なぜ気密にこだわるのか?

  • なぜ気密にこだわるのか?
なぜ私達が気密にこだわるのか?

(通気性にもこだわっているのが、ソーラーサーキットの家です)

それは、ズバリ!将来、大事な家が腐れてしまう可能性が大きいからです。

一般の方は、気密性が高いほど通気性が失われ、腐れそうな感じがすると思います。

確かに、昔の家の様に断熱材が入らない隙間だらけの住宅の場合は、湿気や結露も通気性の良さ?から、すぐ乾き、水蒸気は外部へ放出され、結露による腐朽よりも白アリによる食害の方が問題でした。

しかしながら、オイルショック以降、中途半端な気密化と断熱化が進み、床下や壁内・小屋裏に断熱材を充填する内断熱(充填断熱)の住宅では、日本独特の湿気の影響に加え、室内の水蒸気が壁体内に侵入することで、温度差による結露が発生するようになり、白あり被害の増加とともに、構造材の結露による腐朽が多く見られるようになったのです。

そして、残念ながら、現在の家づくりも、気密性を疎かにしている住宅が多く、内部結露の問題は解消されておらず、断熱性が益々高まる中で、逆に危険性が高まっていると言っても過言ではありません。

水蒸気は、水蒸気分圧によって、寒い方へ移動する性質があるために、温度差のある壁体内に、水蒸気が侵入しないように、防湿フイルムで気密化を図らねばならないのです。



上記は、充填断熱の正しい気密施工の画像ですが、このように気密の重要性を認識し、現場に反映しているメーカーは、非常に少ないのが現実です。



このように、気密がいい加減だと目に見えない箇所で、内部結露が発生します。



露点温度のグラフです。壁体内に露点温度以下の箇所があれば、侵入した水蒸気は結露水に変化するのは必然です。

例えば、冬場の室内の温度を22℃・湿度50%としましょう。11.1℃が露点となり、11.1℃以下の箇所には、結露が発生します。湿度が50%でもこうなのですが、換気をけしたり、加湿機をつけたり、ファンヒーターをつけたり、洗濯物を室内干しをしたら、湿度はすぐ60%にも70%にもなるわけで、露点温度は、さらに上昇し、窓ガラスはもちろん、温度の低い押入れや床下、壁の中ななど、いたるところで次々と結露が発生するのが、ご理解いただけると思います。

ガラスの結露は拭けば済みますが、水蒸気の粒子は10万分の2ミリで、微細ですので、ちょっとした隙間でもすり抜け、目に見えないところで、結露水となって、悪さをするという事を理解しなければならないのです。

一方、外断熱の気密化は、若干意味合いが違います。

外断熱は、構造の外側に断熱材を施工し、断熱材の外側で気密工事を施します。



外側で、気密と断熱の施工をすることで、これまで外部の影響を受けていた床下や壁の中・小屋裏が、室内側となるのです。



つまり、外断熱の気密化は、水蒸気が壁体に侵入するのを防ぐのが目的ではなく、外気側の温湿状況の影響を最小限にして、床下や壁や小屋裏の温度を室内に近い状況にするのが目的で、目に見えない部分を結露が発生する露点温度以下にしないための気密化ということをご理解下さい。

ここからが本題です。

省エネ意識の高まりから、ようやく一般的になりつつある高気密・高断熱住宅ですが、その歴史は非常に古く、今から35年以上も前に遡ります。

契機となったのが、家の断熱化にともなう室内外の温度差がもたらす内部結露によって、北海道で発生した「ナミダタケ事件」で、新築3年目の住宅の床下に大量のナミダタケが発生し、床が腐り落ちるという事件が発生しました。

