飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

​

 

今年度の開級式が、それぞれの教室・クラブで開催されました。

「今年はなにすっぺね〜"laugh"

「去年の○○いがったよねー、今度こうすっといいんじゃね??」

などなど、多少脱線しながらもちゃんと本題に戻り、でもまた脱線して...を繰り返しながらも、楽しそうな予定が決まりました。

 

今年度も楽しく、有意義に、学び多い一年にしていきましょう!!

 

 

《5月10日 リサイクル会》

 

 

 

 

 

会議後、固形石鹸の袋詰めをしました。いつでも公民館で購入可能です!!

 

 

 

 

 

 

 

《5月14日 秋桜倶楽部》

 

 

 

 

 

《5月21日 いちごクラブ》

 

 

 

 

 

 

 

《5月23日 いきいき教室》

 

 

 

 

開級式後、協同薬品工業 山形工場へ見学に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

しらさぎ荘へ移動してお昼ご飯。

 



 

町民プール、手ノ子小学校プールにEM菌を投入してきました。

まずEM菌を設置して約一週間、じわじわ発酵させます。

 

発酵後  ↓  ↓  ↓

一瞬開けるとギョっとしますが、匂いは特にひどくありません。

こちらをすべて投入します。

 

 

そこからさらに一か月。。。ただいま善玉菌が悪玉菌を退治中!!

清掃が格段にやりやすくなります。大変な作業のはずなのに、なんだか楽しみです。

小学生の皆さん、一緒に頑張りましょう!



 

5月14日(火)第1回 中部地区婦人学級「グラウンドゴルフ大会」が行われました。

ちょうど農繁期ということもあり、参加者11名と少人数でしたが2つのグループに分かれていざプレー♪

今年初めてのグラウンドゴルフということもあってか、皆さんボールが思うように飛ばなかったり、ホールポストに入るまでの打数が多くなったりと苦戦しているようでした。

冬の間あまり体を動かさなかったという方は、芝の上を歩くのは気持ちいいなぁ~♪

コースとコースの間を歩いて移動するから、意外と運動しているんだよね〜♪などと会話もはずんで楽しそうでした。

GG大会終了後は中部地区公民館に戻り、グラウンドゴルフに参加されなかった学級生5名の方が朝から準備してくださった「里芋入りおはぎ」と野菜たっぷり味噌汁をいただきました\(^o^)/

あんこにきな粉に納豆♪

もちもちしていて甘いのもしょっぱいのも両方美味しかったです(^^♪

運動して疲れた体にしみしみでした♪

皆さま1日お疲れ様でした。

 



 

4月24日(水)中部地区婦人学級「開級式」が行われました。

よく学び、よく遊びを目的として1年間活動していきます。

開級式後は、『笑いヨガ(ラフターヨガ)』ということで、講師に石川嘉智子さん(長井市)をお迎えしました。

インターナショナル公認資格を取るために、インドまで受講に行かれたそうです。

笑いヨガは「笑いの体操」と「ヨガの呼吸法」を組み合わせた運動法だそうで、笑うことで緊張がほぐれストレスの軽減や免疫力が高まり認知症予防にもなるそうです。

参加者全員で「ワッハッハ」と声を出しながら、ヨガの呼吸法と手を叩いて体を動かす軽運動で初めて参加された方も楽しく体験できました。

皆さん本当に楽しそうで、最後は呼吸を整えるリラクセーション。

横になり目を閉じて心も体もクールダウン♪

室内の照明を消して心地よい音楽が流れているため、とても気持ちよさそうにスヤスヤ寝てしまった方も(*´ω`*)

体を動かした後は、お弁当を囲み親睦会♪

みなさん笑顔で楽しい時間を過ごされていました。

 



5月18日(土)午前9時、西部地区公民館に集合し新緑美しい白川湖の水没林を撮影する勉強会が西部地区公民館共催でおこなわれました。指導者は町フォトクラブ会長の齋藤徹先生です。公民館から白川湖畔に場所を変え行ってみると、朝から大勢のプロやアマチュアカメラマンが白川湖を訪れていました。勉強会の参加者は少人数ではありましたが、水位を増した湖に沈む木々と残雪の飯豊山の組み合わせ、群生するヤナギ林に浸っている神秘的な景色を撮影することができ日常を忘れて癒されました。



今年の野菜作りの第一弾として、春玉ねぎ定植講習会が後藤農園で行われました。

農林振興課からのお誘いを受け毎年参加し転作地の有効活用と学校給食、直売所での

販売の方々に向けての実施となっています。秋の定植の玉ねぎは冬を越してはるになると

なくなっているものが多くなっているのを見るとガッカリさせられます。春の定植と

なると種まきが2月頃です。ハウスでもなければできない事、これが飯豊町の豪雪地帯の現実

なのです。後藤農園様のおかげで本当にありがたいことです。

乾燥をしないように水の管理はマメに行う事が重要となっています。がんばって〜!

