飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

 今年も宜しくお願い致します。

館報1月号を発行しました。ご覧ください。 



 1月10日(日)手ノ子スキー場を会場に西部地区スキー教室の開講式と第1回目の講習会が開催されました。西部スキー教室は、小学2年生から6年生までの総勢27名が受講し、2月20日まで計6回行われます。

 開講式の終了後1回目の講習会が開催され、各班指導者の後ろについて元気に滑って行きました。

西部スキー教室に参加した児童の皆さんには、スキーの基礎技術.競技技術を習得していただき、雪降る自然のなかで、心と体を鍛え、冬の季節の厳しさと楽しさを、満喫していただきたいと思っております。



1月13日、今年に入り始めて、おらんだラジオの企画「おらんだのコミュニティ」をいつもお元気なお二人、嘉子さん、良子さんのよしながコンビに来館いただき取材していただきました。今回で5回目となります。そろそろネタも切れそうかなと皆さんお思いでしょうが、そこは公民館、ネタはあります。何とかなるもんです。そこで今回の内容はと申し上げたいところですが、そこは皆さん是非ラジオをお聞きになって下さい。よろしくお願い致します。尚、放送時間は下記の通りです。

1月17日(月)10:00〜10:30  19:00〜19:30

1月22日(土)18:00〜18:30

1月23日(日)13:00〜13:30 となっております。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

中津川公民館館報1月号が発行になりました。

ご覧ください。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

 中津川公民館 館報新春号が発行なりました。 ご覧ください。

1月11日(火)、中部地区ほのぼのサロンの皆さんにこの地方に伝わる小正月行事のだんご下げをしていただきました。このだんご下げとは元来、五穀豊穣、豊作などを願う伝統行事でミズキの木にだんごや彩り豊かなものを下げ、縁起物として床の間や神棚などに飾ざられるもので、この地域では古くから地域文化として受け継がれております。昨今、この様な伝統行事が廃れてきておりますが、公民館としてはこう言う伝統行事を受け継いで、更に後進に受け繋いでいかなければと考えております。    本日のサロンの皆さんは各自の家内安全、無病息災等を祈願しながらの飾り付けだったと思います。寒い中、本当にありがとうございました。



1月7日に長谷川清様より生け花をご寄贈いただきました。

吹雪の中、中津川公民館まで足を運んでいただき、本当にありがとうございました。

玄関ホールに飾っておりますので、お越しの際はぜひご覧ください。



12月27日(月)のチャレンジクラブは、冬休みに入った小学生6名と幼児3名が参加しました。

今回も白椿地区から3名の子どもたちと、スタッフ補助として白椿公民館の2名にも参加していただきました。たくさんの子どもたちがあつまり、とても賑やかな会になりました。

  

はじめはケーキ作りからスタート!一人一人クリームとお菓子で飾り付けて、オリジナルケーキが出来上がりました。

  

次は、ダンボールピザ窯づくり。ダンボールにアルミ箔をのりで貼り付けて作りました。幼稚園と低学年の子どもたちだったので、難しいかな?と思っていましたが、アルミ箔を切る人、のりで貼る人、ガムテープでくっつける人、穴をあける人などみんなで協力して作ることができました。

  

そして、午前の最後はピザづくり。ピザ生地を直径10cmほどに丸く伸ばし、ピザソースやチーズ、ウインナーなど好きな具材をのせて作りました。地元の農業法人エフエフさんで作っているアスパラ菜とプチヴェールも準備し、彩り鮮やかなピザが出来ました。

  

ピザが出来たら、玄関先にセットしたダンボールピザ窯に投入!吹雪で気温がマイナスの中、窯の中はポカポカ!「まだかな〜」と何度ものぞきにくる子も。

30分ほどでチーズも解けて、おいしいピザが焼き上がり、みんなで昼食タイム。おつゆ代わりのうどんも一緒に食べました。

  

午後は「外で雪遊び」か「中でダンボールハウス作り」を用意していましたが、猛吹雪のため中で遊ぶことにしました。

大きなダンボール箱を5つ用意し、「自由におうちを作ってみよう!」と子どもたちに提案すると、みんなと協力して大きなおうちを作るグループ、一人で秘密基地のようなおうちを作る子、壁にお絵描きをして兄弟で遊ぶ子など、約1時間半、時間をいっぱいに使って素敵なおうちが出来上がりました。お風呂やシャワー、トイレ、お花のプランターなど、たくさんの工夫が見られ、大人の私たちの方がびっくりさせられる作品でした。

雪遊びが出来ず残念でしたが、家庭ではなかなかできない体験ができたかなと思います。

 

全体を通して、小さい子の面倒を見るお兄さんお姉さんの姿、新しい友達と仲良くなって一緒に遊ぶ姿、みんなで協力して遊んだり片付けまで取り組む姿など、素敵な子どもたちの姿がたくさん見られました。次回も楽しい会になるよう企画したいと思います。

※ 次回のチャレンジクラブは3月に開催予定です。



12月25日(土)、クリスマスケーキ作りを行いました。下は年少から上は五年生まで計5組の家族が参加されました。最初はケーキの上または中に入れるイチゴやパイネップル、洋ナシ等を好きな形に切り、その後、生クリームを泡立て、最後にデコレーションしていきます。その他各自、トッピングするものを持参し、オリジナルのケーキを作り上げていきます。皆、それぞれ工夫しながら楽しそうにやっておられました。この日の夜はこのケーキを持ち帰り、家族団らんの中、美味しいケーキを食べながらクリスマスパーティーでもされたのかな?。