こうした悲惨な被害は道内に拡がり、実に何万棟もの住宅が被害を受け、地元のマスコミでも取り上げられ大きな社会問題にもなりました。

原因は、壁内の結露水や床下の湿気が、グラスウールに吸収され、木材を濡らしたことにより発生したものと解り、単に断熱材を厚くするだけでは、暖かくならないばかりか、水蒸気が壁体内に侵入し、建物に重大な被害を及ぼすということが明らかとなったのです。

こうした教訓によって、ようやく高断熱化と高気密化がセットとして考えられるようになり、高気密・高断熱住宅が日本に誕生したのです。

しかしながら、本州の建築関係者の意識は低く、本物の高気密・高断熱の家づくりに取り組んでいる造り手は未だに少ないのが現実なのです。

これは、結露被害の深刻さや気密の重要性への認識が乏しい事が、最大の要因ですが、高気密化という、名前からくる偏見や誤解・拒否反応が、根強いものがあるのではないかと思います。

風通しが悪そう。息苦しくなりそう。シックハウスになりそう。中には子供の抵抗力が低下して、ひ弱に育つといった誤った考える方をしている方が、未だにいらっしゃるのは驚くばかりです。

その結果、中気密?で高断熱まがいのアンバランスで危険な住宅が現在もなお建てられ続けているのです。

温度差がもたらす結露は、断熱の不十分な住宅で、寒ければ寒いなりの、暑ければ暑いなりの生活を送っていた時代には、そう問題にはなりませんでした。

しかし、経済の発展にともない、私達の暮らしも、快適さと利便性を求め、冷暖房が当たり前となり、同時に省エネ性を求め、家の断熱化が進められ、サッシや断熱材が急速に普及してきたのです。

そして、結露については、ある意味しょうがないというかの様な場当たり的な対処が、現在も続いており、結露を防ぐというより、湿気や結露しても腐らない薬剤に頼った、ちぐはぐな家づくりが、進められているのが日本の家づくりの実態です。

ご存知のように防蟻工事の保証も5年が一般的です。また劣化対策として、防腐材を注入した木材が多く使用されておりますが、防腐薬剤の効果は何年なのか?結露に対してどこまで効果があるのか?健康被害はないのか?などの、検証は実質されていないのです。

これから、家を建てられる方は、家の高断熱化には、高気密が必須であり、気密を疎かにすると、内部結露によるナミダダケ事件の再来の危険性が十分考えられるということをご理解下さい。

何度か、ご紹介していますが、内部結露による住宅被害は、シロアリはもちろん、土台や柱の腐朽も、消費者の住まい方(暖房方法や換気・生活スタイル)にも関係しているので、一概に瑕疵や欠陥と認められず、瑕疵保険では保証されずあくまで自己責任となるのです。

昨今、ZEH推進の流れもあり、見た目の断熱性能を上げる家づくりが、増加しています。

さらに耐震性を向上させるために、柱の外側に構造用の面材を張る施工法が普及しており、壁体内の水蒸気はせき止められ、益々結露が発生しやすくなっているのです。

結果的に、結露に対しての対策は不十分であり、内部結露による被害が、将来起こる危険性が大きい家づくりが、進んでいるということをご理解いただければ幸いです。

気密と断熱は両輪

  • 気密と断熱は両輪
省エネ住宅にしても、ゼロエネルギーハウスにしても、ベースとなるのが高レベルな気密施工と確かな断熱施工なります。

どちらが欠けても、性能が発揮されないばかりか、住み心地や光熱費はもちろん、家の耐久性にまで影響を及ぼしますので、この二つの性能は、両輪となります。

しかしながら、1999年に制定された、次世代省エネ基準では、義務化ではないものの、寒冷地のC値(隙間面積)の目安は2.0以下と明記されておりましたが、3年後に義務化となる改正省エネ基準では、不可解なことに基準が削除されました。

削除されたのが、原因か否かは分かりませんが、現在、どこのハウスメーカーでも、断熱性能を表すQ値やUA値は盛んにアピールしていますが、肝心のC値の重要性を認識し、実際に現場に反映させ、気密検査を実施し、気密保証しているメーカーは非常に少なく、将来様々な問題が発生するのではないかと非常に心配しています。



