【NCAA】ゴンザガ大学 八村塁に注目!!

  • 【NCAA】ゴンザガ大学 八村塁に注目!!

【NCAA(全米大学体育協会)】

バスケットボールの“強豪”ゴンザガ大学2年生の八村塁選手

(宮城・明成高校出身)は、現在レギュラーシーズンに入り

7勝1敗と好調なチームの中心選手として活躍している。

 

八村は、U-19日本代表の試合でも活躍していることもあり、現地の“NBA

ドラフト予想サイト”ではNBAドラフト候補になっている。(60人の狭き門)

ゴンザガ大学は、昨シーズンは地区大会を勝ち上がり、全米大学の決勝

トーナメント進出(68校)、初めて決勝まで進みました(惜しくも準優勝)

当時活躍した、1年生と3年生の選手はNBAドラフトで指名され(NBAは

19歳以上であれば指名出来る)、戦力が落ちるかと思われたがさすが

“強豪校”戦力が充実し勝てるチームなので、このままいけば決勝トーナ

メント進出は間違いないと思います。

八村は、中心選手となり活躍の場面も増えつつあり、さらにチームも上位に

勝ち上がれば日本人初の“NBAドラフト”も夢ではないでしょう。

宮城の高校からNBA選手が出たら、こんな素晴らしいことはないでしょう。

 

TBS(あさチャン!)11月29日放送で八村選手が紹介されました 

 https://youtu.be/YtjASwsUMfw

 

【NBA情報】

クリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズが10月&11月

(開幕が10月で試合数が少ないため)の月間MVPを受賞しました。

レブロンは期間中、平均28.0得点(全体3位)、8.5アシスト(同4位)、

8.1リバウンドとオールラウンダーらしい活躍。チームは11月を10連勝で終えた。

今シーズン、キャバリアーズの序盤はチームケミストリー構築に時間がかかり、

さらに怪我人が出たりしたこともあり開幕12試合で57敗でした。

 

その後レブロンがチームを引っ張り、ケミストリーが構築され、日替わりで

他の選手の活躍も目立ち、現在12連勝中でイースタンカンファレンス

2位まで上がりました。

今シーズンのレブロンは、史上最年少(32歳308日)で通算29,000得点を記録

(この得点を記録したのは歴代7人目!!)。

そして、現在812試合連続2ケタ得点継続中(歴代2位)で、“神様”

マイケル・ジョーダンが持つ866試合という記録も今シーズンに達成

するかも注目です。

Lebron James Career Mix 2017 http://youtu.be/sH-Mdv3k5Oo

2017.12.06:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

まるかいラーメン

  • まるかいラーメン

先日、お客さまよりおすすめいただいた青森ラーメン

(青森で学生生活を過ごしていた大下もおすすめの)

“まるかいラーメン”さんへ行ってきました。

場所は青森市中心部、青森県観光物産館アスパムの前ですぐわかりました。 

中華そば(醤油)の中か大、そしておにぎりとメニューはシンプルだなと思い

券売機の前に立つとすぐに、店員さんが中か大かを聞きに来る。

初めての店でお昼も少し過ぎていたので、中(600円)にしました。

しょうゆベースのスープはあっさり系で澄んでいて、煮干しダシの上品な旨みが

効いてツルツルとした中太麺のとの相性もぴったりで美味かったです。

中サイズでも他のラーメン屋さんに比べて麺の量が多めで、コスパがいいなと

感じました。

美味しいラーメン屋さんを紹介していただき感謝します。

 

【NBA情報】

キャバリアーズは勝ち続けて、8連勝(28日現在)でイースタンカンファレンス

3位にまで上がりました。

(1位のボストン・セルティックスと4ゲーム差!)

