上の悪影響を及ぼす外断熱も当然あるのです。

つまり、どちらの断熱であっても、基本となるのは、断熱・気密・換気・冷暖房の性能であり、この4つの性能のバランスがしっかりとれているかということです。

この国の悪しき習慣や住宅関連業界の様々な思惑もあって、大手ハウスメーカーを筆頭に内断熱が主流の住宅業界では、その強固な既得権益によって、外断熱の急速な普及は正直いって困難です。

もちろん、正しい外断熱がシェアを伸ばしていくことこそが、日本の家づくりには必要不可欠だと、常々考えておりますが、私達がいくら声高に叫ぼうとも、オイルショック以降、長年続く断熱の考え方は、そうそう簡単には転換出来ないのは、周知の事実です。

気密・断熱・換気・冷暖房といった重要なポイントさえ、満たした家造りであれば、内断熱てあっても、レベルの差はあるものの、現在、発生している様々な問題は、大分解消するということは、断言できます。

私は、様々な団体の職にもついており、一般の消費者からも多くの相談を受けます。

〇暖かく・涼しいと言ってたのに寒くて暑い

〇すきま風に悩まされる

〇部屋間の温度差が10℃以上もある

〇換気の音がうるさい

〇換気をつけると寒い

〇換気をつけても臭いがこもる

〇省エネと言われたが、光熱費が高い

〇結露がひどい

〇カビに悩まされる

〇子どものアトピーやアレルギーがひどくなった

〇喘息や鼻炎がひどくなった

ご相談の多くは、家の寒さや暑さ・換気や結露・アレルギーやシックハウスなどの問題が大半です。そして、これらの問題のほとんどが、気密や断熱・換気が起因しており、建てた後では、なかなか改善出来ない問題ばかりです。

しかし、いくら問題か深刻だったにしても、結果的に、瑕疵とか欠陥にはならないのが、悲しいかなこの国の制度で、結局はユーザーの自己責任となってしまい泣き寝入りとなってしまうのです。

私は、地元に生かされている住宅会社の代表として、出来るだけこのような悲劇を生まない様にしなければとの想いから、このブログも投稿を続けている次第でございます。

また、生意気なようで恐縮ではございますが、業者はもたろんのこと、ユーザー自身も、この4つのポイントがなぜ重要なのか理解し、正しい暮らし方とご家庭にあった工夫することも非常に大事なのです。

ご相談いただく中にも、間違った暮らし方によって問題が発生しているケースも少なからずあり、いつも話している通り、家だけ建てて省エネで快適で健康に暮らせるわけではなく、いつまでも地震にも強く、長持ちする住宅にはなりません。

家を建てるにあたって求めるのは、

価格?広さ?間取り?デザイン?インテリア?自然素材?豪華な設備でしょうか?

もちろん、これら一つ一つの要素も大切ではありますが、一番大事なのは、生活にストレスを感じない快適な住み心地であり、家族が健康に暮らせる家の環境ではないでしょうか。

家族の健康こそが、幸せの源であり、それを叶えるのが、空気・湿度・温度のバリアのない住宅なのです。

家中が、綺麗な空気に満たされて、温度差のない住まいは、心身ともにリラックスし、自律神経のバランスがとれ、おのずと免疫力が高まり、家族の健康を守ってくれます。

しかし、知らないまま・知らされないままに家を建てると、一番重要なポイントが一番疎かにされてしまうのが、住宅なのです。

何も難しいことはありません。騙されたと思って

「外断熱が家族を守る」を一度じっくりお読みになっていただきたいと思います。

そして、疑問に思ったことは、何なりとご連絡いただければ、どちらで建てようとも対応させていただきます。