【NBA】キャバリアーズがスウィープでファーストラウンド突破

  • 【NBA】キャバリアーズがスウィープでファーストラウンド突破

4月24日(現地23日)、“NBAプレーオフ2017”イースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第4戦、クリーブランド・キャバリアーズ対インディアナ・ペイサーズの一戦は、またもや終盤にもつれたが、キャバリアーズのエースのレブロン・ジェームズが100-102で迎えた残り1分8秒に3ポイントを成功、それが決勝点となり106-102で勝利し、スウィープ(4勝0敗)でカンファレンス・セミファイナルへの勝ち上がりを決めました。レブロンは、プレーオフで自身10回目のスウィープとなり、NBA記録を更新しました。

※第4戦ハイライトはこちら

http://www.youtube.com/watch?v=2HFo6I8cHuo

レブロンは、このラウンドの出場時間がすべて42分以上(レギュラーシーズン約37分)と長く(シーズン中から心配されていた点)、スウィープしたことにより次のラウンドまで日程に余裕が出来て、レブロンやほかの選手の休養が取れるので良かったと思いました。

4戦ともプレーオフらしく接戦で(どの試合も熱い戦いで面白い)、初戦から、1点差、6点差、5点差、4点差と、全試合ギリギリの戦いで、相手のペイサーズは強くエースのポール・ジョージのプレーは脅威だったが、チーム一丸でこの厳しいシリーズを勝ち抜いたことにより自信になったと思います。

初戦のホームで1点差ゲームを制したことが一番大きく、そして第3戦はアウェイの初戦で、最大26点差(前半終了時25点差)を逆転(プレーオフ史上最大の逆転)し勝利したことも大きかった。

レブロンは、第3戦で41得点、13リバウンド、12アシストの“トリプルダブル”を記録する圧巻のパフォーマンスで、チームを歴史的な大逆転勝利に導き、この試合でプレーオフ通算5670得点に到達。14シーズン目にして、NBA史上屈指のスコアラーであるコービー・ブライアント(昨シーズン引退)の記録を追い抜き、歴代3位となった。(1位はマイケル・ジョーダンの5987得点)

※第3戦ハイライトはこちら

 http://www.youtube.com/watch?v=gKXP8Lcmp5M

さらにレブロンはこの試合でプレーオフ通算3ポイント成功数(295本)でもコービー超えを達成し、歴代4位に浮上している。(1位はレイ・アレンの385本)

 

2017.04.26:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】プレーオフ開幕・キャバリアーズ2連勝

  • 【NBA】プレーオフ開幕・キャバリアーズ2連勝

4月16日(現地15日)NBAプレーオフが開幕しました。

プレーオフは、東(イースタンカン・ファレンス)・西(ウェスタンカンファレンス)それぞれの上位8チームによるトーナメント戦で(7戦4勝制で)、東と西を勝ち上がったチームが対戦するのが“NBAファイナル”で、勝者がチャンピオンとなる。

 

私が最も注目しているのは(願っているのは)、昨年の“チャンピオン”クリーブランド・キャバリアーズが2連覇することです。

注目選手はもちろんチームのエースで、NBAを代表する“キング”レブロン・ジェームズです。

現在、マイアミ・ヒート時代から6年連続ファイナル出場を続けており、昨年のファイナルMVPである。

NBAチャンピオンは、3回達成していずれもMVPを獲っている。

“神様”マイケル・ジョーダンは6回チャンピオンを獲ったので“神”を超えてもらうのが私の夢です。

さて、16日の開幕戦、東の第2シードのキャバリアーズは、ホームで第7シードのインディアナ・ペイサーズと対戦し、第3クオーターまでは完璧な試合運びだったが終盤にもつれ、一時逆転を許すも、再逆転し何とか勝利しました。

18日の第2試合もキャバリアーズのホームで行われ、第1戦同様の展開になり、第3クオーター終了時に18点差をつけながら第4クオーターに4点差まで詰め寄られるも、何とか逃げ切った。

 

レギュラーシーズン終盤の悪いところが出てしまったが、“ビッグ3”の活躍と、レブロンの支配力が大きいと感じた。

 

2017.04.19:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】レギュラーシーズン最終戦

  • 【NBA】レギュラーシーズン最終戦

4月13日(現地12日)、NBAレギュラーシーズン最終戦となります。

この日の勝敗により、プレーオフ第1シードから第8シードが確定する。

 

私の目論見では、応援していた昨シーズン“王者”キャバリアーズは、イースタンカンファレンスを余裕の1位で締めくくる時期で、レブロン・ジェームズ、カイリー・アービング、ケビン・ラブの“ビッグ3”がプレーオフに向けてコンディション調整に入る時期と思っていたら・・・

 

現在、首位をボストン・セルティックスに奪われ、1ゲーム差の2位・・・

最終戦の結果次第ではまだ首位の可能性はあるものの自力優勝出来ない・・・

このところ、チーム状態が良くないので最終戦を勝利し、そしてより激しい戦いが予想されるプレーオフ中に勝利することでチーム状態を徐々に良くしてもらい、簡単にはいかないと思うが、何とかイーストで優勝し“ファイナル”へ進んでもらいたい。

 

ウェスタン・カンファレンスでは、NBAレギュラーシーズン3年連続最高勝率のゴールデンステート・ウォーリアーズが順当なら勝ち上がって来そうなので、史上初の3年連続ファイナル同カードとなる壮絶な戦いを観てみたい。