怪我人が多いが、現在いるメンバーが奮起しチームケミストリーが良くなり、

レブロン・ジェームズの出場時間も徐々に減らしながら勝てる試合も出てきた。

エースのレブロンは相変わらず好調で、22日の試合では第4クオーターに

“爆発”、連続18得点を含みこのクオーターだけで23得点し逆転勝利に貢献、

http://youtu.be/x5gH6jXRNvM

25日に生中継された試合では通算57回目のトリプルダブル(27得点、16

リバウンド、13アシスト)を達成し、勝利に貢献しました。

https://youtu.be/dNxozEcGbB4

2017.11.29:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】キャバリアーズのローズ3週間離脱も4連勝で東4位

  • 【NBA】キャバリアーズのローズ3週間離脱も4連勝で東4位

今週もNBAネタで書かせていただきます。

18日(現地17日)キャバリアーズは、PGの(ポイントカードの)デリック・ローズが左足首捻挫の治療のため、今後3週間離脱する可能性があると明らかにした。ローズは10月20日に同箇所を負傷。一旦実戦に復帰したものの、11月9日以降の5試合を欠場していた。18日に検査を受け、今後1週間は治療用ブーツで足首を固定するという。

キャバリアーズはこれで、主力選手3人が(うちPG2人が)離脱してしまい、さらに18日の試合では、“代役”PGのイマン・シャンパートが第1クオーターで左膝を痛めてダウンし、バックコート陣(ガード)が手薄になり、ますます苦しい状況となってしまった。

キャバリアーズはこの試合一度もリードを奪えず第4クオーター終盤にレブロン・ジェームズの3ポイントで同点とし、延長ではレブロンのフリースローやケビン・ラブの2本の3ポイントなどで勝ち越しに成功し、逆転勝利しました。 http://youtu.be/X5sJ81nGZuc

この期間は終盤に底力を見せて、全て逆転での勝利でなんだかんだと4連勝し、9勝7敗でイースタンカンファレンス4位としている。(20日現在)

エースのレブロン・ジェームズは開幕から16試合に先発し、平均28.9得点(リーグ3位)・8.6アシスト(同4位)・7.8リバウンドの成績(18日終了時点)で好調を維持し、4連勝中は終盤に決勝シュートや同点シュートを決めたり、決勝シュートをアシストするなど存在感が大きく、“キング”らしい活躍だった。

また、先発のケビン・ラブ、JR・スミス、ベンチから出場のドウェイン・ウェイド、カイル・コーバー、ジェフ・グリーンらの活躍もあり、チームケミストリーも良くなりつつあると感じました。

 

 

さて、問題のスタメンです。私がキャバリアーズの新ヘッドコーチなったつもりで現在の理想のスタメンを発表します。ラインナップは、相手チーム選手の身長・相性などによって変えてもいいと思います。

【第1候補】 (高さ重視・リバウンド重視)

PG(ポイントガード) レブロン・ジェームズ 203cm

SG(シューティングガード) JR・スミス 198cm

SF(スモールフォアード) ジェイ・クラウダー 198cm

PF(パワーフォアード) ケビン・ラブ 208cm

C(センター) チャニング・フライ 211cm

※レブロンのナチュラルポジションはSFだが、パスもうまいので試合中(特に終盤は)PGの役目が多く(アシストはいつもリーグ上位)“ポイント・フォアード”とも言われ、センター以外はどこでも出来るオールラウンダーなので問題ありません。

 

【第2候補】 (高さよりもスピード重視)

PG(ポイントガード) ドウェイン・ウェイド 193cm

SG(シューティングガード) JR・スミス 198cm

SF(スモールフォアード) レブロン・ジェームズ 203cm

PF(パワーフォアード) ジェイ・クラウダー 198cm

C(センター) ケビン・ラブ         208cm

※PFとCのサイズが足りないが、スピード重視の“スモールラインナップ”の形。チームディフェンスを意識し、ケミストリーが構築できていれば有効だと思います。

※第1候補をスタメンとし、試合の流れ、選手の調子などにより試合中に第2候補にしたり第1候補に戻したりローテーションしてもいいと思います。

Cのトリスタン・トンプソン、PGのアイザイア・トーマス、デリック・ローズが復帰するまでには、今いる選手で乗り切るしかない。主力選手にこれ以上怪我人を出さないように出場時間の調整も必要である。シーズンは長いので、無理に勝ちに行くよりも若手選手にも出場機会を与えて試合経験を積ませることも大事だと思います。

