【NBA】開幕9試合でレイカーズ首位

  • 【NBA】開幕9試合でレイカーズ首位

皆さま、先々週のアメトーーク(NBA大好き芸人)はご覧になっていただきましたでしょうか?

個人的には、ちょっと内容が薄かったと感じましたがNBAについて地上波で特集を組んで放送して

いたのは、嬉しく思いますし、少しでも関心を持って下さる方が増えて欲しいです。

 

さて、開幕してから3週間がたち、ロスアンゼルス・レイカーズは7勝2敗(11日現在)で

ウェスタン・カンファレンス首位。

レイカーズは想像していた以上の成績で、レブロン・ジェームズと新加入のアンソニー・デイビスの強力

デュオと脇を固める選手、そして控え選手のドワイト・ハワード(新加入)、2WAY契約から本契約と

なったアレックス・カルーソなどの若手も頑張りを見せ、強豪ひしめくウェストで首位となっています。

良いところは、個の力だけではなく、チーム力で勝っているところです。

 

 

注目のレブロン・ジェームズは、スモールフォアードとして出場し、正ポイントカードのラジョン・

ロンドが怪我で出られないため、“ポイントフォアード”としてアシストを量産し、現在リーグアシスト王。

(平均出場時間35.1分、アシスト11、得点24.6、リバウンド8.3)

アンソニー・デイビスは、ゴール下での活躍が目立ちチームのトップスコアラーで、リバウンドと

ブロックでディフェンスでも貢献しています。

(平均出場時間35分、アシスト3.2、得点26.6、リバウンド10.2、ブロック3.1

 

一方、5年連続でウェスタン・カンファレンスを制していた“王者”ゴールデンステート・ウォーリアーズは

主力選手の入替えに加え、エースのステフィン・カリ―が開幕4試合目に左手を骨折して離脱してしまい

最下位にまで転落してしまいました。(NBAのコワいところ)

 

長いシーズンが始まったばかりで、ウェスタン首位のレイカーズは安心してはいないはずです。

レイカーズのレブロンは、7連勝後に昨シーズンNBA王者のトロント・ラプターズに敗れた際、冷静に

「今日は相手の方が強いチームだった。けが人が多くても昨シーズンの優勝に貢献した選手がいるし、

優勝がDNAに刻まれた選手もいる。自分たちも彼らの力を軽視していなかった」と謙虚なコメント。

 

「ラプターズは誰がラインナップにいようと速いテンポでプレーするチームであり、ウチはトラン

ジションに対するディフェンスを改善し続けないといけない。勝っても負けても成長できる

部分はある。自分たちは力のあるチームなのは分かっているけど、もっとレベルアップ

しなければならない」

 

今年の12月に35歳になるレブロン、目標は4回目のNBAチャンピオンしかない。

2019.11.13:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

サイコロ出た目で招福ペーパープレゼント

  • サイコロ出た目で招福ペーパープレゼント

今年もあと2か月を切り、あっという間に1年が経ちそうです。

 

さて、今回は年末年始のイベントキット「出た目で招福ペーパープレゼント30人用」を紹介します。

 

〈セット内容〉ロールペーパー×100

       サイコロキューブ×1個

       持ち帰り用袋×35

       店舗用POP×2枚

 

サイコロを振って出た目の数のロールペーパーを配るだけなので誰でも気軽にご参加できます。

 

シンプルイズベストで、イベントを実施する側もご参加するお客さまも分かり易いキットです。

 

詳しくは壱岐産業まで

2019.11.06:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

10月31日(木)はアメトーーク【NBA】大好き芸人

  • 10月31日(木)はアメトーーク【NBA】大好き芸人

明日(31日)夜、【NBA】について(地上波初?)で、しかも人気番組の

アメトーークで、芸人さんたちが熱く語ってくれます。(想像ですが・・・)

 

 

↑ テレビ朝日HPより

 

今までは、日本ではあまり人気がないNBAでしたが、八村塁(宮城・明成高~ゴンザガ大学)が

日本人初のNBAドラフト1巡目指名(全体9位指名)を受けて、一気に注目を浴びました。

 

八村は、念願の開幕スタメンを果たし、3試合消化(29日現在)時点で、すでにエース級の活躍。

開幕戦(マブス戦)では221cmのポルジンギスとマッチアップし、14得点、10リバウンドの

“ダブルダブル”を記録し、サンダー戦では約35分出場(チーム最多)し19得点を挙げ、勝越し

シュートを決めるなど勝利に貢献。強豪スパーズ戦では、オールスターフォアードのオルドリッジ

とマッチアップし、16得点8リバウンドを記録しました。(チームは開幕1勝2敗)

 

私が一番注目しているレイカーズは、レブロン・ジェームズがゲームメイクに徹し(平均10アシスト、

23.3得点、7.7リバウンド)、新加入のアンソニー・デイビスはゴール下を支配(平均25.0

得点、10リバウンド、3.3ブロック、3.3アシスト)し、他の新加入選手もチームにフィットし

開幕3試合で2勝1敗とまずまずのスタートを切りました。

 

まだ3~4試合を消化した時点ではあるが、ウェスタン・カンファレンスの順位は今までと大きく変わり

混戦模様の面白いシーズンになりそうです。

2019.10.30:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】本日開幕!

