飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

本日、平成29年度しろあと教室閉級式が行なわれました。室長と公民館長のあいさつをいただき、その後、今年度の事業活動が報告されました。引き続き西置賜行政組合飯豊分署にお願いし、消防講話(消防、救急)についてお話をいただきました。消防については日頃、気をつけてるストーブやこたつ以外にタコ足配線等、ケーブルなどの火災の原因も多く、気をつけて下さいとの内容でした。救急については脳梗塞などで前もって痺れや言葉など出難いなどの症状が出たら、すぐ救急車を呼ぶなど4,5H以内の対応が必要との事でした。皆さん、消防も救急も身近な事と捕らえ真剣な眼差しでお聞きしておりました。その後は場所を変え懇親会を開催し和気藹々の内に閉級式を閉じました。

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_1051.JPG">



本日飯豊町立第一小学校の生徒15名と飯豊町立手ノ子小学校の生徒15名の30名で、中津川地区で古くから伝わる冬のおやつ「のりもち」と「かいもち」作りを体験してきました。

中部地区公民館からは職員1名と15名の児童が乗車し、西部地区公民館からは職員1名と8名の児童が乗車し中津川地区公民館を目ざしました!

のりもちとは、米を石臼で粉状にしたものにクルミ・砂糖を入れ混ぜ、水を入れ硬さを調整しながら杵と臼でついたおやつの事だそうです。  子ども達は作り方の説明を真剣に聞き、挑戦!杵でペッタン、ペッタン! 最初は遠慮がちだった子も、1回挑戦すれば自信がついて再度挑戦!上手に出来上がりました。

 

かいいもちは、蕎麦の粉を火にかけながら混ぜ込みする作業で、力とスピードが必要となります。みんなで協力して作った「のりもち・かいもち」の味は最高美味しかったようで、何杯もお替わりし食べていた児童もいました。

 

 

子ども達に体験した感想を聞くと・・・「美味しく出来たので良かった」とか「杵を初めて使って重かった」など様々な話が聞け、貴重な体験ができ、また地域・小学校間の交流もでき良い一日だったと思います。

お土産に「のりもち」「かいもち」を貰って帰り、今夜は各家庭で体験談に花が咲くことでしょう!

今回先生になって下さったAIさん、KMさん・・・大変貴重な体験をさせて頂き感謝いたします。また会場を準備して下さった中津川地区公民館職員の方大変有難うございました。



3月は慌ただしい月で、お彼岸中の開催でしたが、20名の学級生が参加して下さいました。

29年度の事業報告・会計報告をした後、米沢市南部コミュニティセンターの館長さんの「遠藤岩根氏」をお招きし講演をお聞きしました。童謡の合唱をしたり、脳トレをしたり、笑いが絶えない楽しい時間を過ごせることが出来、参加者は大満足の様子でした。

第2部は食事をしながらの懇親会で、最後に岩根先生の「県歌 最上川」独唱を悔いるようにお聞きし、その歌声に心が洗われ、本年度の婦人学級の活動は終了いたしました。

終わり良ければ全て良し!ということわざがある通り、1年間を振り返ると、充実した活動が出来、また色んな事にみなで挑戦でき、連帯感・信頼感が深まり、素晴らしい1年だったと思います。公民館活動にご理解とご協力して下さった皆の今後の活躍をお祈りいたします。

また、遠方よりおいで下さった遠藤岩根先生・・・大変有難うございました。

 

 



2月25日(日)中部地区子ども育成会除雪ボランティアが行なわれました。中部地区各子ども育成会より27名もの多くの親子に参加いただき、2班に分かれ計5ヶ所のお宅を訪問し除雪させていただきました。訪問先は高齢の1人暮らしの方や少し体の不自由な方宅を選ばせていただきまして、訪問先のお爺ちゃんやお婆ちゃんには自分の孫のような子どもたちに除雪を手伝ってもらって大変喜んでおられました。子供たちは当然ながら、横で見ていた親御さんも満足げな顔をされていまして、その光景を見ただけで、この除雪ボランティアの意味合いを確認いたしました。約2時間汗をかき、その後公民館に戻りおいしい豚汁とおにぎりを頬張り、解散となりました。本当に参加いただいた沢山の子どもたち、そして父兄の皆さん、お疲れ様でした。最後になりますが、除雪先を探すにいたってご紹介をいただきました、地元の有志の方々にも感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。(ひ)

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0898.JPG"><img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0900.JPG">