暖房で暖められた空気は、自然の摂理で上昇しますが、気密が悪いと隙間から、外部へ逃げていくのはご理解いただけると思います。

気球に熱が溜まり浮力が生じるのは、隙間がないからで少しでも隙間があれば、その機能は発揮されません。

要するに、建物上部の隙間から、暖められた空気が逃げていくと必然的に、温度差換気の作用が働き、床下や壁の下の部分から、冷たい外気が室内へ流入し、足元が寒い家となり、室内上下の温度差が大きく不快なばかりか、25℃位にしないと暖かさを感じない為に、自ずと暖房費の負担も大きいものになります。



一方、気密性能が1.0以下の家は、隙間からの空気の流入は非常に少なく、20℃位で十分な暖かさが得られ、上下の温度差や部屋間の温度差も少なく、光熱費も抑えられます。



さらに、気密性能の低い家は、温度差換気により、計画的な換気に不具合が生じ、換気過多や換気不足など、換気不良の大きな原因となります。





通常、一人あたりの必要とされる新鮮な空気量は、1時間あたり30立米とされ、2時間に1回の割合での換気量を確保するのが、一般的ですが、計画どうりの換気性能が発揮されるには、気密性能は1.0以下が望ましく、これ以上の隙間があると、換気のショートカットなどいわゆる経路のみだれが生じてしまうのです。(冬場は換気過多・その他の時期は換気不足)

折れたタバコや穴のあいたストロー・掃除機のホースの継ぎ目に隙間があれば、機能しないのと同じ様に、隙間がある家は、換気をつけても、動くのは排気口の空気だけで、家中の空気をすみずみまで綺麗にするという換気本来の目的を果たすことは難しいものとなります。

そして、理解しなければならないのが、温度差換気が働くのは、温度差の激しい冬期間のみで、その他の季節は、よほど風が強い日はともかく、隙間があっても、空気は動かず、換気されることはないのです。

真夏日に窓を開けても風がなければ、空気が動かないのは、こうした理由です。






※ 空気の汚れは目に見えないので、なかなか換気が計画どうりに機能しているかわかりませんが、モデルハウスには、二酸化炭素の濃度計を設置しております。お客様の来場状況によっても変動はありますが、常時、室内の推奨濃度とされる1000PPM以内に収まっており、しっかり換気されているのがわかります。(外気の濃度は400~450PPM)

昨今、換気のトラブルが急増しておりますが、換気は家の気密性能と大きく関わってくるのですが、理解している造り手は非常に少なく残念でありません。



現代の省エネ住宅において、気密性能は、家の耐久性を左右する内部結露にも影響を及ぼすために、断熱材の厚さ以上に重要で、気密検査の実施は必須となります。

どちらのメーカーで建てるにしても、最低でもC値は2.0以下、出来れば1.0以下にする必要があります。

くれぐれも高気密もどきの住宅は選択しないようご注意ください。






山の学校

  • 山の学校
8月11日は、昨年から山の日に制定され祝日となりましたが、富谷町では昨年から、山の日を記念した植樹祭を開催しており、今年も「山の学校」と題した植樹祭が行われました。



今回は、子ども達にアジサイの苗60本を植えてもらいましたが、山の土が粘土質が強く、根張りを促進し、活着を良くするため、大東環境の杉樹皮100%の「イデアルグリーン」を土中にすき込み植樹しました。

 

