HOME > 読みログ

言葉に体温と体重を乗せる



言葉に体温と体重を乗せる。

人前で話す機会を頂いたとき、
流暢に話せた時ほど実はスベっている、
みたいな現象はよく起こる。

カラクリはそういうことだったか~と納得しました。
(政治とは全く関係ないですが)

体温→実体験に基づく感動

体重→実績に基づく責任や覚悟

みたいに解釈しましたが、
「本音」で話せているときとそうでないとき、
音声データの波形を取って比べてみたら、
意外に面白い結果が出そう。
2017.12.20:NAO:コメント(0):[読みログ]

革命のファンファーレ

  • 革命のファンファーレ
読書の秋ですね。

割と以前に購入していたものの、
中々読む時間を作れないでいた「革命のファンファーレ」。

次女がお昼寝をしている間に完読できました。

感想はひと言、脱帽(まいった)。

隙があったらツッこんでみようかぐらいの気持ちで読み始めましたが、
共感と納得しかなかった(笑)
2017.10.21:NAO:コメント(0):[読みログ]

自分が暮らしている土地を賞賛すること



僕が今所属している会社には、
「山形情報化推進法人」という肩書きがついている。

名付けた人に直接聞いたわけではないが、
それでもこの言葉に何らかの使命感と理想像を乗っけたことは、
きっと間違いないだろう。

この言葉を北と南に合わしてコンパスを置いたとき、
やはり自分の暮らしている土地のことや、
情報化とは何か?ということには、
常にこだわって考え続けていくべきだろうと思っている。

時に言葉の意味は、時代の変遷と共に変化する場合もある。

例えば創業当時(約20年前)における「情報化」とは、
単にインターネットというインフラを普及させることだったかも知れないが、
今であれば当然それだと少し違ってくる。

情報媒体とのより良い付き合い方をデザインすることかも知れないし、
地域内での情報の循環を滞りなく流したり、
地域外への届き方を強めることかも知れない。

一方で、決して変わってはいけないものもあるのだろう。

それはこの土地に根を下ろして、
この土地で暮らしている人たちに、
情報の恩恵を配り続けるということだ。

もしかしたら、ナイキやアップルがそうしたように、
僕たちが暮らしているこの土地や人々を賞賛することこそが、
僕たちが何者であるかを表現することになるのかも知れないなーと、

スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを翻訳したこの記事を読んで、
そんなことを思いました。

現状を打破しようとする全ての人に捧ぐ。ジョブズ最高のプレゼンテーション。
http://kajikenblog.com/?p=4422

(以下引用)

“But the best example of all, and one of the greatest jobs of marketing that the universe has ever seen, is Nike. Remember, Nike sells a commodity! They sell shoes! And yet, when you think of Nike you feel something different than a shoes company. In their ads, as you know, they don’t ever talk about the product. They don’t ever tell you about their air soles and why they are better than Reebok’s air soles. What does Nike do in their advertising? They honor great athletes, and they honor great athletics. That’s who they are, that’s what they are about.”

”しかし、史上最も素晴らしいマーケティングの例はナイキだ。思い出して欲しい、ナイキは日用品を売ってるんだよ!彼らは靴を売ってるんだ! でも、ナイキのことを考える時、みんな彼らのことをただの靴のメーカーとは感じないだろう。彼らの広告では、製品について語ることはない。彼らはエアーソールについて語ったり、リーボックのエアーソールよりもなぜナイキが優れているかなんて語ることはしない。では何を訴求しているか。偉大なアスリートや偉大な競技を称賛しているんだ。それが彼らが何物であるか、彼らが何のために存在しているのかを表現している。”
2017.07.21:NAO:コメント(0):[読みログ]

オオカミたちの知られざる生活

  • オオカミたちの知られざる生活
狼にハマっている。

組織や地域という視点からみると、
この機能的で愛情深い「群れ」の中に、
コミュニティ形成の重要なヒントがあるのではないか、なんて。

かつて人間との間に生まれた同盟や友情みたいなものがあって、
片や家畜化されていった犬と、異常なまでに忌み嫌われていった狼。

興味が尽きません。
2017.07.19:NAO:コメント(0):[読みログ]

デザインのこと

http://bunchosha.com/posts/313

接続詞を「だから」にするか「そして」にするかで悩んだり、
文字と文字との間のマージンを何ピクセルとるかで
仲間とやり合ったり。

時々ふと何をやってんだろう?と我にかえることもあるが、
そんな非効率で些細な事に僕たちは時間と気持ちを使う。

目的や意図が無ければただの自己満だし、
効果が無ければ無駄になる。

取り立てて言う程の事でもないし、
言わないと分からないくらいの事も多い。

それでも、この記事にも書かれている通り、
社会が成熟すればする程、
およそデザインというものの役割や可能性は
大きくなると信じたい。

自分はデザイナーという肩書きは持っていないが、
デザインに関わる人たちやその行為の価値を
上げられるようにしたいと心底思う。
2017.07.16:NAO:コメント(0):[読みログ]
今日 52件
昨日 285件
合計 746,408件