体感温度が違う外断熱の家

昨日も、若干触れましたが体感温度についてご説明させていただきます。

人が暑い、寒いと感じるのは、温度が大きく影響しますが、体で感じる体感温度は、風や湿度によって大きく変わるのは、皆さんもよくご存知かと思います。

風があれば、涼しく感じたり寒く感じ、体感温度も低くなり、湿度は高ければ暑く感じ、低ければ寒く感じるものです。

そして、意外と知られていないのですが、体感温度に影響されるものとして壁の表面温度(平均輻射温度)があります。

平均輻射温度とは、床や壁・天井部分の平均温度を指していますが、この温度が室温と同じならば体感的にも変化は感じないのですが、低ければ寒く感じ、高ければ暑く感じるという訳です。

外断熱の場合、構造材の外側に断熱工事を施すことで、床下や壁の中、小屋裏といった構造躯体の中も室内に近い温熱環境を保つことになります。

一方、内断熱の場合、床下や小屋裏は外気に近い温度になるばかりでなく、断熱材の入らない柱や梁・根太や大引き・構造用金物といった部分が、熱橋の影響を受け、床や壁・天井部の表面温度には、どうしても温度ムラが生じることになります。

また気密・断熱工事が不十分な場合は、断熱材と構造材の隙間などが、断熱欠損部(断熱が作用していない部分)となり、壁の表面温度も必然的に低くなってしまうのです。

また30℃を超える真夏の場合はどうでしょう。

外断熱の床下は25℃前後・壁の中は28℃から30℃・一番暑くなる小屋裏でも30℃から32℃と安定し、構造内が、外気温を超えることは、ほぼありません。

一方、内断熱の場合は、構造上、外気の影響を直に受け、床下は27℃から28℃になり、壁の中は35℃を超え、小屋裏は40℃を超え、時には夏の車内のように50℃近くまで上昇する場合が出てくるのです。

外断熱の小屋裏は、快適に活用できますが、内断熱で、ロフトや小屋裏利用を図っても、夏場はサウナのような状態となってしまうため、お客様がリクエストしても、大体は敬遠されるのですが、それ以上に、気密や断熱部分の取り合い部の施工が困難で、設置すると結露の危険性が高まり、後々大きなクレームにつながる為に、造りたくないのが最大の理由です。

よく、夏場は2階の寝室が暑くて、エアコンをつけっぱにしたり、1階でお休みになるという話を耳にしますが、夜、外気温が下がってもなかなか部屋の温度が下がらないのは、高温に熱せられた躯体の中の温度がなかなか下がらず、その熱ごもりによる輻射熱の影響が大きいことをご理解いただきたいと思います。

体感温度の目安としてよく使われるのが

体感温度= (室内温度+壁の表面温度)÷2 です。

気候の穏やかな春や秋は、あまり影響しませんが、冬や夏の厳しい環境下においては、体感温度には、内断熱と外断熱には歴然とした違いが生じるということをご認識いただきたいと思います。

そして、この体感温度の違いを単に快適か不快かという問題としてとらえるだけではなく、目に見えない構造部分の激しい温度変化が、年中繰り返されることになるのです。

寒いと感じれば、暖房の設定温度も高くなり、暑いと感じれば冷房の設定温度を下げてしまいます。

そうすると、冷暖房費が上昇するのはもちろんのこと、冬においても夏においても、目に見えない壁体内で発生する内部結露の危険性が益々高くなります。

最近では、エアコンが各家庭に普及し、猛暑の影響もあり、大分温度設定を低くしている方も多いのですが、夏の逆転結露が業界では問題になりつつあります。

27℃~28℃設定の場合は、よほどでなければ、内部結露は心配ありませんが、25℃とか26℃にすると、壁や小屋裏での結露の危険性が生じ、断熱性能の低下や構造の腐朽などの劣化が助長され、住む人と建物の健康を徐々に蝕んでいくということを頭に入れていただければ幸いです。

熱中症には、無縁な外断熱の家

  • 熱中症には、無縁な外断熱の家
ヒートショックといえば、冬をイメージしますが、熱中症もまた夏型のヒートショックと言えるでしょう。

熱中症のニュースが、時折、報道される時期になってきましたが、一昨年、国内では実に44,000件余りの方が、熱中症によって救急搬送され、850人もの方がお亡くなりになられたそうです。

