飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

5月19日(金)、西部地区公民館運営審議会及びまちづくり委員会を開催いたしました。審議委員の方より今年度の事業計画(案)についてご意見交換を頂戴しました。各事業の実施については少子高齢化が進むなかで、内容を検討しながら進めていく事を確認いたしました。

 



5月17日(水)ふるさと学園(会員19名)の役員で、公民館北側にある畑に野菜苗を植えました。当日は役員の方が午後1時30分より作業を開始し、じゃがいも、さといも、さつまいも等を次々と手際よく植付けして頂きました。今年はちいさなお友達の手伝いもいただいて無事終了しました。暑い中お疲れさまでした。

 収穫物については、今後開催される公民館の行事に活用させていただきます。



 4月21日(金)東部地区子ども会育成会連絡協議会総会が開催され、4年度の事業報告及び決算報告、5年度の事業計画(案)および予算(案)の審議を行い承認となり、新会長に中洞の横澤剛さんを選出しました。

 今年度の活動は令和8年度から実施される「義務教育学校」移行後の子ども会育成会の取組み強化も視野に入れながら、絆を深める事業の取り組みを確認しました。



 4月20日(水)に文化部会総会・24日(月)に体育部会総会がそれぞれ開催され、4年度の事業報告及び決算報告、5年度の事業計画(案)および予算(案)の審議を行い、原案のとおり承認となりました。(文化部長・横澤祐次(東山)氏、体育部長・横山晃太(昭和)氏と継続となりました)
 両部会とも今年の事業は「コロナ禍前」の事業実施を基本として、今後の継続開催や内容の変更等を検討しながら実施していくこととしました。
 文化部は「東部みんなで読書運動」の推進、体育部は「ウォーキング」を中心とした「町民一人1スポーツ」の推進を図ることを基本として年間の活動を行います。
 地区の多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 【文化部会総会の様子2枚】【体育部会総会の様子2枚】

  

 



  5月6日(土)、飯豊町消防団第三分団と、東部地区長会(自主防災会)が年度初めの顔合わせ会を実施しました。
 東部地区長会、飯豊町消防団長、飯豊町消防団第三分団の分団長、副分団長、各部長班長、前年度で退任した前部長、高橋勝氏が参加しました。
 現地区長、現第三分団幹部がそ れぞれ自己紹介をし、団長、地区町会長、第三分団長、地元議員あいさつがありました。

 各あいさつのなかで、昨年8月の豪雨災害の事や、当時の避難時の対応、自主防災会や、各分館への土のう用山砂の配備などが話され、今後の地区長会と消防団の自主防災の取り組みや、東部地区全体の連携を強化する事をお互いに確認しました。



 4月12日(水)上代地区の眺山水芭蕉群生地で「水芭蕉園オープンセレモニー」が開催されました。
 式典には、眺山観光協会、添川地区財産区の関係者および添川小学校の児童など約40名が参加しました。
 冒頭、主催者側を代表し眺山観光協会の山本幸男会長より「水芭蕉を守るため電気柵の設置・見回り活動を続けてきたかいがあり今年は多くの水芭蕉が咲いた。東部地区の宝として楽しみながら守り続けて欲しい」とあいさつがありました。続いて咲き並ぶ水芭蕉前で、添川小学校の4年生7名によるテープカットが行われ、セレモニーの後は、タブレットを持参した小学生たちが、思い思いの場所で写真撮影を行い、水芭蕉の魅力を楽しんでいました。
 眺山水芭蕉群生地は、イノシシ被害防止のための電気柵が設置されていますのでご注意ください。
 また、2021年4月以降に、飯豊町東部地区で撮影した魅力ある写真を対象にフォトコンテストを実施します。ご応募は6月30日(必着)。お問い合わせは東部地区公民館へどうぞ。



   4月26日(水)東部地区公民館において、「令和5年度第1回公民館運営審議会」が開催され、今年度の審議員により公民館の事業計画(案)について意見交換を行い、各事業の実施についてはコロナ禍以前の実行委員会体制等での検討を行い実施していくこととしました。