リサイクルのメンバーは1400本ほど購入し張り切って栽培に取り組みました。

 

 

 

 



令和元年5月15日(水)西部地区公民館において、ふるさと学園とさわやかクラブの開講式を行いました。 ふるさと学園(会員29名)は、年齢60歳以上の方々が、地域社会への積極的な参加や健康と生きがい作りを学び、楽しい生活を送る事を目的としています。また、さわやかクラブ(会員32名)は、女性の集いで、学習を通して広く教養を高め、健康で明るい家庭の推進と楽しい仲間作りを行っております。 開講式では、本年度の事業内容の検討や新役員の承認、視察研修の実施など相互交流を確認しました。 開講式終了後は、合同研修として、喜雲寺住職の奥様茂木栄子先生より「心が元気になる話」という演題でお話をいただきました。 その後、参加者全員で弁当を囲み、健康状態や趣味の話に花を咲かせ、楽しい時間を過ごしました。



 4月21日(日)手ノ子区協議会、高峰地区協議会の方々30名が参加し、地区内の県道の路肩に「すいせん」を植えました。この事業は、昭和50年頃から中津川地区で始まったもので、当地区では6年目になります。当日は、中津川から手ノ子の国道113号線までの距離23劼つながり、その記念式典として、「すいせん」ロード開通式を行いました。テレビ局の取材もあり、盛大な開通式になりました。また、中津川地区の「すいせん」の見ごろは、ゴールデンウイーク期間中になります。是非おいでください。



3月26日(火)婦人学級閉級式を行いました。

 

 

閉級式後に記念演奏会ということで、飯豊町在住のシンガーソングライターGさんの演奏をお聞きしました♪

二胡という中国の伝統的な楽器演奏とギターの弾き語り♪

二胡の生演奏を初めて聞きましたが、独特な何とも言えない哀愁ある音色でうっとり聞き入ってしまいました。

その後ギターの弾き語りをご披露いただいたんですが、二胡の演奏とはガラっと変わり魂の叫びのような歌で、皆さんうっとりと聞き入っていたのが一瞬で高揚し魅了されてメロメロでした♪

皆さん知っている曲からGさんオリジナルの曲まで沢山演奏していただき、あっという間に時間が過ぎていきました。

Gさん感動のライブありがとうございました<(_ _)>

 

 

最後はいいで旅館へ移動して懇親会♪

美味しいお料理をいただきながら楽しいひとときを過ごしました。

 

 

婦人学級の皆様、1年間お疲れ様でした。

今年度も無事終了いたしました。



3月22日(金)5館合同事業第2弾!ということで、昨年に続き『かいもち・ゆべし』作り体験してきました♪

町内の小学校1年生〜6年生までの児童22名と公民館職員6名で中津川地区公民館へお邪魔しました。

中津川の3人の先生の元、かいもち班・ゆべし班・煮物とおにぎり班に分かれて作り方を教えていただき、かいもち班は、そば粉を火にかけてひたすらコネコネ。力とスピードが必要となりみんな必死に混ぜていました。

ゆべし班は、餅粉と味噌を合わせて蒸した後に砂糖を入れてまぜまぜ。砂糖を入れるとお餅がツヤツヤになりおいしそう♪

手のひらに砂糖をつけてお餅をのせて、真ん中にくるみやあんこを入れて包んで完成。

なかなか上手く包めなかったり、手にお餅がくっついて丸まらなかったりと悪戦苦闘している様子でした。

煮物とおにぎり班は、じゃがいも・にんじんの皮をむいて切ったり、おにぎりを三角ににぎって海苔を巻いてできあがり。

みんな上手に包丁を使って、おにぎりもキレイに三角ににぎっていました。

 

 

完成後は先生と参加者全員で美味しく完食♪

午後からは、声優さんみたいな声のNさんに「紙芝居」を読んでいただきました。

Nさんオリジナルの紙芝居で、内容は面白いしNさんの声は良いし♪

ホントに最高でした♪

子どもたちに体験した感想を聞くと、「美味しくできてよかった」・「楽しかった」など様々な話が聞け貴重な体験ができたと思います。

また5館合同ということで各地区の児童との交流もでき有意義な1日でした♪

指導してくださった先生方、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

 