  • 【NBA】本日開幕!

本日(現地22日)、いよいよNBAが開幕します。

 

↑ レブロン(23)とデイビス(3)

↑ レナード(2)とジョージ(13)

 

開幕戦で、いきなりロサンゼルス対決(レイカーズ対クリッパーズ)の好カードが組まれました。

どちらのチームも大型補強をし、ともに優勝候補に挙げられており、全米でも注目されています。

私もレイカーズファンとしてこの試合を生中継で観たいが、仕事のため夜のお楽しみにします。

 

両チームが所属するウェスタン・カンファレンスといえば、5年連続でカンファレンスを制し

(うち3回NBA優勝)していた「絶対王者」ゴールデンステート・ウォーリアーズの強さに陰りが

見え始めていている。エースのケビン・デュラントが移籍し、3ポイントシューターのクレイ・

トンプソンが大けがの為リハビリ中で、オールスターガードのデアンジェロ・ラッセルが加入

したが、明らかに戦力ダウンしたといえる。

 

昨シーズン、ウェスタン2位のデンバー・ナゲッツ、同3位のポートランド・トレイルブレイ

ザーズ、同5位のユタ・ジャズも良い補強をし、各チームとも着実に戦力アップしている印象がある。

 

そして、ウェスタン8位だったクリッパーズが、昨シーズンファイナルMVPを獲得した

カワイ・レナードと昨シーズンキャリアハイ(平均28.0得点)の成績を記録したポール・

ジョージの “NBAを代表する” エースを獲得したインパクトが大きく優勝候補になりました。

 

そんな中、我がレイカーズ(昨シーズン同10位)は、リーグ屈指の “ビッグマン” アンソニー・

デイビスを獲得し、エースのレブロン・ジェームズとの最強デュオを結成し、3Pシューターの

ダニー・グリーン、ディフェンスが良いガードのエイブリー・ブラッドリー、センターのドワイト・

ハワードなど良い補強をして優勝出来る戦力が整いました。

 

こうして、NBAはどこが優勝してもおかしくない戦国時代へと突入しました。

 

そして、日本人選手がNBAでどれだけやれるかという楽しみが増えました。

ワシントン・ウィザーズの八村塁が開幕スタメンの可能性が高く、主力選手として

どこまで活躍出来るか?

メンフィス・グリズリーズの渡邊雄太は2WAY契約から本契約出来るか?

 

今シーズンもNBAから目が離せません。

 

2019.10.23:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】八村塁“ダブルダブル”の活躍

  • 【NBA】八村塁“ダブルダブル”の活躍

14日(現地13日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁は対ミルウォーキー・バックスとの

プレシーズンゲームに先発出場し、10得点、12リバウンド(ゲーム最多)、3スチールを

記録し、“ダブルダブル”の活躍でした。(チームは敗戦)

 

ポジションはパワーフォアード “PF” で、センター “C” のトーマス・ブライアントがあまり

リバウンドを取れる選手ではないため、 “PF” の八村はリバウンドを期待されていました。

そんな中、26分48秒の出場時間で12リバウンド(オフェンスリバウンド7)、10得点の

活躍は大きなインパクトで、1週間後のNBA開幕戦でのスタメン出場の期待が高まりました。

 

ただし、課題も多かったので改善が必要です。

1.フリースロー成功が1/8(成功率70%~80%以上が理想)だったので、競った試合で

終盤に出場させてもらえなかったこと。

2.フィールドゴール成功が4/13(成功率50%以上が理想)だったこと。

3.第2クオーターで、4ファウルを犯し、出場時間が減らされたこと。

 

この試合では、故意ではないがシュートの際にボールを持っていない方の左手が相手選手の

顔面に当たってしまい、フレイグラントファウル1(相手に2本のフリースローと攻撃権を

与える)をコールされるなど、初物づくしの試合となりました。

 

なお八村のプレシーズン3試合の個人成績は平均21・3分の出場で11・0得点、9・0

リバウンド。シュート成功率はフィールドゴール“FG”が38・5%(3ポイント“3P”

33.3%)、フリースロー“FT”成功率43・8%でした。

昨シーズン、ゴンザガ大学での成績(FGが59・1%、3Pが41・7%、FTが73・9%)

とまでは難しいと思うが、NBAでどのくらいの数字を残せるかが楽しみです。

 

対バックス戦ハイライト http://youtu.be/hTGHccG6pY4

2019.10.16:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]