飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

1月12日、中部地区ほほえみサロンの皆さんにだんごさげをしていただきました。だんごさげとは昔から置賜地方に伝わる、五穀豊穣、家内安全、交通安全、無病息災や養蚕の豊作など一年の福を呼ぶ小正月の風習であります。内容はだんごの木と呼ばれるミズキに繭玉、小判や鯛等に見立てた飾り物や折紙を枝に刺したり吊るしたりしていただきました。サロンの皆さんには公民館に携わる方々が健康で暮らせますようにと、思いを込めて飾り付けしていただいたと思います。サロンの皆さん、寒い中ありがとうございました。



12月19日(土)中部地区公民館事業の1つ、クリスマスケーキ作りを開催致しました。今回の参加者は親子5組と少し寂しい人数でしたが、皆さん楽しそうにやられておりました。参加された皆さんのほとんどが過去にも参加されており、さすがに慣れた様子での作業でケーキの方も年々素晴らしい出来で映えで中にはお店に飾っても良いくらいの物もありました。その晩は少し早めのクリスマスで暖かいこたつを囲み、ケーキをつまみながら一家団欒にて過ごされたかと思います。



 12月9日(水)、東部地区公民館において「第2回公民館運営審議会」を開催し、今年度上半期の取り組み等について実績評価を行いました。
 審議会は、協議の前段に社会教育課生涯学習振興室の伊藤室長・本間主任に来館いただき、地区公民館の「まちづくりセンター化へ向けた町の考え方」のご説明をいただきました。今回の説明を受け東部地区としても「まちづくりセンター化」へ向けてのスタートと位置づけ、取組みを進めていく事を確認いたしました。
 続いての審議では、
  嵶疣贈嫁度公民館事業評価(上半期)については、コロナ禍の中にあって「公民館の内部的課題の推進」と感染防止を行っての「文化活動推進週間」「分館長研修会」等を開催し、成果のあったことが報告され内容の確認を行いました。また、毎月発行の「公民館だより」は地区内の情報を知ることができ「大変ありがたいとの声」が地域から出ていることが報告され、より充実した広報活動を展開することとし承認されました。
 △泙舛鼎りセンター事業実績評価(上半期)については、「添川温泉ふるさと祭り」「地域づくり座談会」等の地域づくり活動に関して報告があり、次年度以降の「あり方の検討」を進めていくことを確認・承認いたしました。
 案件の承認後は、「第5次飯豊町総合計画・地区別計画」の策定状況と「まちづくりアンケート」の実施計画について報告・協議を行い、「地域づくりの方向性」と「地区別計画」へ最大限地区住民の意見を反映したものにしていくことを確認しました。

 



 12月12日(土)、東部地区では「サンタクロース大作戦」と銘打って、育成会主催で小学生への激励活動を展開しました。

 子ども会育成会では、前年度1月以降、全ての育成会事業が中止となり、子ども達の想い出づくりに何かできないものかと、臨時総会・役員会を開催し検討してきました。感染防止策を講じての企画や人数制限・学年限定等いろいろと対応できないかを協議いたしましたが、集合活動への妙案はなく「子ども達に安全に楽しんでもらう」ことを第一に考え、クリスマスカードとプレゼントの訪問となったものです。カードには小学校の親子読書の推進と併せ「読書を楽しもう」との激励をこめてプレゼントを行いました。
 当日は、悪天候の中、地区育成会役員の「東部のサンタさん」が元気に出発しました。ありがとうございました。

 

 順次プレゼントへ出発する「東部のサンタさんたち」です。

 



 12月2日(水)東部地区分館長研修会を開催し、川西町「きらりよしじまネットワーク」での視察・研修を行いました。
 視察研修先の「きらりよしじまネットワーク」は、平成19年に地域全世帯加入のNPO法人として設立した吉島地区の地域づくりを担っている組織で、「吉島地区交流センター(旧地区公民館)」の指定管理業務を受託し、交流センターを拠点として公民館機能の継続と地区内の各種課題解決の事業を展開しております。

  事業の運営は、ワークショップや組織の専門部制により住民のニーズ把握と合意形成を図り、各種事業を5年の地区計画に基づく徹底した進捗管理の下で実施しております。また、地域の若者を事務局運営に巻き込むことで、地域課題の解決手法を学ばせるとともに、将来の指導者としての育成に取り組んでおります。

  活動は、地域行事をはじめ地域食堂・産直市場の開設、加工品や弁当料理の提供、買い物支援、高齢者の見守り支え合い、防災、農都交流、教育・人材の事業など多岐にわたる事業が展開されています。

