【NBA】レブロン・ジェームズ移籍か残留か?

  • 【NBA】レブロン・ジェームズ移籍か残留か?

約1ヶ月半ぶりにNBAネタを書かせていただきます。

5月は、入院などでNBAを観る機会があまりなく、6月1日開幕のNBAファイナルも応援していた

クリーブランド・キャバリアーズ(キャブス)が、ゴールデンステート・ウォーリアーズに

あっさりスイープ負けをくらい、すっかり落ち込んでしまいました。

 

今シーズンのキャブスは、エースのレブロン・ジェームズがシーズン中に33歳(NBA15シーズン目)

という“ベテラン”と言われる年齢ながら82試合全て先発出場し、平均出場時間36.9分(NBAトップ)、

平均27.5得点(同3位)、9.1アシスト(同3位)、8.6リバウンドと自身キャリア平均スタッツを全て

上回るオールラウンドな活躍で、不安定なチームを4年連続イースタンカンファレンス優勝

(レブロン自身ヒート時代含め8年連続イースタン優勝)まで導きました。

 

しかし、ファイナルで“歴代最強”とまで言われるウォーリアーズに完敗してしまいました・・・

(プレーオフ成績:(22試合)平均出場時間41.9分(1位)、34.0得点(1位)、9.0アシスト(2位)、9.1リバウンド)

 

レブロンは今シーズン、NBA史上初の通算30,000得点、8,000アシスト、8,000リバウンド

という記録を達成するなど数々の記録を塗り替え、「得点以外のスタッツはすでに

“バスケの神様”マイケル・ジョーダンを越えている」(スコッティ・ピペン談)

いつ引退してもすでに“レジェンド”しかも上の方。3度チャンピオンになり、数々の記録を持っている」(シャキール・オニール談)

とレジェンドたちに言われるほどの歴史に名を残すスーパースターである。

とは言え、レブロンは『マイケル・ジョーダンの亡霊を追っている』と語っていたとおり、

個人成績よりもジョーダンが6度の優勝をしているので、ジョーダンを上回るべく、

あと3回以上の優勝を目指してプレーしています。

私も、進化し続けるレブロンがウォーリアーズを倒し優勝するシーンをまた観てみたい。

 

レブロン・ジェームズは今夏FAになりますが、私はキャブスに残って欲しいので、チームは

FAや移籍しそうな選手、ポール・ジョージ、カワイ・レナード、デマーカス・カズンスなどの

オールスタークラスの大物選手を補強するなど、ウォーリアーズに対抗出来るチームづくりが

出来るのかどうか?

レブロン以外の大物選手の移籍先も気になるところです。

 

レブロンはすでに地元のキャブスを“NBAチャンピオンに導く”という役目を2年前に果たしました。

5年前のように移籍しても批判するファンはもういないと思うし、

レブロンがプレーしたいチームで優勝を目指して欲しい。

キャブスの補強が難しければ・・・移籍してしまうのだろうか?

 

9月に発売予定の2K19(ゲームソフト)の表紙に決まったレブロン!

ゲームメーカーはユニフォームを載せず顔だけのデザインにしました。

(昨年は表紙のカイリー・アービングが移籍して騒動になったので…)

2018.06.20:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

おうちでドック

  • おうちでドック

先月、テレビで観ていた「おうちでドック」(ハルメクベンチャーズ株式会社)を紹介します。

おうちでドックは、いつでも、短時間で、簡単に、血液と尿を郵送するだけで

がん等18種類(男性は16種類)の疾病のリスクがわかり、

人間ドックやがん検診と同じ検査方法で検査精度は遜色ないそうです。

健康診断で異常なしだった私が、心筋梗塞になってしまいました。

お忙しい方で、健康チェックを考えている方には良いと思います。

2018.06.13:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

お久しぶりです

  • お久しぶりです

お久しぶりです。有澤です。

約1ヶ月ぶりのブログです。

 

実は、5月6日に自宅で心筋梗塞になり17日ほど入院し(自宅療養後)

今月3日までお休みをいただいておりました。

 

妻に直ぐ救急車を呼んでもらい、処置も早くしていただいたので回復も早く

おかげさまで元気を取り戻すことが出来ました。

 

この日の午前中と、数日前に何度か胸が苦しい(直ぐにおさまりましたが…)

