女子サッカー リオオリンピックアジア予選 vs オーストラリア代表  

昨日、女子サッカーのリオオリンピックアジア予選が始まりました。

日本代表の初戦の相手はオーストラリア代表でしたが、1-3で敗れました。

 

日本、オーストラリア、中国、北朝鮮、韓国、ベトナムの6チームでオリンピック出場枠の2チームを決めるこの大会。女子サッカーはアジアのレベルが高く、2枠しかないってのは正直難しい話だと思う。なにしろ、初戦の相手のオーストラリアは去年のワールドカップ決勝トーナメント準々決勝で対戦したチームだし、あまり参考にならないけどFIFAランキングも9位と世界のトップ10に入る強豪チーム。北朝鮮がそれを上回る6位、中国が17位、韓国が18位、ベトナムが29位とどのチームも油断できない強いチームばかり、日本が4位とこの中で一番上でもこの2枠に入るのが簡単でない。しかし、それはどのチームもそう思っているし、今回は日本で大会が行われるということで、大きなアドバンテージがあるので、自信を持って戦いたいところ。

 

そんな初戦、相手ゴール前に力強く迫ったのはオーストラリア。パワーとスピードで前線が躍動すると、クロスからヘディングで先制ゴールを許してしまう。同点にしたい日本にさらにアクシデントが発生する。右サイドから左サイドに展開するパスが審判に当たると、相手選手にボールが渡り、スルーパスからGKと一対一にされると、GKがかわされてしまい、二点目を与えてしまう。なんとか反撃したい日本は前半終了間際に右サイドから中央の阪口が合わせ、それを大儀見がシュートし、ゴール☆土壇場で1点差にできたのは良かったね。

 

後半に入り、日本も徐々にオーストラリアゴール前に攻め込む時間が増えていく。ペナルティエリア内で細かくつなぐ場面も出てくるが、相手DFが密集しているので、シュートコースがなく、なかなか決定的なシュートまではいかない。後半も半ば過ぎると、選手交代し、フレッシュなパワーが入ったオーストラリアが反撃に出るシーンも出てきて、さらに追加点を許してしまう。なんとか追いつきたかったが、ゴールできず、試合終了となった。

 

オーストラリアのパワーがすごかったな。球際の争いが激しく、なかなか自分たちのサッカーをさせてもらえなかったな。確かに痛い一敗ではあるけど、まだ終わりでないので、これから気持ち切り替えて戦ってほしい。

 

次の試合は3月2日(水)、韓国代表との対戦です。

ここも強敵だけど、なんとか勝ちたいね。

 

 

 

 

2016.03.01:juhoen:[サッカー]

この記事へのコメントはこちら

※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。