HOME > 記事一覧

ペプシのドッキリCMが映画化

  • ペプシのドッキリCMが映画化

約4年前、私のブログで紹介しましたペプシのドッキリCM(YouTubeで約1億回再生)が

http://iki-sangyo.co.jp/log/?l=366003

アメリカで映画化されました。(現地6月29日公開)

https://youtu.be/8DnKOc6FISU

CMの内容は、NBA現役選手のカイリー・アービング(ボストン・セルティックス所属)が

主演で(NBAレジェンド選手も多数出演)彼らが特殊メイクで老人に変身して、

ストリートボーラーに勝負を挑み、華麗なハンドリングやドリブル、強烈なダンクを叩き込む

などして驚かせるというものでした。

映画の内容は、マイケル・ジョーダンにあこがれてバスケを始めたが、あるトラウマから選手の

夢をあきらめ、ストリートバスケチームのコーチをしている青年が、ひょんなことからかつて

伝説のバスケ選手だったドリュー爺さんと出会い、爺さんドリームチームを結成してニューヨーク

最大のストリートバスケ大会に挑み、大切な仲間や愛を取り戻していくという、笑いあり青春ありの

ド直球アメリカンコメディです。

 

日本での公開は11月に決定しましたので興味のある方はどうぞ。

2018.07.18:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

昨日の敵は今日の友

  • 昨日の敵は今日の友

NBAオフシーズン最大のサプライズは、レブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズと

7月1日(現地)、“FA交渉解禁日”に契約が決まったことです。(正式発表は9日)

 

昨シーズンまで在籍したクリーブランド・キャバリアーズや、他からオファーがあった

強豪チームと契約せず、家族の事を第一に考えてレイカーズと契約しました。

レブロンはロサンゼルスに家を2つ所有し、彼の家族は南カリフォルニアを好んでいて、

息子がバスケットボールをする環境も良いとのことです。

 

レイカーズは、優勝回数が16回(1位はボストン・セルティックスの17回)の名門であるが、

近年下位に低迷している。現在は、チーム再建中で有望な若手選手が多いメンバーにレブロンが

加わることにより、一気に優勝候補となりそうです。

 

レイカーズは、数年前からレブロンを獲得するための準備としてサラリーキャップを空けており、

次々と有望な選手の獲得を始めている。

 

その中のひとり、インディアナ・ペイサーズからFAになったランス・スティーブンソンが加わったのは

以外で、

レブロンとは以前から(2012年のプレーオフから)因縁があり、2014年のプレーオフでは

フリースローを打つ選手を見守るレブロンの耳に、隣にいたスティーブンソンが息を吹きかける

 

 

『息吹きかけ事件』といわれるNBA史上に残る『珍プレー』もあり、彼らはそれ以降も対戦のたび

激しくやり合い、レブロンに「あいつは汚い選手」と言わせた。

 

スティーブンソンは、ラフプレーや相手をイラつかせるプレーが目立つが、もともと実力があり

高校時代から注目されていたほど攻守のスキルが高い選手である。

 

 

今回の移籍は、ペイサーズの球団社長の話によると、レブロンがスティーブンソンに

『お前が欲しい』と口説き、レイカーズ入りが決まったそうです。

 

危険な賭けに思われるかもしれないが、レブロンはスティーブンソンの実力を認めて誘ったと思います。

彼の未知の能力を引き出して良い ”コンビ” になることを期待します。

2018.07.11:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

スズメバチに効くスプレーは何を選んだら良いか?

  • スズメバチに効くスプレーは何を選んだら良いか?

ハチノックSL)、ハチダウン、スーパースズメバチジェットなど種類がありますが

それぞれ特長がありますので、使用する目的によって選ぶのが理想です。

 

 

左から2番目のハチノックSは、コンパクトなのでバッグやポーチに入るので携帯に最適です。

 

左から3番目のハチノックLは、スズメバチやアシナガバチの巣に直接噴射するいわゆる業務用です。

 

一番左のハチダウンは、ハチの巣に直接または別売りのハチローFHに接続して高所のハチの

巣駆除も可能で、さらに作業前の予防噴霧にも適していて、沢山使う方におすすめです。

 

 

右から2番目のスーパースズメバチジェットは、効き目・飛距離・価格のトータルバランスを考えて

ハチ駆除の専門家以外の方におすすめです。

イカリ消毒HPより

 

紹介しましたスプレーについて、お問い合わせは壱岐産業までご連絡ください。

 

 

【NBAニュース】

7月2日(現地1日)、クリーブランド・キャバリアーズからFAになっていた

レブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズとの契約に合意しました。

契約年数は4年で、年棒合計は1億5400万ドル(約170億円)。

レブロン自身初めてウェスタン・カンファレンスのチームに所属することになります。

今回の移籍先について複数球団から誘いがあったようですが、

最終的には家族の事を考えてレイカーズに決めたようです。

来シーズンはロサンゼルス・レイカーズを応援します。

 

2018.07.04:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

熱中症対策は万全ですか?