11月28日、第一小の2年生28名が「町たんけん」ということで、公民館見学にいらしたことは、以前HPにて紹介させていただきましたが、それに対してのお礼を公民館新聞という形で届けていただきました。内容は小学生の皆さんから受けた質問に対し、私の方から返答したことをしっかりと把握し、記載してありました。中でも私が少し照れたのは「ものしりはかせ」の○○(私の事)さんと題して書いてくれた内容でした。公民館使用時のマナー、部屋それぞれの使い方、年間に会議等でどれくらいの使用頻度があるか等、説明したのですが、なんでも知ってるものしりと解釈してもらいました。うれしいものです。第一小の皆さん、又いつでも公民館の方へおいで下さい。お待ちしております。



去る12月20日(月)

いきいき教室とリサイクル会の合同Xmasを行いました。両方に入っておられる方がいらっしゃいますので、みんなで楽しくやりたいものだと計画致しました。

家では中々Xmasケーキを食べることがない家庭もいらっしゃいます。

みんなで公民館で食べればいいじゃん!  と集合です。

まずはビックパッドで鑑賞会です。

ユーチューブで「ライクアバート置賜」飯豊編・・・それに引き続き飯豊余興を・・・( ´艸`)

飯豊編には飯豊で頑張っておられる方々、あ・それからリサイクル会の会長のたくあん漬けの

一コマも映ってましたよ。そしてそして・・・孫が出てる(^^)/・・と飯豊余興を存分に大笑い

 

今日は音楽のお楽しみとしてトーンチャイムのお勉強をと思っていましたが

急遽指導者が不在となり、さあ困った。😢

なんとかしんなね・・・といろはをつかって言葉作りに挑戦してもらいました。

あめ・かみふうせん・みそもち・・・時期だもんね〜!

てふてふ ? なんだそれ・・・正解はちょうちょうで〜す。

むかしの呼び方が出てきました。へ〜!

 

昔の遊びもやってみました。お手玉、得意中の得意・・・でも3個となるとむずがしなえ・・

おっこてしまいました。残念!

あやとり・・ちょっと忘れたぜは〜!

私んだはしばらくぶりだからとおしゃべりタイム

ケーキが渡された。すぐ食べるかと思いきや、包装紙で折り紙の達人が始まりました。

みんなから注目。  すごいなあ〜

その後楽しくケーキをいただき、そしてお弁当を食べました。

んめがったなあ。

ちょっと、みんなでしりとりしっぺ〜

子供に帰り一生懸命考え何周したことやら。

それさっき言った〜!  んがついったよなどと

楽しく時は過ぎ皆さんはえがったなあ〜と帰って行かれました。



   12月11日(土)東部地区公民館運営審議員研修会を実施いたしました。当日は、運営審議員・青少年育成推進員・社会教育推進員を含め総勢12名での研修となり、市立米沢図書館へ見学研修を行いました。
 市立米沢図書館は、米沢市中央の広場あとに平成28年7月に開館し、素晴らしい施設・図書管理をしています。 研修では図書館施設・機能が「どう生涯学習と関っているか?」をベースに、様々な施策・設計機能・活用方法等について学びました。
 また、市立米沢図書館設立時の基本コンセプトは、「歴史に学び、いまを生き、未来を創る市民の図書館」であり、理想的運営がなされているように感じました。
   研修会前段には「第2回運営審議会」「まちづくり委員会」を開催し、上半期の事業実績評価・運営課題について意見交換し、原案どおり承認となりました。
 コロナ禍の中での公民館事業が続きますが、どのように「生涯学習の実践」と「コミュニティ・地域づくり」を取り組んでいくのかを引き続き地域内で相談・協力しながら進めていきたいと思います。



今年7月16日、以前このHPにて紹介させて頂きましたが、中部地区子ども会育成会連絡協議会と中部地区分館連絡協議会から地元第一小学校へオリジナルマスク、オートディスペンサー、簡易式吊り下げミスト一式を贈らせて頂いております。これに対し、本日12月13日、第一小学校児童健康委員会の皆さんからメッセージ入りの御礼の書状をいただきました。全部目を通して読ませていただきましたが、本当にもらったありがとうの感謝の気持ちが一人一人の文章に深く書かれております。ここまでしていただき、こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。これから寒い日が続きます。風邪、そしてコロナに負けないように勉強にスポーツに頑張って下さい。



 12月8日(水)午後1時半より、公民館のサークル「ふるさと学園」と学校の連携活動として、ふるさと学園生8名と公民館職員が手ノ子小学校に出向きそば打ち体験を行いました。「高峰そば工房」から講師をお招きし、要所要所で見本を見せてもらいながら指導していただきました。時間の関係で、事前にふるさと学園の方々でそばを練るところまで進めておいて、子供たちには3班に分かれて、ふるさと学園生のアドバイスを受けながらこの後の工程を体験してもらいました。『幼稚園の時にしたことあるよ』と、子供たちは手慣れた手つきで大変上手に作業を進めていました。

 ふるさと学園の皆さん 職員共に、子供たちの『楽しかった―』と言う声に元気をいただき、今後の活動に繋げて行きたいと思います。

 

前準備

 

講師の方に伸ばし方のお手本を見せてもらってから順番にやってみました。

 

切り方もお手本を見せてもらってから順番にそば切りをしました。ふるさと学園の方から 色々教えてもらいながらゆっくり丁寧に切り進め、美味しそうなそばが出来上がりました。

 

打ったそばは、お家に持ち帰り試食してもらいました。