飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

11月26日(金)飯豊中学校に地域の皆さんから集まったペットボトルのキャップを寄贈に館長が行ってきました。平成25年度から公民館で呼びかけて集めていました。860個で一人分のワクチン、毎年文化祭の時に寄贈していましたが、昨年はコロナでお渡しすることができなかったので、今年は飯豊中学校に2年分73,960個が集まり、86人分のポリオワクチンに役立てて頂きたいと思います。地域の皆さんご協力ありがとうございました。



11月26日(金)地元第一小学校の2年生28名と引率の先生3名、合計31名が来館されました。毎年この時期、生活科の学習で、自分たちの住んでいる地域にある公共施設を探検する「町探検」という事での来館でした。最初に公民館の概要を説明し、そのあと施設内をすべて見て頂きました。今日は2つの団体さんが利用されておりおりましたので、説明前に廊下を走ったり大声を出したりしないでくださいねとの注意をし見て頂きましたが、それを忠実に守って頂いて見学してもらいました。その後公民館において気を付けていること、工夫してること、会議等はどれくらいやってるか、働いている人の数や働いている時間等、沢山の質問をいただきました。最後に皆さんよりご挨拶を頂き、元気に帰途につかれました。第一小2年生の皆さん、お疲れ様でした。またお越しください。



 11月24日午後1時半より、さわやかクラブとふるさと学園合同で今年度最後のレクリェーションを実施しました。悪天候のため参加者9名と少ない人数でしたが、カードを組み合わせて漢字を作ったり、出た漢字で熟語を作ったりと脳の活性化を図りました。

 中には目にしたことのない新漢字も出たりして、『有りそうな、無いような・・』とみんなで大いに盛り上がりながら1時間楽しみました。 

                          



   11月5日(金)〜7日(日)まで、東部地区公民館を会場に令和3年度東部地区文化祭(愛称:イーデトーヴ文化祭)が開催され、多くの地区、町内の皆様にご来館ただきました。
   今年は昨年に引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため「飲食や演芸なし」での開催となりましたが、新企画での実施で楽しんでいただけたようです。
  【展示】企画では、例年の個人・団体の創作作品等の展示。特に貴重な山野草の映像を使った「山野草カレンダー」は、例年より多くの作品を出品いただき、見ごたえのある展示となりました。
  【参加型のイベント】企画は、牛乳パック再利用での「手作りはがき体験教室」「写経・写仏体験教室」を開催し、はじめての体験に積極的に取組み楽しい教室となりました。
また、「眺山ドキュメンタリー映画祭」においては、過去のふるさと祭りの映像や町消防団の活動動画・ふるさと祭りの「家族で踊ろう」動画の上映を行い、笑い声が起きるなど楽しく鑑賞いたしました。
 実行委員会の中から出された意見で「昔のお祭りなどの写真展」の提案があり、今年は「平成4年の活動内容の写真」を展示しました。さらには、50年前(昭和42年)の青年教室?の写真もあり、当時の写真に見入っていました。50年の歳月を経て色褪せたカラー写真ですが、想い出は色鮮やかに甦ったことと思います。

 さらに、今年の文化祭の「目玉企画」として 崔篭萃慌颪ら添川小学校全児童への図書プレゼント」◆屬覆めやま(リュース)文庫の開設」を行いました。
図書のプレゼントは、事前に小学校の協力を得て選定し、地区長会から児童一人一人に楽しく読んでくれるようメッセージを添えて手渡されました。
   ながめやま(リュース)文庫へは、300冊弱の図書(月刊誌含む)の提供協力があり、リユース(再活用)図書として、興味のある図書を来館者へプレゼントしました。引き続きリュース文庫の取組みと公民館蔵書のプレゼントを実施していますので、ご利用ください。
   今年の文化祭は、選挙で日程変更となりましたが、文化祭実行委員会のみなさん、大変ご協力ありがとうございました。

>



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

今回は11月発行予定でありましたしろつばき館報を12月号として発行いたします。

しろつばき展示会始め、分館連絡協議会事業「雪囲い講習会男結び」講習会とちっちゃいめざみの里まつり、「いいでみらいマルシェ」に食彩しろつばきで参加してきた様子を記載させていただきました。

コロナ終息を願いつつ、何らかの形で活動出来る事にとてもうれしく思っております。

地区の皆様方に沢山の活動状況を知っていただくために、沢山の写真を掲載させていただきました。公民館として社会教育、町づくりとしての思いを今後も生かせるように頑張っていきたいものと考えております。

 



11月11日(木)中部地区公民館運営審議会並びに分館連絡協議会の合同視察研修会が開催されました。毎年この時期に開催されており、例年ですと県外へも出かけておりましたが、この節、県外へは時期早々かなと感じ、近場での研修先を探しておった所、昨年白鷹町、今年は長井市と各役所が改築されており是非見てみたいと感じ、,両役所の方へ連絡お願いした所、どちらも快く受けて頂きました。まず午前、長井市役所へお邪魔しました。新庁舎では、今まで分散していた行政機能を集約し利便性を高め更に長井駅が一つの建物で繋がり、全国初となる「駅と一体となった庁舎」であることが大きな特徴でした。更に全長170mの新庁舎には広い駐車場、そして雨に濡れることなく乗り降りが出来るスペース、エレベータ等市民の方々が快適に来庁できるようサポートされておりました。