  特に今回の研修で印象に残ったのは、地域住民の「この地域に住み続ける」という気持ちを醸成し、地域と住民自らが課題解決に取り組んでいる姿勢と事業の中心を人材育成と地域活力の維持・継続としている事で、先進的な取り組みを学ぶことができました。

 



 12月2日(水)添川児童センターの年長さん11名と担任・八島館長が来館し、「勤労感謝の日」にちなみ、公民館職員への激励をいただきました。
 児童の皆さんから「手作りカレンダー」と「日々の労働への感謝の言葉」をいただき、うれしいひと時でした。
 いただいた「手作りカレンダー」は、公民館ロビーに大切に掲出いたしましたので是非、ご覧ください。
 添川児童センターの皆さん、大変ありがとうございました。

 



  11月28日(土)東部地区公民館において、東部地区地区長会主催で「東部地区地域づくり座談会」が開催されました。

  今回は、新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、参集範囲を東部地区の組織代表者並びに正副地区長として規模を縮小して実施され、東部地区より25名の参加者と町当局より後藤町長はじめ10名の参加で有意義な座談会となりました。

 座談会は、座長に加藤慶一さん(上町)を選出、事前に地区長会で取りまとめ提出した「要望書」について、町当局より回答及び説明が行われました。
 質疑応答では、添川住宅団地と定住促進、道路や分館の設備の改修、有害鳥獣被害、眺山地区の整備や課題、豪雨に伴う水路等への対策、飯豊電池バレー構想の取組状況等、地域や町で抱える多くの課題について質問・意見が出されました。

  今回の要望及び回答を踏まえながら、東部地区として地域の課題を整理、第5次飯豊町総合計画・地区別計画等の課題とすり合わせを行い、継続的に町当局・各組織と連携して地域づくりを進めて行く事が大事であると感じた座談会でした。

 



12月1日・14日 味噌漬け講習会開催しました。

大根収穫に合わせて、畑のはなしすっぺ~! の参加者を募り、大根3Kづつを持ち寄っていただき

古味噌を利用して(もったいない精神)の講習会となりました。

大根の重さ、塩などの分量を検討しながらメモを取っていきます。

ポリバケツに皮むき大根を並べ塩漬け、手際よいですね

玄関口に保管し10日〜2週間ほど塩漬けで保存します。重しは倍の重さ

重た~い (´;ω;`)ウゥゥ  そこは常日頃の力を発揮して・・・・(笑)

 

次回の味噌床の準備・・・古味噌なんで色は真っ黒

でもこれが良い味するんだなあ〜

 

2回目の今日12月14日 手袋をして作業が始まる。

手おっきいがら手袋 L がいい・・・

私、やっぱりMにする・・・とそれぞれ働き者の婆ちゃん達の手

がっちりとした手をもってる人が多いんだよな。

しばし、大根の塩漬けの水切りの時間を持ちます。

第二小の学習発表会の様子を収録したビデオなどを見て感心した様子。

今度はサツマイモの茎が食べられる情報があり、実際にゆーちゅうぶ を鑑賞

今度何かあったら、またビックパッドで調べられるからね。

勉強できるよ・・・・・・んだんだ

 

大根の水分をふき取り、そしてバケツを消毒し味噌漬けに取り掛かります。

 

 

『美味しくなあれ!』のおまじないをかけて、涼しい軒下に保管しました

綺麗にお片付け、そして出来上がりはいつ頃になるかな ?

 

出来上がりが楽しみです。

味がなじんで美味しくなるのは2~3月頃かな?

畑のはなしから始まり、収穫後の野菜の利用方法、調理の仕方などで

集まるきっかけが出来たことで、「今後も継続して発展して行ければいいのにな」

公民館に集まって、いろんな方とのふれあいを通じ情報交換出来ればと思う毎日です。

地域の輪を生み出せたらなんと良いことだろう。

 

 



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

令和2年度 白椿新春川柳大会が年明けの1月30日に行われます。

今年の課題は『旅』『密』『自由』各題3句づつ計9句の投句をお願いしております。

課題は文化部の方々に検討していただき、やはり今年はコロナ禍にちなんだものが決定されました。

生活の中から考えられる5・7・5での文字遊びが出来るものです。

標語はいろいろな面で見受けられますが、川柳となると、皆さんから「いやいや、むずがしくて・・」「あだまわりがらわがんね~!」という声をお聞きします。

いまだに私たちもそう考えることが多いのですが、昔から「職員になったらみんな出さんなねだよ」と言われ続け、協力していただくにはやはり自ら投句して楽しんでいくべきと考え、ず〜と続いている活動です。

