違いのわかる夏

いよいよ、ソーラーサーキットの違いのわかる季節の到来です。




画像は、昨日のモデルハウスの午後2時時点の外と室内の温湿状況です。

からっと晴れあがり、温度はかなり上昇してますが、室内はこのとおり爽やか!

もちろん、エアコンもリフレアも作動せず、窓は閉めたままで、床下ダンパーと小屋裏ファンのみ解放し、壁体内を通気させているだけです。



画像は床下に設置している温湿計の画像です。

床下ダンパーを開放して、外気を導入していますが、地熱の効果によって、床下の温度は21.7℃です。

ソーラーサーキットの家は、完全な外断熱ですので、構造の外側で遮熱し、床下の涼しい空気を壁の中へ送り込み、壁の中で溜め込んだ湿気や熱気は、内部の通気層を上昇し、小屋裏のファンにて、外部へ排出します。

つまり、構造の中にも、自然の力を活用したエアコンのような働きをもたらし、、壁の中を自然と冷ましてくれるので、常に壁の中は、外気温より低く、床や壁・天井などの輻射熱を抑えることで、室内の温度上昇を最低限に抑えてくれるのです。

今の時期は、けっこう外気温の変化も激しく、寒い時では15.6℃・暑い時は27.8℃になりますが、ソーラーサーキットの家では、エアコンなどを使用せず、自然の状態で、常時室内を22℃~25℃内にコントロールしてくれます。

つまり、多くのお客様がおっしゃりますが、寒い時は暖かく感じ、暑い時は涼しく感じる実に気持ちのいい家となるのです。

不思議な家ですね~。というお客様も多くいらっしゃいますが、不思議ではなく、実に理に叶った家なのです。

そして、これからの季節に注意していただきたいのが、湿気と日射です。湿度は高くても60%台をこころがけ、特に西側の窓の日射の遮蔽を気をつけていただければ、暑い日でも扇風機で十分快適です。

折角、ソーラーサーキットや弊社オリジナルの外断熱の家を、選択していただいたからには、快適さの仕組みをご理解いただき、爽やかな夏をお過ごしくださいます様お願い申し上げます。

そして、ソーラーサーキットの家をご検討いただいているお客様は、是非モデルハウスや構造現場の見学会を通じて、快適さの秘密をご体感下さい。



温度と湿度を自然にコントロールする家です。

  • 温度と湿度を自然にコントロールする家です。
昨日は、久々に結構雨が降りましたね~。

昨日の最高気温は、22℃でしたが、湿度は雨の影響もあり、90%を超えました。

夜寝る前に何気に、キッチンカウンターにある温湿計を見たら、温度は、23.5℃湿度は60%で、梅雨寒もじめじめ感もないすこぶる快適な状態でした。

温度は、この時期ほとんど変化がありませんが、湿度はもう少し上がるかな?と思いましたが、さすがソーラーサーキットの家です。

自然な状態で、温湿状態の変化がないのは、気密と断熱・換気と調湿がバランスよく機能するソーラーサーキットの確かな性能の証かと思います。



※ 出勤前の朝の状態です。今朝の最低気温は16℃で、雨上がりで若干じめじめしてましたが、夜寝る前とほとんど変わりません。







一方で、トイレにある温湿計はというと、湿度が若干高めでした。

何故かおわかりでしょうか?

これは、おそらく、フタのあけっぱが原因かと思います。

乾燥する冬期間は、あけっぱは逆にOKですが、これからの季節は、フタは閉めた方がいいので、オーナーの皆さんよろしくお願いいたします。

※ 市販の温湿計は、それほど精度は高くなく、温度・湿度とも5%から10%の誤差が生じる場合が多いので、一つの目安ととらえて下さい。ホームセンターなどで、お買いになる場合は、いくつか比較して、中央値の温湿計を購入すれば、誤差は大分軽減します。

熊本地震で実証!制振ダンパー「ミライエ」

  • 熊本地震で実証!制振ダンパー「ミライエ」
2年前より、弊社建物に、標準採用している制振ダンパー「ミライエ」ですが、昨年発生した熊本地震でも、驚異的な制振効果を発揮し、新聞や雑誌・テレビなどでも取り上げられ、先日NHKでも、大々的に放送されました。

これまで、九州エリアで、860棟の採用実績のある中、熊本県内では132棟のミライエ装着現場があったそうですが、全棟点検の結果、外壁の軽微なクラックの発生が一棟発見されただけで、基本的に被害はありませんでした。

熊本地震では、連続2回の巨大地震に加え、述べ1700回以上の余震に見舞われましたが、旧耐震はもちろん、新耐震の住宅でも、多くの住宅が倒壊しました。

しかし、ミライエを装着した住宅は、その制振効果が存分に発揮され、地震の揺れが大幅に軽減され、大事な建物と人の命をしっかり守ったのです。

そして、避難所にお世話になったお客様もいなかったご様子で、逆にご親戚やご近所の方々の、避難所になったそうです。

お客様の体験談の中には、

大きな揺れには、気づいたものの震度7の大地震だったことは、テレビを見て気づいたそうで、
窓を開けたら、周囲の住宅が倒壊していた。

とか隣にある実家は全壊したのに、ミライエ装着の自宅は、コップ1つだけ落ちたという驚きの声もありました。

そして、皆さんおっしゃるのは、揺れが軽減されるので、度重なる余震でも、さほど恐怖を感じずに、過ごせたということで、小さいお子さんのいる家庭などでは、本当に助かったそうです。

