【NBA】レイカーズ大躍進?ラスベガスのオッズメーカーが今シーズンの勝利数を予想

  • 【NBA】レイカーズ大躍進?ラスベガスのオッズメーカーが今シーズンの勝利数を予想

現地5日、ラスベガスのブックメーカー「ウェストゲート・スーパーブック」が10月に開幕する

NBAレギュラーシーズン(全82試合)の各チームの予想勝利数を公表しました。

 

 

全30チームのトップは昨シーズン優勝したゴールデンステート・ウォーリアーズの62.5勝でした。

私が最も注目している選手(レブロン・ジェームズ)が所属しているロスアンゼルス・レイカーズは

ウェスタンカンファレンス4位となる48.5勝と予想されました。

 

レイカーズはNBA歴代2位の優勝回数(16回)を誇りながら、ここ5シーズンはプレーオフ(8位

以内)から遠ざかっており、昨シーズンは35勝47敗。今シーズン、クリーブランド・キャバリアーズ

から移籍してきたレブロン(自身キャバリアーズ、マイアミ・ヒートで8年連続ファイナル出場中)の

存在感がものを言って、昨シーズンから13~14勝増えると予想されました。

 

 

今シーズンのレイカーズは、現役最強選手のレブロンが中心となり若手のロンゾ・ボール、ブランドン・

イングラム、カイル・クーズマ、ジョシュ・ハートらのヤングコアと、新加入のランス・スティーブン

ソン、ラジョン・ロンド、ジャベール・マギーといったディフェンスに定評があるベテラン選手がいる。

彼らがうまく機能し若手が成長していけば、ウォーリアーズといい勝負が出来るかもしれない。

 

ウォーリアーズ、ヒューストン・ロケッツ、オクラホマシティ・サンダー、ユタ・ジャズ…など

強豪ぞろいのウェスタンカンファレンスで勝ち上がり、

レイカーズは10シーズンぶりのファイナル進出なるか?

また、レブロン自身9年連続ファイナル進出なるか?

今から楽しみです。

 

LeBron James chooses Los Angeles Lakers for next chapter https://youtu.be/mmC_d6_SU3w

 

2018.08.08:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

LEDクラシックランタンライト

  • LEDクラシックランタンライト

今日から8月ですね。

7月は暑い日が多かったし、台風が東から西へ向かうなど異常気象が続きましたが

8月はどんな天気になるのでしょうか?

 

 

さて、今回は“LEDクラシックランタンライト”という商品を紹介します。

夏カタログの防災コーナーに掲載されていましたこの商品、これからの時期

台風や大雨などの防災用品としてご準備はいかがでしょうか?

また、キャンプなどのアウトドア用品としても最適です。

 

イベントの記念品などにも喜ばれると思います。

申込単位:30個ですと大特価で提供いたします。

 

詳しくは壱岐産業まで…

2018.08.01:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

ジョージワシントン大学出の渡邊雄太がNBAデビューに前進

  • ジョージワシントン大学出の渡邊雄太がNBAデビューに前進

7月21日(現地20日)、NBAメンフィス・グリズリーズはジョージワシントン大学出の

渡邊雄太と2ウェイ契約を結んだことを発表しました。

 

 

渡邊は、今月ラスベガスで開催された“NBAサマーリーグ2018”にブルックリン・ネッツの一員

としてプレーし、身長(206cm)と手の長さ(ウィングスパン209㎝)を生かしたディフェンス、

プレー選択の良さとリーダーシップ、3ポイントシュートといった長所を披露し今回の契約につながった。

 

2ウェイ契約とはNBAとその下部リーグ(Gリーグ)の両方に出場できるもので、昨シーズンから

導入された制度。ロスター枠を圧迫せずに若い選手を2人まで支配下に置くことができる、チーム

にとっては使い勝手の良い契約で、同時にチャンスを求める若手にとっても有益で、ここから

チャンスを得て飛躍した選手がいた。

たとえば名門デューク大で4年間プレーしたクイン・クックは、ドラフトで指名されることはなく

Gリーグでプレーしつつマーベリックス、ペリカンズで短期間NBAでプレーしていた選手。

彼は、昨シーズン優勝したウォリアーズと2ウェイ契約を結ぶと、ステフィン・カリーのケガにより

トップチームでの出場機会を与えられ、シーズン終盤には2年間の本契約を勝ち取っている。

渡邊は2ウェイ契約とはいえNBA球団であるグリズリーズ保有の『NBA選手』となり、NBAデビュー

に大きく近づいたことになる。とはいえ、2ウェイ契約がNBAに直結するわけではなく、プレー機会を

得られないまま契約を打ち切られるケースもあり、まだまだ越えなければいけないハードルは多い。

また、グリズリーズの支配下にあるため、この契約があるうちは他のチームでプレーするチャンスはない。

 