植樹の他、山での仕事や山を大事にすることの重要性を子ども達に理解してもらうために様々なイベントもありました。



大郷町から、赤松君も応援に来て、実際に切り出した木を運んでもらいましたが、その迫力にみんなビックリしていました。



やまびこ大会では、みんなが「ヤッホー]と大きな声を上げていました。



若生市長も駆けつけてくれました。





今回の植樹祭は、宮城県の「木の良さ普及PR活動支援事業」の一環でもあり、イベントを主催しているのは、NPO法人「SCR」の皆さんです。

村上理事長初めスタッフの皆さんには、日頃から大変お世話になっています。



ご存知の通り、大東環境のバーク事業は、 地元の杉樹皮を焼却せずに、高品質な土壌改良材やマルチング材として製品化し宮城県のグリーン製品にも認定を受けました。

地元で生産された杉材の樹皮は、これまで未利用の資源でしたが、バーク資材として再活用し、地元の山に還すという取り組みは、CO2の削減を図り、地産地消そして、循環型社会の形成に向けた意義ある取り組みですのでご理解とご協力を重ねてお願い申し上げます。

省エネ住宅のチェックポイント

  • 省エネ住宅のチェックポイント
前回、家づくりの順序についてをご説明させていただきましたが、何を確認したらいいのですか?というお問合せを数件頂戴しましたので、簡単に紹介させていただきます。

〇 UA値の確認



2020年に義務化となる改正省エネ基準ですが、断熱性能を示す数値が、従来のQ値からUA値に変更になりました。まずは各社のUA値を確認しましょう。但し、UA値は建物ごとに数値は変わります。通常、基準モデルや各社のモデルハウスでの計算値となりますので、注文住宅で建築する場合は、設計図に基づいた計算となりますのでご注意ください。

〇 サッシや玄関ドアのU値(熱貫流率)の確認





省エネ住宅において、サッシや玄関の断熱性能は非常に重要です。開口部の性能が低いとコールドドラフト(寒さによる気流)が生じたり、ガラス面やサッシ枠などに結露が発生する危険性が高まります。



〇 断熱材の種類や厚さ・施工精度

断熱材の種類は非常に多く、性能もまちまちですので、詳細の説明は省略させていただきますが、それぞれの熱伝導率や透湿抵抗などを比較・検討しなければなりません。

また、計算値どうりの性能を発揮するには、確かな断熱施工が何より重要です。

〇C値(相当隙間面積)

窓を閉め切った状態で、家の中の隙間がどれ位あるかを測定した数値です。

高気密・高断熱住宅では、水蒸気の躯体内への侵入を防ぎ、内部結露の発生を防止しなければならず、気密性能は、ある意味、断熱材以上に、重要です。しかしながら、基準はあいまいで、気密検査の測定すら、義務化されておらず、名ばかりの高気密住宅も多いので注意が必要です。





特にエアコンにて、暖房する場合、気密性能の低い住宅の場合、冬期間は温度差換気による隙間風が床下や壁下部より入り込み、不快な寒さに悩まされる危険性が高まりますので、ご注意ください。

※ 気密や断熱が不十分な住宅では、エアコンだけでは暖まらず、間仕切りの戸を閉めたり、換気を消したりして、中には、禁断のファンヒーターを使用するケースも多いようです。水蒸気は断熱の弱い部分へ移動する性質があり、このような家で、洗濯物を室内干しにしたら、もの凄い量の結露が発生し、カビなどにも悩まされるので十分ご注意ください。



また、気密性能が悪いと、換気計画に不具合が生じ、換気のショートカットによる換気不足や冬期間や風の強い日は換気過多を起こします。

※ 隙間換気が作用するのは、温度差のある冬期間だけで、その他の季節はほとんど動きません。



その他、構造材の種類や含水率・換気システムの種類・冷暖房計画や光熱費のシュミレーションなど、確認すべきポイントは多々ありますが、まずは、この4つのポイントをチェックすることが非常に重要です。







家づくりの順序

  • 家づくりの順序
人は、誰もが家族の健康と幸せを願い、マイホームを買ったり・建てたりするものです。しかしながら、実際に思い描いた通りの家に巡り合い、心から満足している方は、残念ながらそう多くはありません。