熱中症は、関東から西のイメージが強かったのですが、意外やここ仙台でも、多くの方々が熱中症になられ、その比率は東京と比較してもほとんど変わらないのです。

発症する方は、やはり新陳代謝が悪くなり、体温調節がスムーズに出来ない高齢者の方が多く、しかも自宅で事故にあわれるケースが多いというのが、住宅に携わる人間として何ともやるせない気持ちになります。



よくニュースでは、室温を28℃以下にするようにと、案内していますが、壁や天井の表面温度が高いと体感温度も上がるので注意が必要です。

また、28℃でも湿度が70%~80%を超えると汗の蒸発が妨げられ熱中症の危険が高くなります。

これから、夏本番を迎えますが、日射の侵入や温度・湿度に十分気を付け、水分の補給や扇風機やエアコンを上手に使い、くれぐれも熱中症にならないようにお過ごしください。

そして、温暖化やヒートアイランドによって、住まいの夏対策が、益々重要になってきている中で、家づくりを検討する方は、冬の寒さ対策に加え、夏の暑さ対策も十分考慮した家づくりが必要ではないでしょうか。

ハウスメーカーの営業マンの、「高気密・高断熱は、魔法瓶のように夏も涼しいですよ」というトークは、よく聞くと思いますが、魔法瓶であれ保冷パックであれ、冷たさを維持するのは、中に氷や保冷剤を入れているからで、何も入れなければ冷えるわけはありません。

家も同様で涼しさを得るためにはエアコンが大前提ということを理解しなければなりません。



30℃を超える日に、エアコンもつけずに日中留守にした高断熱の家は、性能の高さに比例して、室温は35℃を超え時には40℃近くまで上昇してしまう場合があるのです。



特に小屋裏の温度は高くなりがちで、その輻射熱の影響で、寝室の室温もなかなか下がらずに、エアコンなしでは、眠れないという方も非常に多く、比較的涼しい1階で寝ているという方も少なくありません。

ソーラーサーキットの家は、断熱性と通気性という本来相反する性能を合わせ持ち、外断熱と二重通気+地熱の力によって、遮熱と排熱を同時に実現し、換気と除湿によって、室温や湿度の上昇を防ぐことで、エアコンに頼ることなく、夏も省エネで健康な爽やかな暮らしが送れるのです。

ここが、冬の寒さ対策を重点においた高気密・高断熱住宅との大きな違いであり、ソーラーサーキットの家は、夏バテや熱中症とは無縁の暮らしが送れるのです。

つまり、人間同様、家も衣替えするかのような機能を発揮することで、冬の暖かさと夏の爽やかさを両立している住まいなのです。








「冬暖かく・夏涼しい」のイメージギャップにご注意を

「冬暖かく・夏涼しい」

という言葉は、ローコストメーカーから大手のハウスメーカーにいたるまで、どの会社の営業マンも口を揃えて話すセールストークの一つですが、そのレベルには雲泥の差があり建てた後にイメージとのギャップが生じ、後悔するケースもままあります。



画像は、旭建材さんの調査データですが、家の満足度もさることながら、家の寒さや暑さに起因する温熱環境に対し、満足しているユーザーは、非常に少ないのが現実です。

どちらとも言えないという方の比率も多いのですが、日本には四季があり、厳しい寒さや暑さが年中続くわけではなく、春や秋などはそれなりに快適に過ごせるので、我慢できる範疇というのが、このアンケートに表れているのではないでしょうか。

折角の新築にもかかわらず、家が寒くて換気を消したり、なかなか暖まらずに、リビング階段にカーテンをつけたり、換気のためのドアのアンダーカットに隙間テープを張ったりしている話や夏にエアコンなしでは寝れないとか、1階に寝ているという話を聞くと、何とも複雑な気持ちになってきます。

こうした家では、エアコンではなかなか暖まらずに、ついつい温度設定も高くなりがちで、光熱費も上昇し、風や音も気になり、禁断のファンヒーターを使用してしまうユーザーも多く、空気を汚し、到る所で結露も発生してしまうから厄介なのです。

そして、結露は窓や押入ればかりでなく、構造内部にも発生し、木材の腐朽や蟻害などで家の耐久性も損なわれ、資産価値も著しく低下するなど様々な影響を及ぼしてしまうということをリアルに考えなくてはなりません。

こうした住宅は、単に寒い・暑い・光熱費の問題ばかりだけではなく、日々の健康に与える影響も大きく、医療費が増加したり、将来的には、ヒートショックなどの悲しい事故を引き起こす可能性も大きくなります。

