飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

今日も元気に百歳体操を始めます。 かみかみ体操もしっかり終わり( ^ω^)・・・

 

そうなんです。

今日もお待ちかねの紙芝居の始まり始まり・・・・・・

拍子木と共にはじました。

今日は「いなむらの火」です。

突然におばあちゃんたちは懐かしさもあり、椅子をもって近づいてきています。

密にならないように・・・・

 

庄屋さんと村人のお話です。

庄屋さんが精魂込めて作った稲。

それに火をつけたではありませんか Σ(゚Д゚)

消防団に「火を消してはならない」と叫び「村人一人残らずここの高台に集めろ〜!」

 

あかごから老人まで集められ、真っ黒にうなりを上げて来る海の津波に向かって

「海を見て見ろ・・」

そうなんです。自分の稲に火をつけ消防団を集めることで村人を

一人残らず津波から救う事で自分の田んぼを犠牲にしたのでした。

始めて見たこの紙芝居。

一年分の田んぼの上りを燃やしてまで村人を救うなんて・・・・考えられないよ

そんな気持ちに普通はなれませんよね。

 

感情を込めて読まれていく紙芝居・・・

子供の頃を思い出しているように・・・・真剣なまなざし

 

皆さんはどんな思いで聞いていらっしゃるのでしょうか。

うなずきながらじーっと目を離しません。

 

身体と心を癒してくれる、そんな場面が数多くありました。

終わってからは、災害が起きた時にどうするか等紙芝居の話に合わせ

避難場所などの説明を聞き、

「逃げるとき、日中は若い人は仕事でいないから自分の足で逃げんなねよ」

「ほだがら、運動して足腰丈夫にして自分で歩けるようにしんなねよ」

「自分で逃げんなねなだがらな」

「ほだほだ・・・・」とうなづき納得されていました。

がんばれ〜!

「今度は来週やすみだがら、さ来週にな」

待ってっからなあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜


▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。