グラフを見てわかる通り、総じて満足度は高くなく、特に不満を感じているのが、暖かさや涼しさといった住み心地に影響を及ぼす、住宅の温熱環境です。

これから、マイホームを計画している皆さんが、考えなくてはならないのが、住み心地は住んでみないとわからないという事で、こうした温熱環境の不十分な住宅に長く住み続けるという事は、単に寒い・暑い・光熱費だけの問題ではなく、日々ストレスを感じながらの生活を強いられ、結果的にご家族の健康や建物の耐久性をも損ない、その資産価値まで失ってしまう危険性が大きいというリスクです。

多くの人は、家を建てようとすると、メーカーのブランド・間取りや外観・設備や内装・予算や毎月の支払などに目を向けがちです。



もちろん、そうした要素も重要ではありますが、一番大事なのは、毎日の住み心地であり、家族が健康に暮らせて、地震などの自然災害から命を守り、どれだけ長持ちするかということではないでしょうか。

昨今の住宅市場では、省エネ住宅やZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)という言葉だけが、一人歩きし、「冬暖かく・夏涼しい」という言葉だけを鵜呑みにして家づくりを進めるお客様が非常に多く、私自身本当に危惧しています。

是非、家づくりを進める前に、気密や断熱・通気や換気に目を向け、ある程度勉強して、家の良し悪しを判断できる確かな目を養っていただきたいのです。

省エネ住宅は、気密性能と断熱性能がベースとなっておりますが、そのレベルは、まさにピンキリで、長期優良住宅の最高等級だからOKとかZEH基準をクリアしているから安心ではありません。

省エネ基準が改正となり、3年後に義務化となる基準でさえ、1999年に制定された次世代省エネ基準レベルであり、基準値そのものは最低限のレベルなのです。

しかも、何故か?C値という家の隙間面積を表す基準が削除され、測定を実施しているメーカーもごく僅かというのが業界の現状で、C値(隙間相当面積)が、1.0㎝/㎡を超える隙間がある住宅は、断熱材をいくら厚く充填しても、20℃も温度差のある冬期間は、漏気によって足元から冷たい外気が侵入するのです。

さらに、UA値などの数値は、あくまで計算値であって、実際その計算値どうりの性能が発揮されるかどうかは、施工の精度次第であり、気密測定すら実施しない建物が計算どうりの性能を発揮することは、不可能といっても過言ではないのです。

住宅の依頼先の決め手は?という調査で一位と二位はご存知でしょうか?

一位は、営業担当者の対応が良かったから

二位は、予算内に納めてくれたから

いつの時代も不動のワン・ツーです。

もちろん、営業マンの対応も予算も大事ではありますが、その家に住むのは、お客様自身であり、ローンや税金・光熱費・維持費や補修費を支払うのは、お客様自身なのです。

そして、価格に満足するのは初めだけで、住み心地の悪い住宅を選択すると、後悔だけが募り、不満は一生続くというのが、私の率直な考えです。

顧客満足は、経営には最も重要で、ご契約前の満足は受注に直結することから、どこの会社も、最大限の力を注いでいますが、さらに大事なのが、お引渡し後の満足ではないでしょうか。

弊社では、20年後も30年後も頼んで良かったと心から喜んでいただける家づくりこそが、住宅会社が目指す真の顧客満足だと信じ、住み心地を重視した外断熱の家づくりに長年取り組んでいます。



どこのメーカーや工務店で、建てるにしても最終的には自己責任です。

雨漏りや構造は保証しても、一番大事な住み心地は誰も保証せず、結露による構造の腐朽や蟻害にいたっては、瑕疵保険の保証さえ対象外ということを認識しなければなりません。

家づくりだけは、やり直しの効かない人生で最大のプロジェクトです。



ご家族の健康や幸せを叶える為にも、目に見えない部分を、しっかり確認し、納得してから、家づくりを進めていただきたいと切に願います。