  • 熱中症対策は万全ですか?

最近、健康に気を付けている有澤です。

現在、東北地方に高温に関する異常天候早期警戒情報が出ているのは

ご存知でしょうか?

気象庁HPより

 

Yahoo天気予報より

 

降水確率も40%と高いので蒸し暑くなるのでしょうか?

 

 

熱中症対策は色々な方法がありますが、気軽に塩分補給ができる

塩タブレット5兄弟をおすすめします。

(同時に水分補給もおすすめします)

熱中症対策は在庫に限りがありますのでお早めにご準備ください。

皆さま、熱中症にご注意を!

私は、塩分に注意しないと…

2018.06.27:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】レブロン・ジェームズ移籍か残留か?

  • 【NBA】レブロン・ジェームズ移籍か残留か?

約1ヶ月半ぶりにNBAネタを書かせていただきます。

5月は、入院などでNBAを観る機会があまりなく、6月1日開幕のNBAファイナルも応援していた

クリーブランド・キャバリアーズ(キャブス)が、ゴールデンステート・ウォーリアーズに

あっさりスイープ負けをくらい、すっかり落ち込んでしまいました。

 

今シーズンのキャブスは、エースのレブロン・ジェームズがシーズン中に33歳(NBA15シーズン目)

という“ベテラン”と言われる年齢ながら82試合全て先発出場し、平均出場時間36.9分(NBAトップ)、

平均27.5得点(同3位)、9.1アシスト(同3位)、8.6リバウンドと自身キャリア平均スタッツを全て

上回るオールラウンドな活躍で、不安定なチームを4年連続イースタンカンファレンス優勝

(レブロン自身ヒート時代含め8年連続イースタン優勝)まで導きました。

 

しかし、ファイナルで“歴代最強”とまで言われるウォーリアーズに完敗してしまいました・・・

(プレーオフ成績:(22試合)平均出場時間41.9分(1位)、34.0得点(1位)、9.0アシスト(2位)、9.1リバウンド)

 

レブロンは今シーズン、NBA史上初の通算30,000得点、8,000アシスト、8,000リバウンド

という記録を達成するなど数々の記録を塗り替え、「得点以外のスタッツはすでに

“バスケの神様”マイケル・ジョーダンを越えている」(スコッティ・ピペン談)

いつ引退してもすでに“レジェンド”しかも上の方。3度チャンピオンになり、数々の記録を持っている」(シャキール・オニール談)

とレジェンドたちに言われるほどの歴史に名を残すスーパースターである。

とは言え、レブロンは『マイケル・ジョーダンの亡霊を追っている』と語っていたとおり、

個人成績よりもジョーダンが6度の優勝をしているので、ジョーダンを上回るべく、

あと3回以上の優勝を目指してプレーしています。

私も、進化し続けるレブロンがウォーリアーズを倒し優勝するシーンをまた観てみたい。

 

レブロン・ジェームズは今夏FAになりますが、私はキャブスに残って欲しいので、チームは

FAや移籍しそうな選手、ポール・ジョージ、カワイ・レナード、デマーカス・カズンスなどの

オールスタークラスの大物選手を補強するなど、ウォーリアーズに対抗出来るチームづくりが

出来るのかどうか?

レブロン以外の大物選手の移籍先も気になるところです。

 

レブロンはすでに地元のキャブスを“NBAチャンピオンに導く”という役目を2年前に果たしました。

5年前のように移籍しても批判するファンはもういないと思うし、

レブロンがプレーしたいチームで優勝を目指して欲しい。

キャブスの補強が難しければ・・・移籍してしまうのだろうか?

 

9月に発売予定の2K19(ゲームソフト)の表紙に決まったレブロン!

ゲームメーカーはユニフォームを載せず顔だけのデザインにしました。

(昨年は表紙のカイリー・アービングが移籍して騒動になったので…)

2018.06.20:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]