という前兆がありましたので、6月の健診のときに話そうと思っていた矢先…

身体に異変があったら早めに病院で診てもらえば良かったと思いました。

皆さまも体の異変に気付きましたら病院へ行きましょう。

 

休みの間、ご連絡を多数いただいておりましたが、対応が遅くなってしまったり

ご迷惑・ご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

 

また、私が休みの時にフォローしていただいた方、

励ましの言葉をかけていただいた方に感謝いたします。

 

2018.06.06:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

プレミアムドリンクタイムギフト

  • プレミアムドリンクタイムギフト

今年ももう3分の1が過ぎてしまいました。

自動販売機の飲み物は“つめたい”が主流ですね。

 

さて、今回紹介するギフトは「プレミアムドリンクタイムギフト」です

記憶に残る時間を演出する、プレミアムなクールセット・・・です。

これだけではわかりにくいので説明します。

この商品は熱伝導の良いアルミ製ストローとアイスストーン3個のギフトセットです。

 

ポイントは、氷の代わりに使用する3個の”アイスストーン”が溶けないために

飲み物が薄まらないので最後まで冷たく美味しくいただけるところです。

(冷凍庫で8時間以上冷やしてから使用します)

 

100%ジュース、炭酸飲料、焼酎、ビールなど何にでも使えるのでどなたでも喜ばれると思います。

ちょっとしたプレゼントに、イベントの記念品などにいかがでしょうか。

ご注文単位(120個)でしたら大幅値引きいたしますので、ご相談ください。

 

【NBAニュース】

先々週からお伝えしている注目のクリーブランド・キャバリアーズのファーストラウンドは

第7戦までもつれ4勝3敗でキャバリアーズが勝利し、カンファレンス準決勝に進みました。

次の相手は、イースタンカンファレンス第1シードのトロント・ラプターズです。

相手は今シーズン好調で、ホームコートアドバンテージがあるラプターズの方が有利と現地の

メディアは見ているが、果たしてどうか?

 

キャバリアーズファンの私の予想(希望)です。

キャバリアーズは今のメンバーになってから対ラプターズ戦2勝0敗で、プレーオフではここ

2年で8勝2敗とラプターズとの相性が良いので、良い戦いが出来ると思います。

キャバリアーズの“エース”レブロン・ジェームズは、プレーオフでも好調を持続し7試合で

平均34.4得点、10.1リバウンド、7.7アシストを記録し存在感を見せつけている。

(レブロンはプレーオフで通算399スチールと20得点以上が200試合という2つの新記録も達成)

心配な点は、レブロンのプレータイムが平均41.1分と多すぎることと、ファーストラウンドで

7戦して、次のラウンドまでに中1日しかなく疲労が取れてないことです。(相手は中3日)

ここは、他のメンバーが活躍してレブロンをベンチで休ませる時間をつくり、勝ち進んで欲しい。

ファーストラウンド第2戦ハイライト  http://youtu.be/iWnnupdzG5c

ファーストラウンド第4戦ハイライト  https://youtu.be/jzTY0_NxzXs

ファーストラウンド第5戦ハイライト(レブロン・ジェームズ ”ブザービーター")  http://youtu.be/NpcqC5ByRLU

ファーストラウンド第7戦ハイライト  http://youtu.be/pFlifPi46AY

2018.05.02:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

グレーのスーツ姿で会場入り

  • グレーのスーツ姿で会場入り

NBAプレーオフファーストラウンド、クリーブランド・キャバリアーズは最初のアウェイ戦に

相応しい格好で臨めるよう、チームメイト全員がお揃いのスーツで会場入りをしました。

 

 

実はこのスーツ、チームの“エース”レブロン・ジェームズが全員分をプレゼントしたそうです。

 

ニューヨークの人気ファッションブランド「トム・ブラウン」のスーツを着込み、ネクタイ、

ワイシャツ、革靴、カシミアのカーディガンにいたるまで全て同じブランドで揃えて気合を感じました。

(推定総額 1300万円!!)

 

レブロン含むチームメイトも奮起したもののアウェイでの第3戦は敗れてしまいましたが、

同じくアウェイでの第4戦に勝利しなんとか2勝2敗のタイに戻したのでホッとしました。

この試合でレブロンは32得点を記録し、プレーオフ通算で(30得点以上を)100試合目

としました。(通算1位はマイケル・ジョーダンの108試合)

 

26日(現地25日)、ホームでの第5戦の勝利を期待します。

2018.04.25:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]