HOME > 記事一覧

夏の甲子園・ラジオで女性アナウンサーが実況中継をしていました

  • 夏の甲子園・ラジオで女性アナウンサーが実況中継をしていました

夏の甲子園、金足農業高校あと一歩でした。

大阪桐蔭が強すぎました…ですが、今年の夏

一番熱かったのは金足農業の選手たちでした。

 

今年の夏、もう一つ印象に残ったことがありました。

11日朝、たまたまラジオの高校野球を聴いたら実況が女性だったのでとても新鮮に感じました。

初めて聴いたので最初は違和感がありましたが、難しいと思われるスポーツ実況をはきはきとした声で、

そして一生懸命さが伝わり徐々に慣れてきて心地よく感じてきました。

声のトーンや1球1球の伝え方が上手で、野球経験者または野球が好きな人なのではと感じました。

 

新鮮さがとても良かったので、どんなアナウンサーか色々調べてみました。

検索すると、すでに予測検索に出るくらい話題になっていました。

アナウンサーはNHK名古屋放送局所属の澤田彩香さん。

1990年生まれで、滋賀県大津市の出身、東京大学工学部航空宇宙工学科出身!!

趣味は、スキー、スポーツ観戦(野球、アメフト)だそうです。

 

澤田アナは大学時代に関東工業自動車大学校と組んだ共同プロジェクトの「ラリー・モンテカルロ・

ヒストリック2012参戦プロジェクト」に参加するなど、工業系の知識に極めて優れているそうです。

2011年の東日本大震災の際に自身が3年生であり、就活に悩んでいたが「ひとりでも多くの命を救う

ために自分が出来ることはないか」と考えてアナウンサーを目指したそうです。

 

澤田アナはメジャーリーグ観戦時、ライナー性のファールボールを素手で止めて、周りの観客席から

拍手と歓声が上がったというエピソードもあったそうです。

 

女性アナウンサーが甲子園実況を担当したのは99年の藤井彩子アナウンサー以来2人目。

担当は3試合で、①8月7日第二試合の近江対智弁和歌山、②8月11日第一試合の龍谷大平安対

鳥取城北、③8月14日第一試合の常葉大菊川対日南学園(もちろん聴きました)でした。

(慣れたせいか14日の方がより聴きやすく感じ、もっと実況をやって欲しいと思いました)

 

NHK大阪放送局によると、澤田アナは子供の頃から高校野球が大好きで甲子園にも通っていたそうで、

勤務地の放送局(沖縄、名古屋)で地方大会等の放送を担当し研修にも積極的に参加していたとのこと。

今回、そうした実績を認められての起用となりました。大阪放送局の冨坂和男シニア・アナウンサーは、

過去にも女性で本格的に実況を希望するアナウンサーはいたが、実現できなかったと説明。

「実況アナウンサーの育成というのは、長い時間とたくさんの現場経験が必要な世界。

女性の場合は、若いうちから番組のキャスターとしての役割を求められることが非常に多い。

番組がついてしまうと、現場をたくさん踏んだり、長い時間を訓練にあてるということが

非常に難しくなってくるというのが実情」とし、女性が実況を務めることの難しさを語った。

 

澤田アナは、リオデジャネイロ五輪などのキャスター業務を務めながら、強い希望で

「実況をやりたい」と志願。

さまざまな研修や放送の舞台を踏んで、実況の経験を積み、冨坂アナは

「100回大会だから、記念大会だから女性を起用したということではない。

実力で今回、選抜した」と語りました。

 

なお、開会式などの実況を女性が担当したことはあるそうですが、

テレビでの試合実況はまだ無いそうです。

ぜひ、澤田アナウンサーに第一号になって欲しいです。

2018.08.22:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】レイカーズ大躍進?ラスベガスのオッズメーカーが今シーズンの勝利数を予想

  • 【NBA】レイカーズ大躍進?ラスベガスのオッズメーカーが今シーズンの勝利数を予想

現地5日、ラスベガスのブックメーカー「ウェストゲート・スーパーブック」が10月に開幕する

NBAレギュラーシーズン(全82試合)の各チームの予想勝利数を公表しました。

 

 

全30チームのトップは昨シーズン優勝したゴールデンステート・ウォーリアーズの62.5勝でした。

私が最も注目している選手(レブロン・ジェームズ)が所属しているロスアンゼルス・レイカーズは

ウェスタンカンファレンス4位となる48.5勝と予想されました。

 

レイカーズはNBA歴代2位の優勝回数(16回)を誇りながら、ここ5シーズンはプレーオフ(8位

以内)から遠ざかっており、昨シーズンは35勝47敗。今シーズン、クリーブランド・キャバリアーズ

から移籍してきたレブロン(自身キャバリアーズ、マイアミ・ヒートで8年連続ファイナル出場中)の

存在感がものを言って、昨シーズンから13~14勝増えると予想されました。

 

 

今シーズンのレイカーズは、現役最強選手のレブロンが中心となり若手のロンゾ・ボール、ブランドン・

イングラム、カイル・クーズマ、ジョシュ・ハートらのヤングコアと、新加入のランス・スティーブン

ソン、ラジョン・ロンド、ジャベール・マギーといったディフェンスに定評があるベテラン選手がいる。

彼らがうまく機能し若手が成長していけば、ウォーリアーズといい勝負が出来るかもしれない。

 

ウォーリアーズ、ヒューストン・ロケッツ、オクラホマシティ・サンダー、ユタ・ジャズ…など

強豪ぞろいのウェスタンカンファレンスで勝ち上がり、

レイカーズは10シーズンぶりのファイナル進出なるか?