3月29日、春休み郊外体験学習が開催され、新潟方面に出かけて参りました。はじめに新津鉄道資料館に行き鉄道に関する資料、現物の汽車、列車等を見学してきました。子ども達の中には鉄道が大好きな子がおり、かなりテンションが上がっておりました。その後、昼食会場である寺泊の方へ移動しおいしいお昼を頂いて来ました。最後は近くの弥彦に移動し、越後一宮「弥彦神社」を参拝して参りました。手洗い場での作法や参道の真中は神様の通る所だから端っこを通りましょうとか、本殿への参拝の仕方は二礼二拍手一礼だとか皆で勉強しながらの参拝でした。少し遠くて帰りはかなり疲れてバスの中はぐっすりだろうと思ってましたが、予想がはずれ、帰りの方が元気一杯の子ども達でした。

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0643.JPG">

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0646.JPG">

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0654.JPG">

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0665.JPG">



3月28日、平成30年度しろあと教室閉級式が開催されました。まずは30年度の事業報告がされ、昨年度も色々な事業が開催されました。続いて健康福祉課の職員の方を講師に招き「知ってるようで知らない病気、認知症ってなんだろう?」を題材に講演いただきました。身近な問題とはわかっていても、中々知らないことが多々あり大変参考、勉強になりました。最後はお楽しみの懇親会で締め、今年度も無事終了いたしました。

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_0627.JPG">



平成31年3月9日(土)東部地区公民館で、添川小卒業生親子そば打ち体験教室を行いました。この行事は、今年卒業する子ども達へのお祝いの気持ちと、地区内で収穫したそば粉を使った食の体験、照れながらも親子で共同作業をしながら地元の良さを認識する機会になればと、東部地区公民館主催、東部地区手打ちそば愛好会つなぎの会の指導協力で行っているものです。当日は、親子10名に参加をいただきました。最初に指導の方よりそば打ちの説明があり、各親子5台のテーブルに分かれ作業の開始になります。初めて体験する親子が多く、作業は悪戦苦闘。なんとかそばの形になり、その後試食会を行いました。参加者は、自分たちで打ったそばに満面の微笑みを浮かべ舌鼓をうっていました。子供達の感想は「こねる時力が必要で大変だった。」「伸ばすとき力加減が微妙で、切る時は太くなったり細くなったりで難しかった。」「またやってみたい。」「親子でやれて楽しかった。」「最後においしいそばが食べられてよかった。」など。親の感想は「固めるまで難しく大変。こねる伸ばすのところでは上手だと言われ趣味にしようかな。」「小学校最後に親子でできて良かった。」「そば打ちはそのつどそのつど難しい。」「小学校最後の行事としてこの会を設けていただいて、親子で楽しく過ごさせていただき、尚且つおいしいそばをいただきありがとうございました。」「また機会があればやってみたい。」「子供と初めてそば打ちをした。いい思い出づくりができた。ありがとうございます。」等々でした。 そば打ち教室を通して、親と子の絆を強く感じ感激しました。



3月7日(木)さくらんぼ会の閉級式を行いました。

1年間利用させていただいたので、会員で館内の机を洗剤で拭き、

から拭きをしてスッキリ (チョットのボランティアで会員の心もスッキリ)

活動の締め括りとしました。

毎年毎年机をきれいにして頂きありがとうございます。

中々職員では手の届かない処に着眼して頂き助かってます。 又よろしくお願いします。

 



お雛様を翌日に控えた3月2日(土)、子どもキッチンを開催しました。

地元のGさんを講師にお迎えして、児童6名と保護者の方2名にご参加いただきました♪

 

 

「カップちらし寿司」「鶏むね肉のコーンフレーク焼き」「チョコパイデコレーション」に挑戦しました。

お肉にコーンフレークをつけて、こんがりきつね色になるまで焼いてもらったり、ご飯にちらし寿司の素を混ぜ混ぜ♪

混ぜ終わったご飯をカップにつめて、錦糸卵・大葉・さくらでんぶ・プッチンコッ子・ブロッコリースプラウト・サーモンを思い思いに飾って、オリジナルのカップ寿司を作ったり、チョコパイに生クリーム・イチゴ・カラースプレーをちりばめてデコレーションしたりと、少人数でしたがわいわい楽しく料理できました♪

 

完成後はみんなで試食!

大きな声で『いただきます』♪

 

食べ終わった後もみんなでお片付け♪

普段お家でもお手伝いしてると思いますが、小学校の家庭科での調理実習は5年生からということで、参加してくれたのが4年生以下の児童だったので、いい経験になったかなぁと☆彡