 しかしながら、東部地区の3大事業(‥裟邁浩堯屬佞襪気蛤廚蝓廰添川小・地区合同大運動会J顕什廖砲里Δ繊↓,佞襪気蛤廚蠅鉢合同大運動会については、開催にあたり各戸からの協力金をいただいていた経過があり、実行委員会開催前に「地区長会や各組織代表者での相談」が必要になってくる場合も想定されます。いずれ地区民の皆様のご負担の少ない事業展開を進めていく事を確認し、承認となりました。
 審議会に引き続き、「まちづくり委員会」では、『Iide東部まちづくり会議』『東部まちづくり・かわら版』の取組み状況について報告し、今年度より具体的な取り組みに「まちづくり委員」の方々にもご協力いただく事としました。



 4月10日(月)、東部地区公民館において「東部地区高砂会総会」が46名の参加で盛大に開催されました。今年は新規会員13名を迎え会員数が65名となり、より活発な活動が見込まれ総会議案は提案通りに承認されました。
 また、総会の前段には恒例の研修会が開催され、健康福祉課伊藤明美保健師から講演をいただきました。
 総会終了後は、コロナの感染状況が落ち着いてきたこともあり、昨年度は開催できなかった懇親会を開催し、歌謡愛好会の歌謡ショー、さらには飛び入りでのカラオケ参加など、懇親会場は大いに盛り上がり親睦を深めながら楽しいひと時をすごしました。



 4月6日(木)東部地区公民館において、3年ぶりの「眺川柳会」の例会が開催されました。
 コロナ禍以前は、毎月定例開催で句作を行っていましたが、この3年間は集合活動を控え、各自での作品づくりを取り組んできました。久しぶりの集合活動となり和やかな雰囲気の中で川柳作りを楽しみました。
 今後も状況の判断は必要ですが、顔を合わせて楽しい会話の中から素晴らしい作品が作れることと思います。文化祭や町報での作品発表を楽しみにしています。



 3月9日(木)東部地区公民館において、さくらんぼ会による「公民館リフレッシュ作戦」としての清掃ボランティアが、5名の参加者で実施されました。
 今年も、全ての机やイス等を磨き上げていただき、新型コロナウイルス感染防止のための「除菌対策」や損傷のある机等の分別・補修なども行い、一層のリフレッシュ感を確保していただきました。
 当日は、年度内の活動が最後となることもあり、作業終了後は白鷹町「あゆ〜む」において「現役アーティスト展」を鑑賞し、1年間の活動の振り返りを行うとともに、充実のひとときを過ごしました。



 3月11日(土)東部地区公民館において「卒業生親子そば打ち体験教室」を開催し、小学生最後の学びの場で想い出づくりを行いました。
 昨年は急激なコロナウイルス感染の拡大があり開催を断念しましたが、今年は8家族を二部構成で、感染防止対策をしながら2年ぶりの開催となったものです。
 講師は恒例の東部地区そば打ち愛好会「つなぎの会」の会員5名にご指導いただき「混ぜる・こねる」「延し・たたみ・切り」と先生方の指導を聞き親子で真剣にそして楽しくそば打ちを体験いたしました。
 参加の児童からは、「初めて挑戦したがそば打ちの大変さを知ることが出来た」「親子でのそば打ちは楽しかった」などの感想があり、翌日には「本当においしい蕎麦でした。」との喜びと感謝の言葉が寄せられました。
 体験教室の最後には、二瓶会長より「美味しい茹で方」の秘伝が伝授され、全体とグループ単位での記念写真を撮影し終了しました。「つなぎの会」の皆様、ご指導ありがとうございました。



 4月4日(火)東部地区公民館において、令和5年度「分館連絡協議会総会」・「新旧地区長会総会」が開催されました。
 「分館連総会」においては、遠藤善夫会長(上代)が議長に就任し、(館運営計画∧館の修繕費補助7物共済な館長研修会等について意見交換を行い、1年間の取組みを確認いたしました。
 「新旧地区長会総会」は、井上與一会長(下町)から「豪雨災害等困難な状況があったが各位のご協力があり、地区長会事業を取組むことができた。」との謝意と新年度での地域課題の解決に向けた取組みを進めて欲しい旨あいさつがあり、議長として総会の進行をいただきました。
 議題としては[疣4年度の事業報告・会計報告・監査報告があり、原案通り承認されました。⇔疣5年度の事業計画(案)収支予算(案)では,消防団第3分団との意見交換会で出された各地区公民館(分館)への土のう用山砂の配備についての質問があり、町の「新年度予算での調整がされてから」対応が示されるとの報告しました。
 その後役員の改選が行われ、3月22日開催された「地区長会役員選考委員会」報告のとおり承認されました。