香川県出身の渡邊は、2013年にアメリカに渡り、ジョージワシントン大学に進学。同大学で最終年の

2017-18シーズンには33試合に出場し、平均36.6分の出場時間を得て16.3得点、6.1リバウンド、

1.6アシスト、1.64ブロックを記録し、アトランティック10カンファレンスの年間最優秀守備選手賞に

選出されました。残念ながら“NBAドラフト”(30チーム・60名)に指名されなかったが、サマー

リーグで活躍しチャンスを掴んだ。

 

プレーしていたネッツではなく、他球団のグリズリーズの目に留まり契約につながり良かったと思います。

本人もインタビューで話していましたが、これからが大事で少ないチャンスをものにして本契約を結び

2年後の東京オリンピックで“NBA選手”として活躍して欲しい。

 

2018.07.25:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

ペプシのドッキリCMが映画化

  • ペプシのドッキリCMが映画化

約4年前、私のブログで紹介しましたペプシのドッキリCM(YouTubeで約1億回再生)が

http://iki-sangyo.co.jp/log/?l=366003

アメリカで映画化されました。(現地6月29日公開)

https://youtu.be/8DnKOc6FISU

CMの内容は、NBA現役選手のカイリー・アービング(ボストン・セルティックス所属)が

主演で(NBAレジェンド選手も多数出演)彼らが特殊メイクで老人に変身して、

ストリートボーラーに勝負を挑み、華麗なハンドリングやドリブル、強烈なダンクを叩き込む

などして驚かせるというものでした。

映画の内容は、マイケル・ジョーダンにあこがれてバスケを始めたが、あるトラウマから選手の

夢をあきらめ、ストリートバスケチームのコーチをしている青年が、ひょんなことからかつて

伝説のバスケ選手だったドリュー爺さんと出会い、爺さんドリームチームを結成してニューヨーク

最大のストリートバスケ大会に挑み、大切な仲間や愛を取り戻していくという、笑いあり青春ありの

ド直球アメリカンコメディです。

 

日本での公開は11月に決定しましたので興味のある方はどうぞ。

2018.07.18:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

昨日の敵は今日の友

  • 昨日の敵は今日の友

NBAオフシーズン最大のサプライズは、レブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズと

7月1日(現地)、“FA交渉解禁日”に契約が決まったことです。(正式発表は9日)

 

昨シーズンまで在籍したクリーブランド・キャバリアーズや、他からオファーがあった

強豪チームと契約せず、家族の事を第一に考えてレイカーズと契約しました。

レブロンはロサンゼルスに家を2つ所有し、彼の家族は南カリフォルニアを好んでいて、

息子がバスケットボールをする環境も良いとのことです。

 

レイカーズは、優勝回数が16回(1位はボストン・セルティックスの17回)の名門であるが、

近年下位に低迷している。現在は、チーム再建中で有望な若手選手が多いメンバーにレブロンが

加わることにより、一気に優勝候補となりそうです。

 

レイカーズは、数年前からレブロンを獲得するための準備としてサラリーキャップを空けており、

次々と有望な選手の獲得を始めている。

 

その中のひとり、インディアナ・ペイサーズからFAになったランス・スティーブンソンが加わったのは

以外で、

レブロンとは以前から(2012年のプレーオフから)因縁があり、2014年のプレーオフでは

フリースローを打つ選手を見守るレブロンの耳に、隣にいたスティーブンソンが息を吹きかける

 

 

『息吹きかけ事件』といわれるNBA史上に残る『珍プレー』もあり、彼らはそれ以降も対戦のたび

激しくやり合い、レブロンに「あいつは汚い選手」と言わせた。

 

スティーブンソンは、ラフプレーや相手をイラつかせるプレーが目立つが、もともと実力があり

高校時代から注目されていたほど攻守のスキルが高い選手である。

 

 

今回の移籍は、ペイサーズの球団社長の話によると、レブロンがスティーブンソンに

『お前が欲しい』と口説き、レイカーズ入りが決まったそうです。

 

危険な賭けに思われるかもしれないが、レブロンはスティーブンソンの実力を認めて誘ったと思います。

彼の未知の能力を引き出して良い ”コンビ” になることを期待します。

2018.07.11:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]