長井市役所を後にし、白鷹町へ移動し、役場にお邪魔する前に深山にある「いきいき深山郷のどか村」にお邪魔し昼食をいただきました。この時期はやっぱり新そばが出る時期でもあるので、皆さん天ざるそばを注文しいただきました。古民家を改装した所でいただく新そばはこしもあり、のど越しも良く、大変おいしゅうございました。ご馳走様でした。

さて、午後からは白鷹町役場へと移動し視察させていただきました。白鷹町役場は町中央公民館、そして町図書館との複合施設となっておりました。施設は白鷹町産スギ材がふんだんに使用されており、設計時には町民の方々に試験伐採等に参加してもらう等し、理解を深めていただいたことにより、白鷹町産スギ材の魅力・迫力を最大限に活かした親しみやすく温かみのある空間が実現したとの事でした。

最後に長井市役所、白鷹町役場の関係者の方々、お忙しい中、視察を快くお受けいただき更に丁寧かつ親切に案内していただきことに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。(ひ)



11月3日(水)手ノ子スキー場を会場に西部地区分館対抗グランドゴルフ大会が開催されました。年齢オープンで小学生を含め、男子36名、女子17名の合計53名が参加し、分館対抗の団体戦と個人戦で熱戦が展開されました。

秋晴れのなか、参加された皆さんは分館の垣根を超え、和気あいあいと楽しくプレーされたようでした。参加されたみなさん大変お疲れさまでした。  



10月29日(金)手ノ子小学校を会場にふるさと学園生が小学校2〜3年生とグランドゴルフを通じて交流しました。小学校の放課後活動に一緒に参加させていただいての開催となり、ふるさと学園生9名、小学2、3年生9名と先生にも参加頂き、総勢21名で熱戦が展開されました。ステックの持ち方やゴールをめがけて打ちかたを練習したあと、コースに出ました。各ホール重ねるうちに要領を得、ときにはホールインワンを達成するなど、指導にあたった会員からは、「じょうず.じょうず」「なかなかなもんだ」など各組から連呼の声が聞こえていました。限られた時間のなかで皆んな楽しく交流ができ、元気の源ができた一日でした。お疲れさまでした

 

 



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

 10月24日〜27日までの4日間、西部地区公民館に於いて例年の文化祭に変わる展示会を開催いたしました。

 個人・団体とも多くの方々が出品してくださり、また地区内地区外の多くの方にご来場いただき、心より感謝いたします。ご協力ありがとうございました。

 来年は盛大に文化祭を開催出来ることを願います。

 
 

 



今頃になりましたが・・・・

飯豊中旧グランド桜並木下、道路沿いにリサイクル会の2名の方々と

菜の花の種を撒きました。昨年度は遅く種まきした結果ほとんど芽がでないまま

失敗😞・・・今年は種を戴いた分全て撒いてみました。

綺麗に土をならしていきます。

みんなで少しずつ種を撒いていきます。

水をたっぷりかけ芽が出るのが楽しみ

周りは一面に笹や葛が沢山はびこっています。

これをどうするかが今後の課題になります。

まちづくりの一環ではじめたこの活動、車を走らせながら来年の春にはきれいな

さくらの花と共に咲き誇る事を願います。

皆さん方からも少しずつお手伝いを戴きながらより良いまちづくりが出来ますように。

 

 



11月7日(日)、文化週間の片付け後に、公民館運営審議委員の皆さんと消防設備点検や非常口、避難経路の確認等を行いました。

 

 

中津川地区公民館は地上2階にあるため、高齢者が避難する際には、階段の上り下りなど危険のないように誘導する必要があると感じました。



10月30日 ちっちゃいめざみの里祭りとしていいでみらいマルシェがあ~す広場を会場に行われました。昨年から参加している食彩しろつばきとして、今年度はスノーエッグ会場に続き2回目となります。若い方々との交流を交えての活動に、おばあちゃんたちは野菜の準備に取り掛かりました。

晴天の暖かな陽気の中、準備に取り掛かってお客様をお迎え。

大根、白菜、青菜・・さつまいも、、黒ニンニクなどなど

バルンアートはちびっ子で大賑わい、みんなあつまれ〜・・・・少しはなれてね☻

艶YA沙の親子、青空の下華やかさが一層引き立ちます。

ハンドパンでおなじみの横山さんです。

飯豊町産こくわティー販売に向けてのPR中です。八島と申します。

スッキリして美味しかったよ!

