HOME > 記事一覧

【NBA】歴史的1分9秒・・・八村塁と渡邊雄太による日本人対決が実現

  • 【NBA】歴史的1分9秒・・・八村塁と渡邊雄太による日本人対決が実現

15日(現地14日)、渡邊雄太が所属するメンフィス・グリズリーズのホームで

八村塁が所属するワシントン・ウィザーズが対戦しました。

 

 

ウィザーズの八村は先発出場し、第1クオーター残り3分29秒に2つ目のファウルを犯し

ベンチへ下がった。 グリズリーズの渡邊は第2クオーター開始1分47秒から途中出場し、

同4分4秒に3ポイントシュートを放ち、得点にならなかったが、その直後に八村がコートへ

戻り、両選手が同時にNBAのコートへ。その後、八村がドライブからジャンプショットを

放ち、渡邊がブロックに飛んで阻もうと試みるというマッチアップも実現しました。

1分9秒という短い時間でしたが、歴史的対戦を観ることが出来て本当に良かったです。

 

 

八村はウィザーズの主力選手として開幕から24試合連続で先発出場を続け、この試合は

28分40秒のプレータイムで10得点4リバウンドを記録。一方の渡邊は2WAY契約で

下部リーグでの出場が多く、NBAではベンチ入りしたりしなかったりで、この日は約7分

間の出場で、2リバウンドを記録しました。(試合は128111でグリズリーズが勝利)

試合後は互いにユニフォームを交換し合い、健闘を称え合いました。

 

 

NBAの世界では、体格の違い、フィジカルの強さ、スピードのミスマッチ、バスケット

ボール環境、バスケットボールIQの高さなど、様々な面で日本人には不利な部分が多い。

その中で日本人が試合に出られること、しかも日本人同士が同時にコートに立つという

瞬間を観られたのは奇跡と言っていいでしょう。数日前には、“史上最強選手”レブロン・

ジェームズとマッチアップした八村を観られたのも奇跡的なシーンでした。

 

もう一つ感じた事があります。渡邊雄太は日本代表選手として八村と同様にエース級の選手で、

BリーグであればMVPを取れる位の実力を持っているが、NBAの試合にはほとんど出られ

ないということも改めて感じました。

 

2019.12.18:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】首位を走るレイカーズが好調な要因は?

  • 【NBA】首位を走るレイカーズが好調な要因は?

今シーズン開幕ダッシュに成功し、首位に立っているロスアンゼルス・レイカーズ。

(9日現在:21勝3敗で首位)

 

レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの最強デュオが、オフェンスで大活躍し、

2人の1試合当たりの平均得点を足すと53.6得点と強烈なインパクトを残している。

(2人ともディフェンスでも貢献しています)

 

しかも、レブロンはフォアードとして出場し、現在アシスト王(平均10.8アシスト)で

デイビスは、ブロックランキング2位(平均2.65回)でリバウンドも強く守備も良い。

 

そして、今シーズンのレイカーズはセカンドユニットの戦力が充実しているので、安心して

観ていられる。センターのドワイト・ハワードがリバウンドに強く、フォアードのカイル・

クーズマはシュート力があり、何といってもガードのアレックス・カルーソの活躍が目立つ。

(昨シーズンは、レブロンが出場していない時間帯の失点が多かった)

(レブロンの出場時間を減らすことが出来るので、それが一番大きい)

 

 

カルーソは、スター軍団において地味な存在ながら、レイカーズファンの人気は高い。

今シーズンはリーグトップクラスのディフェンスを誇るチーム内で守備の要として存在感を

発揮。フランク・ボーゲル ヘッドコーチは「スターディフェンダー」と彼を絶賛している。

 

「カルーソは、エリートレベルの選手。プレー映像を見ても、夏のワークアウトを見ても、

走れるし、リーチもあって、とても優れたディフェンダー。守備に関する直感がある」

「バスケットボールIQが高く、動き、手の使い方、相手を抑えられる能力やテイクチャージ

も出来る。それらを織り交ぜながら、リバウンドも奪える。彼は高いレベルでやっている」

 

1試合平均20.6分の出場で5.7得点2.0リバウンド2.0アシストと目立った個人成績を

残しているわけではないがセカンドユニットに欠かせない守備で違いを生み出せる選手です。

そして、ガードの選手ながら強烈なダンクを叩き込んだり、ハッスルプレーでファンを魅了し

ベンチも盛り上がります。

カルーソの活躍はレイカーズ好調の要因の一つで、NBA優勝も見えてきました。

 

アレックス・カルーソ キャリアTOP10 http://youtu.be/JStiKM6foHw

 

アレックス・カルーソは、見た目はおじさんだが、NBA3シーズン目の25歳の若手選手。

2017NBAサマーリーグで、レイカーズの選手として参加。グリズリーズの渡邉雄太と

同じように2WAY契約だったが、下部リーグからはい上がり、今年の7月に本契約を結んだ。

 

 

 

 

2019.12.11:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

形がユニーク「電球型加湿器」

  • 形がユニーク「電球型加湿器」

いよいよ冬本番ですね。

 

明日は、雪の予報も出ていてこれからますます寒さが厳しくなりそうです。

 

さて、今回は乾燥・風邪対策グッズとして「電球型加湿器」を紹介します。

 

 

 

オフィスなどのデスク周りの乾燥対策としていかがでしょうか?

