HOME > 木村トシオ句集

木村トシオ句集①

木村トシオ句集 つれづれの記

 木村トシオさんは、神戸市の出身の方でした。そんな木村さんが、阪神淡路大震災に見舞われ、全ての財産を失ってしまいました。縁あって、山形県長井市に来ることになり、焼肉屋をしながら奥さんと慎ましく生きていました。奥さんは、三重県生まれで、『アトリエ華』のブランド名を持っているような芸術家でした。
 大震災後に、夫について来た彼女は、冬の東北の厳しさに、ひたすら耐えていました。そんな妻を見ながら、トシオさんが綴った句集です。この句集には、故郷、家族、息子と娘と孫、愛する妻へのメッセージがあり、そして焼肉屋に集まる若者たちへのメッセージが込められています。
 今、子供たちの不登校や家族の殺戮など、殺伐とした現代社会に対して、多くのメッセージが伝わってきます。皆さんには、心静かに読んでくださることをお願いします。

 第一章  四季の彩りに  
 第二章  妻 に  
 第三章  家 族 に  
 第四章  政治家様  
 第五章  (焼肉屋の)若き友達に 
 第六章  未 来 へ   
 最終章  ありがとう、ありがとう  
2012.12.10:orada:コメント(0):[木村トシオ句集]

木村トシオ句集② 第1章 四季の彩りに

第一章  四季の彩りに  

1月
 初春に 夢と希望の 雪が舞う(賀正)
 春雪に 孫達来たりて 愛の歌

2月
 春なのに いつまで続く 冬衣
 今宵また 寒風雪が 窓をうち

3月
 鶯の 鳴く声きけば 春来たる
 雪溶けて 梅に桜に 美の百花

4月・5月

 春来たる 俺の出番だ 久保櫻
 生命なり 心癒すや 櫻花
 散りてなお 心伝える 櫻花 わが人生も かくぞ有らんと
2012.12.10:orada:コメント(0):[木村トシオ句集]

木村トシオ句集③ 第1章四季の彩りに 

6月・7月
 大和楽 咲くや 五尺の あやめ草
 あやめ花 こよなく愛する 私かな
 霧の世に 心なごます あやめ花

8月
 大花火 長井の空に 舞い踊る

9月
 陽だまりを 袖に入れたる 穂波かな
 こがね色 実る稲穂に 秋の陽の 優しき光 我を包まん
 秋の陽に 実る稲穂のさざ波に 舞うがごとくに 蜻蛉群れ飛ぶ

2012.12.10:orada:コメント(0):[木村トシオ句集]

木村トシオ句集④ 第1章四季の彩りに 

9月・10月
 秋風に 色とりどりの 花心
 つかのまの 癒しの心 モミジ葉に 

11月・12月
 秋深し 添え木片手に 冬支度
 白き雲 今年も来たり 雪桜 (2005.12.3)

2012.12.10:orada:コメント(0):[木村トシオ句集]

木村トシオ句集⑤ 第2章妻に|

第二章  妻 に  

 創作(生)の美しさと素晴らしさ、そして人生に夢と希望を与えてくれた妻との 出会いに感謝します。やさしい言葉、愛らしい笑顔、最高の宝物。
 ありがとう,ありがとう・・。

 我が人生 脱線せずに まっすぐに 生きて着きたる 終着駅
 流れ来て 仰ぐ山並み 紅葉燃ゆ 我が人生に 悔いぞこれなし

 六甲の 山を想いて 紅葉燃ゆ 強く生きんと 誓いし二人
 みちのくの 風雪に泣く 妻が居て
 風雪に 耐えて春待つ 私かな
2012.12.10:orada:コメント(0):[木村トシオ句集]