HOME > アオを求めて

『アオを求めてー東山魁夷のアオー』

  • 『アオを求めてー東山魁夷のアオー』
  • 『アオを求めてー東山魁夷のアオー』
朝一番で、宮城県美術館へ。

昔、東山魁夷の「晩鐘」という作品を見た時の
身体が震えるほどの感動は今も忘れられない。

今回、感銘を受けたのは、「山と海」
「日本と中国」「アオとスミ」
対比を繰り返しながら、鑑真への
敬愛を感じるストーリー作り。

鑑真は、日本に辿り着いた時には、失明し、
見ることが叶わなかった日本の風景。

そして、望郷の景色が、この障壁画に。

魁夷の障壁画は、鑑真の心にまで
きっと届いたと思います。

彼の作品、製作工程と向き合いながら、
今後の製作のヒントももらいました。

紅葉した美術館も、眩しかったです。

【特別展は、11月1日まで】

《宮城県美術館》
https://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/

《蒼塵窯》



2020.10.30:so-zin:[アオを求めて]

『アオを求めてー柿田川湧水ー』

  • 『アオを求めてー柿田川湧水ー』
  • 『アオを求めてー柿田川湧水ー』
白石に戻る途中、ずっと見たかった
静岡県三島市の柿田川湧水へ。

日本で一番短い一級河川でありながら、
富士山からの膨大な地下水が湧き出ています。

遊佐町の釜磯のように、沸々と
湧き出る様は、まるで生き物が
絵を書いているよう。

改めて、日本は、素晴らしい
自然の宝庫だと思います。

このイメージを新たな作品へ。

【寄り道は、旅の醍醐味】
2020.10.19:so-zin:[アオを求めて]

『アオを求めて~元滝伏流水~』

  • 『アオを求めて~元滝伏流水~』
  • 『アオを求めて~元滝伏流水~』
  • 『アオを求めて~元滝伏流水~』
遊佐から足を伸ばして、秋田側の鳥海山の麓、
元滝伏流水へ。

「世界ふしぎ発見」の放送を見て、
どうしてもみたくなる。

絹糸のように滴る滝から、大きな滝まで、
見応えがある景観。

ここからのインスパイアで、
新たなアオを生み出したい。

【そう、僕は陶芸家】
2020.09.25:so-zin:[アオを求めて]

『アオを求めてー遊佐町ー』

  • 『アオを求めてー遊佐町ー』
  • 『アオを求めてー遊佐町ー』
去年、湧水コンサートをした遊佐町へ。

丸池は、今日も眩しいアオ。

今年は、第二回を開催できなかったけど、
来年こそ、開催したいと思います。

遊佐名物「カボチャパイ」が、
亭主の体調不良で販売中止で非常に残念。

高齢化と少子化で、事業継承も危ぶまれている、
地域おこしの視点で、考えてしまいます。

二足のわらじ展まで、あと、二週間。
皆さんに喜んでもらえるよう頑張ります。

《二足のわらじ展》
日時:10月8日(木)~11日(日)
10時~16時

10月10日(土)14時よりトークイベント
「複業のすゝめ~新しい働き方の提案~」

場所:白石市壽丸屋敷
   宮城県白石市中町48-5

http://www.shiroishi.info/wordpress/
2020.09.22:so-zin:[アオを求めて]

『アオを求めて~アオの和菓子~』

  • 『アオを求めて~アオの和菓子~』
  • 『アオを求めて~アオの和菓子~』

まめいちさんの新作の和菓子「蒼月」を「滴ーshizukuー」の平皿で。
銀箔がまるで、星空のよう。滴の釉薬の流れとピッタリ。

色鮮やかなラスクは、碧の平皿で、色彩を強調。

今もまめいちさんとも色々と計画中。

毎月の和菓子を、どのシリーズのお皿に合わせるかが最近の僕の楽しみ。

【そう、僕はアオが好き】

《和菓子まめいち》

wagashi-mameichi.com

2020.09.19:so-zin:[アオを求めて]