白椿川柳会の方をはじめ、一般の愛好者の方々にもお願いし常に協力いただいております。

本当にありがたいものです。

是非、一般の方々にも川柳の句会に参加いただき楽しんでいただきたいところです。

 

※コロナ感染が広がってきております。

 句会については、しっかりと把握し状況に応じて句会を中止とする場合があります。

 その場合は、後日選句集をお渡しして結果報告とさせていただきます。

 

 

 



11月20日(金)、第2回中部地区子ども会育成会連絡協議会総会が開催されました。総会の内容は各単育成会の今年度活動報告書提出の記入の仕方の説明並びに連絡協議会事業の活動報告(中間)を主に行いました。協議の中で各会長よりいろいろなお話が出ましたが、その中で今年はコロナの影響で活動がほとんど出来なく、子供たちには可哀そうな思いをさせてしまった等の意見が多数出されました。中でも中部地区の小学5年生(第一小5年生)は楽しみにしていた、千葉県南房総市千倉小との交歓会も内容縮小ということで、千倉の子供たちを迎えられず、更に千倉への訪問も叶わず、直接交流が出来ないということで、本当に残念な気持ちでいっぱいでしょうとの意見などもありました。各地区会長さん、貴重なご意見等、ありがとうございました。

この総会の協議も皆さんの協力により、思ったより短時間にて終了致しました。最後には近い将来、このウイルスに適応する薬を開発いただき、元の生活更に子ども会活動が出来ることを祈念しということで閉会いたしました。参加された各地区会長さん、お疲れさまでした。



 8月14日に開催しました「添川温泉ふるさと祭り」の『家族で踊ろう動画募集』に応募いただいた方々の結果発表と表彰式が、東部地区文化ウィークの31日(土)10時15分から東部地区公民館において開催されました。
 応募作品は、8家族8作品の応募があり審査の結果、最優秀賞は會田舞衣さん家族(昭和)・優秀賞は、横澤俊彦さん家族(中洞)と塚田孝之さん家族(中洞)に決定しました。
  表彰式終了後に「応募動画作品」を放映し、楽しい踊りを楽しみました。
  動画の視聴はいつでも可能です。東部公民館へお出かけください。



 何をするにも、何てったって ”準備と後片付け” 。本番よりも重要と言っても過言ではない。

今回の展示会は規模縮小ということもあり、文化部員のみなさんのみで動いていただきました。

前日の準備から3日間、お忙しい中本当にありがとうございました。

 

 

↓ 初日の朝はテントたてから。

 

 

 

↓ 今年はコロナ対策のため受付を設置。来館者一人一人に対応していただきました。

 

 

 

 

↓ お楽しみのもち振る舞いや抽選会がないので、来館者にはささやかな賞品をプレゼント。

おうちで食べてねー。

 

 

↓何か不具合があれば対応していただきました。

 

 

 

↓ 放映も3種類ある為、頃合いを見て切り替え作業をしていただきました。

 

 

 

↓ 雨が降ったり止んだりで大変な中でしたが、子供たちがキクイモを掘りやすいように下準備をしていただきました。実は食べたことがないとのことだったので、是非お持ち帰りください!

 

 

 

↓ まずい!子供賞品のお菓子が足りなそう・・・んじゃ足しとくね〜と、進んでつくっていただきました。

 

 

 

↓ ちょっとした合間も細かい作業をしていただきました。

 

 

 

↓ いや〜寒がった、一日目終了。お疲れ様でした!!帰る前にほっと一息。

 

 



 展示会に向けて、4つのサークルの皆さんが制作に取り組みました。

 時期が来ると何となく「今年の作品どうする〜?」と悩みながらも、アディアを絞り出し合いながら、毎年素敵な作品を展示していただいています。

 作品からもサークルの雰囲気が伝わってくるようです。制作から展示作業まで、本当にありがとうございました!

 

 

《いきいき教室》 グラスランタン

 『自由にどうぞ』がかえって難しいみなさん。ですが、ある程度進むと止まらない止まらない!

「よし!できた!!」と納得いくまで、熱心に取り組んでいました。

 

 

 

 

 

リサイクル会》 ふくろう状差し

 93歳の先生に聞きながら。キットを使うのではなく、型紙を取るところから頑張りました。ちょっとしたコツを教わることで、作業もスムーズになりますね。

 

 

 

 

 

 

《いちごクラブ》 アマビエぬりえ・白椿神社

 疫病退散!!の願いを込めて、おっかなくない可愛いアマビエさんに。

一つのアイディアからどんどん枝分かれして、なんとたったの3時間で神社まで手作りしちゃいました!!改まった「話し合い」の域を超えて、お互いの意見や失敗を受け入れつつ進行する様子は、何とも言えない長年の絆を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《秋桜倶楽部》 リメイクTシャツ