久しぶりの青空の中のイベントに参加した親子連れが多く笑顔があふれんばかりで

とても良かったですね。

 

小白川に移住された難波さん。本日ぱんやオープン。

間に合いました。 ・・・残念ながらすぐ完売😞

今度楽しみにしていま~す。

来場者の方の抽選所、沢山のかたがいらしたので早めに終了となりました。

私達の斜め向かいに毎度おなじみのソラシドの本坊さんがテントの中で奮闘中。

おらんだラジオや各イベントでご一緒しています。

来年には西川町の本坊さんの畑を視察して交流したいお話をかけてみました。

そしたらなんと、まずは本坊さんが先にこちらに来て色々教えてもらってからが

いいとのお話、ぼかし肥料や無農薬栽培についての今後実践していきたいとの事。

私たちも頑張ってそれに対応できるようにしなくっちゃね。( ´∀` )

いつもこの時期には雨風、みぞれっぽい物が降り冬の訪れをしみじみ感じ

芯から冷え冷えの状況を何年か味わっていました。

今日ほど晴天に恵まれ、青空の下で思う存分秋を満喫できたことに感謝です。

ただ、この場所で飲食できない辛さ、テイクアウトの状況であったことが少しばかり

残念な所なのではないでしょうか。

今後のコロナ感染が衰退していく事を願うばかりです。



 

10月23・24日の両日、しろつばき展示会が開催されました。天気が不安定な中ではありましたが

沢山の方々がおいでになられました。

コロナ対策として受付を済ませ    椿小学校の古材で作られたこけし

ての入場となりました。       椿小学校の思い出に残る電子オルガン

オリンピック聖火トーチ

  (小白川の盒極禝さん)      展示の数々

若いお母さんたちが沢山見えられました。

關川さんによるなつかしさいっぱいの紙芝居

                   サークルの作品

沢山出していただいた一般の方々からの川柳と白椿川柳会員の     

川柳が飾られています。大変喜んで頂けたようです。

白椿地区の海外での異文化体験の写真を掲示

ドイツヨーロッパ、ドイツ、カンボジア、チリなどなど

素晴らしい体験をなされ、今に生かされておられる方々ばかりです。

子供達は興味深々、未来はあなたたちの番です。

                 一般、保育園児の皆さんの作品

苔玉盆栽            ビックパッドによる第二小学習発表映写

               小白川地区の方による太鼓の皮張りの工程写真

               黒獅子のクーピー画が話題に!

その太鼓を子供たちがたたいています。  

 ドンドン、ドンドン・・・       第二小学校の児童作品の数々

外では餅の振る舞いが出来ないので役員の方々で準備した袋入り餅まきをして

拾ってもらいました。やはり、餅はいいよなあ〜!

婆ちゃん達も拾い集めたくさん抱えておられました。

「自宅で納豆餅だ~!」 「いやいやお雑煮餅だよ・・・・!」 

直売所では食彩しろつばきの直売です。

秋野菜が並びます。        お帰りの際には来場者の方々へ心ばかりの品物を・・・

                  子供たちには駄菓子袋をプレゼント。

展示会用の川柳に合わせ、前会長(故)志田月歩杯を23日の午前中に

公民館大会議室にて互選会が実施されました。公民館職員も会員である為

忙しいながらも投句、選をして代読していただいたところでした。

優勝はダントツ、そうですベテランである伊藤綾女さんです。オメデトウございまいた。

選句集は後日、出来上がるのを楽しみにしております。

 

 

コロナ感染も少しずつ収まってはいますが油断はできません。

今後も十分に注意をしながら事業の展開を考えております。

来年度は普通の文化祭が出来る事を願ってみんなで楽しみたいものと考えております。

沢山の来場者の方々ありがとうございました。

展示会に関わられた方々、そして多数の展示作品を出していただいた方々に

お礼を申し上げます。誠にありがとうございました。



現在開催中の「令和3年 中津川地区文化週間」は、11月7日まで行っております。

 

昨日11月3日は、農産物即売会と芋煮のふるまいを行いました。子ども連れの方も多く、大変にぎやかでした。また、地区内の方だけでなく、紅葉を見に来られた県外の方々が、車を止めて立ち寄って下さり、農産物を買ったり、公民館内の展示を見学していかれました。

 

 

 

 

今日11月4日の午前中は、岩倉のおばあちゃん方や白川・下屋地・数馬のゆうゆうくらぶの皆さんが展示を見に来てくださいました。昭和の写真展では、背伸びして食い入るように見る皆さん!大いににぎわいました!

 

 

 

 

今年は展示数が少なくなっておりますが、貴重な作品、面白い作品が多くありますので、ぜひ足をお運びください。

最終日7日は15:00まで展示しております。

 



10月29日(金)、一週間に渡り開催しておりました、中部地区文化祭がこの日を最後に終了致しました。今年度はコロナの影響で、素人演芸、大抽選会、売店、振る舞い餅等ができず、作品の展示だけという初めての形での開催ということで、始まるまでは不安でいっぱいでした。ですが、いざ始まりますと、沢山の方々に出展をいただき、更に沢山の方々に協力を得、そして沢山の方々においでいただき、本当に関わった方々全員に感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。来年は是非コロナも収束して、例年通りに開催することが出来るよう祈るばかりです。