USBケーブル付き)

 

電球型がユニークで、ライトアップもしてくれる、癒しの加湿器です。

(カラーグラデーションで色が変わります)

 

プレゼント用に、ギフトやイベント用の記念品にいかがでしょうか?

(48個以上のご注文で、大幅に値引きいたします)

 

詳しくは壱岐産業まで

2019.12.04:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】レブロン対八村塁 初対戦

  • 【NBA】レブロン対八村塁 初対戦

今週も、NBAのニュースでいかせていただきます。

 

 

さて、今週の土曜日(日本時間30日)12:30より、レイカーズの “ホーム” 

ロサンゼルスのステイプルセンターにて、レブロン・ジェームズ率いるレイカーズと

八村塁が所属するワシントン・ウィザーズが対戦をします。

 

まもなく35歳になる “キング” レブロンは、今シーズンも衰え知らずの活躍でチームを

牽引し、15勝2敗でウェスタンカンファレンス首位(26日時点)。

対するウィザーズのルーキー八村は開幕から14試合連続スタメン出場を続けていて、

チームはイースタンカンファレンス9位(26日時点)。

 

レブロンは、身長203cm、体重114kgでポジションはフォアード(スモールフォアード)

八村は、身長203cm、体重104kgでポジションはフォアード(パワーフォアード)

試合中、ディフェンスのスイッチや選手交代などで1対1の場面も観られるはずです。

 

八村は、最近のインタビューで「誰の上からダンクを叩き込みたいか?」との質問に、迷わず

現役最強選手(史上最強と言ってもいい)のレブロンと答えていたのが印象に残っています。

チームは、プレーオフ圏内の8位までもう少しで、強豪を倒して勢いをつけて上に行きたい。

 

レブロン(レイカーズ)の目標はNBA制覇で、もうすでにファイナルの事も考えているはずです。

ファイナルのホームコートアドバンテージを取るためには一つでも勝ちを積み重ねる事が重要で

勝ちに行く戦いをしている。(イースタンカンファレンス首位バックスは14勝3敗/26日時点)

 

この見どころ満載の試合は、「NBA Rakuten」で観ることが出来ます。

クロームキャストで繋げば大画面でも観られます。

しかも、この試合の解説は北原憲彦さん。(元日本代表・江戸川大教授)

 

この機会に「NBA Rakuten」に加入しませんか?

私個人の提案ですが・・・

 

2019.11.27:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】ウィザーズの八村 期待通りの活躍

  • 【NBA】ウィザーズの八村 期待通りの活躍

開幕から全試合スタメンで出場し、期待通りの活躍を続けているワシントン・ウィザーズの八村塁。

 

10試合消化し(17日時点)、平均出場時間27.7分(チーム3番目)・平均得点13.8

(チーム3番目)・同リバウンド5.7(チーム3番目)・平均アシスト1.7と中心選手として

チームには欠かせない存在となっています。

 

 

17日時点で、チームは3勝7敗でイースタンカンファレンス14位だが、平均得点117.7はイー

スタン2位で得失点差がー1.9となっていて、ディフェンスを改善し失点を抑えれば、まだまだ

プレーオフ圏内(8位以上)に入るチャンスはあると思います。

 

現地スポーツ専門局「ESPN」は、八村を特集し、コート上の活躍のみならず社交的な性格まで言及。

ベテラン記者のマーク・スペアーズは「八村塁の衝撃はコートの外まで波及していると見ている」と

の見出しで、現地記者の間での高い評価を報じています。

 

「ルイ・ハチムラはワシントン・ウィザーズの基礎的なピースになりうる存在であり、シーズンを

迎える期待は高かった。そして期待通りの活躍をしている」

記事ではまずこう記し、スタッツについても1試合平均得点がチーム3番目の成績で、トータルリバ

ウンドとフィールドゴール数が、NBAルーキーの中でも5番目の数字だと報じています。

 

スペアーズ氏は「私は彼の試合が好きだ。私は彼のアグレッシブなオフェンスを愛している」とし、

さらに「私が思うには彼は良いリバウンダーだし、さらにもっと素晴らしいリバウンダーになる可能性

もある」と、リバウンド能力も高く評価しています。

 

プレー以外の面にも触れ「そして私が特に大好きな点はメディアに喜んで対応する姿だ。これは

メディアを無視する(英語が苦手な?)日本人メジャーリーガーとは違う」と、

メディア対応の良さにも言及している。

 

スペアーズ氏がゴンザガ大学時代から八村をチェックしていたことも紹介し「彼がもっと活躍すれば、

アメリカと日本両方でスターとして評価されるだろう」と締めくくっていました。

 

もっと、日本のメディアでも八村の活躍を取り上げて欲しいし、アメトーークのような

バラエティ番組でもなんでもいいのでもっとNBAを盛り上げて欲しい。

 

 

2019.11.20:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]