勝負の世界は厳しい

  • 勝負の世界は厳しい

骨折したアンドリュー・ボガットの代役

3月14日(現地13日)、NBAクリーブランド・キャバリアーズはラリー・サンダース(28歳、211cm、107kg)と契約を結んだことを発表しました。

一方、キャバリアーズでのデビュー戦で骨折をし、今季絶望となっていたアンドリュー・ボガットを解雇しました。

ボガットはキャバリアーズでの出場時間は、わずか58秒であった。非常に残念だが、勝負の世界は厳しいと感じました。

 

 

サンダースはリーグが定める反麻薬プログラムに2度違反し、ミルウォーキー・バックスを解雇され2年間どこのチームとも契約していなかった。

サンダースはブランクはあるものの、約6か月間トレーニングを重ね身体をゲームシェイプに持ってきたという。

サンダースはインサイドのディフェンスに定評があるので、センターのトリスタン・トンプソンの控えとして期待したい。

 

今シーズン、怪我人が多く苦戦しているキャバリアーズは“ビッグ3”のひとり、ケビン・ラブが怪我から復帰(といっても出場時間を制限)し、20日(現地19日)の試合では、

ラブが21得点、レブロン・ジェームズが34得点、カイリー・アービングが46得点し、“ビッグ3”が合計101得点しロサンゼルス・レイカーズに勝利したのは明るい材料である。(ラブが少ない出場時間で勝利に貢献したことが大きいと感じました)

この試合、第4クオーター序盤の時点で11点差で負けていたが、アービングとレブロンを中心に反撃し、逆転で勝利したことも大きいと思いました。

2017.03.22:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】レギュラーシーズン終盤にもつれる

  • 【NBA】レギュラーシーズン終盤にもつれる

私が応援しているイースト首位のクリーブランド・キャバリアーズは、オールスターフォアードのケビン・ラブが怪我で戦列を離れてから選手を補強しているものの

最近調子を落として、2位のボストン・セルティックスに2ゲーム差、3位のワシントン・ウィザーズに2・5ゲーム差に迫られている。

ラブには無理せずにプレーオフまでには、万全を期して戻ってきて欲しい。

一方、ウェスト首位のゴールデンステート・ウォーリアーズもオールスターフォアードのケビン・デュラントが怪我で戦列を離れ調子を落とし、2位サンアントニオ・スパーズに

1位を奪われた。(勝率は同じ)

デュラントの怪我は数週間後の検査結果によっては、復帰が出来るかどうか?

 

スパーズも、オールスターフォアードのラマーカス・オルドリッジも不整脈?で、検査結果により長期離脱も考えられるかもしれない。

私的には、3人とも復帰して良い試合が出来ることを祈ります。

2017.03.15:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】クリーブランド・キャバリアーズ更なる補強も・・・

  • 【NBA】クリーブランド・キャバリアーズ更なる補強も・・・

3月7日(現地6日)、キャバリアーズと契約したばかりのアンドリュー・ボガット(32歳、213cm、118㎏、センター)が新チーム初戦で左足脛骨を骨折してしまいました。

 

センターのトリスタン・トンプソンの控えとして活躍を期待していた分、大変ショックです。

詳細はわかっていないが、今シーズン中に復帰出来るか?検査の結果が気になります。

 

ボガットは2005年ドラフト全体1位指名されたオーストラリア人で(外国人(=アメリカ・カナダ人以外)としては中国のヤオ・ミンに次ぐ2人目の全体1位指名)、ミルウォーキー・バックス在籍時の2011年にはブロック王に輝き、ゴールデンステート・ウォーリアーズでもセンター(サッカーで言うゴールキーパーのような役目)として活躍し、2015年にNBAを制覇。