キャバリアーズはレブロンが攻守の中心で、コートにいるときは強いがプレイタイムが長すぎるという問題(全選手中1位)は今シーズンも変わっていない。レブロンがベンチにいる時間帯(=相手チームのエース級の選手がベンチにいる時間帯)には他の選手にも奮起してもらいたい。

2017.11.22:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】苦戦が続くキャバリアーズ

  • 【NBA】苦戦が続くキャバリアーズ

約1ヶ月ぶりに、NBAネタを書かせていただきます。

キャバリアーズは開幕戦(対セルティックス戦)を勝利し、開幕4試合で3勝1敗と上々のスタートを切ったかと思いました。しかし、その後 10試合で 6敗し、3年連続イースタンカンファレンス王者らしくない戦いが続いている。

ディフェンスが悪く、開幕14試合(の時点で)平均失点が113でリーグ全体28位となっていて、2桁失点が2試合のみしかない。センター(ディフェンスの要)トリスタン・トンプソンの怪我や、怪我の不安が残るデリック・ローズの出場時間の制限もあり、トレードで獲得した選手とのケミストリーの構築に時間がかかっていると感じられる。カイリー・アービングとのトレードで獲得したアイザイア・トーマス(怪我で未出場中)の復帰も早くて12月下旬となっている。

 

 

↑  レブロン・ジェームズ

 

エースであり、攻撃の起点でもあるレブロン・ジェームズがプレシーズンゲーム直前に捻挫をし、プレシーズンに1試合しか出られなかった影響も大きい。そして、3年連続ファイナルで対戦している対ウォーリアーズの“スモールラインナップ”を意識しすぎたスタメン変更も結果的にディフェンス力の低下となり、うまく機能していない気がする。

レブロンが「(自分も含めて)誰かがいなくなったら他の選手がステップアップしないといけない」と語っているように、一人一人がステップアップし、チームケミストリーの構築を急がないといけない。

 

      

 

まずは、ディフェンス(失点を防ぐ)を改善し、プレーオフ圏内の8位以内を目指し、できれば年内には3位か4位くらいを目標にして欲しい。 

昨日、対ニューヨーク・ニックス戦(アウェイで)で23点ビハインドから逆転勝ちしたのは勢いに乗れる勝ち方で、一気に上位に上がっていって欲しい。

負けと思った試合を逆転勝ちでの7勝7敗の5割と、このまま負けて6勝8敗では大きな違いで、今シーズンのターニングポイントと言われる試合になるかもしれません。

11月14日 対ニックス戦ハイライト http://youtu.be/2CZXls3Yclo

11月3日 レブロン今季最高得点 57得点11リバウンド7アシスト3スティール2ブロック

http://youtu.be/wghDBjMu2To

 

2017.11.15:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

あったかベスト(ブルゾン)は営業マンにもおすすめ

  • あったかベスト(ブルゾン)は営業マンにもおすすめ

この寒い季節、屋外作業の方におすすめしている「あったかベスト(ブルゾン)」。

現在、サンプルを持って宮城、青森、岩手、福島を営業で訪問しています。

 

 

とある県外出張の日、宿泊したホテルのエアコンが調子悪く、寒かったのでつけっぱなしで寝てしまいました。翌朝起きたら少し喉の調子が悪く、肩こりのような感じで首筋や頭も痛む感じでした。風邪を引いた感じではないが、悪くなる前に風邪薬や頭痛薬を飲もうと思っても車の運転があるから飲めない・・・

何とか一日我慢して夕飯時に薬を飲もうと思い、ホテルを出る。

外は寒く車の中も冷蔵庫のように寒いので、エアコンを付けたら風が気持ち悪い・・・

あっ、サンプル用のあったかブルゾンがあった・・・か

あっ、10秒で背中と首があったかい

気持ちよすぎて眠くなったらどうしよう・・・

 

眠くなっても大丈夫、いま私の車には、イネムランがある。

 

 

 

 

身体があったまったら、いつの間にか朝の症状も忘れいつも通り営業出来ました。

あったかブルゾンがあれば、休憩等で停車のときにアイドリングストップ出来ます。

環境にもやさしいですね。

2017.11.08:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]