また、レブロン自身9年連続ファイナル進出なるか?

今から楽しみです。

 

LeBron James chooses Los Angeles Lakers for next chapter https://youtu.be/mmC_d6_SU3w

 

2018.08.08:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

LEDクラシックランタンライト

  • LEDクラシックランタンライト

今日から8月ですね。

7月は暑い日が多かったし、台風が東から西へ向かうなど異常気象が続きましたが

8月はどんな天気になるのでしょうか?

 

 

さて、今回は“LEDクラシックランタンライト”という商品を紹介します。

夏カタログの防災コーナーに掲載されていましたこの商品、これからの時期

台風や大雨などの防災用品としてご準備はいかがでしょうか?

また、キャンプなどのアウトドア用品としても最適です。

 

イベントの記念品などにも喜ばれると思います。

申込単位:30個ですと大特価で提供いたします。

 

詳しくは壱岐産業まで…

2018.08.01:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

ジョージワシントン大学出の渡邊雄太がNBAデビューに前進

  • ジョージワシントン大学出の渡邊雄太がNBAデビューに前進

7月21日(現地20日)、NBAメンフィス・グリズリーズはジョージワシントン大学出の

渡邊雄太と2ウェイ契約を結んだことを発表しました。

 

 

渡邊は、今月ラスベガスで開催された“NBAサマーリーグ2018”にブルックリン・ネッツの一員

としてプレーし、身長(206cm)と手の長さ(ウィングスパン209㎝)を生かしたディフェンス、

プレー選択の良さとリーダーシップ、3ポイントシュートといった長所を披露し今回の契約につながった。

 

2ウェイ契約とはNBAとその下部リーグ(Gリーグ)の両方に出場できるもので、昨シーズンから

導入された制度。ロスター枠を圧迫せずに若い選手を2人まで支配下に置くことができる、チーム

にとっては使い勝手の良い契約で、同時にチャンスを求める若手にとっても有益で、ここから

チャンスを得て飛躍した選手がいた。

たとえば名門デューク大で4年間プレーしたクイン・クックは、ドラフトで指名されることはなく

Gリーグでプレーしつつマーベリックス、ペリカンズで短期間NBAでプレーしていた選手。

彼は、昨シーズン優勝したウォリアーズと2ウェイ契約を結ぶと、ステフィン・カリーのケガにより

トップチームでの出場機会を与えられ、シーズン終盤には2年間の本契約を勝ち取っている。

渡邊は2ウェイ契約とはいえNBA球団であるグリズリーズ保有の『NBA選手』となり、NBAデビュー

に大きく近づいたことになる。とはいえ、2ウェイ契約がNBAに直結するわけではなく、プレー機会を

得られないまま契約を打ち切られるケースもあり、まだまだ越えなければいけないハードルは多い。

また、グリズリーズの支配下にあるため、この契約があるうちは他のチームでプレーするチャンスはない。

 

香川県出身の渡邊は、2013年にアメリカに渡り、ジョージワシントン大学に進学。同大学で最終年の

2017-18シーズンには33試合に出場し、平均36.6分の出場時間を得て16.3得点、6.1リバウンド、

1.6アシスト、1.64ブロックを記録し、アトランティック10カンファレンスの年間最優秀守備選手賞に

選出されました。残念ながら“NBAドラフト”(30チーム・60名)に指名されなかったが、サマー

リーグで活躍しチャンスを掴んだ。

 

プレーしていたネッツではなく、他球団のグリズリーズの目に留まり契約につながり良かったと思います。

本人もインタビューで話していましたが、これからが大事で少ないチャンスをものにして本契約を結び

2年後の東京オリンピックで“NBA選手”として活躍して欲しい。

 

2018.07.25:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

ペプシのドッキリCMが映画化

  • ペプシのドッキリCMが映画化

約4年前、私のブログで紹介しましたペプシのドッキリCM(YouTubeで約1億回再生)が

http://iki-sangyo.co.jp/log/?l=366003

アメリカで映画化されました。(現地6月29日公開)

https://youtu.be/8DnKOc6FISU

CMの内容は、NBA現役選手のカイリー・アービング(ボストン・セルティックス所属)が

主演で(NBAレジェンド選手も多数出演)彼らが特殊メイクで老人に変身して、

ストリートボーラーに勝負を挑み、華麗なハンドリングやドリブル、強烈なダンクを叩き込む

などして驚かせるというものでした。

映画の内容は、マイケル・ジョーダンにあこがれてバスケを始めたが、あるトラウマから選手の

夢をあきらめ、ストリートバスケチームのコーチをしている青年が、ひょんなことからかつて

伝説のバスケ選手だったドリュー爺さんと出会い、爺さんドリームチームを結成してニューヨーク

最大のストリートバスケ大会に挑み、大切な仲間や愛を取り戻していくという、笑いあり青春ありの

ド直球アメリカンコメディです。

 

日本での公開は11月に決定しましたので興味のある方はどうぞ。

2018.07.18:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]