HOME > コンテンツ

世界で最も価値のあるアスリート

  • 世界で最も価値のあるアスリート

世界で最も・・・なアスリート、3週目の今回は、最も価値のあるアスリートランキングです。最新のものとして昨年の10月、フォーブスが発表した「スポーツ部門のブランド・ランキング(Forbes Fab 40)」より抜粋しました。

このランキングは、スポーツ・ビジネスのほか、チーム、アスリート、イベントの各部門のブランド価値トップ10を決定するもので、それぞれの収益ではなく、ブランドとしての「名称」そのものが価値や収入にどれだけ貢献するかについてのランキングです。その中からアスリート部門について(企業とアスリートの契約料・貢献度などを計算し)順位を決定したものです。

 

(最もブランド価値のあるアスリート)

【1位】 ロジャー・フェデラー(テニス)  / 3,600万ドル (約37億円)

【2位】 レブロン・ジェームズ(NBA) / 3,400万ドル

【3位】 フィル・ミケルソン(ゴルフ) / 2,800万ドル

【4位】 ウサイン・ボルト(陸上) / 2,500万ドル

【5位】 タイガー・ウッズ(ゴルフ) / 2,300万ドル

【6位】 クリスティアーノ・ロナウド / 1,900万ドル

 

ロジャー・フェデラーは、テニス界でトップの座を長い間競い合い、ジョコビッチやマレーよりも貢献度がもっとも高いと言えます。

私がもっともファンである、レブロン・ジェームズは、先週のブログ(最も稼ぐ)、先々週のブログ(最も有名な)と同じ2位でした。どれか1位であれば良かったが・・・

しかし、私のブログですが“2週連続”1位のロナウドが価値のあるアスリートで6位ということを考えると、アスリートランキング総合1位はレブロンではないでしょうか?

ということで、日本人にはあまり知られていないレブロン・ジェームズを知っていただきたいので一部分ですが、動画で紹介します。

レブロン・ジェームズ 2016-17ベストプレー http://youtu.be/zbfs0PVEWYk 

レブロン・ジェームズ Impossible Dunks  http://youtu.be/X5HLanjqj9E

2017.07.05:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

世界で最も稼ぐアスリートランキング

  • 世界で最も稼ぐアスリートランキング

6月7日、世界有数の経済紙であるフォーブスが「世界で最も稼いでいるスポーツ選手2017」を発表しました。発表されたのは世界中のスポーツ選手の年収(年棒+広告契約による収入)から導き出されたランキングです。

今年の1位は、2年連続でサッカーのクリスティアーノ・ロナウドで、ここ1年での収入は9300万ドル(約102億円)でした。ロナウドが首位に立つ以前は、ゴルフのタイガー・ウッズとボクシングのフロイド・メイウェザーが15年連続でトップの座を奪い合っていました。今年のウッズは17位、メイウェザーは1年間全く試合に出ておらずランキング外となりました。

100人の合計収入は31億1000万ドル(約3400億円)に上り、昨年の31億1500万ドルからわずかに減少しました。スポンサー収入の総額も昨年比4%減の8億8700万ドル(約970億円)でした。

フォーブスによるとチームスポーツ界では大口のテレビ契約が収入を引き上げており、今年ランキング入りした選手の最低収入は過去最高となった。一方で、ペイトン・マニング(アメフト)やコービー・ブライアント(NBA)といった著名選手数人の引退により、今年のスポンサー収入は減少したと解説しました。

今年のランキングには11競技の選手が入り、うち最も多かったのがバスケットで、ランク入りしたNBA選手は32人と昨年の18人から増加しました。2番目に多かったのが野球の22人で、以降はアメフトの15人、サッカーの9人が続いた。

私が最も気になったのは、今回の1位から4位までの順位が、先週の私のブログ「世界で最も有名なアスリート」の1位から4位までと全く一緒だったことです。

当然と言えば当然のことだと思いますが、大変珍しいことです。同時に、ロナウドとレブロンは世界が認めるスーパースターであると改めて思いました。

 