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0904.JPG">

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0907.JPG">



2月15日。

「こども☆キッチン」でご縁が繋がった先生より声掛け頂き、食育に関する学習会と調理の勉強会を行いました。

体に良い水の事、体を温める食材の事、野菜に使用されている農薬の事等様々教えて頂きました。

体に優しい食材で「ドイツパン」「クスクスのグラタン」「バーニャカウダー」「ビーツのトマトスープ」を参加者で協力して作り完成した料理を食べながら情報交換と親睦も図れ貴重な時間を過ごす事が出来ました。

「食」 はとても大事で、疲れた体と心を癒してくれると思います。

家族が元気がなく疲れて帰ってきても、食事を摂ったあとは何となく会話も弾んだり・笑顔がこぼれる事が多々あると思います。インフルエンザも猛威をふるっておりますが、心も体も温まる食卓・・・心掛けたいと思います☆

 

 

 

 

 



1月27日(土曜日)猛吹雪の中、DIY教室が開催されました。電動ドリルを使っての作業は勿論、道具の名前・使い方も良く分からない参加者へ優しく丁寧にM先生が教えて下さったお陰で、約3時間の作業後、歓声と拍手が沸き起こり、どの部屋で、どんな使い道をするか話に花が咲いておりました。事業を通して、地域住民の皆さんの間で交流が生まれ、豊かな心を持ち・活き活きとした生活が送れる事を期待しながら・・・

次回は2月24日に予定しております。

 

 

 

 



明日27日(土曜日)に多目的ホールにて、今話題の「DIY教室」を行います。ちょっとした小物作りや、家のメンテナンスに繋がる事を願って、原案から相談にのって頂いた講師の先生のお陰で事業開催までこぎ着けられたことに感謝致します。有難うございます!後日、作業風景写真を掲載いたします。



1月20日(土)新春将棋大会を開催いたしました。参加者は小学4年生から80代半ばの幅広い年代の方、更に地元飯豊をはじめ、長井、白鷹、川西の方と合計20名の方に参加いただきました。クラスをA,Bと二つに分け各クラス共白熱した戦いが繰り広げられました。結果Aクラスは上位3人が4勝1敗と勝敗が並び得点により優勝は添川地区のE氏、準優勝は小白川地区のI氏、3位は長井地区のI氏となりました。Bクラスも上位4人が同じく4勝1敗となり、こちらも得点により、優勝が萩生地区のT氏、準優勝が長井地区にS氏、3位が同じく長井地区のS氏でした。A,B各クラス共、得点が各1点差であり、最後まで息を呑む戦いでした。昼食も弁当と豚汁を食べていただき、白熱した中にもわきあいあいとした雰囲気の中での開催でした。本当に参加して頂いた20名の方々、ありがとうございました。

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0814.JPG"><img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0829.JPG">



新年あけましておめでとうございます。

本日今年初めての「ほのぼのサロン」の皆様の活動がありました。新年を迎え、心なしか皆さんの表情も明るく見え良い年越しをされた事を感じられました。

毎年萩生のUさんより巨大だんごの木を寄付して頂き、ほのぼのサロンの皆さんに「だんごの木」を飾って頂く事が中部地区公民館の恒例行事になっており、 これから1年間元気・火ぷせ・安心・安全な生活が送れるようを祈願し、玄関ホール設置にしました。近くにお越しの際は中部公民館まで足をお運び頂き、是非ご覧ください☆

 

 

 

 



御用納めの12月28日・・・中部地区婦人学級と農協女性部の生け花教室が開催されました。

婦人学級は毎年恒例の事業になっており小松先生のご指導の元、枝振り・花の向き・枝の長さ・・・

何処に飾るか、玄関・床の間・・・飾る場所により「丈」が決まってくるため色々考えながら、今年一年を振る帰りつつ、いいお正月が迎えられるよう、真剣な眼差しで生けておりました。

農協女性部は、むすめや花やさんのご指導のもと可愛らしい花を生けておられ、公民館に寄贈してくださいました。

この一年色んな方々にご協力・お世話になり感謝申し上げます。有難うございました。

 みなさま・・・良い年をお迎え下さいませ・・・☆



12月23日(祝)10時から「親子ケーキつくり」を行いました。参加者は11組24名の親子とおじいちゃま♡

スポンジケーキにシロップを塗ったり、果物をカットしたり・・・わいわいガヤガヤ☆とても楽しそうにケーキにデコレーションしていました。事前に公民館で準備した材料の他に、ご自分で材料を用意されココアの生クリームやいちご生クリームにアレンジし、思い思いのケーキを作っていました。ある3年生の女の子は「子どもキッチン☆」にも参加してた経過があり、そこで教わった「ニャンコの手」が活かされており、子供の持つ学習力の素晴らしさ、色んな事を体験する事の大切さ、改めて勉強になり今後の励みになりました。