 

 Tシャツを染めるのではなく『色を抜く』という発想。漂白剤の原液をかけるとあら不思議!?縛ったところに素敵な模様が。どんな風に仕上がるのか全く想像できないのも一つの楽しみ、思ったのと違ったけどなんかいいじゃん?も一つの楽しみ。完全防備で挑みました。

 

 

 

 

 

 

 



 10月24日(土)、25日(日)「しろつばき展示会」がありました。

 8月下旬ころから、まず「やるか、やらないか」を事務局の皆さんを中心に話し合いを重ね、

新しい生活様式に沿い、感染防止を徹底しての開催となりました。

 

 

↓ 特設『しろつばき神社』。昨年に引き続き、美の里さんから立派な鳥居をお借りして、よりリアルな神社となりました。

 

 

↓ 第二小学校児童によるアマビエぬりえ。私のどれかなー??

 

 

↓大人のぬりえとおしっさま。

 

 

↓ ビッグパッドで「第二小学校学習発表会」「ドローンによる白椿上空映像」

「飯豊町プロモーション映像」を放映しました。

 

 

↓ 今年度の課題としている「公民館活動を地区の皆さんに知ってもらう」ために、たくさんの写真を掲示させていただきました。

 

 

 

 

↓ 日本野鳥の会山形支部の会員でもいらっしゃる鳥海隼夫さん。飯豊町内で撮影されたという、「アカショウビン」がいろんなえさを捕らえた決定的瞬間を撮影した、貴重な写真を展示してくださいました。7月の巣箱作りの時は、たくさんのアドバイスをいただきありがとうございました。

 

 

 

↓「ママ見て見て〜〜、ぼくのあったよ〜(^o^)丿」と、お家の方の手を引っ張って作品を見てもらっているお子さんがたくさんいらっしゃいました。何とも微笑ましい光景。

 

 

↓ 「おー!ぼくの、なかなかいいじゃん!?」改めて展示されている自分の作品を見るのも、また一味違って見えるかもしれませんね。個性あるれる素晴らしい作品ばかりでした。

 

 

↓ 一般の方々からの出店作品。貴重な作品をありがとうございました。

 

 

↓ ステイホームで見つけた昔なつかし写真。もっこかつぎ、したね〜〜(#^.^#)

 

 

↓ お世話になった懐かしい先生との再会とおしゃべり。私たちも親になりました。。。

 

 

↓ 雨が降ったり止んだりの寒い中、今回もリサイクル会パワフルばーちゃん達は、交代で売り子を頑張っていました。

 

 

↓ キクイモほりほりコーナー。と〜っても体にいいんだよ!!レシピ、お母さんに見せてお料理してもらってね。

 

 無事に全日程を終了できたこと、地区の皆さんに感謝申し上げます。

コロナでなかなか集まれないけど、”みんなさ会わっちぇいがった〜〜!!”ありがとうございました!



 10月30日(金)〜11月1日(日)までの3日間、「令和2年度東部地区文化活動推進週間」(略称:文化ウィーク)と銘打っての「作品展示と読書」を中心に文化活動を実施いたしました。
 今年度の文化活動は、新型コロナウイルスの感染防止のため、従来の文化祭と同様の開催は不可能でしたが、「準備委員会」「実行委員会」「文化部・体育部合同会議」で繰り返し検討し、「新しい文化活動」の取り組みとして実施いたしました。3日間の来館者数は、約300名で昨年より多くの皆さんにご来館・ご鑑賞いただきました。
 企画内容は従来の「創作作品の展示」「児童センター・小学校の児童の作品展示」「地域の各サークル、愛好会の作品展示」と「読書まつり」を中心に実施し、新たな取り組みとして「ながめやまバイオガス発電施設の見学」「東部地区ウォーキングまっぷ」を活用した「温ったまりウォーク」の開催など、『新型コロナウイルス感染防止対策』『事故防止の安全対策』を実施しながら、子どもから高齢者まで楽しむことが出来る文化活動になりました。
 併せて、東部地区公民館文化部が主管する「東部地区全員読書運動(仮称)」と添川小学校PTAの親子読書運動と連携させ、「絵本のレシピ」を題材とした読育講演会を行い、「絵本は文字だけでなくイメージとして読むことができる」「本を読み聞きする時、子どもの話を聞く時は思い込みをしない」「子供向けの伝記物は理解しやすい本なので活用できる」など参考になる内容で、地区読書運動の素晴らしい「キックオフイベント」となりました。
 厳しい環境の中で開催へ向けた準備等にご協力いただいた実行委員会等の皆さん、各サークル、愛好会の皆さんのご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。