つまり、家づくりにおいてこうした悲劇にあわないためにも、営業マンの無責任なトークを鵜呑みにすることなく、なぜ暖かいのか?なぜ涼しいのか?なぜ省エネなのか?そして、その性能が将来も継続して発揮できる建物なのかどうかを見極めた上で、依頼先を決定することが、何より大事な事です。

見極めというと、難しく感じる方もいると思いますが、何も難しいことはありません。

拙著「外断熱が家族を守る」をお読みいただければ、少なくとも、住宅選びに失敗することはありません。

正直、読んで楽しい本ではないと思いますが、いい家を建てたいと心から願うのであれば、必ず役立つ話が詰まっております。

弊社の家に限らず、どちらのメーカーで建てたにしても、家を建てただけで、省エネで、快適で健康に暮らせて、長持ちする魔法の家は残念ながらありません。

高気密・高断熱住宅には、高気密・高断熱住宅にあった住まい方と工夫が必要であり、そのためにも、気密や断熱・換気や通気・結露などの正しい理解が必要で、どちらのメーカーで建てたとしても役に立つ内容が網羅されている書籍です。

宮城に住む全てのお客様の、家づくりが後悔しない様にとの願いを込めて、書かせていただきましたので、是非読んでいただきたいと思います。

書籍は、弊社の外断熱の家のPRの側面はあるものの、基本的には、消費者の皆様に加え、業界の皆様方にも、啓蒙を促す目的で、自費出版させていただいた書籍です。

すでに家を建てた方、建築関係者、医療や金融・行政の関係者にも、無料にて配布しております。

しつこい売り込み等は、一切ございませんので、お気軽に申し込みフォーム並びにお電話にてお申込みいただければ幸いです。

https://ssl.samidare.jp/daito/

お電話・FAXでのお申し込みは

TEL 0120-696-911  FAX 022-343-2282

ペットにもやさしい外断熱の家

  • ペットにもやさしい外断熱の家
私達人間は暑さや寒さ・湿気のコントロールが出来ますが、ペットは自分でコントロールも出来ず、意思表示もできません。

室内でワンちゃんを飼っているお宅も多いと思いますが、37℃から38℃と体温が高く、汗腺もないワンちゃんは、ハアハアと呼吸でしか熱を発散することができません。

つまり、体温調節がとても苦手で日本の夏はとてもつらいものとなります。

通常、ペットを飼われているお客様は、夏場のエアコンは必須ですが、付け忘れて留守にしてしまい熱中症にかかってしまうワンちゃんがとても多く、悲しいことに死亡してしまうワンちゃんも増加しているそうです。

特に暑さに弱いのは、フルブルやシーズなどの短頭犬種・チャウチャウなどの毛の厚い犬種・シベリアンハスキーなどの寒冷地原産のワンちゃん達で特に注意が必要だそうです。

エアコンの設定温度に関しては、専門家の間でもかなりばらつきがありますが、ソーラーサーキットの家に住む、オーナーの方々のお話によれば、人が暑いと感じない温度と湿度であれば心配ないですよ。というお話をよく頂戴します。

汗をかけないワンちゃんにとって、扇風機はあまり効果がないので、クールビズより若干低い27℃~28℃で湿度が60%以内であれば熱中症の心配はないのではないでしょうか。

外断熱の家は、床も地熱の効果によって25℃位ですので、いつもヒンヤリしており、熱ごもりもないので、ペットにも優しいおうちとなります。

27℃~28℃であれば、エアコンをつけなくても問題ないと思いますが、30℃を超える夏日や日射の影響が心配な方は、27℃~28℃位の温度設定で、エアコンの連続運転をおススメいたします。

気になる電気料金ですが、外断熱の家の場合、たとえ1・2階のエアコンを24時間連続運転しても、月5,000円~6,000円ほどでの電気料金でOKです。

※ 家の温度差の少ない外断熱の家は、寒い冬もペットが快適に暮らせる住まいですのでよろしくお願いいたします。



宮城でも二アリーZEHの補助金が受けられます。

昨今、どこのハウスメーカーでもZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を前面に出した営業を展開しており、今年度は、国交省や経産省に加え、環境省でもZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)関連の補助金が予算化され、国も本腰を入れて新築のZEH化を推進しています。

正直、昨年位までは、ZEHについては、太陽光をベースとした投資的要素も強く、業界全体が、住宅を売る為の一つの道具として、推進していた傾向が強く、私自身は家造りの本質からはずれた、そうした風潮に常々疑問を持っており、積極的なご案内は控えておりました。