完成後「おばぁちゃん達が来るからみんなで食べるの〜♡」と笑顔で帰って行きました。家族団らんで楽しいクリスマスイブを過ごし、Xmasの朝にはサンタさんからのプレゼントで子ども達が喜ぶ顔!最高ですね!

 

 



12月18日、婦人学級より急な予約が入り、数名で文化祭で展示した壁掛けの手直しをするとの事・・・

数時間後「飾り方手伝って!」と声がかかり玄関ホールに行ってみると皆さんで楽しそうに「あら、いいごど〜☆」と自画自賛!白い壁に映え、圧巻です!  婦人学級の歴史は開級約30年。「よく学び・よく遊ぶ」をモットーにしており、仲間づくり・自分・家族の為活き活きした日々を過ごす事を心がけ活発に活動されております。

今後の予定は、12月28日「迎春用生け花教室」 1月25日「初釜会」3月は「閉級式」となっております。

萩生にお越しの際は、中部地区公民館まで足をお運び頂きまして圧巻の壁掛けをご覧いただきましたら嬉しく思います。



12月17日(日曜日)10時より、1年生から6年生までの親子9組が参加され「子どもキッチン☆最終回」が開催されました。Xmasも近い事から鶏肉料理を含み3品を作る事になりました。基本、調理するのは子どもで、親はそれを見守りサポートすることとし、調理がスタート!手羽元をフォークでグサグサ・・・つけだれにドボーン!順調な滑り出しで、その後は野菜を切ったり、きのこを割いたり、1年生の参加者はお母さんに教えてもらったり、上級生に手伝ってもらいながら頑張っていました。協力して作ったのが「激うまチキン」 「わいわいピザ」 「いろどりサラダ」の3品!みんなで頂きますをし「難しかったけど、美味しいかった!」などの感想も聞け、親子の時間を楽しんでおられる様子でした。最後にみんなで片づけをし、調理自習室をピカピカにしてくださいました。

この「子どもキッチン☆」は4回にわたり開催されました。ご協力頂いた先生・お手伝いの社会教育推進員及び関係者の皆様有難うございました。

 

 

 

 



12月15日にわくわくこども園よりお招きいただき婦人学級生との交流会が行われました。園児達は「クリスマス会」で発表したお遊戯を音楽に合わせ体を大きく動かし、楽しそうに笑顔で踊ってくれました。婦人学級のみなさんもそれを優しい微笑で見守っておられました。第2部として「昔遊び」が行われ、お手玉・こま回し・ゴムとび・あやとり・広告紙で作った紙鉄砲などで遊びました。楽しそうな園児達の笑顔!婦人学級の皆さんも童心に帰ったような笑顔!園内に響く笑い声・・・本当に楽しい時間を過ごさせて頂き、感じたのは「飯豊町の宝」子ども達をこれからも地域で見守り・共に笑顔で過ごせたら素晴らしいべな〜!という事です。最後に園児手作りのプレゼントがありハイタッチをしてサヨナラとなりました。この素晴らしい発表会に招待して下さった渡部園長先生・諸先生方に感謝申し上げます。

 

 

 



今回で3回目の子どもキッチン☆ 「手作りホットドック」を作りました。材料をまぜ混ぜ・・・ラップを使っての成型・・・簡単の様でなかなか難しく、お肉に粘り気が出るまでコネコネ・・・「せんせーい!もっとまぜるんですか?」「ほだな〜頑張ってね!」との会話が飛び交いみんな真剣な表情で頑張りました。1年生の子は成型が上手に出来ず先生に手伝ってもらいながら1つ作ったら、なんと!自信がついたんでしょうね。もっと作りたい!と再チャレンジ!一人でも上手に作れるようになりました!その後蒸し・フライパンで焼き、パンにマヨネーズ・手作りホットドックをのせ、ケッチャップをかけて出来上がり!!みんな自分の作ったホットドックに大満足の様子でした!最後に感想を聞くと「おうちでも作って家族にごちそうしたい!」と笑顔で話してくれました。