昨年のキャバリアーズとのファイナルでもセンターとして活躍していたが、ファイナル第5戦で怪我をしてしまい離脱しそのままシーズン終了でチームの2連覇ならず。

今シーズン前、ウォーリアーズはケビン・デュラント獲得のために(サラリーキャップの調整のため)、数人を放出しボガットはマーベリックスに移籍した。

その後、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに放出されたあと解雇されていた。

 

優勝のあと、色々と大変な時期を過ごしていたが、新天地のキャバリアーズでのデビュー戦でまさか骨折とは・・・

 

無理をしてはいけないが、今シーズン中に復帰しファイナルで対戦するであろう

”古巣”ウォーリアーズと対戦し、キャバリアーズの優勝に貢献して欲しいです。

 

2017.03.08:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】クリーブランド・キャバリアーズ2人のD・ウィリアムズと契約

  • 【NBA】クリーブランド・キャバリアーズ2人のD・ウィリアムズと契約

1ヶ月半ぶりになりますが、私目線のNBAニュースを書かせていただきます。

 

2月20日(現地時間19日)ニューオーリンズでNBAオールスターゲームが行われ、ウェストが192対182でイーストに勝利しました。

私が注目していたイーストの(キャバリアーズの)レブロン・ジェームズは、13年連続13回目の出場(すべてスタメン)となり、19分の出場で23得点をマークし、史上初のオールスター通算300得点以上を記録しました。

レブロンはハーフコート付近からの超ロングシュートやひとりアリウープダンクを決めるなど、ファンを魅了しました。

 

2月10日(現地9日)クリーブランド・キャバリアーズは、マイアミ・ヒートを解雇されていたフォアードの

デリック・ウィリアムズ(25歳、203cm、111kg)と10日間契約を締結しました。

同日行われたオクラホマシティ・サンダー戦に出場しベンチスタートながら22分間で12得点を挙げました。

ウィリアムズは、2011年ドラフトで全体2位指名され、キャバリアーズはこれで5チーム目となりました。

もともとは能力がある選手でこれまで良い活躍が出来なかった分、ここで活躍をしてもらいたいです。

ちなみに2011年ドラフト全体1位指名されたのは、キャバリアーズのガード、カイリー・アービングでした。

そして、2月23日(現地22日)クリーブランド・キャバリアーズは2度目の10日間契約を結んだことを発表しました。

ここまでチームにフィットし良い活躍をしているので、シーズン終了までの契約は間違いないでしょう。

 

2月28日(現地27日)クリーブランド・キャバリアーズは、ダラス・マーベリックスを解雇されていたガードの

デロン・ウィリアムズ(32歳、191cm、99kg)と契約したことを発表しました。

デロンは、2005年ドラフトで全体3位指名され、これまで通算821試合に(主に先発ポイントガードとして)出場し、

平均16.6得点、8.2アシスト、3.1リバウンドを記録し、オールスター出場3回、NBA歴代19位の6733アシストの

実力を持つポイントガードで、当面はカイリー・アービングのバックアップとして期待が出来る選手です。

 

キャバリアーズは、2人の”D”ウィリアムズの加入でプレーオフに向けて、エースのレブロン・ジェームズやアービングの

プレイタイムを減らすことも、休ませられることも出来るようになり、2連覇に向けて良い補強が出来たと思いました。

 

2017.03.01:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

宮城県南三陸町で製造されているノベルティ その2

  • 宮城県南三陸町で製造されているノベルティ その2

前回に続きまして同じメーカーさんの商品のご案内をいたします。

先週の水曜日に紹介しました”杉うちわ”のメーカーさんからちょうどその日にダンボールが届きました。

中を見てみたら”木”で出来た製品サンプルがぎっしり入っていました。

(全部で14種類)

対応の早さとアイテムの多さに感動しました。

 

今週の木に(気に)なりました商品はこちらです。

スギ満月コースター、ヒノキスマホスタンド、ヒノキメモパッド、スギリングノート

どれもノベルティに良いと思いました。

 

興味のある方は有澤までお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

2017.02.22:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]