しかし、電気料金の度重なる値上げに加え、再生エネルギー賦課金の上昇により、年々光熱費が上昇し、私達の生活を圧迫してきている現状の中、さらに上昇するのは必至で、光熱費は生涯コストでもあり、生活防衛を図る意味でも、導入の必要性を感じている次第です。

もともと光熱費の少ないソーラーサーキットの家は、他の建物以上に、設置メリットが大きいのも事実で、床面積㎡あたり、0.4KW~0.5KWで、ゼロエネルギーが可能となります。

弊社は、ZEHビルダーとして、登録しておりますので、様々あるZEHの補助金が活用可能ですが、お勧めしたいのが、今年新たに創設された環境省によるNearly ZEH(ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) の補助金(70万円)です。

二アリーZEHとは、

Nearly ZEH(ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) ZEHを見据えた先進住宅として、外皮の高断熱化及び高効率な省エネル ギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量 をゼロに近づけた住宅のことをさしています。

分かりやすくいうと

ZEHの定めるゼロエネルギーの基準は、満たしてなくとも、エネルギーゼロに近づけた一定の基準の住宅は、ZEHと認めて補助金も出しますよ。ということです。

ZEHとの具体的な違いは、

ZEHは、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から 100% 以上の一次エネルギー消費量削減するというものですが、

二アリーZEHは、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から 75% 以上 100%未満の一次エネルギー消費量削減でもOKですよ。ということで、通常のZEHの75%の太陽光でOKで、必要以上の太陽光を搭載しなくても済むのです。

但し、この補助金を活用するには、地域的な制限があり、寒冷地(地域区分1又は2地域)、低日射地域(日射区分が A1 又は A2 の地域)又は多雪地域(垂直積雪量 100cm 以上)とされており、寒冷地であったり、日射量が少なかったり、雪が多いために、発電があまり見込めないというエリアに限定している特例なのです。

そして、宮城県では、仙台市の他、富谷町・大和町・色麻町・蔵王町・大河原町・村田町・柴田町・川崎町と加美町・大崎市・栗原市・登米市の一部が、日射量の少ない地域として、この二アリーZEHの補助金の活用が可能となっています。

もちろん、弊社では、通常のZEH補助金(70万)や今年創設されたZEHプラス(120万)の補助金も活用出来ますので、ZEH補助金にご興味のある方は何なりとご相談いただきたいのですが、ZEHの補助金には矛盾も抱えているということを、紹介しておきたいと思います。

太陽光を搭載する場合、注意しなければならないのが、固定価格での買い取りが終了する11年目以降の売電価格です。

当初、想定されていたのが、kwあたり11円でしたが、7円~8円という話を最近よく聞きます。

実際どうなるかはわかりませんが、必要以上の太陽光を設置してしまうと、後々厄介な問題を抱えてしまう可能性が少なからずあるということも考慮しなければなりません。

2019年問題はご存知でしょうか。これは太陽光の固定価格での買い取りが終了するユーザーが、出始める年度となります。

当然、売電単価も下がりますが、仮に10円を切るような形になれば、売電のメリットは極端に少なくなり、かといって留守がちな日中に、無理に電気を使うわけにもいかないわけです。

そこで、登場するのが蓄電池の導入やエコキュ―トの日中保温・または電気自動車ということになります。

エコキュ―トの日中保温や電気自動車については、後日またご説明させていただきますが、蓄電池の場合、まだコストが高く、採算が合わず、現在は、夜間電力を蓄電しての使い方がメインとなり、非常用として、年中蓄えている方はそう多くありません。

現在メーカーは、低価格での商品開発を進めており、どれだけ蓄電出来て、どこまでコストが抑えられるか期待したいところではありますが、発電した分を蓄電する容量の蓄電池を家庭に設置するのは、費用的にも設置場所を考えても、現実的な話ではないかと思います。

要するに、必要以上の大容量を設置すると、後々様々な問題に直面する可能性があるということも考慮しなければならないのです。

省エネ住宅と謳いながら、断熱性能がさほど高くないメーカーは、太陽光の設置面積も大きくなりがちで、極端な屋根形状の建物も多く、将来のことを考えると、複雑な想いを抱いてしまいます。

いずれにしましても、弊社では、補助金のあるなしに関わらず、小さな太陽光でもゼロエネルギーの実現を目指した高性能な家づくりに取り組んでおりますので、よろしくお願いいたします。