【トップ5の収入】

1位 クリスティアーノ・ロナウド/サッカー                     
総年収:9300万ドル(約102億円)
年俸・ボーナス:5800万ドル
スポンサー収入:3500万ドル

2位 レブロン・ジェームズ/バスケットボール
総年収:8620万ドル(約94億円)
年俸・ボーナス:3120万ドル
スポンサー収入:5500万ドル

3位 リオネル・メッシ/サッカー
総年収:8000万ドル(約87億円)
年俸・ボーナス:5300万ドル
スポンサー収入:2700万ドル

4位 ロジャー・フェデラー/テニス
総年収:6400万ドル(約70億円)
賞金:600万ドル
スポンサー収入:5800万ドル

5位 ケビン・デュラント/バスケットボール
総年収:6060万ドル(約66億円)
年俸・ボーナス:2660万ドル
スポンサー収入:3400万ドル

1位~50位までのランキングはこちらです。http://forbesjapan.com/articles/detail/16526/3/1/1

2017.06.28:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

世界で最も有名なアスリートは?

  • 世界で最も有名なアスリートは?

5月30日、アメリカのスポーツ専門局ESPNがアスリートの有名度をランク付けした「ワールド・フェーマス100」を発表していました。

 

1位がレアルマドリードのクリスティアーノ・ロナウド、2位がNBAのクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズ、3位がバルセロナのメッシ、4位がテニスのロジャー・フェデラー、5位がゴルフのPGAツアーで42勝しているフィル・ミケルソン。日本人ではただ1人100位以内に入ったのはテニスの錦織圭(20位)で、イチローは124位でした。

 

私が気になったのは、ファンであるレブロン・ジェームズが2位にランキングされたことです。私のブログには、シーズン中ほぼ毎回登場していますが、日本人のほとんどの方は知らないと思いますが以外だと思いませんか?

なぜメッシやフェデラーよりもNBAの選手が上位にランキングされたのかを私なりに考えました。

 

NBAは一昔前と比較してよりグローバルなリーグになりました。世界各国でグローバルゲームを開催し、多くの海外スタープレーヤーが誕生しているNBAは世界各国にバスケットボールアカデミーを開校することを決定しました。(すでにアフリカ、中国、インド、オーストラリアで開校されている)いずれバスケットボール後進国の日本にも開校されるようです。

先日、出張で青森のアスパムに行きました。港には大きな外国船があり、外国人観光客らしき人を見かけました。おじさんばかりでしたが、普段着のようでオシャレ感はなかったが当たり前のようにNBAチームのキャップやパーカーを着ている人が数名いました。

そのうち一人のおじさんはマイアミ・ヒートのパーカーにクリーブランド・キャバリアーズのキャップ・・・ということは絶対にレブロン・ジェームズのファンだと勝手に思い込み(・∀・)ニヤニヤしてしまった。

NBAには、各国の代表選手が活躍しているが、現在は日本人選手がいない。(過去に成功した選手がいない)

日本では、試合中継は地上デジタル放送で全く放送されてなく、有料放送でしか観れないのでファン以外はほぼ見ない。(シーズン中はNHKBSで週に1回深夜に録画放送、ファイナルのみ全試合生中継)BSで、日本人が出場するからだと思いますがメジャーリーグ中継とサッカーの中継が多すぎる。だからNBA選手は誰も知らないのだと思います。私としては、もっとNBA中継を増やして欲しいと思います。

 

現在、NBA入りが期待されている選手がいます。アメリカのゴンザガ大学の八村塁選手とジョージワシントン大学の渡邊雄太選手です。彼らがNBA入りすれば、NBA中継が増えてNBA選手を観る機会が増えるのではと思います。

 

2017.06.21:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBAファイナル】キャバリアーズ敗れる

  • 【NBAファイナル】キャバリアーズ敗れる

13日(現地12日)、NBAファイナル2017 第5戦、クリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォーリアーズは、ウォーリアーズの“ホーム”オラクル・アリーナで行われ、129-120でウォーリアーズが勝利し、2年ぶり5回目の優勝を果たしました。