いずれにしても、現行の基準法では、震度6強~7の地震一回に倒壊しないという耐震基準であり、その後の余震は基本的に考慮されていないのが現実です。

「いつまでも強く・いつまでも快適に」

我々、住宅業界に携わる者達は、災害にも強く、家族と住まいの健康をいつまでも守る、本物の長寿命の家づくりを何より大事に考えなければなりません。

弊社では、新築時の性能が長期にわたり保持される様、LVL耐震構造に外断熱工法を導入しております。

そして、余震はもちろん、将来また襲ってくるかもしれない大地震にも備え、制振ユニット「ミライエ」を標準装備しており、万全の地震対策を図っております。

なぜ弊社が業界に先駆けて、ミライエを導入したか詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

梅雨前に換気のお手入れを

  • 梅雨前に換気のお手入れを
そろそろ掃除しなきゃと思いながらも、なかなか出来なかった換気システムの掃除ですが、家内からせつかれて、昨日出勤前に早起きしてようやく掃除しました。

※ 拙宅は、面積の関係上換気ユニットが2台あり、室内のグリルと合わせて所要時間は約30分です。

 

汚れたフィルター画像は、笑われるので公開しませんが、案の上、吸気側も排気側もけっこう汚れておりました(汗)

※ 室内にあるグリルは、給気側(外から入る)は、汚れていませんので特別な掃除は必要ありませんが、排気側(汚れた空気を出す)は、掃除機や布巾などで掃除してください。

換気フィルターのお掃除は、梅雨に入ると湿度が高くなり、汚れていると目詰まりを起こし、換気が正常に働かなくなる場合がありますので、梅雨に入る前にしていただきたいと思います。

いつも、話しておりますが、換気は、窓明け換気が、一番の王道ですが、生活の変化や、防犯上の問題、花粉やPM2.5などの侵入もあり、窓もおちおち開けられなくなっている中、空気の守り役として換気システムはとても重要です。



グラフの通り、人が体内に取り込む物質を重量比で比較すると、空気が一番多く、とりわけ、家の中の空気が大半を占めているのがお分かりいただけるかと思います。

水や食品ももちろん大事ですが、健康を考えれば室内の空気もとても大事です。

空気は、目に見えないのでなかなかその汚れは、分かりづらいのですが、常に綺麗な状態に保つには、概ね2時間に1回、空気の入れ替えが必要と言われれており、弊社の換気設計もそのように計画しております。

また、換気が正常に働くには、家の気密性能が非常に大事で、性能が悪いと換気過多や換気不足・換気のショートカット(排気口周囲の空気しか排気されない)を起こしてしまいますので、最低でもC値(家の相当隙間面積)は、2,0以下が必要で、新築後の経年変化も想定すると1.0以下が望ましいとされております。

ご存知の通り、弊社の平均C値は、0.46という業界トップレベルですが、フィルターなどが汚れていると、性能が十分に発揮されない場合がありますので、最低でも春と秋の2回は、清掃下さいます様ご案内申し上げます。

※ 換気について、説明すると、うちは隙間だらけで自然換気が働くから大丈夫というお客様が、けっこういらっしゃいます。隙間換気が働くのは、温度差のある冬や春や秋の朝晩だけの話で、外との温度差が少ない時期は、よほど風が強ければ別ですが、隙間がいくらあっても、空気の対流は起きずに換気はされません。熱帯夜に、窓を開けても無風の時は風の動きが感じないのはその為で、隙間風は温度差によって生じる温度差換気とご理解いただければ幸いです。


熱橋(ヒートブリッジ)部の防露処理

  • 熱橋(ヒートブリッジ)部の防露処理
弊社の現場ではありませんが、先日、知り合いからこれは何でしょうか~と写メが送られてきました。

建築関係の方でも、まだ分からないな方も多いので、一般の方でご存知の方は非常に少ないと思います。

これは、家の壁体内において、熱橋(ヒートブリッジ)となるアンカーボルト部分での内部結露を防止するためにボルトの先端部分をウレタン処理している画像です。

床下断熱や基礎内断熱を採用した場合、外気温0℃だとしたら、、基礎部分も当然0℃です。

つまり、基礎と土台を連結しているアンカーボルトも、鉄の熱伝導率の高さにより、その影響を受けて冷たいのはご理解いただけると思います。

そうした場合、住宅の気密性能の違いにもよりますが、冬季間において生じる室内との温度差によって、土台上部のボルト部分に結露が生じる危険性が高まるのです。

ボルトでの結露は、必然的に土台を濡らす事になり、ボルトや基礎鉄筋の錆に加え、木材の腐れやシロアリの食害に直結してしまうので、充填断熱の場合には、必要な防露処理となります。

しかしながら、こうした防露処理を実施しているハウスメーカーは、まだまだ少なく注意が必要です。

画像をみると、基礎の断熱が内断熱にはなっておりますが、そういう意味では、このハウスメーカーさんは、高気密・高断熱住宅を理解している真面目な業者さんと言えます。

ちなみに、弊社では、基礎も外断熱ですので、壁体内も結露が生じる、露点温度以下にならないので、こうした防露処理は必要ありません。