飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県

飯豊町(中部・白椿・東部・西部・中津川)公民館公式サイト| 山形県
ログイン

4月22日(日)すいせん植えを行いました。すいせんロードは中津川地区で行っていましたが、中津川から国道113号線まで繋げてゆきたいという思いを聞き、中津川地区と西部地区が一緒に取り組んでいました。平成26年から西部地区公民館で7〜8人に声掛けし、中津川に出向き一緒にすいせん植えと手入れ作業を行っていましたが、西高峰のところまですいせん植えを繋げたので、今年は同日に中津川と西部が開催し思いは一緒です。西部は西部地区公民館前から国道に向かってスタートしました。中津川からも6人応援に来て下さり、分館長さんはじめ有志の方18名参加。国道113号線まで約500mの距離にすいせんを植えることができました。ご協力ありがとうございました。お疲れさまでした。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

平成30年度

白椿地区公民館サークル募集をいたします。

各サークルその年齢層にあった活動がなされています。

今年度は高齢者サークルいきいき教室で百歳体操を実施し

ていくことに決定しました。元気モリモリ頑張ります。

詳しくは公民館までお電話ください。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

 雪解けと共に畑の作付けを急いでいらっしゃる方が多いと思います。  今年度も毎年好評を得ています野菜つくり講習会を計画いたしました。  無農薬で安全な野菜作りを目指し、家庭の食卓を彩り美味しい野菜と共に健康で楽しい家族の団欒の場が設けられますように・・・・  今年も一年頑張ってみませんか。



{PDF} ダウンロード _Adobe PDF

平成30年度5月より毎週火曜日に百歳体操を計画いたしました。

地域で中々実施できない方々などがいらっしゃると言うお話をお聞きしました。

その声を何とかしたいと公民館の高齢者サークルの方々と話し合い、いきいきした元気

あふれる生活が出来るように実践していこうと決定いたしました。

地域の方々と公民館が共に頑張って行こうと思います。

皆さんに是非参加いただきたき健康寿命を目指していきましょう!。

詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。



本日、平成29年度しろあと教室閉級式が行なわれました。室長と公民館長のあいさつをいただき、その後、今年度の事業活動が報告されました。引き続き西置賜行政組合飯豊分署にお願いし、消防講話(消防、救急)についてお話をいただきました。消防については日頃、気をつけてるストーブやこたつ以外にタコ足配線等、ケーブルなどの火災の原因も多く、気をつけて下さいとの内容でした。救急については脳梗塞などで前もって痺れや言葉など出難いなどの症状が出たら、すぐ救急車を呼ぶなど4,5H以内の対応が必要との事でした。皆さん、消防も救急も身近な事と捕らえ真剣な眼差しでお聞きしておりました。その後は場所を変え懇親会を開催し和気藹々の内に閉級式を閉じました。

<img src="http://f.tukiyama.jp/iide-phall/p/DSC_1051.JPG">



本日飯豊町立第一小学校の生徒15名と飯豊町立手ノ子小学校の生徒15名の30名で、中津川地区で古くから伝わる冬のおやつ「のりもち」と「かいもち」作りを体験してきました。

中部地区公民館からは職員1名と15名の児童が乗車し、西部地区公民館からは職員1名と8名の児童が乗車し中津川地区公民館を目ざしました!

のりもちとは、米を石臼で粉状にしたものにクルミ・砂糖を入れ混ぜ、水を入れ硬さを調整しながら杵と臼でついたおやつの事だそうです。  子ども達は作り方の説明を真剣に聞き、挑戦!杵でペッタン、ペッタン! 最初は遠慮がちだった子も、1回挑戦すれば自信がついて再度挑戦!上手に出来上がりました。

 

かいいもちは、蕎麦の粉を火にかけながら混ぜ込みする作業で、力とスピードが必要となります。みんなで協力して作った「のりもち・かいもち」の味は最高美味しかったようで、何杯もお替わりし食べていた児童もいました。

 

 

子ども達に体験した感想を聞くと・・・「美味しく出来たので良かった」とか「杵を初めて使って重かった」など様々な話が聞け、貴重な体験ができ、また地域・小学校間の交流もでき良い一日だったと思います。

お土産に「のりもち」「かいもち」を貰って帰り、今夜は各家庭で体験談に花が咲くことでしょう!

今回先生になって下さったAIさん、KMさん・・・大変貴重な体験をさせて頂き感謝いたします。また会場を準備して下さった中津川地区公民館職員の方大変有難うございました。



3月は慌ただしい月で、お彼岸中の開催でしたが、20名の学級生が参加して下さいました。

29年度の事業報告・会計報告をした後、米沢市南部コミュニティセンターの館長さんの「遠藤岩根氏」をお招きし講演をお聞きしました。童謡の合唱をしたり、脳トレをしたり、笑いが絶えない楽しい時間を過ごせることが出来、参加者は大満足の様子でした。

第2部は食事をしながらの懇親会で、最後に岩根先生の「県歌 最上川」独唱を悔いるようにお聞きし、その歌声に心が洗われ、本年度の婦人学級の活動は終了いたしました。

終わり良ければ全て良し!ということわざがある通り、1年間を振り返ると、充実した活動が出来、また色んな事にみなで挑戦でき、連帯感・信頼感が深まり、素晴らしい1年だったと思います。公民館活動にご理解とご協力して下さった皆の今後の活躍をお祈りいたします。

また、遠方よりおいで下さった遠藤岩根先生・・・大変有難うございました。

 

 



  東部地区公民館を利用して活動している女性グループの「さくらんぼ会」サークルのメンバーの皆さんが、日頃公民館で会議で使用する机を丁寧に拭き磨いて下さいました。

  年度末になりこれから、総会やら会合で使用する機会が多くなります。使用する皆さんが綺麗にして戴いた机に向かって快くなって下さると思います。

 施設の一員として御礼申し上げます。皆さんお忙しい処、ボランティア作業をして戴き、ありがとうございました。

 

 

 



添川小学校6年生を対象に【祝・卒業】と、題して「そば打ち体験教室」を、本日3月10日(土)東部地区公民館を会場に、児童4名の参加を得て行いました。

指導を東部地区蕎麦打ち愛好会にお願いし、自称「蕎麦打ち名人」の方々が引き受けて下され、子ども達に いちから手ほどきして戴きました。

途中から、校長先生やお母さん方も、子ども達とは別に蕎麦打ちを初め、調理室いっぱいに楽しく御指導戴きました。

以前、学年部会で行ったと、云う子もいましたが、「前よりも上手く出来て、良かった。」と、言う子や、「大変だったけど、上手く出来た。」「お店の人の苦労も、解った気がする。」等と、茹で上がった蕎麦を食べながら言っていました。

 

 

 

 

>

 

>>