 3月14日(火)東部地区公民館において、「令和4年度第2回公民館運営審議会」が開催され、1年間の公民館事業について評価・提言をいただきました。
 各審議員からは、8.3豪雨災害での公民館と自主防災会の関係や消防団第3分団との連携について質疑があり連携強化の必要性を確認しました。また、東部地区内の各種団体・サークルの現状や添川小学校の合同大運動会への考え方などについて意見交換を行いました。
  審議は、仝民館事業の年間事業評価は原案どおり承認され、教育長へ報告することとなりました。△泙舛鼎りセンター事業は、町から具体的な指示が出ていませんが、今後町の考え方や「Iide東部まちづくり会議」での検討を重ね具体的に進めていくこと等を確認しました。
 また、令和5年度は運営審議員(まちづくり委員)が2年目の任期となることから、さらに公民館事業・地域活動が充実するよう、助言・アドバイスを行っていくことを確認しました。



3月28日(火)、今年最後の事業、子ども料理教室「お弁当をじぶんで作ってみよう」が行われました。町婦人会の協力のもと10名の参加をいただきました。子供たちにとって初めてのお弁当作りだと思いますが、町婦人会の皆様の指導のもと、手慣れない包丁や揚げ物など一生懸命頑張って、色鮮やかで美味しそうなお弁当が出来上がりました。これを機に今後家庭でお弁当以外の夕食等を作ってもらい家族の方々に喜んでもらえたら幸いです。お疲れさまでした。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

2月11日(土)第5回を迎えた雪まつりが行われました。

晴天の中で準備が始められ、午前中から子供たち対象にした滑り台を用意。

滑り具合を考慮しながら滑っては、まだここがな? とせっせとスコップで削り子供たちの喜ぶ笑顔を存分に味わうことが出来ました。

外では小白川と椿の青年の皆さんに作業していただき、中学生のボランティアの皆さんと關川さんにねずこや兎の雪像を作っていただきました。ちびっこもバケツランタンのお手伝い、

体育館の中ではそれぞれにセッテイング後に行燈や竹ランタンなどの飾り付け、調理室ではいちごクラブと秋桜倶楽部の代表の方に豚汁などの準備をして頂きました。こんにゃく煮は公民館の賢治さんこだわりの味付けでつくっていただいてました。うんめ~ぞ~!

4時30分よりオープニング 第二小3年生のお友達に開会の挨拶、そして進行を率先してしていただく事が出来ました。 ありがとうね♪

こられ方たに渡されていたロウソクに灯りを灯し、それぞれに会場内の竹ランタンや行燈などに

点火され次第に暗くなっていく会場内は格別な幻想的なものとなっていきました。

会場内では、地元椿在住のシンガーソングライター・あべあいこさんのコンサートで心惹かれる一時を過ごしました。ハスキーボイスの歌声にうっとり☻"heart"

売店では豚汁、玉こんにゃく、あったかいんだから〜の飲み物等が販売され

手作りの甘酒で体の内側からほっこりと暖まっていただく事が出来ました。

駄菓子屋さんではお友達も一緒になり「いかがですか〜!」と会場お廻って売り子になっていました。将来楽しみだね。

さむ〜い外ではドラム缶で暖を取る父ちゃんたち。

何喋っているのかな?。

最終フィナーレには広場で花火のお楽しみとなりました。打ち上げ花火はここではちょっと危険と判断し、吹き出し花火と手持ち花火で楽しむことが出来ました。

終了後、後片付けを済ませ手伝っていただいた皆さんへお礼と感謝の気持ちをお話して来年度への気持ちを込めてのご挨拶となりました。

広場〜体育館内〜広場へと流れのあった雪まつりが出来たことに大成功の文字が浮かびました。

今後も課題等を検討しながら地域の為に、皆さんの喜びが持てるよう頑張っていきたいものです。

白椿ならではのやり方でも素晴らしいことが出来るんだと言う実感を得ることができました。

皆さん、ご協力ありがとうございました。