 

 

【気になるシーズンMVPの行方】

私の中では、レブロン・ジェームズ(現時点で平均得点26.4、リバウンド8.6、アシスト8.7)であったが、チームが現在イースト2位という状況と、個人成績では上を行く選手もいるので、4年ぶり5度目の受賞は難しいか・・・

その選手とは、今シーズン年間トリプルダブルを達成した(史上2人目の快挙!)オクラホマシティ・サンダー(ウェスト6位)のラッセル・ウェストブルック(同平均得点31.9、リバウンド10.7、アシスト10.4)が受賞するのが一番納得するところです。

 

【レブロン・ジェームズまたも偉大な記録】

4月5日(現地4日)、レブロン・ジェームズは788試合連続2ケタ得点を記録し、カリーム・アブドゥル・ジャバーの787試合を抜き、歴代2位となりました。(1位はマイケル・ジョーダンの866試合)

現在、この記録を791試合に伸ばしており、衰え知らずのレブロンに、ジョーダンの記録を破って欲しい。(新たな楽しみが増えた)

なお、レブロンは3月31日にはキャリア通算2万8599得点を達成し、シャキール・オニールを抜いて歴代7位になっています。

2017.04.12:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NCAA・男子バスケ】ゴンザガ大学・決勝で敗れる

  • 【NCAA・男子バスケ】ゴンザガ大学・決勝で敗れる

4月4日(現地3日)、注目していたゴンザガ大学はNCAAトーナメント20回目の出場で初の決勝に進むも

惜しくも65-71でノースカロライナ大学に敗れました。(八村選手は出場せず)

“名門”ノースカロライナ大学は6回目の優勝となりました。

 

ゴンザガ大学はこれまではベスト8(エリートエイト)が最高で、今回の決勝進出は大健闘といえると思います。

八村選手は、1年生ながら強豪校でベンチ入りし決勝まで進めたことはいい経験になったと思います。

NBA選手でもこのNCAAトーナメントで決勝まで進めた選手は少なく、非常に価値のあることと言えます。

来年はこの経験を活かし、“マーチマッドネス”で暴れて欲しいです。

 

【ゴンザガ大学出身でNBAで活躍した選手】

(レジェンド)“アシスト王”ジョン・ストックトン、ロニー・トゥリアフ

 

【ノースカロライナ大学出身でNBAで活躍した(している)選手】

(レジェンド)“神様”マイケル・ジョーダン、ラシード・ウォーレス他多数

(現役)ビンス・カーター、ハリソン・バーンズ、ダニー・グリーン、タイ・ローソン他多数

2017.04.05:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NCAA】バスケットボール・ゴンザガ大に注目

  • 【NCAA】バスケットボール・ゴンザガ大に注目

【WBC(ワールドベースボールクラシック)】

回目で悲願の初優勝をし盛り上がっていると思われていた“ベースボール大国”アメリカだが、アメリカ国民の盛り上がりや関心はあまりなかったようです。「オリンピックやサッカーのワールドカップに比べてWBCは歴史が浅いイベントで、国を挙げて戦う緊迫度、必要性がにじみ出ていない」、「この大会が何が何でも手にしたいタイトルという価値観が確立されてなく、あくまでちょっと豪華なエキシビションゲーム」というのが実情のようです。テレビ中継も有料チャンネルでしか放送しなかったとのことです。

 

【NCAA(全米大学体育協会)男子バスケットボールトーナメント】

さて、現在アメリカで最も盛り上がっているスポーツはというと、NCAA男子バスケットボールトーナメントである。全米各地区の優勝校(31校)と、NCAAが任命する選定委員会が選出した優秀校(37校)、合計68校によるトーナメントは3月~4月に開催(マーチ・マッドネス”3月の熱狂”とも呼ばれている)、全国放送されていて、全米が最も注目している。

日本で言えば夏の高校野球甲子園大会のよう?いやそれ以上に熱狂しているかと思えます。

このNCAAトーナメントで活躍した選手は、1年生でもNBAでドラフト指名されることもあり、現在、NBAで活躍している選手も多くいる。

バスケ好きの前アメリカ大統領のオバマさんは、現職のときにトーナメントの勝ち上がり予想をしていたこともアメリカでは知られていることである。

 

 

3月26日(現地25日)、宮城・明成高卒の八村塁選手(1年生)が所属するゴンザガ大学はNCAAトーナメント準々決勝(エリート・エイト)で、83-59でゼイビア大学に勝利し、現地4月1日に行われる準決勝(ファイナル・フォー)に駒を進めました。(ゴンザガ大学は初の4強)

八村選手は、大量リードした終了間際に出場し、3ポイントシュートを決めました。

 

私は八村選手がすごいと思ったのは、このトーナメントに日本人選手が出ていること(日本人は初出場)、1年生で強豪校のチームにベンチ入りしていること、準々決勝でわずかな時間で得点を決められたことです。

不満を言えば、日本のスポーツニュースが(どこも同じ様な内容?)、この快挙を取り上げていないことです。(どこかで放送していたらすいません)

この勢いでゴンザガ大学に優勝してもらいたいし、この経験をいかして成長し、いずれ将来はNBA選手として“成功”してもらいたい。

 

 

2017.03.29:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]