ファイナルMVPには、移籍1年目のケビン・デュラントが受賞し、デュラント自身NBA初優勝となりました。デュラントは、5試合全てで30得点以上をあげ、平均35.2得点、8.4リバウンド、5.4アシストをマークし、優勝に大きく貢献しました。

 

私は、レブロン・ジェームズ率いる昨年の“覇者”キャバリアーズを応援していたが、連覇ならず・・・大変ショックでした。

レブロンは「5試合全てで全力を尽くしたからうなだれる理由はない」と試合後のインタビューに答えた。2年前に、ウォーリアーズに敗れたときはロッカールームでしばらくタオルを頭にかけ、うなだれていたが、今年は「何かできたんじゃないかとか、どうすべきだったかとか、チームのためにもっとできたんじゃないかとか振り返る理由がない。5試合コートにすべてを注いだが、それで足りなかったんだ。うなだれることはないけど、OK、今回は自分の時じゃなかったという感じさ。」 続けて 「ウォーリアーズは立派な相手だ。ここ3年でリーグのベストのチームだよ。今シーズンベストのチームだ。ポストシーズン通じても彼らはそれを示してきた」 と語った。

 

レブロンは、相当悔しかったと思うが、試合後にMVPのデュラントと抱擁を交わして互いの健闘を称え合い、そして、チームメートのカイリー・アービングに対して「また戻ってこよう」と伝えたそうです。

 

レブロンは、ファイナルで敗れたものの、5試合平均33.6得点、12リバウンド、10アシストの“トリプルダブル”を記録する史上初の快挙を成し遂げました。

レブロンは、2011年から7年連続でイースタンカンファレンスを勝ち上がり、(7年連続ファイナリスト!)マイアミ・ヒートで2012年と2013年、キャバリアーズで2016年に優勝を経験。今ファイナルが8度目の出場で自身2度目の2連覇を逃したが、まだまだ衰える気配がないので、来シーズン以降また期待します。

レブロンは、ファイナル通算得点を歴代3位の1247得点として“神様”マイケル・ジョーダンを越えていた。現役ではブルズのドウェイン・ウェイドが693得点と続く。

なお、プレーオフ通算得点はNBA史上唯一の“6000点台”となる6163得点を記録しました。

 

私は、長いNBAの歴史でも“史上最強の選手”レブロン・ジェームズをリアルタイムで観れることは幸せだと思っています。

2017.06.14:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]

【NBA】ファイナル第3戦に向けて

  • 【NBA】ファイナル第3戦に向けて

【NBA】ファイナルクリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステート・ウォーリアーズの第1戦と第2戦は、ウォーリアーズのホームで行われたが、キャバリアーズは連敗を喫し最悪のスタートとなりました。

 

優勝した昨年と同様のスタートで巻き返しを図りたいキャバリアーズの“エース”レブロン・ジェームズは、今シーズンのウォーリアーズの強さを感じているようで、「彼らは昨年と同じチームではない」とコメント。ケビン・デュラントを加え危険度が増したウォーリアーズの対策を考える事に集中している。

 

第2戦では、ハーフタイムまでに3点差と競っていたが、第3クオーターに16対4のランを許しそのまま押し切られた。レブロンは「それがウォーリアーズのプレー。自分がターンオーバーを犯し、さらにミスが重なり相手に怒とうのランを許してしまった」と、ウォーリアーズの前ではわずかなミスが致命傷になるとの考えを示している。

 

↑ ステフィン・カリーとカイリー・アービング(右)

 

8日(現地7日)の第3戦と、10日(現地9日)の第4戦はキャバリアーズのホームで行われる。私の考えとしては、ターンオーバーを抑え、リバウンドを取ることと、カイリー・アービングの調子が戻ればまだまだチャンスは充分にあると思います。

まずは第3戦で勝利し、選手たちに自信と誇りをもって第4戦以降の戦いに挑んでもらいたいです。

2017.06.07:a-kenji:コメント(0):[コンテンツ]